オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

Live2D(旧称:サイバーノイズ)

このページの最終更新日:2018/12/04 00:00

rss


キーワード

下線

alive 2018開催,Live2Dの現状と未来を示す基調講演レポート

alive 2018開催,Live2Dの現状と未来を示す基調講演レポート

[GamesIndustry.biz]2018年12月3日,都内ベルサール秋葉原でLive2Dクリエイターのためのイベント「alive 2018」が開催された。その基調講演で語られたLive2D社長の中城哲也氏からLive2Dを巡る現状と今後の展望についてお届けしよう。

[2018/12/04 00:00]

Live2D,「Live2D Euclid」の販売・公開を停止

Live2D,「Live2D Euclid」の販売・公開を停止

[GamesIndustry.biz]2018年10月16日,Live2Dは同社のアニメーションシステム「Live2D Euclid」の販売・提供を中止することを発表した。

[2018/10/16 14:38]

「alive 2017」参加者枠追加決定,本日より2次募集開始

「alive 2017」参加者枠追加決定,本日より2次募集開始

[GamesIndustry.biz]2017年11月20日,Live2Dは12月4日に開催予定の同社のイベント「alive 2017」の参加者枠を拡大し,50名の追加募集を開始した。

[2017/11/20 19:00]

Live2D Euclidのモデルはどうやって作るのか。alive 2016セッションレポート

Live2D Euclidのモデルはどうやって作るのか。alive 2016セッションレポート

 2016年7月2日に都内で開催された「alive 2016」,午後に行われた一般セッションではさまざまなテーマで講演が行われたが,ここでは来場者の注目度の高かったLive2D Euclidのセッションについてレポートしてみたい。

[2016/07/05 00:00]

「Live2D Creative Award 2016」の作品募集が開始。グランプリには「Cintiq 13 HD」や賞金10万円などを贈呈

「Live2D Creative Award 2016」の作品募集が開始。グランプリには「Cintiq 13 HD」や賞金10万円などを贈呈

 Live2Dは,3月12日より「Live2D Creative Award 2016」の審査作品を募集している。グランプリ受賞者に贈られる賞品は,Wacom「Cintiq 13 HD」賞金10万円など。なお,コンテストに対象作品を投稿した人には,もれなくCubism Editor PRO for indieを20%オフで購入できるクーポンが提供される。

[2016/03/14 15:00]

こんな俺でもWebカメラがあれば美少女になれる! BRZRKが贈る「FaceRig」+「Live2D」利用ガイド

こんな俺でもWebカメラがあれば美少女になれる! BRZRKが贈る「FaceRig」+「Live2D」利用ガイド

 ビデオチャットやゲーム配信で使えるアバターソフト「FaceRig」が,2Dイラストのアニメーション化ツール「Live2D」とタッグを組んだ結果,誰でも2D美少女になれる時代が到来した! というわけで,すでに美少女化を果たした(?)BRZRK氏(35歳男性,独身)による,導入ガイドをお届けしたい。新たな世界の扉を開きたい人は必見だ。

[2016/01/13 00:00]

コロプラ,Live2Dへの出資を実施。世界の標準技術となる可能性も視野に

[2015/10/20 20:32]

Live2Dが描くキャラクタービジネスの未来。「alive Live2D Creators Conference 2015」レポート

Live2Dが描くキャラクタービジネスの未来。「alive Live2D Creators Conference 2015」レポート

 2015年6月25日,都内で,Live2Dによるイベント「alive Live2D Creators Conference 2015」が開催された。ここではLive2D Creative Awardの発表や,数々の事例,次世代製品「Live2D Euclid」を含む最新情報と講演で行われたゲーム寄りの話題を拾ってイベントの概要を紹介してみたい。

[2015/06/29 20:04]

360度回転可能! 次世代2Dキャラクター表示技術「Live2D Euclid」発表。3DCGとのハイブリッド表示に対応

360度回転可能! 次世代2Dキャラクター表示技術「Live2D Euclid」発表。3DCGとのハイブリッド表示に対応

  2014年12月24日,Live2Dは,新世代の2Dキャラクター表示技術「Live2D Euclid」(ゆーくりっど)を発表した。これは二次元の絵で描かれたキャラクターで360度回転可能な擬似立体表現を行うもので,3DCGと組み合わせることで,自由度の高い高品質なキャラクター描画が可能になっている。ゲームやアニメ制作での活用が期待される技術だ。

[2014/12/25 21:39]

描いた1枚絵を動かせるツール「Live2D」のSDKが3DS用に最適化される

[2014/01/22 20:06]

描いた絵がそのまま動く「Live2D Cubism」が一般販売に。アカデミック版やFREE版も提供開始

描いた絵がそのまま動く「Live2D Cubism」が一般販売に。アカデミック版やFREE版も提供開始

 サイバーノイズは,同社のグラフィックスミドルウェア「Live2D Cubism」一般販売を2013年10月21日より開始した。2Dイラストを3Dモデルのように動かせるツールとして名高い製品が個人でも利用可能となった。同時にFREE版のダウンロード配信も開始されている。

[2013/10/23 20:51]

「クリミナルガールズ INVITATION」のプロモーションムービーが公開に。「Live2D」で大幅な進化を遂げた「おしおきアニメーション」は必見だ

「クリミナルガールズ INVITATION」のプロモーションムービーが公開に。「Live2D」で大幅な進化を遂げた「おしおきアニメーション」は必見だ

 日本一ソフトウェアは本日(2013年10月17日),同社が11月28日に発売を予定しているPlayStation Vita用ソフト「クリミナルガールズ INVITATION」プロモーションムービーを公開した。ムービーでは,「Live2D」で大幅な進化を遂げた「おしおきアニメーション」,豪華キャスト陣が演じる少女達の悩ましげな声などを堪能できる。

[2013/10/17 15:00]

可愛いわんこが蕎麦まみれ。iOS向け癒し系カジュアルゲーム「わんこそば」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第350回

可愛いわんこが蕎麦まみれ。iOS向け癒し系カジュアルゲーム「わんこそば」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第350回

 小さなお椀に入った蕎麦を食べ終わるたびに,給仕さんがすぐさま新しい蕎麦を入れてくれる「わんこそば」。本日の「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」で紹介するタイトルは,その名もズバリ「わんこそば」だが,次々に蕎麦を食べていくゲームではなく,マスコットキャラクターである「わんころもち」の可愛さを楽しむ作品になっている。

[2013/09/11 11:00]

「Live2D」の最新ソフトウェア「Live2D Cubism」正式版が法人向けに発売

[2013/05/22 17:08]
さらに記事を探す

Live2D

ジャンル
  • 開発ツール
発売元 Live2D(旧称:サイバーノイズ)
発表日 -

わんこそば

- -
読者の評価 海外の評価
ジャンル
  • ノージャンル
発売元 Live2D(旧称:サイバーノイズ)
発売日 2013/08/20
価格 無料

  • 読者レビューを書く

トピックス
スペシャルコンテンツ