※見出しをクリックすると記事が読めます
東京ゲームショウ号外を自動表示しない
TGS 2019
号外No.3
東京ゲームショウまとめ読み!9月13日〜15日の3日間,東京ゲームショウ号外をお届け 特設ページへ
プロゲーマーの第一人者は今のeスポーツに何を思う
ウメハラ氏インタビュー
観覧者が殺到したステージイベントをレポート
さらなる新要素が明らかに
「DEATH STRANDING」
召喚獣はすぐに帰らない
「FINAL FANTASY VII REMAKE」
TGSに集結した海外タイトル
The Outer World
Vampire: The Masquerade -
Bloodlines 2
ダンジョンマンチーズ
期待のスマホアプリプレイレポート
妖かしレストラン
ガール・カフェ・ガン
悪魔城ドラキュラ Grimoire of Souls
オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
PLAYISMの新作発表会が開催。新作4タイトルを含む,計11本のTGS 2019出展タイトルが公開
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/09/11 22:00

イベント

PLAYISMの新作発表会が開催。新作4タイトルを含む,計11本のTGS 2019出展タイトルが公開

画像(001)PLAYISMの新作発表会が開催。新作4タイトルを含む,計11本のTGS 2019出展タイトルが公開
 アクティブゲーミングメディアは本日(2019年9月11日),千葉・幕張メッセで明日(9月12日)から開催される東京ゲームショウ2019(以下,TGS 2019)のPLAYISMブースで出展する新作タイトルの発表会を実施した。

 今回発表された新作は4タイトルで,すでに発表済みの7タイトルと合わせて計11タイトルがPLAYISMブースに並ぶこととなる。なお,そのうち10タイトルがプレイアブル出展とのこと。実際の発表とは順序が前後するが,まずは4本の新作から紹介していこう。

画像(002)PLAYISMの新作発表会が開催。新作4タイトルを含む,計11本のTGS 2019出展タイトルが公開
プレゼンテーションを行った,PLAYISM エグゼクティブプロデューサー 水谷俊次氏
画像(003)PLAYISMの新作発表会が開催。新作4タイトルを含む,計11本のTGS 2019出展タイトルが公開
TGS 2019のPLAYISMブースはホール8となる。「インディーゲームコーナー」ではないので注意しよう



新たに4本の新作タイトルが発表


●「Ministry of Broadcast」

 「Ministry of Broadcast」(ミニストリー・オブ・ブロードキャスト)は,PCおよびNintendo Switch向けの2Dアクションアドベンチャーだ。
 チェコのデベロッパ,Ministry of Broadcastのスタッフによると,ジョージ・オーウェルの小説「1984」の影響を受けているとのことで,舞台となるのは壁によって2つに分断された,とある国。主人公は壁の向こう側にいる家族と会うため,政権が放送するテレビ番組「ウォールショー」での勝利を目指すが,物語が進むにつれて,単純に勝てばいいわけではないことに気づいていく。

画像(004)PLAYISMの新作発表会が開催。新作4タイトルを含む,計11本のTGS 2019出展タイトルが公開

Ministry of Broadcastのスタッフ
画像(005)PLAYISMの新作発表会が開催。新作4タイトルを含む,計11本のTGS 2019出展タイトルが公開

 ゲームプレイは,ウォールショーに出演した主人公が走ったり,ジャンプしたり,ときには落下したりしながら,トラップを避けつつパズルを解いていくというもの。またUIに環境HUDを採用し,体力などのゲージが表示されないのが特徴だ。全体の難度は,極めて高いとのこと。

画像(006)PLAYISMの新作発表会が開催。新作4タイトルを含む,計11本のTGS 2019出展タイトルが公開 画像(007)PLAYISMの新作発表会が開催。新作4タイトルを含む,計11本のTGS 2019出展タイトルが公開

 本作は「GameMaker Studio 2」で開発されており,アセットはすべて独自に開発したもの。クリエイティブデザインに注力しており,アートスタイルはロシアのアヴァンギャルドなどをベースとしているそうだ。

画像(008)PLAYISMの新作発表会が開催。新作4タイトルを含む,計11本のTGS 2019出展タイトルが公開 画像(009)PLAYISMの新作発表会が開催。新作4タイトルを含む,計11本のTGS 2019出展タイトルが公開


●PlayStation 4版「Subnautica」

 Unkown Worlds Entertainmentが手がける,オープンワールドの海洋サバイバルゲーム「Subnautica」(サブノーティカ)のPlayStation 4版が,2020年1月16日に国内リリースされる。

 プレイヤーは,とある海洋惑星に不時着した主人公となり,広大な海を探索しつつ,この星から脱出する手段を探すこととなる。本作はパッケージ版の発売も予定されており,すでにショップでの予約受付も行われている。初回特典は,初心者向けの「サバイバルガイドブック」だ。

画像(010)PLAYISMの新作発表会が開催。新作4タイトルを含む,計11本のTGS 2019出展タイトルが公開 画像(011)PLAYISMの新作発表会が開催。新作4タイトルを含む,計11本のTGS 2019出展タイトルが公開
画像(012)PLAYISMの新作発表会が開催。新作4タイトルを含む,計11本のTGS 2019出展タイトルが公開 画像(013)PLAYISMの新作発表会が開催。新作4タイトルを含む,計11本のTGS 2019出展タイトルが公開


●「OMORI」

 アメリカ・ロサンゼルスのクリエイター集団,OMOCATが手がけるRPG「OMORI」PC / PS4 / Switch / Xbox One)の日本語版が,2020年春に発売される。

 本作でプレイヤーは,それぞれ秘密を隠した2つの世界を行き来することとなる。その独特かつ繊細な世界観は,「ゆめにっき」や「MOTHER」シリーズを思わせるものとなっている。本作がどんなゲームなのかは説明するのが難しく,実際に触ってもらうのが一番いいとのことだが,今回は映像のみの出展だそうだ。

画像(014)PLAYISMの新作発表会が開催。新作4タイトルを含む,計11本のTGS 2019出展タイトルが公開

OMOCATのスタッフを紹介する映像も披露された
画像(015)PLAYISMの新作発表会が開催。新作4タイトルを含む,計11本のTGS 2019出展タイトルが公開 画像(016)PLAYISMの新作発表会が開催。新作4タイトルを含む,計11本のTGS 2019出展タイトルが公開


●「Bright Memory」

 中国のクリエイター・FYQD-Studioが1人で開発し,そのクオリティの高さで話題を集めているPC向けコンボアクションFPS「Bright Memory」。現在,Steamでアーリーアクセスが実施されている本作について,日本語版および英語版のパブリッシングをPLAYISMが担当する。

画像(017)PLAYISMの新作発表会が開催。新作4タイトルを含む,計11本のTGS 2019出展タイトルが公開

 本作の舞台となるのは2020年。正体不明の軍事勢力が,自然科学研究機関・SROに侵入し,死んだ生物を再生できる遺物を奪取しようと試みる。主人公のシアはそれを阻止するべく戦うが,その最中,誤って転送装置を作動させてしまい,古代の生物や死体であふれかえる北極圏の浮遊大陸に放り込まれるのだ。

画像(018)PLAYISMの新作発表会が開催。新作4タイトルを含む,計11本のTGS 2019出展タイトルが公開 画像(019)PLAYISMの新作発表会が開催。新作4タイトルを含む,計11本のTGS 2019出展タイトルが公開

 プレイヤーはそんなシアを操作してパズルを解きつつ,銃や刀で敵と戦っていく。さまざまなスキルを身に付け,それらを組み合わせて爽快なコンボを繰り出せるのが特徴だ。

画像(020)PLAYISMの新作発表会が開催。新作4タイトルを含む,計11本のTGS 2019出展タイトルが公開 画像(021)PLAYISMの新作発表会が開催。新作4タイトルを含む,計11本のTGS 2019出展タイトルが公開

 また,本作を発展させた「Bright Memory: Infinite」の開発がすでに進められており,こちらもPLAYISMが日本語版と英語版のパブリッシングを行うことが決まっているという。会場では,そのティザートレイラーも披露された。

画像(022)PLAYISMの新作発表会が開催。新作4タイトルを含む,計11本のTGS 2019出展タイトルが公開 画像(023)PLAYISMの新作発表会が開催。新作4タイトルを含む,計11本のTGS 2019出展タイトルが公開


発表済みタイトルの新情報も公開


 すでに発表済みの,4タイトルの新情報も公開された。

 PC向けスローライフ街破壊ゲーム「DEEEER Simulator」は,今冬にアーリーアクセスがスタートする。会場では,本作を手がけるNASPAPA GAMESの開発者からのメッセージが披露された。それによると,「誰も見たことのない新鮮なシカ」を鋭意開発中とのこと。アーリーアクセスの開始時期は,2019年末から2020年初頭を予定しているという。

画像(024)PLAYISMの新作発表会が開催。新作4タイトルを含む,計11本のTGS 2019出展タイトルが公開

βακα(バカー)の斉藤大地氏
画像(026)PLAYISMの新作発表会が開催。新作4タイトルを含む,計11本のTGS 2019出展タイトルが公開
 インディーズゲームデベロッパ,tea_basiraのPC向け2Dコンボアクション「幻想郷萃夜祭」については,10月14日よりSteamにてアーリーアクセスがスタートすることが発表された。

 PLAYISMと共同で本作のパブリッシングを行うβακα(バカー)の斉藤大地氏によると,東方Projectの二次創作である本作は,とくにアートワークに力を入れているという。爽快感を強めるエフェクトと,どこか懐かしさを感じさせるドット絵のコントラストが,幻想郷を美しく表現しているとのこと。東方Projectファンを含めたゲーマーの期待も高まっており,Steamのウィッシュリストには,すでに2万以上の登録がなされているそうだ。

画像(025)PLAYISMの新作発表会が開催。新作4タイトルを含む,計11本のTGS 2019出展タイトルが公開

 2017年のゲームオブザイヤーで7冠を達成した「Everything」PC / PS4 / Switch)の日本語版は,2019年内のリリースが決定した。開発者のDavid OReilly氏から寄せられたメッセージによると,本作は“禅”そのものを目指しているという。それ1つで成り立つのではなく,万物にあまねく存在し,生命の崇高な側面とバカげた側面の両方を兼ね備えることこそが,自然というプロセスだという考え方がベースになっているそうだ。

画像(027)PLAYISMの新作発表会が開催。新作4タイトルを含む,計11本のTGS 2019出展タイトルが公開

 本作のナレーションには,西洋に禅を広めた哲学者のアラン・ワッツの音声が使われているが,OReilly氏は論争を引き起こした当時よりも,現在の我々の生活にしっくりくるのではないかとも語っていた。
 なお今回の出展バージョンは,6月に開催されたBitSummit 7 Spiritsのものよりも,かなり日本語化が進んでいるとのこと。

 PC向けRPG「Orangeblood」は,SteamおよびPLAYISMのストアにて,2019年11月にリリースされることが決定した。本作を開発するGrayfaxSoftwareのGrayfax氏からは,時期は未定ながら,PlayStation 4,Nintendo Switch,Xbox Oneへの移植も発表された。

画像(028)PLAYISMの新作発表会が開催。新作4タイトルを含む,計11本のTGS 2019出展タイトルが公開

GrayfaxSoftwareのGrayfax氏
画像(029)PLAYISMの新作発表会が開催。新作4タイトルを含む,計11本のTGS 2019出展タイトルが公開

画像(030)PLAYISMの新作発表会が開催。新作4タイトルを含む,計11本のTGS 2019出展タイトルが公開
Necrobarista」(PC),「OUTRIDER MAKO〜露払いマコの見習い帖〜」(PC),「N1RV Ann-A:Cyberpunk Bartender Action」PC / PS4 / Switch)も出展される。「OUTRIDER MAKO」は以前の出展バージョンよりもブラッシュアップされており,「N1RV Ann-A」はTGS 2018とは異なる客が登場するとのこと
画像(031)PLAYISMの新作発表会が開催。新作4タイトルを含む,計11本のTGS 2019出展タイトルが公開 画像(032)PLAYISMの新作発表会が開催。新作4タイトルを含む,計11本のTGS 2019出展タイトルが公開

 またアクティブゲーミングメディアが協力し,現在Steamでアーリーアクセスが行われている,KADOKAWAのPC向けゲーム制作ツール「アクションゲームツクールMV」が,9月19日にフルリリースされることも発表された。
 本ツールで開発したゲームを,Nintendo Switch用のソフトとして販売可能にする仕組みも開発中とのこと。さらに今後は,ゲーム開発コンテスト「ゲームデベロッパーチャレンジ」も開催される予定だ。なお本ツールは,TGS 2019のインディーゲームコーナーに出展される。

画像(033)PLAYISMの新作発表会が開催。新作4タイトルを含む,計11本のTGS 2019出展タイトルが公開

「アクションゲームツクールMV」で開発したサンプルゲーム
画像(034)PLAYISMの新作発表会が開催。新作4タイトルを含む,計11本のTGS 2019出展タイトルが公開 画像(035)PLAYISMの新作発表会が開催。新作4タイトルを含む,計11本のTGS 2019出展タイトルが公開

PLAYISMが扱う,そのほかのゲームタイトルの最新情報も紹介された
画像(036)PLAYISMの新作発表会が開催。新作4タイトルを含む,計11本のTGS 2019出展タイトルが公開 画像(037)PLAYISMの新作発表会が開催。新作4タイトルを含む,計11本のTGS 2019出展タイトルが公開
  • 関連タイトル:

    Ministry of Broadcast

  • 関連タイトル:

    Ministry of Broadcast

  • 関連タイトル:

    Subnautica

  • 関連タイトル:

    OMORI

  • 関連タイトル:

    OMORI

  • 関連タイトル:

    OMORI

  • 関連タイトル:

    OMORI

  • 関連タイトル:

    DEEEER Simulator:ごく普通のシカのゲーム

  • 関連タイトル:

    Everything

  • 関連タイトル:

    Everything

  • 関連タイトル:

    Everything

  • 関連タイトル:

    Orangeblood

  • 関連タイトル:

    NECROBARISTA - ネクロバリスタ

  • 関連タイトル:

    OUTRIDER MAKO 〜露払いマコの見習い帖〜

  • 関連タイトル:

    N1RV Ann-A

  • 関連タイトル:

    N1RV Ann-A

  • 関連タイトル:

    N1RV Ann-A

  • 関連タイトル:

    アクションゲームツクールMV

  • 関連タイトル:

    幻想郷萃夜祭

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月14日〜09月15日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年03月〜2019年09月