オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

1C Entertainment

このページの最終更新日:2020/09/25 19:35

rss


キーワード

下線

[TGS 2020]DMM GAMESがリリース予定の海外タイトルを発表。ファンタジーSRPG「Fell Seal: Arbiter's Mark」,ディーゼルパンクRTS「Iron Harvest」など4作品

[TGS 2020]DMM GAMESがリリース予定の海外タイトルを発表。ファンタジーSRPG「Fell Seal: Arbiter's Mark」,ディーゼルパンクRTS「Iron Harvest」など4作品

 EXNOAは本日,TGS 2020 ONLINEの公式番組にて,同社のゲームブランドDMM GAMESが新たに日本向け展開を行う海外タイトルの情報を公開した。「Fell Seal: Arbiter's Mark」「Samurai Jack」「Pathfinder: Kingmaker」「Iron Harvest」という4タイトルの日本語版リリースが予定されている。

[2020/09/25 19:35]

サイバーパンクなダンジョンRPG「Conglomerate 451」がリリース。クローンのエージェントを指揮して街の秩序を取り戻す

サイバーパンクなダンジョンRPG「Conglomerate 451」がリリース。クローンのエージェントを指揮して街の秩序を取り戻す

 1C Entertainmentは2020年2月20日,イタリアのRuneHeadsが開発した一人称視点のRPG「Conglomerate 451」を,Steamでリリースした。舞台は,利益を追求する複合企業が国家を運営するというディストピア。サイバーパンクな世界設定で展開する,ダンジョンRPGライクなシステムのゲームだ。

[2020/02/26 14:54]

フレームレートの上限は“666fps”。20年前のゲームエンジンで作られた「WRATH: Aeon of Ruin」のアーリーアクセス版がリリース

フレームレートの上限は“666fps”。20年前のゲームエンジンで作られた「WRATH: Aeon of Ruin」のアーリーアクセス版がリリース

 1C Entertainmentは,新作FPS「WRATH: Aeon of Ruin」のアーリーアクセス版をリリースした。23年前に開発されたゲームエンジン「Quakeエンジン」を利用したという実験的な作品で,クラシカルなゲームプレイはそのままに,上限666fpsまで出力できるフレームレートによるスムーズなアクションを楽しめる。

[2019/11/26 14:58]

[gamescom]20年以上も前のゲームエンジンで作られた,「WRATH: Aeon of Ruin」をチェック

[gamescom]20年以上も前のゲームエンジンで作られた,「WRATH: Aeon of Ruin」をチェック

 gamescom 2019の1C Entertainmentブースで,3D RealmsとKillPixel Gamesが共同で開発する新作FPS「WRATH: Aeon of Ruin」のプレイアブルデモが公開されていた。グラフィックスを見て分かるとおり,本作は20年以上前の「Quakeエンジン」を使っており,現行PCでは滑らかすぎるプレイが堪能できた。

[2019/08/23 14:14]

[gamescom]イタリア生まれのターン制RPG「Conglomerate 451」が公開。サイバーパンク+ウィザードリィな新感覚ダンジョンクロウラー

[gamescom]イタリア生まれのターン制RPG「Conglomerate 451」が公開。サイバーパンク+ウィザードリィな新感覚ダンジョンクロウラー

 イタリアのRuneHeadsが開発を進めるターン制RPG「Conglomerate 451」が,gamescom 2019で公開された。クローンやDNA操作によるミュータント化といった技術が当たり前のサイバーパンク世界で,「ウィザードリィ」ライクな一人称視点のダンジョン探索を楽しむという,気になる作品となっていた。

[2019/08/22 21:04]

「Quake」のゲームエンジンで作られたクラシックスタイルのFPS,「WRATH: Aeon of Ruin」が2019年夏にリリース

「Quake」のゲームエンジンで作られたクラシックスタイルのFPS,「WRATH: Aeon of Ruin」が2019年夏にリリース

 3D Realmsと1C Entertainmentは,KillPixel Gamesが開発する新作FPS「WRATH: Aeon of Ruin」2019年夏に発売すると発表し,最新トレイラーを公開した。「DOOM」や「Unreal」「Duke Nukem 3D」など,1990年代を彩ったFPSのオマージュとして,なんと「Quake」のゲームエンジンが使用されているという。

[2019/03/08 19:50]
さらに記事を探す

Fell Seal: Arbiter's Mark

- -
読者の評価 海外の評価
ジャンル
  • RPG
  • シミュレーション
発売元 DMM GAMES
発売日 2020/冬
価格 未定

Fell Seal: Arbiter's Mark

- -
読者の評価 海外の評価
ジャンル
  • RPG
  • シミュレーション
発売元 DMM GAMES
発売日 2020/冬
価格 未定

Fell Seal: Arbiter's Mark

- -
読者の評価 海外の評価
ジャンル
  • RPG
  • シミュレーション
発売元 DMM GAMES
発売日 2020/冬
価格 未定

Conglomerate 451

- -
読者の評価 海外の評価
ジャンル
  • RPG
発売元 1C Entertainment
発売日 2020/02/20
価格 2050円(税込)

  • 読者レビューを書く

Conglomerate 451

- -
読者の評価 海外の評価
ジャンル
  • RPG
発売元 1C Entertainment
発売日 2020/02/20
価格 2050円(税込)

  • 読者レビューを書く

WRATH: Aeon of Ruin

- -
読者の評価 海外の評価
ジャンル
  • FPS
発売元 3D Realms
発売日 2019/夏
価格 未定


トピックス
スペシャルコンテンツ