オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
Frostpunk 2公式サイトへ
準備中
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
Access Accepted第782回:2024年注目の欧米産ゲームタイトルは,これだ!(後編)
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2024/01/22 15:00

業界動向

Access Accepted第782回:2024年注目の欧米産ゲームタイトルは,これだ!(後編)

画像集 No.001のサムネイル画像 / Access Accepted第782回:2024年注目の欧米産ゲームタイトルは,これだ!(後編)

 パリ夏季オリンピックをはじめビッグイベントが目白押しな2024年だが,我々ゲーマーにとっての関心事は「2024年にはどんなゲームがリリースされるのか」。コロナ禍に何度か開発延期の憂き目に遭い,ようやく開発者の努力が実を結ぶケースが多くなりそうだ。前回に引き続き,年始恒例の“今年注目すべき欧米生まれのタイトル”をピックアップして紹介する。


変化の年になりそうな2024年のゲーム業界


 今回も「2024年注目の欧米産ゲームタイトルは,これだ!(後編)」と題し,年内発売予定となっている期待の欧米産ゲーム20作を紹介していきたい。
 タイトルの選出にあたって気になったのは,PlayStation 5の独占タイトルが非常に少ないということ。2023年は「Marvel’s Spider-Man 2」が大きなヒットを記録したものの,例えば「Marvel’s Spider-Man: Miles Morales」がリリースされた2020年は「The Last of Us Part II」や「Ghost of Tsushima」を筆頭に多くのPS4専用ゲームがリリースされていたことを考えると,ソニー・インタラクティブエンタテインメントにはラインアップのテコ入れを期待したいところだ。
 その一方で,Xbox Game StudiosのエクスクルーシブタイトルがXbox Series X|Sのローンチ以降は明らかに増えており,2018年頃から活発になっていたデベロッパの買収が実を結び始めている。あのコジマプロダクションもXbox Game Studiosと共に,コードネーム「OD」の開発を進めており,現在のXboxの勢いを感じる。

 いずれにせよ,PlayStation 4やXbox Oneに対応したゲームは減っており,2024年は世代交代が完了する年,つまりPlayStation 5とXbox Series X|Sが「現世代ゲーム機」に定着する年となるはずだ。また,任天堂が新たなゲーム機をリリースするという噂も,海外の大手メディアであるCNBC(※リンク)などで取り上げられている。正式に発表されるのかどうか,今年のゲーム業界における最大のトピックになるかもしれない。

日本が舞台となるシリーズ最新作「アサシン クリード コードネーム(Red)」。同シリーズでは初めて実在の人物が主人公になると言われており,男性は織田信長に仕えたアフリカ人の侍として海外でも話題にされることの多い“弥助”,女性は伊賀三忍である藤林長門守の娘“なおえ”という噂もあるが……
画像集 No.003のサムネイル画像 / Access Accepted第782回:2024年注目の欧米産ゲームタイトルは,これだ!(後編)

 Game Developers Conferenceの主催であるInfoma Techは,3月のイベント開催を前に,ゲーム業界の市場調査レポートを関係者向けに公開している。それによるとアンケートに答えた3000人のうち,自分の会社がリストラを行うかもしれないと考えている人は56%に及び,昨今の世界経済の鎮静化や巣ごもり需要後の消費者の変化を心配している人が多いようだ。
 6月に行われていたE3(Electronic Entertainment Expo)が消滅したことで,年末から来年にかけてリリースされる新作の発表の場は,Summer Game Festにさらなる比重がかかることになる。まだ開催日をアナウンスしていないが,オフラインイベントの規模が気になるところだ。デジタル化の時代であるとはいえ,開発者とメディアが顔を合わせるイベントのニーズは高く,必要としているデベロッパは少なくない。

 そんな期待半分,心配半分の2024年だが,本稿では今年の後半にリリースされそうな作品を中心にピックアップしている。果たして,どんなゲームがスマッシュヒットを飛ばし,どんな話題で盛り上がっていくのだろう。

アーリーアクセスやβテストが長期にわたるゲームは,どのタイミングをリリース日とするのかが悩ましい。アクションRPG「Path of Exile 2」の開発元,Grinding Gear Gamesは6月7日からクローズドβテストを行う予定を表明している
画像集 No.004のサムネイル画像 / Access Accepted第782回:2024年注目の欧米産ゲームタイトルは,これだ!(後編)


Frostpunk 2


開発元:11 bit studios
販売元:11 bit studios
発売予定日:2024年前半
プラットフォーム:PC / PS5 / Xbox Series X|S


氷河期の中で大きな街の未来を紡いでいく社会派サバイバルシム

 「意味のあるゲーム」(Games with Meaning)をモットーに掲げる11 bit studiosの新作が「Frostpunk 2」だ。まだ蒸気機関しかなかった19世紀のヨーロッパを氷河期が襲ったという架空の歴史を背景に,プレイヤーは生き残った一団を率いて町を築き,希少な資源やアイテムの調達,誰かを犠牲にしなければならない難しい決断を迫られる。硬派かつ社会派なサバイバルシムだ。
 続編では,前作の猛吹雪が一段落してから30年後の都市,ニューロンドンを舞台にしている。石油燃料の台頭によって得た新しいテクノロジーと,文明の発展に合わせて起こる社会的な影響を描くようだ。寒さとの戦いそのものが目的でなくなった人々が本性を剥き出しにして,欲望や嗜好によって形成された派閥が対立する中,プレイヤーはさまざまな選択をしながら街を未来へと導いていく。住居や医療施設はもちろん,工業や科学の発展を促す特区を作るなど,より大きなスケールのサバイバルが楽しめそうだ。

画像集 No.005のサムネイル画像 / Access Accepted第782回:2024年注目の欧米産ゲームタイトルは,これだ!(後編)


Bellwright


開発元:Donkey Crew
販売元:Snail Games
発売予定日:2024年前半
プラットフォーム:PC


中世ヨーロッパ風の世界で村を築き,自分を追い落とした敵と戦う

 村建設シム「Bellwright」は当初の予定より少し遅れて,アーリーアクセスを開始する予定だ。主人公は王子暗殺の濡れ衣を着せられて逃亡していたものの,事件の背後にあった陰謀が明らかになったことで故郷に戻ってきた。まずは自分の村を築いて賛同者を集め,徐々に軍力を蓄えて戦いに臨むというストーリーになるようだ。建設シム,アクションRPG,ストラテジーバトルの要素を盛り込んだ内容に期待したい。
 すべてのNPCには名前や性別,家族や師弟などの人間関係,さらに俊敏さ,武器,生産に関する特性といった10種類以上の属性が用意されている。例えば,弓兵を育てたいならば猟師が多い村に足を運び,有能なNPCと交流を深めることで雇えるといった人材探しの旅が楽しそうだ。村の建物に関しては,木こりが森で間伐して木材に加工し,それを任意の場所に運んで大工が建てていくといった様子を確認できるため,シミュレーション性も高いだろう。

画像集 No.006のサムネイル画像 / Access Accepted第782回:2024年注目の欧米産ゲームタイトルは,これだ!(後編)


Avowed


開発元:Obsidian Entertainment
販売元:Xbox Game Studios
発売予定日:2024年内
プラットフォーム:PC / Xbox Series X|S


RPGの伝統を受け継ぐObsidianの最新アクションRPG

 「バルダーズ・ゲート 3」が人気を集めているが,初代「Baldur’s Gate」の開発補佐を務め,スピンオフとなる「Icewind Dale」シリーズを開発したのがBlack Isle Studiosだ。パブリッシャの倒産により中核メンバーが独立し,Obsidian Entertainmentを立ち上げると,その後はさまざまな作品を手がけながら2015年に「Baldur’s Gate」の精神的後継作「Pillers of Eternity」をリリースした。現在,同社が開発しているのが「Avowed」である。
 「Avowed」は「Pillers of Eternity」と世界観を共有している。何らかの病原菌が蔓延しているイーダイア帝国の僻地にある島を舞台に,調査にやってきた主人公はミュータント化した人間やクリーチャーと戦っていくことになる。プレイヤーは剣などのメレー武器はもちろん,魔法やライフル銃なども扱い,6種の兵科に分かれたスキルツリーを成長させていく。本作はオープンワールドゲームではないものの,「The Outer Worlds」のような会話システムを搭載し,ストーリーとキャラクターにフォーカスした作品になるようだ。

画像集 No.007のサムネイル画像 / Access Accepted第782回:2024年注目の欧米産ゲームタイトルは,これだ!(後編)


Still Wakes the Deep


開発元:The Chinese Room
販売元:Secret Mode
発売予定日:2024年前半
プラットフォーム:PC / PS5 / Xbox Series X|S


外部との通信が遮断された洋上施設で巻き起こる宇宙的恐怖

 「Still Wakes the Deep」は,スコットランドの沖合にある石油掘削施設で災害が発生したことから危機に陥るストーリーを描く,一人称視点のサバイバルホラーだ。まだ洋上の通信機器と言えば,無線しかなかった1975年が舞台となっている。電気も通信手段も断たれて脱出さえも難しい状況で,作業員のカズ・マクレーリー(Kaz McLeary)となって,仲間たちを救助したり,協力し合ったりしながら,暗く凍てつく北海に浮かぶ建物で生き残りを目指す。
 浸水や火災が発生する危険な施設を歩き回り,北風の吹き荒れる外甲板で作業をしたり,鉄骨だけになっている足場を渡ったりと,厳しい条件の中で任務にあたるようだ。The Chinese Roomは2013年の「Amnesia: A Machine for Pigs」を手がけたデベロッパだが,「倒すことのできない未知の恐怖」との対峙が物語の中核にあり,洋上という設定からもクトゥルフ神話に通じる宇宙的恐怖がテーマになっていると思われる。

画像集 No.008のサムネイル画像 / Access Accepted第782回:2024年注目の欧米産ゲームタイトルは,これだ!(後編)


Hades II


開発元:Supergiant Games
販売元:Supergiant Games
発売予定日:2024年第2四半期
プラットフォーム:PC / PS5 / PS4 / Xbox Series X|S / Xbox One


死がマンネリ化しない,きめ細やかなローグライクが再び

 2011年にリリースされた「Bastion」以降,常に高い評価を受けてきたSupergiant Gamesにとって,「Hades II」は初の続編制作となる。ギリシャ神話の冥界で起きていた知られざる逸話が,魔術の誕生との浅からぬ関係と共に描かれていく。主人公は冥界のやんちゃなプリンセスという役どころで,オリュンポスの神々の力を後ろ盾にしながら,時の巨人であるクロノスの打倒を目指して新たな旅に出る。
 キルされてゲームをリスタートするたびに発生するローグライクなストーリー展開と,テンポのいいアクションの融合といった前作の醍醐味はそのままに,アニメーションの滑らかさが増した3Dキャラクターたちとの出会いや会話がさらに充実している。夜母神より授かった伝説の武器を黒魔術で強化し,鍛え上げていくというアイテムのアップグレードシステムも魅力と言えそうだ。前作同様,アーリーアクセスの形でPC向けのβテストを進めてから,マルチプラットフォーム化していくものと思われる。

画像集 No.009のサムネイル画像 / Access Accepted第782回:2024年注目の欧米産ゲームタイトルは,これだ!(後編)


Marathon


開発元:Bungie
販売元:ソニー・インタラクティブエンタテインメント
発売予定日:2024年内
プラットフォーム:PC / PS5 / Xbox Series X|S


あの伝説のMac専用FPS「Marathon」が帰ってくる

 今から30年前の欧米ゲーム市場ではFPSジャンルの勃興が大きな話題になり,3Dグラフィックス描画能力に劣ると言われていたMac向けにリリースされて高い評価を得たのが,1994年の「Marathon」だった。開発を手がけたのは,1991年に起業していたBungieである。現在はソニー・インタラクティブエンタテインメント傘下の同社にとって,「Destiny」シリーズ以来,久しぶりとなる新作プロジェクトが新生「Marathon」である。
 まだ「Marathon」の情報は非常に少ないが,「Escape from Tarkov」や「Gangs of Sherwood」などに代表されるPvPベースのエクストラクション(脱出)シューターになるようだ。プレイヤーは惑星「タウ・セティIV」で財宝を探し求める傭兵となり,ミッションをクリアしてから脱出を目指していく。興味深いのはPCとPlayStation 5だけでなく,Xbox Series X|Sにも展開されることだろう。

画像集 No.010のサムネイル画像 / Access Accepted第782回:2024年注目の欧米産ゲームタイトルは,これだ!(後編)


The Alters


開発元:11 bit studios
販売元:11 bit studios
発売予定日:2024年内
プラットフォーム:PC / PS5 / Xbox Series X|S


俺はヤン,お前もヤン。ヤンだらけの環境でサバイバル

 11 bit studiosのもう1つのプロジェクト「The Alters」は,“自分滅亡”の危機に際し,DNAの複製によって自分のコピーを作り上げて人手を増やし,サバイバルを続けていくという奇抜なサバイバルシムだ。主人公のヤン・ドルスキーは遠い未来の宇宙で働く平凡な作業員だったが,地球との連絡が途絶えたうえに,惑星が徐々に恒星へと引っ張られていることを知り,生物の成長を早める鉱石の力を借りて自分の複製,“アルター”たちを生産していく。
 アルターは自分こそがヤン・ドルスキーであるというアイデンティティを持ちながら,複製過程で異なるスキルセットを獲得し,炭鉱労働者やエンジニア,科学者など,さまざまな職種に就いて成長する。それにより,同じDNAや生存環境なのに,生活習慣によって長所も短所も異なる複雑なパーソナリティができあがり,自分たちを1つの集団としてまとめていかなければならない。そのうえで,徐々に過酷になる紫外線から逃れるべく,タイヤ状の基地で移動を続けながら,生存や脱出のために機会を探っていくことになるようだ。

画像集 No.011のサムネイル画像 / Access Accepted第782回:2024年注目の欧米産ゲームタイトルは,これだ!(後編)


Star Wars Outlaws


開発元:Massive Entertainment
販売元:Ubisoft
発売予定日:2024年内
プラットフォーム:PC / PS5 / Xbox Series X|S


「スター・ウォーズ」サーガの世界で,小悪党として自由な活動を楽しむ

 年内のリリースが期待される「Star Wars Outlaws」は,Lucasfilm Games監修のもと,「スター・ウォーズ」の映画「エピソード5/帝国の逆襲」と「エピソード6/ジェダイの帰還」の間のストーリーを描くオープンワールド型アクションアドベンチャーだ。ケイ・ヴェスという“スカウンドレル”の若い女性となって,さまざまなミッションをこなしていく。スカウンドレルとは,スター・ウォーズサーガで描かれているキャラクタータイプのようなもので,本来は帝国軍にも反乱軍にも手を貸さずに密売などを行いながら,自由に生きている。ケイは相棒である小動物のニックス,冷静さがウリの戦闘用アンドロイドND-5と共にコソ泥稼業に手を染めていくうち,銀河の未来に影響するような大仕事をやってのけることになるという。
 「ディビジョン」シリーズのMassive Entertainmentが開発を担当するだけに,メインストーリー以外にもクエストが用意されており,銃撃戦を重視するか,ステルスで楽しむかといった自由度を実現し,銃のカスタマイズ要素にもフィーチャーしている。クエストをどのように遂行していくか,どんな勢力と関わっていくかによって,各勢力での評判が変化していくため,物語の行く末にも影響するようだ。

画像集 No.012のサムネイル画像 / Access Accepted第782回:2024年注目の欧米産ゲームタイトルは,これだ!(後編)


World of Goo 2


開発元:Tomorrow Corporation
販売元:2D BOY
発売予定日:2024年内
プラットフォーム:PC


インディーゲームの隆盛に大きな影響を与えた「グーの惑星」の続編

 2008年にリリースされた「グーの惑星」(World of Goo)は,インディーゲームの隆盛に大きな影響を与えた作品だ。ネバネバの生物を操り,橋のような構造物を作り上げてミッションに挑む物理アクションパズルである。同作はモバイルゲームなどの移植が行われて長寿化する一方,開発者カイル・ガブラー(Kyle Gabler)氏が率いるTomorrow Corporationは「Human Resource Machine」のような作品を次々と生み出していた。そんな名作の14年ぶりの続編として,開発が進められているのが「World of Goo 2」である。
 開発がアナウンスされたのは2023年12月のThe Game Awardsであり,どこまで開発が進んでいるのかは想像もつかないが,マップはさらに細かくなり,煙や火炎の効果などが加わるようだ。トレイラーによるとストーリー要素も確認でき,現代的なパズルアドベンチャーに進化していることを期待したい。

画像集 No.013のサムネイル画像 / Access Accepted第782回:2024年注目の欧米産ゲームタイトルは,これだ!(後編)


The Casting of Frank Stone


開発元:Supermassive Games
販売元:Behaviour Interactive
発売予定日:2024年内
プラットフォーム:PC / PS5 / Xbox Series X|S


「Dead by Daylight」の世界を楽しむシングルプレイ用ホラーADV

 「Dead by Daylight」のBehaviour Interactiveと,「Until Dawn - 惨劇の山荘 -」などのリアルな人間描写で知られるSupermassive Gamesがコラボして開発中のシングルプレイ用ホラーアドベンチャー,それが「The Casting of Frank Stone」だ。殺人鬼フランク・ストーンが起こした凶悪事件によって,その様相が一変してしまったオレゴン州の田舎町を舞台に,その真相を調べようと気軽に町へとやってきた若者の一団に起る恐怖を描いている。
 「Dead by Daylight」の世界観を共有しており,エンティティ(宇宙的悪魔)に作られた“霧の森”などのコンセプトも活用されている。すでに公開されているフランク・ストーンの成れの果てと思われる,不気味な防具を頭に被った人物が印象的だ。複数の登場人物の周辺で発生するイベントにおいて選択を行うことで,ほかのプレイヤーとは異なるストーリーができあがるというSupermassive Gamesらしい作風になるだろう。

画像集 No.014のサムネイル画像 / Access Accepted第782回:2024年注目の欧米産ゲームタイトルは,これだ!(後編)


ANIMAL WELL


開発元:Shared Memory
販売元:Bigmode
発売予定日:2024年内
プラットフォーム:PC / PS5 / Switch


幻想的なネオンライトが光るピクセルアートなメトロイドヴァニア

 個人デベロッパのビリー・バッソ(Billy Basso)氏が約7年の時間をかけて開発してきたのが,2Dプラットフォーマー「ANIMAL WELL」だ。プレイヤーは地下迷宮に迷い込んでしまったスライム状の主人公を操作して,さまざまな謎を解きながら脱出の機会を探っていくことになる。真っ暗なために見落としやすい経路が複数あり,異なるルートを探索したり,隠されたアイテムを見つけたりするメトロイドヴァニア風のテイストが光る。
 中でも特筆すべきは,そのビジュアルスタイルだろう。バッソ氏がコツコツと調整してきたピクセルアートはネオン調に仕上がり,ボーっと浮かび上がるステージや動物,亡霊,夜光草などが美しく描かれている。ホタルのような虫が飛び交うと光が動き,水は流れ,草は主人公の移動に従ってそよぐといった細かい描写にこだわりが感じられる。

画像集 No.015のサムネイル画像 / Access Accepted第782回:2024年注目の欧米産ゲームタイトルは,これだ!(後編)


Ara: History Untold


開発元:Oxide Games
販売元:Xbox Game Studios
発売予定日:2024年内
プラットフォーム:PC


歴史モノ4Xゲームの新たな決定版となるか

 「Ara: History Untold」は大自然が広がる大地に国を建設して市民を率い,徐々に開拓して芸術や文化を発展させて近隣国家と外交したり,時にはライバルと戦ったり,新たな政策を展開したりする4Xゲーム(4X:eXplore=マップの探索,eXpand=拡張,eXploit=開発,eXterminate=殲滅)の最新作だ。「Civilization」シリーズと同様のターン制を採用しているが,1ターンで全勢力が同時に行動するといった違いがある。国家が成長すると建物がひしめき合い,大軍勢へと成長するというグラフィックス面にも目を引くものがあり,歴史ストラテジーの定位置を獲得する勢いを感じる。
 開発を担当するOxide Gamesは,Firaxis Gamesのスタッフが2013年に独立して立ち上げ,独自のゲームエンジンとなるNitrous Engineを開発している。その技術を他社にライセンス供与する傍ら,初のDirectX 12対応作品「Ashes of the Singularity」をリリースしてきた。そんな同社の作品であることから,技術力にはかなり期待できそうだ。「Civilization」シリーズの次回作までの穴を埋めてくれる存在になるかもしれない。

画像集 No.016のサムネイル画像 / Access Accepted第782回:2024年注目の欧米産ゲームタイトルは,これだ!(後編)


Test Drive Unlimited Solar Crown


開発元:Kylotonn
販売元:Nacon
発売予定日:2024年内
プラットフォーム:PC / PS5 / Switch / Xbox Series X|S


香港の街並みを再現したドライブシミュレータ新作

 2024年,イチ押しのレーシングゲームとなりそうなのが,NaconとKylotonnによる「Test Drive Unlimited Solar Crown」だ。本作の舞台となるのは,高級ホテルや金融街,ネオンサインだらけの狭い路地,リゾート地や貿易港,それらをつなぐ高速道路まで,ほぼリアルスケールで再現したという香港。プレイヤーはクランに所属して,課せられた任務を遂行していくことになる。
 「WRC」シリーズで知られるKylotonn(KT Racing)が開発を担当し,ドライブシミュレータとしても大いに期待がかかる。フェラーリ,ランボルギーニ,ポルシェ,ケーニグセグ,アポロ,ダッジ,ブガッティ,メルセデス・ベンツやアストンマーティンといった高級車ばかりをフィーチャーしているのも特徴だろう。レースに勝って稼げば高級な別荘を購入し,自分のマシンをディスプレイできる。香港は日本と同じく左側通行車線というのも,日本人ゲーマーにとってはうれしいところだ。

画像集 No.017のサムネイル画像 / Access Accepted第782回:2024年注目の欧米産ゲームタイトルは,これだ!(後編)


ARK II


開発元:Studio Wildcard
販売元:Studio Wildcard
発売予定日:2024年後半
プラットフォーム:PC / Xbox Series X|S


伝説的な英雄と協力し,恐竜が跋扈する世界で生き残れ

 Studio Wildcardのサバイバルアクション「ARK II」は,恐竜が跋扈する太古の世界で目を覚ましたプレイヤーが何もない状態から生活基盤を作り上げ,巨大生物と戦ったり,恐竜たちを飼いならしてペットにしたりできるMMOゲームだ。続編はストーリー性を重視しているらしく,原始時代の英雄とされるサンティアゴ役にアクション俳優,ヴィン・ディーゼルさんを抜擢。娘が古代の亡霊に奪われるのを阻止するべく,共に活動していくことになる。
 前作からの変更点として,三人称視点を採用していることが挙げられる。クライミングやパルクール,ターザンのようなスイングといったアクションもプレイしやすくなっているだろう。さらに,防御や回避を駆使して戦うソウルライクなアクションをフィーチャーしているとのことだ。

画像集 No.018のサムネイル画像 / Access Accepted第782回:2024年注目の欧米産ゲームタイトルは,これだ!(後編)


リトルナイトメア3


開発元:Supermassive Games
販売元:バンダイナムコエンターテインメント
発売予定日:2024年内
プラットフォーム:PC / PS5 / PS4 / Switch / Xbox Series X|S / Xbox One


不気味なのにどこかキュートな2.5Dホラーシリーズ最新作


 不気味なのにどこかキュートな世界が大きな人気を博す,2.5Dホラーアドベンチャーシリーズ最新作「リトルナイトメア3」は,新たな主人公・ロウとアローンが脅威に満ちた“ノーウェア”から脱出を図るべく旅に出る。敵と戦ったり,パズルを解いたりしないと先に進めないプラットフォームアクションだが,ロウは弓矢,アローンはレンチを手にしており,それぞれの能力を駆使して難題をクリアしていく。
 前作と異なるのは,2人のプレイヤーによる協力プレイをベースにしていること。なお,ソロプレイの場合は,AIコンパニオンがパートナーを務めてくれる。オリジナルクリエイターであるTasier StudiosはIPの所有権を手放し,プロジェクトから離れているため,前述の「The Casting of Frank Stone」にも関わるSupermassive Gamesが開発を担当していることにも注目しておきたい。

画像集 No.019のサムネイル画像 / Access Accepted第782回:2024年注目の欧米産ゲームタイトルは,これだ!(後編)


Holstin


開発元:Sonka
販売元:Sonka
発売予定日:2024年内
プラットフォーム:PC


ピクセルアートながらカメラが肩越しに回転するユニークなメカニック

 「Holstin」は1990年代,災害の発生によって孤立してしまったポーランドの田舎町イェジョルネ・コロニアを舞台にしたサイコホラーADVだ。屋外はスライムや触手に覆い尽くされ,住民をはじめとするあらゆるものが災禍に飲み込まれていく世界において,プレイヤーは行方不明になった友人を探し出して脱出を試みる。
 本作は斜め見下ろし視点を採用し,グラフィックスはクラシックな雰囲気を持つ2Dピクセルアートで描かれている。危険に満ちた世界で希少なアイテムや友人の居場所を探し求め,ゆっくりとゾンビのように襲い掛かる村人の手から逃れていく。本作の非常にユニークなところは,プレイヤーキャラクターが銃を構えると肩越しの3Dグラフィックスに切り替わり,銃撃を行えること。このようなカメラの回転システムは8種類のアングルをフィーチャーしており,異なるゲームを同時に進行しているような気分になれそうだ。

画像集 No.020のサムネイル画像 / Access Accepted第782回:2024年注目の欧米産ゲームタイトルは,これだ!(後編)


John Carpenter’s Toxic Commando


開発元:Saber Interactive
販売元:Focus Entertainment
発売予定日:2024年内
プラットフォーム:PC / PS5 Xbox Series X|S


ホラー映画のレジェントが参加するCo-opアクション

 「ハロウィン」や「惑星からの遊体X」などの作品で知られるホラー映画のカリスマ,ジョン・カーペンター氏は,70代の現在も「Fallout 76」に熱中しているという相当なゲーマーだ。そんなレジェンドが監修する新作ゲームが「John Carpenter’s Toxic Commando」である。本作の舞台は,地球の核からエネルギーを採掘しようとした実験の失敗により,古代神が蘇ってしまい,ほとんどの人類がアンデッドと化してしまった近未来。実験を行った勢力が世界の正常化を目指して雇い入れた傭兵たちによる,「トキシック・コマンドー」が結成されるのだ。
 「World War Z」を手がけたSaber Interactiveらしく,本作は最大4人のプレイヤーによるCo-op型アクションゲームとなる。銃だけでなく手りゅう弾や日本刀などを手にして,ゾンビの群れに立ち向かうド派手なアクションが展開される。装甲車を走らせながら周囲に群がるゾンビを撃ち倒していくといった,広大なフィールドにおけるゲームプレイをフィーチャーしているようだ。

画像集 No.021のサムネイル画像 / Access Accepted第782回:2024年注目の欧米産ゲームタイトルは,これだ!(後編)


ノー レスト フォー ザ ウィケッド


開発元:Moon Studios
販売元:Private Division
発売予定日:2024年内
プラットフォーム:PC / PS5 / PS4 / Switch / Xbox Series X|S / Xbox One


「オリとくらやみの森」のデベロッパによる本格アクションRPG

 淡いタッチとストーリーが多くのゲーマーを魅了した「オリとくらやみの森」(Ori and the Blind Forest)シリーズで知られるMoon Studiosの新作「ノー レスト フォー ザ ウィケッド」は,まったく趣の異なるアクションRPGだ。傲慢で未熟な王子マグナスに王位が継承されたことで不安定となり,追い打ちをかけるように疫病が蔓延した王国が舞台となる。野心に燃える聖職者が台頭する中,驚異的な力を宿す聖戦士の1人である主人公が困難に立ち向かっていくストーリーが描かれる。狡猾な支配者と闘志に燃える反逆者の間で王位を巡る,壮大なサーガを紐解いていくという。
 詳細は明らかになっていないが,特徴的なスキルを繰り出していく綿密さと戦略性が求められるバトルシステムや,ルーンで武具に魔力を付与するといったクラフト要素が用意されるようだ。最大3人のCo-opモードも実装されるが,一緒に物語を進めていくだけでなく,同じゲーム世界を共有しながらも各自が異なるクエストのために冒険することも可能だ。

画像集 No.022のサムネイル画像 / Access Accepted第782回:2024年注目の欧米産ゲームタイトルは,これだ!(後編)


Vampire: The Masquerade - Bloodlines 2


開発元:Hardsuit Labs / The Chinese Room
販売元:Paradox Interactive
発売予定日:2024年秋
プラットフォーム:PC / PS5 / Xbox Series X|S


現代社会の裏で暗躍するヴァンパイアたちの抗争を艶美に描く

 相次ぐ開発延期とオリジナル開発チームの退陣により,新たなスタートが切られた「Vampire: The Masquerade - Bloodlines 2」は,Paradox Interactiveが権利を所有するテーブルトップRPG「World of Darkness」を原作としたアクションRPGだ。ナラティブデザインに定評のあるThe Chinese Roomが開発に参加しており,エルダー・キンドレッドと呼ばれる高位のヴァンパイアである主人公が,吸血鬼クランによる抗争が勃発しようとしているシアトルの裏社会で暗躍するという基本設定はそのままに,重厚な大人向けのストーリーに期待したい。
 プレイヤーがどのクランに帰属しているのか,どのクランに協力するのかによって,獲得する能力が変化し,プレイスタイルやミッションへのアプローチも異なるものになる。当然,ヴァンパイアの仲間や人間の血を吸い上げることが生き残るためには不可欠だが,人前で吸血するといったヴァンパイア界の掟を破れば,NPCとの関係は微妙に変化し,やがては異なるエンディングに到達するという。以前に公開されたグラフィックスも美しかったが,現在はUnreal Engine 5を採用しているとのこと。さらに艶美な世界を実現してくれるはずだ。

画像集 No.023のサムネイル画像 / Access Accepted第782回:2024年注目の欧米産ゲームタイトルは,これだ!(後編)


インディ・ジョーンズ/大いなる円環


開発元:MachineGames
販売元:Bethesda Softworks
発売予定日: 2024年内
プラットフォーム:PC / Xbox Series X|S


インディ・ジョーンズになりきって,財宝の謎が眠る世界を駆ける

 Bethesda Softworksの最新プロジェクト「インディ・ジョーンズ/大いなる円環」が2024年内にリリースを予定していることが明らかになった。「Wolfenstein」シリーズで知られるMachineGamesが開発を担当しているだけあり,一人称視点でアクションをプレイながらも,イベントシーンでは三人称視点に切り替わり,プレイヤーがインディになりきって楽しめるシネマティックな演出を達成しているようだ。
 本作のストーリーは,大学から遺物が盗まれたことに興味を持ったインディが謎を解明するべく冒険に出ることになる。バチカンからエジプト,ヒマラヤの山岳地帯からタイの密林まで足を運ぶようだ。インディらしい閃きで難関を突破したり,時にはステルスを使ったり,迂回ルートを探したりといった,異なるアプローチでミッションを体験できるとのこと。愛用品である鞭は戦闘や何かにつかまるためだけでなく,音を鳴らして相手の気を逸らしたり,スイッチを押したりするときにも活躍するはずだ。

画像集 No.024のサムネイル画像 / Access Accepted第782回:2024年注目の欧米産ゲームタイトルは,これだ!(後編)

※来週(1月29日)の週刊連載「奥谷海人のAccess Accepted」は,著者取材のため休載します。

著者紹介:奥谷海人
 4Gamer海外特派員。サンフランシスコ在住のゲームジャーナリストで,本連載「奥谷海人のAccess Accepted」は,2004年の開始以来,4Gamerで最も長く続く連載記事。欧米ゲーム業界に知り合いも多く,またゲームイベントの取材などを通じて,欧米ゲーム業界の“今”をウォッチし続けている。
  • 関連タイトル:

    Frostpunk 2

  • 関連タイトル:

    Frostpunk 2

  • 関連タイトル:

    Frostpunk 2

  • 関連タイトル:

    Bellwright

  • 関連タイトル:

    Avowed

  • 関連タイトル:

    Avowed

  • 関連タイトル:

    Avowed

  • 関連タイトル:

    Still Wakes the Deep

  • 関連タイトル:

    Still Wakes the Deep

  • 関連タイトル:

    Still Wakes the Deep

  • 関連タイトル:

    Hades II

  • 関連タイトル:

    Marathon

  • 関連タイトル:

    Marathon

  • 関連タイトル:

    Marathon

  • 関連タイトル:

    The Alters

  • 関連タイトル:

    The Alters

  • 関連タイトル:

    The Alters

  • 関連タイトル:

    Star Wars Outlaws

  • 関連タイトル:

    Star Wars Outlaws

  • 関連タイトル:

    Star Wars Outlaws

  • 関連タイトル:

    World of Goo 2

  • 関連タイトル:

    The Casting of Frank Stone

  • 関連タイトル:

    The Casting of Frank Stone

  • 関連タイトル:

    The Casting of Frank Stone

  • 関連タイトル:

    ANIMAL WELL

  • 関連タイトル:

    ANIMAL WELL

  • 関連タイトル:

    ANIMAL WELL

  • 関連タイトル:

    Ara:History Untold

  • 関連タイトル:

    Test Drive Unlimited: Solar Crown

  • 関連タイトル:

    Test Drive Unlimited: Solar Crown

  • 関連タイトル:

    Test Drive Unlimited: Solar Crown

  • 関連タイトル:

    Test Drive Unlimited: Solar Crown

  • 関連タイトル:

    Test Drive Unlimited: Solar Crown

  • 関連タイトル:

    Test Drive Unlimited: Solar Crown

  • 関連タイトル:

    ARK II

  • 関連タイトル:

    ARK II

  • 関連タイトル:

    リトルナイトメア3

  • 関連タイトル:

    リトルナイトメア3

  • 関連タイトル:

    リトルナイトメア3

  • 関連タイトル:

    リトルナイトメア3

  • 関連タイトル:

    リトルナイトメア3

  • 関連タイトル:

    リトルナイトメア3

  • 関連タイトル:

    Holstin

  • 関連タイトル:

    John Carpenter's Toxic Commando

  • 関連タイトル:

    John Carpenter's Toxic Commando

  • 関連タイトル:

    John Carpenter's Toxic Commando

  • 関連タイトル:

    No Rest for the Wicked

  • 関連タイトル:

    No Rest for the Wicked

  • 関連タイトル:

    No Rest for the Wicked

  • 関連タイトル:

    Vampire: The Masquerade - Bloodlines 2

  • 関連タイトル:

    Vampire: The Masquerade - Bloodlines 2

  • 関連タイトル:

    Vampire: The Masquerade - Bloodlines 2

  • 関連タイトル:

    Vampire: The Masquerade - Bloodlines 2

  • 関連タイトル:

    Vampire: The Masquerade - Bloodlines 2

  • 関連タイトル:

    インディ・ジョーンズ/大いなる円環

  • 関連タイトル:

    インディ・ジョーンズ/大いなる円環

  • この記事のURL:

キーワード

下線
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:02月20日〜02月21日