オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

業界動向

このページの最終更新日:2019/02/19 16:17


  • この記事のURL:

キーワード

下線

事業創造プロセスの支援を行う「バンダイナムコアクセラレーター」,選抜された起業家チームの成果発表会を開催

[2019/02/19 16:17]

アプリボットがクリエイティブスタジオ「SSS by applibot」を設立。アニメ,映画のデザイン制作に参入

[2019/02/19 12:21]

ネットマーブルが2018年12月期業績を報告。2018年連結売上高は2029億円(営業利益243億円),第4四半期売上高は489億円に

[2019/02/18 14:19]

ミラティブがグローバル展開を本格始動。日本オンラインゲーム協会共同代表理事の植田修平氏が韓国事業の責任者に就任

ミラティブがグローバル展開を本格始動。日本オンラインゲーム協会共同代表理事の植田修平氏が韓国事業の責任者に就任

 ゲーム実況アプリ「Mirrativ」を運営するミラティブは本日(2019年2月18日),グローバル展開の本格化に伴い,ゲームポット創業者で日本オンラインゲーム協会の共同代表理事を務める植田修平氏が,韓国事業の責任者に就任したことを発表した。

[2019/02/18 13:54]

Access Accepted第603回:「Apex Legends」の成功は欧米ゲーム業界の流れを変えるか

Access Accepted第603回:「Apex Legends」の成功は欧米ゲーム業界の流れを変えるか

 北米時間の2019年2月14日,突然のようにローンチされたFree-to-Playのバトルロイヤルゲーム「Apex Legends」が好調だ。売り切り型のゲームからFree-to-Playのソーシャル型ゲームに消費者の嗜好がシフトする中,「Apex Legends」の成功によって欧米ゲーム業界のトレンドはどう変化するのだろうか。

[2019/02/18 12:00]

研究により解明,暴力的なゲームと十代の若者の攻撃性の増加に関連はない

研究により解明,暴力的なゲームと十代の若者の攻撃性の増加に関連はない

[GamesIndustry.biz]オックスフォード大学は,研究者の恣意的な解釈を排除した研究手法を使って,暴力的なゲームのプレイが若者の攻撃性増加とは無関係であることを示す研究を発表した。

[2019/02/16 00:00]

橋本祐介氏がプラチナゲームズを退職。「ベヨネッタ」シリーズなどを手がけてきたクリエイター

[2019/02/15 13:19]

Eyedentity Games Japan,コンテンツ展開のさらなる発展を目指し,ゲーム事業関係の採用を強化

[2019/02/15 11:06]

ストーリーデザインとボディスラム:ゲーム開発者がプロレスから学び取れること

ストーリーデザインとボディスラム:ゲーム開発者がプロレスから学び取れること

[GamesIndustry.biz]元UbisoftのシナリオライターであるKim Belair女史は,いかにしてプロレスがコアなゲームシステムを通してストーリーを語っているのか,その手法を考察する。

[2019/02/15 00:00]

任天堂の公式サイトに「乙女ゲーム」の特集ページがオープン。Switch向け乙女ゲームの情報発信を開始

[2019/02/14 19:49]

マイネットゲームス,札幌にゲームサービス拠点「Northスタジオ」を発足

[2019/02/14 17:59]

THQ Nordic,「Kingdom Come: Deliverance」を開発したチェコのWarhorse Studiosを買収

THQ Nordic,「Kingdom Come: Deliverance」を開発したチェコのWarhorse Studiosを買収

 THQ Nordicが,「Kingdom Come: Deliverance」で知られるWarhorse Studiosを買収したことを明らかにした。ドラゴンも魔法もない中世ヨーロッパ世界を描いてコアなファンに愛される同作のIPやアセットも,THQ Nordicの保有となる。また,Warhorse Studiosの経営体制などは今後も変化はない見込みだ。

[2019/02/14 16:01]

WFSとLEYUが「ダンメモ」中国パブリッシングにおける業務提携を締結

[2019/02/14 13:05]

Activision Blizzardが2018年第4四半期の業績報告で,会社全体の8%にあたる800人のレイオフを発表

Activision Blizzardが2018年第4四半期の業績報告で,会社全体の8%にあたる800人のレイオフを発表

 Activision Blizzardは,2018年第4四半期の業績報告を行い,2018年は予想を上回る業績を収めたものの,Blizzard EntertainmentやKing.comを中心に全体の8%,およそ800人のレイオフを行うと発表した。2019年には新規雇用を行うとしているが,新作タイトルの手数の少なさが気になるところだ。

[2019/02/13 20:20]

UHA味覚糖とSNK,ブロックチェーンゲームを開発中のリアルワールドゲームスへ出資&業務提携

[2019/02/12 20:49]

グリーとSupercellの間で発生していた特許侵害訴訟および差止仮処分申立てで和解が成立

[2019/02/12 16:41]

KLab,盛大遊戯(シャンダゲームズ)との業務提携を発表。新作アプリ「ラピスリライツ」は両社で共同開発,運営へ

KLab,盛大遊戯(シャンダゲームズ)との業務提携を発表。新作アプリ「ラピスリライツ」は両社で共同開発,運営へ

 KLabは本日(2019年2月12日),盛大遊戯(シャンダゲームズ)との業務提携を発表した。今回の提携により両社は,スマートフォンアプリ「ラピスリライツ 〜この世界のアイドルは魔法が使える〜」を共同開発,運営するほか,両社の関連事業(プロモーションやイベント運営など)でも相互に協力関係を構築していくとのこと。

[2019/02/12 16:28]

DMM GAMESが“韓国でのゲーム開発会社の開拓と同国内におけるゲーム事業展開”のため,DMM GAMES KOREAを設立

DMM GAMESが“韓国でのゲーム開発会社の開拓と同国内におけるゲーム事業展開”のため,DMM GAMES KOREAを設立

 DMM GAMESは本日,韓国のゲーム会社開拓(ライセンスイン)や,同国でのゲーム事業の展開(ライセンスアウト)のため,DMM GAMES KOREA Co., Ltd.を設立したと発表した。2018年12月1日に営業を開始しており,支社長は李貞勲氏が務めている。

[2019/02/12 12:00]

Sony Interactive Entertainment,2019年4月1日付でCEOにジム・ライアン氏が就任。小寺 剛氏は副社長に

Sony Interactive Entertainment,2019年4月1日付でCEOにジム・ライアン氏が就任。小寺 剛氏は副社長に

 Sony Interactive Entertainmentは本日,同社の社長 兼 CEO(最高経営責任者)に,副社長のジム・ライアン氏が就任すると発表した。2019年4月1日付での交代となり,現社長でCEOの小寺 剛氏は,副社長として“ネットワーク領域における革新的なユーザー体験の創出と強化”に専念するとのことだ。

[2019/02/12 11:38]

ゲームの開発・販売を行う新たなメーカー,「Digital Bards」の設立が本日発表

[2019/02/08 21:47]

VR体験の満足度は85%。マクロミルがVRに関する意識調査の結果を報告

VR体験の満足度は85%。マクロミルがVRに関する意識調査の結果を報告

 旬な話題やネタについてアンケート調査を行い,ニュースレターとして配信しているマクロミルがVRについてのアンケート調査を行い,その結果を発表した。動画やゲーム,アトラクションなど,5人に1人がVRを体験しており,そのうち85%が,「満足だった」と答えているという。

[2019/02/07 21:15]

Microsoft,ゲーム開発部門であるMicrosoft Studiosの名称を,Xbox Game Studiosに変更

[2019/02/06 20:22]

NTTドコモがHatch Entertainmentに出資。5G時代に向け,モバイルを活用したゲームストリーミングサービス展開を支援

NTTドコモがHatch Entertainmentに出資。5G時代に向け,モバイルを活用したゲームストリーミングサービス展開を支援

 NTTドコモが,同社の100%子会社であるNTTドコモ・ベンチャーズを通じて,モバイル向けゲームストリーミングサービスを手がけるフィンランドのHatch Entertainment出資したという。そしてゲームストリーミングサービス「Hatch」の国内展開に関する業務提携を行ったそうだ。

[2019/02/06 14:57]

ボイスチャットシステムのVivoxがNintendo Switchのサポートを発表。開発者向けSDKの配布を開始

ボイスチャットシステムのVivoxがNintendo Switchのサポートを発表。開発者向けSDKの配布を開始

 ボイスチャットなどのコミュニケーション用ソフトウェア「Vivox」が,Nintendo Switchへの正式対応を発表した。公認デベロッパ向けのSDKは,すでに配布されている。「Fortnite」のNintendo Switch版で使用されるなど,実績を積んできたVivoxだが,今後,さらに広く使われていきそうだ。

[2019/02/06 12:55]

ローモバのIGG Japanが200メートル先にお引越し? 「インパクトを生み出す」ための拡充と展望は,日本育ちのモチベーターが握っている

ローモバのIGG Japanが200メートル先にお引越し? 「インパクトを生み出す」ための拡充と展望は,日本育ちのモチベーターが握っている

 2歳半になった「ロードモバイル」や,生まれたばかりの「モバイル・ロワイヤル」を抱え,約4年ほど日本でゲーム事業を続けてきたIGG Japanが,2018年末に新オフィスへと移転していた。“同じ新宿内の200メートル先へのお引越し”が意味するところは,どうやら日本育ちのモチベーターが握っているようだ。

[2019/02/06 12:00]

スクウェア・エニックス・ホールディングス,「平成31年3月期 第3四半期連結決算」を発表。営業利益は前年比65.3%減の約117億円

[2019/02/05 17:05]

プラチナゲームズがPS4「GRANBLUE FANTASY Relink」の開発契約終了を発表。今後はCygames一社での開発に移行

[2019/02/05 14:20]

カプコン,2019年3月期第3四半期の連結業績を発表。前年同期比で売上高は28.3%増,営業利益は92%増の増収増益

カプコン,2019年3月期第3四半期の連結業績を発表。前年同期比で売上高は28.3%増,営業利益は92%増の増収増益

 カプコンは本日,2019年3月期第3四半期の連結業績を発表した。2018年4月から12月までの連結業績は,売上高612億7000万円(前年同期比28.3%増),営業利益134億6100万円(前年同期比92%増),純利益135億3900万円(前年同期比90.7%増)。第2四半期に続いて,すべての利益項目で過去最高益を達成した。

[2019/02/04 17:07]

ミラティブのCFOに伊藤光茂氏が就任。事業拡大に向けて経営体制の強化へ

[2019/02/04 15:57]

LINEが2018年通期の決算説明会を開催。ゲーム事業は新規タイトルのヒットと従来タイトルの安定運用によって,収益の安定化が進む

LINEが2018年通期の決算説明会を開催。ゲーム事業は新規タイトルのヒットと従来タイトルの安定運用によって,収益の安定化が進む

 LINEは2019年1月31日,決算説明会を都内で開催し,同社の2018年12月期通期の業績および2019年度の事業戦略を発表した。本稿では,LINE 代表取締役社長 CEO 出澤 剛氏によるプレゼンテーションの内容を中心に,その模様をお伝えしよう。

[2019/02/04 14:30]

Access Accepted第602回:規模縮小が予想される世界のゲーム市場

Access Accepted第602回:規模縮小が予想される世界のゲーム市場

 2018年,世界のゲーム市場の規模は縮小していたのではないかという予想が出てきた。北米ゲーム企業の株価は下降し,市場を牽引するのはわずかなタイトルなどの理由で,右肩上がりで成長してきたゲーム市場がついにピークを迎えたのではないかというのだ。今週は,そんな話題を紹介したい。

[2019/02/04 12:00]

ソニー,2018年度第3四半期は金融分野の減収やスマホの販売台数減などにより10%の減収。EMI子会社化により増益

ソニー,2018年度第3四半期は金融分野の減収やスマホの販売台数減などにより10%の減収。EMI子会社化により増益

 ソニーは本日,2018年度第3四半期(2018年10月〜12月)の連結業績を発表した。当期の連結業績は前年同期比10%減となる2兆4018億円,営業利益は同7%増の3770億円で,減収増益。そのほか,ゲームに関係するセグメントの業績を中心に,ざっとまとめておこう。

[2019/02/01 18:27]

レジェンドベースボール,沖縄県下における“体験型スポーツ事業”に向けてホット沖縄総合研究所と業務提携

[2019/02/01 16:38]

CEDEC 2019のテーマは「Keep on Moving!」に決定。講演者一般公募は本日開始,「CESAゲーム開発技術ロードマップ」最新版公開も

CEDEC 2019のテーマは「Keep on Moving!」に決定。講演者一般公募は本日開始,「CESAゲーム開発技術ロードマップ」最新版公開も

 神奈川・パシフィコ横浜会議センターで2019年9月4日から6日にかけて開催されるCEDEC 2019。CESAととCEDEC運営委員会は本日,そのテーマが「Keep on Moving!」に決まったことを発表し,セッション講演者の一般公募を開始した。「CESAゲーム開発技術ロードマップ」最新版も,本日公開だ。

[2019/02/01 14:19]

任天堂は基本戦略「任天堂IPに触れる人口の拡大」のもと取り組みを3つの柱に整理。経営方針説明会プレゼン内容まとめ

任天堂は基本戦略「任天堂IPに触れる人口の拡大」のもと取り組みを3つの柱に整理。経営方針説明会プレゼン内容まとめ

 任天堂は本日, 2018年度(2019年3月期)第3四半期決算説明会での概要説明資料と経営方針説明会のプレゼンテーション資料を公開した。ホリデー商戦の状況や,「大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL」の人気,そして任天堂の基本戦略などに触れたプレゼンテーションの内容をざっとまとめておこう。

[2019/02/01 13:45]

Intel,新CEOとしてRobert Swan氏を選出。CFO兼暫定CEOの内部昇格に

Intel,新CEOとしてRobert Swan氏を選出。CFO兼暫定CEOの内部昇格に

 北米時間2019年1月31日,Intelは,新CEOとしてRobert Swan氏を選出した。先のCEOであったBrian Krzanich氏の辞任後,Swan氏はCFO兼暫定CEOとして活動していたが,そのまま正式なCEOへと昇格したわけだ。

[2019/02/01 11:29]

スマホ向けアクションパズル「Dr. Mario World」が2019年初夏にリリース。任天堂とLINEが共同開発

スマホ向けアクションパズル「Dr. Mario World」が2019年初夏にリリース。任天堂とLINEが共同開発

 任天堂とLINEは本日(2019年2月1日),スマートデバイス向けゲームアプリ事業における協業について合意したことを発表した。両社は共同でスマホ向けアクションパズルゲーム「Dr. Mario World」(ドクターマリオ ワールド)を開発,運営するとのこと。リリース時期は2019年初夏の予定だ。※2月1日10:50頃,LINEから配信されたプレスリリースを追記しました。

[2019/02/01 10:33]

Microsoft「四半期で過去最高のゲーム売り上げ」を記録

Microsoft「四半期で過去最高のゲーム売り上げ」を記録

[GamesIndustry.biz]Microsoftは,ゲーム分野の四半期売り上げが過去最高に達したことを発表した。ハード売り上げは落ち込んだものの,ソフトウェアとサービス売り上げが大きく伸びていることが要因だという。

[2019/01/31 18:47]

スマブラ新作は1208万本を販売。任天堂が2018年度第3四半期の決算を発表

スマブラ新作は1208万本を販売。任天堂が2018年度第3四半期の決算を発表

 2019年1月31日,任天堂は,2019年3月期 第3四半期の決算を発表した。2018年12月に発売した「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」が1208万本もの売上げを記録するなど,今四半期の売上高は前年同期比約26%増の約6084億円,営業利益は同約36%増で約1586億円と,大幅な増収増益となっている。

[2019/01/31 17:34]

SHIFTとアドウェイズが業務提携を発表。ヒットするゲーム開発に寄与する,ワンストップサービスを提供

[2019/01/30 19:42]

「8K」の普及促進や規格化を担う団体「8K Association」が発足。8K推しへ舵を切ったSamsungやパナソニックが名を連ねる

「8K」の普及促進や規格化を担う団体「8K Association」が発足。8K推しへ舵を切ったSamsungやパナソニックが名を連ねる

 CES 2019の会期2日めとなった1月9日,「8K Association」という業界団体の発足記者会見が行われた。Samsungやパナソニックなど5社が参加して,8Kの普及促進やコンテンツ製作支援,規格化などを目指すという。テレビやパネルメーカーが急速に8Kへと舵を切った2019年を象徴する出来事と言えよう。

[2019/01/30 17:38]

NetEase GamesがQuantic Dreamへの出資を発表。新作はマルチプラットフォームでの展開も

NetEase GamesがQuantic Dreamへの出資を発表。新作はマルチプラットフォームでの展開も

 NetEase Gamesは,ゲーム開発スタジオ・Quantic Dream少数株を取得したとの発表を行った。「HEAVY RAIN -心の軋むとき-」から長らくPlayStationでタイトルをリリースしてきたQuantic Dreamだが,新作はさらに規模を拡大し,マルチプラットフォームでの展開も考えているという。

[2019/01/30 12:32]

「メトロ エクソダス」のPC版は,Epic Games Store専用のタイトルとしてリリース

「メトロ エクソダス」のPC版は,Epic Games Store専用のタイトルとしてリリース

 Epic GamesとDeep Silverは,4A Gamesが開発する「メトロ エクソダス」のPC版について,Epic Games Store専用のタイトルとして契約を交わした。現時点でSteamのStoreページは存在するものの,Deep SilverはSteamで行われた予約の移行作業を進めていると述べている。

[2019/01/29 15:01]

ローカライズのQA(品質保証)をマスターする7つの方法

ローカライズのQA(品質保証)をマスターする7つの方法

[GamesIndustry.biz]単一の国でのゲーム展開には限界がくる。多言語にローカライズする際の品質保証はどのように行えばいいのだろうか? 

[2019/01/29 00:00]

DICO,DARRIL ARTSおよびSTORMIND GAMESと業務提携を締結。「Remothered: Tormented Fathers」の日本向けカルチャライズを発表

[2019/01/28 18:42]

UnityはUnity Playgroundで子供たちと教育者をターゲットにする

UnityはUnity Playgroundで子供たちと教育者をターゲットにする

[GamesIndustry.biz]Unityは手軽に2Dゲームを作成できる「Unity Playground」を発表した。さまざまな機能を用意してあり,コードを書かずにいろいろなゲーム制作が楽しめるツールとなっている。

[2019/01/28 17:23]

AMD,2019年の新経営チームを発表。PC向けCPUやGPU部門担当の副社長にスマートフォン分野のベテランを抜擢する

[2019/01/28 12:01]

Access Accepted第601回:欧米最大のパブリッシャActivision Blizzard,最近の気になる動き

Access Accepted第601回:欧米最大のパブリッシャActivision Blizzard,最近の気になる動き

 欧米ゲーム業界最大のパブリッシャであるActivision Blizzardだが,「ディアブロ イモータル」への批判や,カリスマ的な存在だったマイク・モーハイム氏の退任,さらにはBungieとの提携解消など,なぜか最近,明るい話題が聞こえてこない。最近のニュースを追ってみた。

[2019/01/28 12:00]

タイトー,業務用ゲーム機に取り付けるスマホ(コード)マルチペイメント決済システムの導入実験に,2月より参画

タイトー,業務用ゲーム機に取り付けるスマホ(コード)マルチペイメント決済システムの導入実験に,2月より参画

 タイトーは本日,日本初であるという,業務用ゲーム機に取り付けるスマホ(コード)マルチペイメント決済システムの導入実験に,2019年2月より参画すると発表した。同システムは,加賀電子とネットスターズ,JAIAが連携し開発したもので,QRコードなどでゲームを楽しめるようにするものだ。

[2019/01/25 12:13]

セガとKONAMIが共同展開するアミューズメント向けマルチ電子マネーサービス,新たにQRコード決済に対応へ

セガとKONAMIが共同展開するアミューズメント向けマルチ電子マネーサービス,新たにQRコード決済に対応へ

 セガ・インタラクティブは本日,コナミアミューズメントと共同展開を行うアミューズメント向けマルチ電子マネーサービスが,新たにQRコード決済へ対応することを発表した。電子マネー決済とQRコード決済の両方を使える形となり,キャッシュレス決済の幅が広がるわけだ。

[2019/01/25 11:14]
さらに記事を探す

トピックス
スペシャルコンテンツ