オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

奥谷海人のAccess Accepted

このページの最終更新日:2021/04/12 12:00

rss

欧米ゲーム業界の最新情報を,米国在住のライター,奥谷海人氏が毎週紹介! 著名クリエイターを数多く友人に持つ奥谷氏ならではの人脈を生かし,ここでしか読めない生の情報をお届けしよう。


  • このページのURL:

Access Accepted第683回:40年以上も続くゲーム業界の慣習 〜 開発者が隠した「イースターエッグ」

Access Accepted第683回:40年以上も続くゲーム業界の慣習 〜 開発者が隠した「イースターエッグ」

 イースターエッグ。本来はキリスト教の祭事である復活祭(イースター)で装飾した卵を子供たちが探す遊びのことだが,ことゲーム業界においては「開発者が隠した要素」という意味がある。そもそも見つけられていないものも少なからずある。今年の復活祭に合わせてある開発者の呼びかけでイースターエッグの暴露大会が行われた。

[2021/04/12 12:00]

Access Accepted第682回:バーチャル空間で開催されたゲームイベント「IWOCon 2021」と,そこに出展されたインディーズゲームたち

Access Accepted第682回:バーチャル空間で開催されたゲームイベント「IWOCon 2021」と,そこに出展されたインディーズゲームたち

 新型コロナ感染拡大の影響でE3やgamescomなど大きなゲーム関連イベントがオンライン開催となっている中で,有志達による新たなオンラインイベントの形が作られようとしている。バーチャル空間で開催されたイベント「IWOCon 2021」とそこに出展されていた新作インディーズゲームを紹介したい。

[2021/04/05 12:00]

Access Accepted第681回:Appleの参入でVR市場は新たな激動の時代に

Access Accepted第681回:Appleの参入でVR市場は新たな激動の時代に

 最近あちこちから,AppleVR対応HMDを早ければ2022年内にリリースするというウワサが聞こえてくるようになった。AR(拡張現実)にウェイトを置いている印象のAppleだが,果たしてどのようなデバイスになるのか? 今ある情報をまとめつつ,少し気が早いが,今後の展望を考えてみたい。

[2021/03/29 00:00]

Access Accepted第680回:光り輝く欧米ゲーム業界のネガティブな話題

Access Accepted第680回:光り輝く欧米ゲーム業界のネガティブな話題

 かつてないほどの好調な業績を謳歌する欧米のゲーム業界だが,以前から,雇用問題やビジネスモデルに対する批判,セクシュアルハラスメントなど,暗い部分もたびたびクローズアップされてきた。今週は,欧米ゲーム業界で最近聞こえてきたネガティブなニュースをまとめてみよう。

[2021/03/22 00:00]

Access Accepted第679回:オンラインイベントに向かう欧米ゲーム業界

Access Accepted第679回:オンラインイベントに向かう欧米ゲーム業界

 アメリカで新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言が出されたのが,約1年前。以来,欧米ゲーム業界は混乱に陥り,新作ハードやゲームを発表する場をオンラインに求めざるを得なくなった。今週は,そんな異例づくしの1年間を,オンラインイベントという側面から振り返ってみたい。

[2021/03/15 00:00]

Access Accepted第678回:姿を消していく欧米の中堅デベロッパ

Access Accepted第678回:姿を消していく欧米の中堅デベロッパ

 Codemasters,Bethesda Softworks,そしてGearbox Softwareと,欧米ゲーム市場の「中堅」デベロッパとして,ゲーマーに愛される作品を作ってきたメーカーが次々に買収され,大手企業の傘下に入った。決断の背後にはさまざまな理由があるはずだが,今回はそうした動きをまとめてみた。

[2021/03/08 00:00]

Access Accepted第677回:Blizzard Entertainment設立30周年記念に寄せて(後編)〜「World of Warcraft」でゲーム市場を左右するメーカーに

Access Accepted第677回:Blizzard Entertainment設立30周年記念に寄せて(後編)〜「World of Warcraft」でゲーム市場を左右するメーカーに

 先週に引き続き,この2月に30周年を迎えた北米のゲームメーカー,Blizzard Entertainmentの歴史を紹介したい。設立から約10年のうちに「Warcraft」「StarCraft」,そして「Diablo」という現在も高い人気を誇るIPを生み出した同社だったが,必ずしも平坦な道ばかり歩んできたわけではないようだ。

[2021/03/01 00:00]

Access Accepted第676回:Blizzard Entertainment設立30周年記念に寄せて(前編)〜ゲーム業界に出現した革新的な開発者集団

Access Accepted第676回:Blizzard Entertainment設立30周年記念に寄せて(前編)〜ゲーム業界に出現した革新的な開発者集団

 2021年2月に設立から30周年を迎えたBlizzard Entertainmentは,「World of Warcraft」や「Diablo」「オーバーウォッチ」,そして「ハースストーン」など,次々にヒット作を生み続ける日本でも有名なゲームメーカーだ。今週は,そんな同社の30年の歩みを,前後編に分けて振り返ってみたい。

[2021/02/22 00:00]

「奥谷海人のAccess Accepted」休載のお知らせ

[2021/02/15 12:00]

Access Accepted第675回:テック・ジャイアントでさえ苦戦するゲーム市場の難しさ

Access Accepted第675回:テック・ジャイアントでさえ苦戦するゲーム市場の難しさ

 タイトルを次々にキャンセルしたり,スタジオを閉鎖したりと,Amazon.comやGoogleという,社会に大きな影響を与える超巨大IT企業でさえ,ゲーム業界への進出に苦労しているようだ。今週は,北米メディアのレポート記事や,さまざまな情報から見えてくるテック・ジャイアントの現状を紹介したい。

[2021/02/08 00:00]

Access Accepted第674回:ゲームが牽引するメタバースという近未来

Access Accepted第674回:ゲームが牽引するメタバースという近未来

 映画「マトリックス」など,「仮想空間」を舞台にした映画や小説は数多い。そうした仮想空間がさらに進化した「メタバース」は,「インターネットの次にやってくるもの」とも言われており,もしかすると,実現する日はそう遠くはないかもしれない。今週は,そんなメタバースの未来像を考えてみよう。

[2021/02/01 00:00]

Access Accepted第673回:2021年注目の欧米産ゲームタイトルは,これだ! (後編)

Access Accepted第673回:2021年注目の欧米産ゲームタイトルは,これだ! (後編)

 先週に引き続き,年始恒例の「2021年注目の欧米産ゲームタイトルは,これだ!」後編をお届けしたい。さまざまな理由から,例年に比べて新作の話題にはやや欠ける2021年の始まりだが,それでも期待できる華のあるタイトルがいくつも発売を控えている。ぜひ,気になる1本を見つけてほしい。

[2021/01/25 00:00]

Access Accepted第672回:2021年注目の欧米産ゲームタイトルは,これだ! (前編)

Access Accepted第672回:2021年注目の欧米産ゲームタイトルは,これだ! (前編)

 2021年初となる本連載だが,今週は年始恒例の「今年注目しておきたい欧米産ゲーム」をピックアップして紹介してみたい。新型コロナウイルスの感染拡大で,例年とはまったく異なる様相を見せた欧米ゲーム業界だったが,期待度の高い新作タイトルが例年のようにいくつも控えているようだ。

[2021/01/18 00:00]

Access Accepted第671回:海外ゲーム通ならプレイしておくべき2020年のタイトル10選

Access Accepted第671回:海外ゲーム通ならプレイしておくべき2020年のタイトル10選

 2020年最後の掲載となる「奥谷海人のAccess Accepted」では,恒例の「海外ゲーム通ならプレイしておくべき2020年のタイトル10選」をお届けしたい。例年とは大きく様相の異なる年になってしまったが,優れた作品も多数リリースされている。ぜひ,年末年始にプレイするゲーム選びの参考にしてほしい。

[2020/12/28 00:00]

Access Accepted第670回:例年とは大きく違った2020年の欧米ゲーム業界を総括する

Access Accepted第670回:例年とは大きく違った2020年の欧米ゲーム業界を総括する

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で,日常生活が激変した2020年。多くのゲームイベントがオンラインに変更されたり,新世代コンシューマ機が市場に投入されたりなど,さまざまなことが起きた。今週は,例年とは大きく異なってしまった欧米ゲーム業界の1年間を振り返ってみたい。

[2020/12/14 00:00]

Access Accepted第669回:学習型AIキャラクター達のサバイバルを見守るリアリティ番組風ゲームが誕生

Access Accepted第669回:学習型AIキャラクター達のサバイバルを見守るリアリティ番組風ゲームが誕生

 北米時間の12月2日,Facebookのビデオ・オン・デマンドサービスFacebook Watchで,「Rival Peak」と題されたゲームの配信が始まった。学習型AIによって操作される12人のキャラクターのサバイバル生活を眺めるというリアリティ番組風の内容になっており,今後12週間にわたって配信が続けられるという。

[2020/12/07 00:00]

Access Accepted第668回:ゲームで社会的なテーマを扱うことの難しさ

Access Accepted第668回:ゲームで社会的なテーマを扱うことの難しさ

 ゲーム開発のハードルが下がり,表現方法も広がってきた最近,難しいテーマに挑戦するデベロッパが増えてきた。現代の政治/社会問題も,そんな難しいテーマの1つだろう。今週は,北アイルランドのメーカーの挑戦と挫折について,ゲームとしての価値を絡めながら紹介してみたい。

[2020/11/30 00:00]

Access Accepted第667回:PlayStation 5とXbox Series Xが登場した欧米市場の近未来

Access Accepted第667回:PlayStation 5とXbox Series Xが登場した欧米市場の近未来

 PlayStation 5Xbox Series Xがついに発売されて,ゲーム業界は新たな時代に突入した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で,これまでとはかなり雰囲気の異なるローンチになってしまったようだが,今後の欧米ゲーム市場の方向性を,アナリスト達はどう見ているのだろうか?

[2020/11/16 00:00]

Access Accepted第666回:ついにゲームは新世代に突入。このタイミングで前世代を振り返る

Access Accepted第666回:ついにゲームは新世代に突入。このタイミングで前世代を振り返る

 今週いよいよPlayStation 5Xbox Series Xが市場に投入され,ゲーム市場は新たな世代に突入する。次世代機は欧米で「第9世代」に区分されるが,このタイミングで前世代,つまり「第8世代」の時代のゲーム業界に何が起こったのか,本連載の過去記事と絡めてお伝えしたい。

[2020/11/09 00:00]

Access Accepted第665回:ゲーム配信者はパブリッシャに著作権使用料を払うべきなのか

Access Accepted第665回:ゲーム配信者はパブリッシャに著作権使用料を払うべきなのか

 音楽や映像の二次利用では通常,著作権使用料(印税)が発生するが,ゲームのライブストリーミングや動画制作になると,使用に寛容なパブリッシャが多い。トップレベルのストリーマーは広告収入も膨大なものだが,果たして収益はパブリッシャにも還元されるべきなのだろうか?

[2020/11/02 00:00]

Access Accepted第664回:リップシンクが日本語にも対応。声の質まで変わる次世代の音声技術とは

Access Accepted第664回:リップシンクが日本語にも対応。声の質まで変わる次世代の音声技術とは

 新たなリップシンク技術の登場によって,日本語を含むさまざまな言葉をナチュラルに話し,表情まで巧みに変えるゲームキャラクターが生まれつつある。今週は,そんな最新技術の話題を,「サイバーパンク 2077」やUbisoft Entertainmentの最新タイトルなどに絡めてお伝えしたい。

[2020/10/26 00:00]

Access Accepted第663回:求められる,古いゲーム作品を文化遺産として保存する取り組み

Access Accepted第663回:求められる,古いゲーム作品を文化遺産として保存する取り組み

 PS5やXbox Series Xで,後方互換性が大きくアピールされるなど,古くても良いゲームコンテンツが重要な資産として捉えられるようになってきた。今週は,現在欧米で行われている過去のゲームの保存への取り組みを紹介すると共に,その意義を考えてみたい。

[2020/10/19 00:00]

Access Accepted第662回:ゲーム産業と人口の高齢化問題

Access Accepted第662回:ゲーム産業と人口の高齢化問題

 調査会社の発表によれば,北米で自分のことを「ゲーマー」だと考えている人のうちの15%が,51歳以上だという。少子高齢化は先進国共通の悩みだが,果たしてゲーマーの年齢が年を追うごとに高くなるという現実はコンテンツにどのような影響を与えるのだろうか。今週はそれを考えてみよう。

[2020/10/12 00:00]

Access Accepted第661回:MicrosoftによるBethesda Softworksの買収を考える

Access Accepted第661回:MicrosoftによるBethesda Softworksの買収を考える

 Microsoftが,「Fallout」シリーズや「The Elder Scrolls」シリーズでおなじみのゲームメーカー,Bethesda Softworksの親会社であるZeniMax Mediaを買収したというニュースがゲーム業界で話題を集めている。MicrosoftとBethesda,今回の買収によるメリットと影響には,どのようなものがあるのだろうか。

[2020/10/05 00:00]

Access Accepted第660回:ARデバイスの未来を探るFacebook Future Labs

Access Accepted第660回:ARデバイスの未来を探るFacebook Future Labs

 2020年9月16日に開催されたイベント「Facebook Connect 2020」で,ARスマートグラス開発プロジェクトの「Project Aria」が発表された。Facebookのチーフサイエンティストを務めるマイケル・アブラッシュ氏が語った,「Project Aria」の現状とその未来について紹介したい。

[2020/09/28 10:00]

Access Accepted第659回:オンラインイベントから見えた北米ゲーム業界の現状

Access Accepted第659回:オンラインイベントから見えた北米ゲーム業界の現状

 2020年5月から4か月近く続いたオンラインイベント「Summer Game Fest」が終了した。この期間,何百という新作の発表や新情報公開が行われたが,急なデジタル化のためか,ややカオスな状況だったようだ。今週は,そんなオンラインイベントから見えた北米ゲーム業界の現状を紹介する。

[2020/09/07 00:00]

Access Accepted第658回:噂の「Xbox Series S」から北米ゲーム市場を考える

Access Accepted第658回:噂の「Xbox Series S」から北米ゲーム市場を考える

 Microsoftの次世代コンシューマ機「Xbox Series X」に“弟分が存在しているらしい”と聞いたことはあるだろうか? 最近,その弟分とされる廉価版「Xbox Series S」の噂があちこちから聞こえてくるようになった。今週は,その噂をまとめると同時に,そこから垣間見える欧米ゲーム市場の現状を紹介したい。

[2020/08/31 00:00]

Access Accepted第657回:Apple対Epic Games:「フォートナイト」のプレイヤーを巻き込んだ戦いの幕開け

Access Accepted第657回:Apple対Epic Games:「フォートナイト」のプレイヤーを巻き込んだ戦いの幕開け

 Epic Gamesが配信するバトルロイヤルゲーム「フォートナイト」が,App StoreとGoogle Playから削除されるという出来事が起きた。理由は,2020年8月13日にスタートしたEpic Games独自のモバイル向け決済手段「Epic ディレクトペイメント」にあるという。今週はその話題を紹介したい。

[2020/08/24 00:00]

Access Accepted第656回:デジタル化の推進によって好調を維持するゲーム産業

Access Accepted第656回:デジタル化の推進によって好調を維持するゲーム産業

 プラットフォームホルダーや大手パブリッシャが次々に好調な業績を発表している。いわゆる「巣ごもり需要」がその背景にあると思われるが,ゲーム産業にとっては,デジタル化を大きく推進する,1つのターニングポイントを迎えることにもなったようだ。今週は,そんな話題をお届けしよう。

[2020/08/17 00:00]

Access Accepted第655回:変革を進める「インディーパブリッシャ」とインディーズゲーム

Access Accepted第655回:変革を進める「インディーパブリッシャ」とインディーズゲーム

 ここ10年ほどのインディーズゲーム市場の成長に伴い,それを専門とする,いわゆる「インディーパブリッシャ」が次々に登場してきた。しかし最近,大手メーカーが独自のレーベルを作ったりなど,環境が急変しつつあり,インディーパブリッシャも変革を求められているという。今週は,そんな話題をお届けする。

[2020/08/03 00:00]

Access Accepted第654回:ゲーム産業で存在感を増すテンセントのこれまでとこれから

Access Accepted第654回:ゲーム産業で存在感を増すテンセントのこれまでとこれから

 今や映画産業を凌駕する規模に成長したゲーム産業だが,その中にあって世界最大規模の売上を誇るのが中国のテンセントだ。本国での急成長をバネに,アメリカ,ヨーロッパ,韓国,そして日本での投資や買収を繰り返し,成長を遂げたテンセントのこれまでとこれからを探ってみたい。

[2020/07/20 00:00]

Access Accepted第653回:次世代コンシューマ機ソフトの価格はいくらに?

Access Accepted第653回:次世代コンシューマ機ソフトの価格はいくらに?

 次世代コンシューマ機や対応ソフトの情報が次々に公開され,世界中のゲーマーがソワソワし始めているが,気になるのは,対応ソフトの価格だ。次世代機の投入に合わせてゲームの価格帯が上昇するのではないかという予想が出ており,今週はその話題を取り上げてみたい。

[2020/07/13 00:00]

Access Accepted第652回:そうだ,(ゲームで)釣りに行こう!

Access Accepted第652回:そうだ,(ゲームで)釣りに行こう!

 夏といえば釣り! とはいえ,人気タイトルはいくつかあるものの,なぜか釣りゲームはニッチな印象が強かった。そんな状況の中,最近,このジャンルで一旗揚げようとする野心的な釣りゲームがいくつか登場してきたようだ。今週は,そんな作品にスポットライトを当ててみたい。

[2020/07/06 00:00]

Access Accepted第651回:欧米ゲーム業界に起きる#MeTooムーブメント

Access Accepted第651回:欧米ゲーム業界に起きる#MeTooムーブメント

 Twitterに「#MeToo」ハッシュタグを付けてセクシュアルハラスメントを告発・共有する#MeTooムーブメント。2017年に大きな社会問題と知られるようになったが,最近,その再燃とも呼べそうな出来事が欧米ゲーム業界で相次いで起きている。今週は過去の事例を振り返り,最近の事例を紹介したい。

[2020/06/29 20:18]

Access Accepted第650回:デジタル化の進むゲームイベントを考える

Access Accepted第650回:デジタル化の進むゲームイベントを考える

 キャンセルされたE3に代わるデジタルイベントが次々に開催され,世界中のゲーマーがヒートアップしている。今後も大小のデジタルイベントが実施される予定になっており,欧米ゲーム業界はこうした新たなトレンドに対応する道を模索しているようだ。今週は,様変わりするゲームイベントのあり方を考えてみたい。

[2020/06/22 00:00]

Access Accepted第649回:「Black Lives Matter」運動。アメリカの深刻な人種問題とゲーム業界

Access Accepted第649回:「Black Lives Matter」運動。アメリカの深刻な人種問題とゲーム業界

 アメリカでは現在,黒人男性が警官の過剰な暴力で死亡した事件をめぐって大きな抗議運動が起きている。6月のイベントを延期するゲームメーカーが次々に出るなど,影響は北米ゲーム業界にもおよんでいるようだ。今週は,この出来事の背景やアメリカ社会の根深い問題を紹介したい。

[2020/06/08 00:00]

Access Accepted第648回:PC向けの数年先を行くPlayStation 5のSSD

Access Accepted第648回:PC向けの数年先を行くPlayStation 5のSSD

 「Unreal Engine 5」を発表したEpic GamesのCEO,ティム・スウィーニー(Tim Sweeney)氏PlayStation 5に搭載されているSSDを非常に高く評価している。「Unreal Engine 5」に搭載される技術は,高性能なストレージなしでは実現しなかったというのだ。今週は,そんな話題を紹介してみたい。

[2020/05/25 00:00]

Access Accepted第647回:2020年の夏はデジタルイベントが目白押し

Access Accepted第647回:2020年の夏はデジタルイベントが目白押し

 次世代機の市場投入が予定され,通常ならさまざまなイベントが開催されてお祭り騒ぎになっているはずの欧米ゲーム業界。ファンやメディアを集める形式の開催が難しくなったため,従来のイベントではデジタルへの移行が進み,新たなデジタルイベントも次々に名乗りを上げている。今週は,そんな状況をまとめてみた。

[2020/05/18 00:00]

Access Accepted第646回:活動を再開したMicroProseの歴史と現状

Access Accepted第646回:活動を再開したMicroProseの歴史と現状

 昔からの“洋ゲー”ファンにはおなじみのゲームメーカー,「MicroProse」が2020年5月,長い休止期間を経て活動を再開することが発表された。さまざまなコンバットフライトシムや,初期の「シヴィライゼーション」シリーズで知られるMicroProseの歴史を,今回の復活劇の経緯と共に紹介しよう。

[2020/05/11 00:00]

Access Accepted第645回:外出自粛のGW,こんなときだからこそ子供と一緒にプレイしたいゲーム10選

Access Accepted第645回:外出自粛のGW,こんなときだからこそ子供と一緒にプレイしたいゲーム10選

 外出の自粛要請が続き,ストレスが溜まりがちな子供達の毎日をどうやって有意義に過ごさせるか,親として大いに悩んでいる人も多いはず。だが,時間がある今こそ,親子で一緒にPCゲームを楽しむチャンスでもあるのだ。というわけで,今週は「何かが学べそうなPCゲーム」10作品,チョイスしてみた。

[2020/04/27 00:00]

Access Accepted第644回:ダン・ハウザー氏が引退したRockstar Games。その歴史を振り返る

Access Accepted第644回:ダン・ハウザー氏が引退したRockstar Games。その歴史を振り返る

 Rockstar Gamesのゲームデザイナーとして数々のヒット作を生み出してきた,ダン・ハウザー氏が2020年3月に引退した。今週は「グランド・セフト・オート」シリーズや「レッド・デッド・リデンプション」シリーズで知られるRockstar Gamesの過去を簡単に振り返ってみよう。

[2020/04/20 00:00]

Access Accepted第643回:ValveがSteamの販売成績などの情報を開示

Access Accepted第643回:ValveがSteamの販売成績などの情報を開示

 これまでSteamのマーケット情報をほとんど公開してこなかったValveだが,北米時間の2020年4月7日,「Steamにおける新規リリースの販売成績」という記事を掲載し,新規タイトルの販売状況についての情報を開示した。今週は,その話題を取り上げてみよう。

[2020/04/13 00:00]

Access Accepted第642回:ゲームの国際化に伴って重要性を増す「カルチャライゼーション」とは

Access Accepted第642回:ゲームの国際化に伴って重要性を増す「カルチャライゼーション」とは

 欧米ゲーム業界で,「カルチャライゼーション」というコンセプトが注目されている。これは,言語を翻訳する「ローカライゼーション」を超えて,政治や宗教など,広義の「文化」の相違を販売地域の実情に合わせるものだ。今週は,カルチャライゼーションの第一人者によるセッションの内容を紹介したい。

[2020/04/06 00:00]

Access Accepted第641回:新型コロナウイルスと戦い始めた欧米ゲーム業界

Access Accepted第641回:新型コロナウイルスと戦い始めた欧米ゲーム業界

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響が,欧米ゲーム業界でさらに広がっている。GDCやE3だけでなく,eスポーツ関連のイベントが中止や延期に追い込まれ,ハードウェア製品の供給が滞り,インターネットのトラフィックが危機的状況に陥る中,寄付や支援を行うゲームメーカーも次々に現れている。

[2020/03/30 00:00]

Access Accepted第640回:次世代コンシューマ機への期待とインディーズ開発者達の苦境

Access Accepted第640回:次世代コンシューマ機への期待とインディーズ開発者達の苦境

 次世代コンシューマ機のスペックが発表され,世界中のゲーマーのワクワク感が止まらない……と言いたいところだが,北米ではゲームイベントの中止や延期が相次いでおり,とくに発表の場を失ったインディーズゲームの開発者達が苦境に陥っている。今週は,そうした話題を取り上げてみたい。

[2020/03/23 00:00]

Access Accepted第639回:デジタルイベントに変貌した2020年のGDC

Access Accepted第639回:デジタルイベントに変貌した2020年のGDC

 ゲーム開発者会議Game Developers Conference 2020が延期され,その代わりとして講演および,「Game Developers Choice Awards」「Independent Game Festival」のストリーミング配信が行われる。デジタル化されたGDCがどんなイベントになるのか,最新トピックと合わせて紹介したい。

[2020/03/16 00:00]

Access Accepted第638回:新型コロナウイルスが与えるゲームイベントへの影響

Access Accepted第638回:新型コロナウイルスが与えるゲームイベントへの影響

 2020年3月16日に開幕予定だったゲーム開発者会議Game Developers Conference 2020が延期になるなど,新型コロナウイルスの影響が欧米ゲーム業界にも広がっている。カリフォルニアで非常事態が宣言されるなど,GDCだけでなく,夏以降のイベントでさえ不透明感が漂う現状をお伝えしたい。

[2020/03/09 00:00]

Access Accepted第637回:次世代コンシューマ機に向けて盛り上がるゲーム市場と,価値を失いつつあるE3

Access Accepted第637回:次世代コンシューマ機に向けて盛り上がるゲーム市場と,価値を失いつつあるE3

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントが昨年に引き続きE3 2020に参加しないことを明らかにし,「E3 Coliseum」のホストを務めていたジャーナリストが今年のE3をスキップすることを発表するなど,大規模ゲームイベント「E3」の存在価値が問われている。今週は,そんなE3の最近の事情をお届けしたい。

[2020/02/17 00:00]

Access Accepted第636回:ゲームジャムと,アメリカへの入国を拒否されたパキスタンの女性ゲーム開発者

Access Accepted第636回:ゲームジャムと,アメリカへの入国を拒否されたパキスタンの女性ゲーム開発者

 世界最大規模のゲームジャムとして知られる「Global Game Jam」が今年も開催された。そこで話題になったのが,パキスタンの女性ゲーム開発者達が作った「Trying to Fly」というゲームだ。特定に国に対するアメリカの政策に翻弄された彼女達の憤りが,ユーモラスに描かれているという。

[2020/02/10 00:00]

Access Accepted第635回:新型コロナウイルスがゲーム業界に与える影響

Access Accepted第635回:新型コロナウイルスがゲーム業界に与える影響

 WHOが緊急事態宣言を発令した新型コロナウイルス。ヒトからヒトへの感染例が国内でも確認され,医療の脆弱な地域への感染拡大が懸念されているが,ゲーム業界においても,eスポーツ大会が中止されるなどの動きが起きている。今回は,そうした状況について簡単にお伝えしたい。

[2020/02/03 00:00]
さらに記事を探す

トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月16日〜04月17日