オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
Everything(エブリシング)公式サイトへ
レビューを書く
海外での評価
80
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

Everything(エブリシング)

Everything(エブリシング)
公式サイト http://everything-game.com/
https://playism.com/ja/product/everything
発売元 アクティブゲーミングメディア
開発元
発売日 2020/02/13
価格 1480円(税込)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
スクリーンショット一覧へ最新画像(全005枚)
Everything(エブリシング)
Everything(エブリシング)
Everything(エブリシング)
Everything(エブリシング)
ゲーム紹介
最新記事(全9件)

男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第569回「何にでもなれる。なってどうする?」

男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第569回「何にでもなれる。なってどうする?」

 若かりし頃に抱きがちな「何者かになりたい」という思い。しかし男色ディーノ選手は,「何者かになってからどうしたいのか?」が重要であると考えていたそう。しかし「Everything(エブリシング)」をプレイしてみたところ,それがちょっと揺らいだような? 今週の「男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ」は,そんなお話です。

[2020/02/20 11:00]

「Everything(エブリシング)」日本語版が本日リリース。動物,惑星,銀河など,ゲームに登場するすべてのものがプレイアブルキャラクターに

「Everything(エブリシング)」日本語版が本日リリース。動物,惑星,銀河など,ゲームに登場するすべてのものがプレイアブルキャラクターに

 アクティブゲーミングメディアは本日(2020年2月13日),「Everything(エブリシング)」日本語版をリリースした。動物や惑星,銀河など,目に入るすべてのものがプレイアブルキャラクターになるという,プレイヤーを困惑させずにはいられないが,すでに発売された海外での評価は非常に高い作品だ。

[2020/02/13 16:11]

何にでもなれるシミュレーションゲーム「Everything(エブリシング)」の日本語版が2月13日にリリース

何にでもなれるシミュレーションゲーム「Everything(エブリシング)」の日本語版が2月13日にリリース

 アクティブゲーミングメディアは,“何にでもなれる”というシミュレーションゲーム「Everything(エブリシング)」日本語版の配信を2020年2月13日に開始すると発表した。「Mountain」で知られるデイビッド・オライリー(David OReilly)氏の作品で,動物や惑星,銀河など,目に入るすべてのものになれるという。

[2020/02/06 17:02]

PLAYISMの新作発表会が開催。新作4タイトルを含む,計11本のTGS 2019出展タイトルが公開

PLAYISMの新作発表会が開催。新作4タイトルを含む,計11本のTGS 2019出展タイトルが公開

 アクティブゲーミングメディアは本日,千葉・幕張メッセで明日から開催される東京ゲームショウ2019のPLAYISMブースで出展する新作タイトルの発表会を実施した。今回発表された新作は4タイトルで,すでに発表済みの7タイトルと合わせて計11タイトルがPLAYISMブースに並ぶこととなる。

[2019/09/11 22:00]

「BitSummit 7 Spirits」,PLAYISMがブース情報を公開。初公開のタイトルを含む多数のインディーズゲームを出展

「BitSummit 7 Spirits」,PLAYISMがブース情報を公開。初公開のタイトルを含む多数のインディーズゲームを出展

 アクティブゲーミングメディアは本日,2019年6月1日と2日に開催されるインディーズゲームの祭典「BitSummit 7 Spirits」において,出展するブースの情報を発表した。初公開を含むタイトル試遊が用意され,プレイするとステッカーなどがプレゼントされる。

[2019/05/29 16:28]

インディーズゲームの小部屋:Room#478「Everything」

インディーズゲームの小部屋:Room#478「Everything」

 「インディーズゲームの小部屋」の第478回は,デイビッド・オライリー氏が開発した「Everything」を紹介する。本作は,生物から無生物まで,原子の1つから宇宙そのものまで,あらゆるものに乗り移りながら世界の有様を眺めるという,何だかよく分からないが壮大な作品だ。

[2017/04/26 10:00]

デイビット・オライリー氏の新たな怪作「Everything」が北米のPS Storeでリリース。PC版はSteamで4月22日に配信開始

デイビット・オライリー氏の新たな怪作「Everything」が北米のPS Storeでリリース。PC版はSteamで4月22日に配信開始

 “山を眺めるだけのゲーム”として話題となった「Mountain」の開発者,デイビッド・オライリー氏の新作「Everything」の配信が開始された。今作もユニークなコンセプトとなっており,タイトル名どおり“あらゆるもの”に乗り移ってのプレイが楽しめる。

[2017/03/22 14:38]

クマが縦回転して街が分裂し,宇宙は原子の中にある。世界のすべてが分かりそうな気がするゲーム「Everything」のプレイレポート

クマが縦回転して街が分裂し,宇宙は原子の中にある。世界のすべてが分かりそうな気がするゲーム「Everything」のプレイレポート

 アメリカのアナハイムで開催されたイベント,PlayStation Experience 2016にプレイアブル出展されていた「Everything」。本作は“山を眺めるだけのゲーム”として話題を集めた「Mountain」の開発者デイビッド・オライリー氏による新作で,消火栓が動いたり地球が増えたりする,これまた不思議なゲームである。

[2016/12/05 21:17]

単細胞生物から銀河まで,ゲームに登場するすべてのものが主人公になるPlayStation 4向け新作シミュレーション,「Everything」が発表

単細胞生物から銀河まで,ゲームに登場するすべてのものが主人公になるPlayStation 4向け新作シミュレーション,「Everything」が発表

 「Mountain」の開発者であるデイビッド・オライリー氏が,PlayStation 4専用の新作タイトル「Everything」の制作を発表した。宇宙を自由に探索しつつ,動植物から銀河まで,すべてのものを主人公にしてプレイできるという不思議な作品とのことで,山を眺めるだけのゲーム「Mountain」の開発者だけに,その発想力には期待できそうだ。

[2016/03/09 12:18]

全ての記事を表示する

レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
動作スペック

トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月11日〜08月12日
タイトル評価ランキング
92
82
あつまれ どうぶつの森 (Nintendo Switch)
67
仁王2 (PS4)
66
61
VALORANT (PC)
2020年02月〜2020年08月