オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

テストレポート

このページの最終更新日:2019/02/08 12:00


  • この記事のURL:

キーワード

下線

「モバイルバッテリーを搭載可能なSwitch用グリップ」が上越電子工業から発売。実際に使ってみた

「モバイルバッテリーを搭載可能なSwitch用グリップ」が上越電子工業から発売。実際に使ってみた

 2019年2月8日,上越電子工業は,市販のモバイルバッテリーをNintendo Switchの背面に「搭載」することで本体を充電しながら使えるというグリップ「SWITCH用モバイルバッテリー収納グリップ」を発売した。同社公式通販サイトにおける直販価格は2354円(税込)となっている。実際に使ってみたインプレッションともどもお伝えしたい。

[2019/02/08 12:00]

DHARMAPOINT製マウス「DPTM39」追試。「0.1秒以上」もの平均入力遅延は製品版ソフトウェアだと生じず

DHARMAPOINT製マウス「DPTM39」追試。「0.1秒以上」もの平均入力遅延は製品版ソフトウェアだと生じず

 4Gamerでは2019年1月25日の発売日にDHARMAPOINT製ゲーマー向けマウス「DPTM39」のレビューを掲載したが,そのとき不安な要素となっていたのが,0.1秒を大きく超える平均入力遅延だった。追試したところ新事実が見えてきたので,DHARMAPOINTによる公式コメントともどもお伝えしたい。

[2019/01/29 11:51]

「G-SYNC Compatible Monitor」ではないFreeSync対応ディスプレイでG-SYNCは利用できるのか。実際に試してみた

「G-SYNC Compatible Monitor」ではないFreeSync対応ディスプレイでG-SYNCは利用できるのか。実際に試してみた

 北米時間2019年1月15日,NVIDIAは,同社が認定したFreeSync対応ディスプレイで「G-SYNC」が利用可能になる「G-SYNC Compatible Monitors」対応のドライバソフトを公開した。では,未認定のFreeSync対応ディスプレイだとG-SYNCを利用できるのだろうか? ゲームで確認してみたので,レポートしたい。

[2019/01/16 13:26]

2018年末時点のDaydreamの現状をまとめ直してみる

2018年末時点のDaydreamの現状をまとめ直してみる

[GamesIndustry.biz]日本でDaydream Viewが普通に入手できるようになって1年が経過しているのだが,これまであまり取り扱っていなかったことと,個人的に入手したという事情で,現時点での状況をまとめてみた。Daydreamは使えるようになったのだろうか。

[2018/12/27 00:00]

シャープの新型ハイエンドスマホ「AQUOS zero」が実現したのは「価値ある軽量」。開発陣にコンセプトと技術的ポイントを聞いてみた

シャープの新型ハイエンドスマホ「AQUOS zero」が実現したのは「価値ある軽量」。開発陣にコンセプトと技術的ポイントを聞いてみた

 シリーズ初の有機ELパネル採用に加えて,重量約146gという6インチ級スマートフォンでは最軽量のボディを備えたシャープの新スマートフォン「AQUOS zero」が12月21日に発売となる。AQUOS zeroは,どのようなコンセプトをもとにして製品化を実現したのか。商品企画と開発を担当したメンバーへの取材により,そのポイントを明らかにしたい。

[2018/12/21 00:00]

リアルタイムレイトレーシングを有効にするとゲームはどう変わる? 「Battlefield V」とGeForce RTX 20シリーズで試してみた

リアルタイムレイトレーシングを有効にするとゲームはどう変わる? 「Battlefield V」とGeForce RTX 20シリーズで試してみた

 鳴り物入りで登場したGeForce RTX 20シリーズ。その大きな特徴の1つがRT Coreを活用したリアルタイムレイトレーシング処理であるわけだが,有効化することでゲームの映像表現,そしてフレームレートにはどのような影響が出るのか。対応タイトル第1弾となる「Battlefield V」で実際にチェックしてみよう。

[2018/12/20 00:00]

「Core i9-9900K」再テスト結果報告。定格のTDP 95Wで動作させると「ゲーム用の最速CPU」は何が変わるか?

「Core i9-9900K」再テスト結果報告。定格のTDP 95Wで動作させると「ゲーム用の最速CPU」は何が変わるか?

 4Gamerでは先に「Core i9-9900K」のレビュー記事を掲載しているが,製品の流通量が増えてきた2018年12月というこのタイミングで,再テスト結果をお届けしたい。BIOS設定をAutoにしていた先の記事では消費電力の異常な高さが目を惹いたが,定格のTDP 95W設定で動かした場合はどういう結果が得られるだろうか

[2018/12/19 00:00]

ZOWIE「DIVINA S」ファーストインプレッション。「縦方向の操作がしやすいマウス」は本当か?

ZOWIE「DIVINA S」ファーストインプレッション。「縦方向の操作がしやすいマウス」は本当か?

 ライトブルーとピンクという,これまでにない色を採用して2018年12月7日に国内発売となった,BenQ ZOWIEの新型ワイヤードマウス「DIVINA S」。「Overwatch」や「Fortnite」といった縦方向の操作が重要なゲームのために開発されたというが,その効果は体感できるのか。BRZRK氏によるファーストインプレッションをお届けしたい。

[2018/12/08 00:00]

「プレイステーション クラシック」が本日発売。初代PlayStationと比較しつつ開封してみた

「プレイステーション クラシック」が本日発売。初代PlayStationと比較しつつ開封してみた

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントから本日発売された「プレイステーション クラシック」。さっそく入手したので,製品版の実機を紹介する。また,比較用に初代PlayStationも用意した。

[2018/12/03 14:54]

Huaweiの新ハイエンドスマホ「Mate 20 Pro」テストレポート。「Kirin 980」はゲームでも意外に快適だった

Huaweiの新ハイエンドスマホ「Mate 20 Pro」テストレポート。「Kirin 980」はゲームでも意外に快適だった

 Huaweiの新しいハイエンドスマートフォン「Mate 20 Pro」は,新型SoC「Kirin 980」の採用と,トリプルレンズ式カメラが特徴の端末だ。これまでは,Qualcomm製のハイエンドSoCを使う競合他社に比べて,性能面でゲーマーが選ぶには適さない面のあったMateシリーズだが,Mate 20 Proはその評判を覆せるだろうか。

[2018/11/30 21:00]

【西川善司】FreeSync 2でゲームは何が変わる? 対応ディスプレイと対応ゲームで確認してみた

【西川善司】FreeSync 2でゲームは何が変わる? 対応ディスプレイと対応ゲームで確認してみた

 HDR表示の最適化を行うというAMDの独自技術「FreeSync 2」。ディスプレイ同期技術として知られる「FreeSync」とは関連のない「2」だが,実際には何をしているのだろう? 「(善)後不覚」第52回は,FreeSync 2対応タイトル「Far Cry 5」を使って,その実態に迫ってみよう。

[2018/11/30 15:31]

「プレイステーション クラシック」,メニュー画面の仕様や再開ポイントなどをムービーで紹介

「プレイステーション クラシック」,メニュー画面の仕様や再開ポイントなどをムービーで紹介

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントが12月3日に発売を予定している「プレイステーション クラシック」。今回は実機を使い,メニュー画面や各システムがどう動くのか,ゲームタイトルの画面比率はどうなっているのか,といった部分が確認できる映像を収録してきたので,ぜひ見てもらいたい。

[2018/11/27 22:00]

「プレイステーション クラシック」のボタン周りやメニュー画面はどうなっているのか。ファーストインプレッションをお届け

「プレイステーション クラシック」のボタン周りやメニュー画面はどうなっているのか。ファーストインプレッションをお届け

 2018年11月8日,ソニー・インタラクティブエンタテインメントにて,12月3日に発売される予定の「プレイステーション クラシック」を触る機会を得た。本体にあるボタンの機能や,メニュー画面のUI周りなどが確認できたので,簡単なインプレッションとして紹介しよう。

[2018/11/08 22:00]

Motorolaの新型スマホ「moto z3 play」テストレポート。ミドルクラス相応の性能だが,合体オプション「moto mods」に魅力を感じるならアリ

Motorolaの新型スマホ「moto z3 play」テストレポート。ミドルクラス相応の性能だが,合体オプション「moto mods」に魅力を感じるならアリ

 Motorolaのスマートフォン「Moto」シリーズから,ミドルクラス市場向けの新製品「moto z3 play」が登場した。税込の直販価格は6万1344円だ。すでに販売もスタートしているmoto z3 playだが,ゲーマーが選ぶに値する製品となっているのだろうか。10月12日に行われた発表会で実機をテストした結果をレポートしたい。

[2018/10/26 17:27]

NTTドコモ版「Xperia XZ3」で追加テストを実施してみた。妙に物欲をそそるカード型ケータイも見逃せない

NTTドコモ版「Xperia XZ3」で追加テストを実施してみた。妙に物欲をそそるカード型ケータイも見逃せない

 2018年10月17日,NTTドコモは,2018年秋冬モデルとなるスマートフォン計7機種を発表した。ラインナップの多くは,すでに他社からも発表済みの製品であったため,今回は「Xperia XZ3」に対する追加テストを行い,ゲームへの適性を詳しく見てみることにした。また,名刺サイズのカード型ケータイ「KY-01L」も紹介したい。

[2018/10/20 00:00]

auの「Galaxy Note9」&「Xperia XZ3」テストレポート。新型XperiaにもXperia XZ2と同じく気がかりなポイントが

auの「Galaxy Note9」&「Xperia XZ3」テストレポート。新型XperiaにもXperia XZ2と同じく気がかりなポイントが

 KDDIが発表した2018年秋冬モデルスマートフォンの中で,ゲーマーにも適した製品は,「Galaxy Note9 SCV40」「Xperia XZ3 SOV39」の2機種であろう。両機種ともSnapdragon 845搭載で,今冬の注目機種となりそうなハイエンド端末だ。性能や応答性で気になりそうなところを重点的にテストしてみた。

[2018/10/13 19:25]

Google純正スマートフォン「Pixel 3 XL」ファーストインプレッション。快適なAndroidゲーム端末となる可能性を感じた

Google純正スマートフォン「Pixel 3 XL」ファーストインプレッション。快適なAndroidゲーム端末となる可能性を感じた

 Google純正スマートフォン「Pixel 3」「Pixel 3 XL」が11月1日に国内発売となる。長らく純正端末が不在だった日本市場に登場するハイエンド製品だけに,注目しているゲーマーも少なくないだろう。本稿では,10月10日に行われたGoogleの製品発表会で実施したテストをもとに,Pixel 3 XLのファーストインプレッションをレポートしたい。

[2018/10/12 00:00]

登場から約8か月でRaven Ridge「Ryzen 2000G」のゲーム性能は上がったか。歴代ドライバで性能を比較してみた

登場から約8か月でRaven Ridge「Ryzen 2000G」のゲーム性能は上がったか。歴代ドライバで性能を比較してみた

 デスクトップPC向けAPU「Ryzen Desktop Processors with Radeon Vega Graphics」(Ryzen 2000G)の発売から約8か月が経った。当初3か月に一度のリリースだったドライバはRadeon Softwareの公開タイミングに合わせたリリースに変わったりしたが,果たして性能の最適化はどれだけ進んだのか。テスト結果をレポートしたい。

[2018/10/09 12:47]

写真で見る「ROG MAXIMUS XI FORMULA」。ASUSのゲーマー向けハイエンドZ390マザーボード

写真で見る「ROG MAXIMUS XI FORMULA」。ASUSのゲーマー向けハイエンドZ390マザーボード

 マザーボードメーカー各社がZ390マザーボードを発表したタイミングで,4GamerではASUS製のゲーマー向けモデル「ROG MAXIMUS XI FORMULA」を入手できた。8C16T時代に向けた製品の特徴はどこにあるのか,写真とスクリーンショットを中心に,実機を紹介してみよう。

[2018/10/09 01:01]

Huaweiの新型スマートフォン「nova 3」テストレポート。ずば抜けたところはないが価格対スペック比の高さは魅力だ

Huaweiの新型スマートフォン「nova 3」テストレポート。ずば抜けたところはないが価格対スペック比の高さは魅力だ

 Huaweiが10月5日に発売する新型スマートフォン「nova 3」は,税込6万円前後という価格帯でありながら,ハイクラス端末並みのスペックを備えるのが特徴の製品だ。日本ではあまり馴染みのないSoC「Kirin 970」を採用するnova 3は,ゲームにおいて実用的な性能を有するのだろうか。発表会場で行ったテスト結果をレポートしよう。

[2018/10/05 00:00]

GeForce RTX 20シリーズの新機能「NVIDIA Scanner」とは何なのか。挙動を確認してみた

GeForce RTX 20シリーズの新機能「NVIDIA Scanner」とは何なのか。挙動を確認してみた

 4Gamerでは先に「GeForce RTX 2080 Ti」「GeForce RTX 2080」のテスト結果をお届けしているが,そのとき時間の都合でどうしても掘り下げられなかった新要素に「NVIDIA Scanner」がある。GPU Boostと連係して動作するこの機能だが,果たして何であって,どう使えばいいのか。いろいろ試してみた結果をレポートしたい。

[2018/09/29 00:00]

セガハード入浴剤の“実機”レビュー。せっかくだから,オレはこの黒くて野性的なメガドライブの湯に入るぜ!

セガハード入浴剤の“実機”レビュー。せっかくだから,オレはこの黒くて野性的なメガドライブの湯に入るぜ!

 4Gamerの東京ゲームショウ取材班は会場取材のあとホテルに移動し,朝まで原稿を書く。それが続くと,人はお風呂に入りたくなる。そこで登場するのが,TGSで先行発売された「セガハード 温泉の素3種セット」だ。セガハードのファンなら入っておけ的なアイテムをレビューしてみた。

[2018/09/27 16:33]

[TGS 2018]徳岡正肇がゲーマー向けチェアを座り比べ。会場にあったゲーマー向けの椅子に片っ端から腰掛けてみた

[TGS 2018]徳岡正肇がゲーマー向けチェアを座り比べ。会場にあったゲーマー向けの椅子に片っ端から腰掛けてみた

 椅子というジャンルがゲーム用周辺機器の世界を騒がせるようになって久しい。なかなか「何がどう違う」と語るのは難しかった「ゲーマー向けの椅子」だが,幸いにして東京ゲームショウ2018の会場には多数の製品が並んでいたので,徳岡正肇氏が「試しにいろいろと座り比べて感想を書いてみる」という試みを行ってみた。

[2018/09/26 19:35]

「ASTRO A40 TR Gaming Headset+MixAmp Pro TR」ファーストインプレッション。北米市場で2015年発売の“新製品”は,2018年でも通用するのか

「ASTRO A40 TR Gaming Headset+MixAmp Pro TR」ファーストインプレッション。北米市場で2015年発売の“新製品”は,2018年でも通用するのか

 ASTRO Gamingの国内市場参入第1弾が2018年9月20日に国内発売となる。注目はUSBサウンドデバイス「MixAmp Pro TR」とアナログ接続型ヘッドセット「A40 TR」だが,北米市場で2015年に発売の“新製品”は果たして2018年現在も「買い」なのか。4Gamerでは現在テスト中だが,まずはファーストインプレッションをお届けしたい。

[2018/09/19 00:00]

薄型のゲームノートPCを実現する「Max-Q」は2018年モデルでどこまで進化したか。MSIのGTX 1070搭載機で確かめてみた

薄型のゲームノートPCを実現する「Max-Q」は2018年モデルでどこまで進化したか。MSIのGTX 1070搭載機で確かめてみた

 薄く軽く,しかも高性能なゲームノートPCというニーズに対応するために,薄型ノートPCに高性能なGeForceを搭載する技術としてNVIDIAが開発した技術が「Max-Q Design」だ。しかし,Max-Q Design対応GPUの性能は,同型番のデスクトップPC向けGPUと比較して,どの程度の性能を有するのだろうか。最新のMSI製ノートPCを使って検証してみた。

[2018/09/18 13:00]

「あやかし恋廻り」メディア体験会レポート。甘いだけの恋じゃ物足りないなら,絆が恋に変わる重厚な物語はいかがですか?

「あやかし恋廻り」メディア体験会レポート。甘いだけの恋じゃ物足りないなら,絆が恋に変わる重厚な物語はいかがですか?

 2018年9月10日,ボルテージの新作恋愛ドラマアプリ「あやかし恋廻り」がひと足先にプレイできるメディア体験会が開催されました。本稿では,本作の見どころや気になるゲームシステムなどを,初公開のゲーム画面とともに紹介していきます。

[2018/09/14 12:00]

HDR表示&144Hz対応のゲーマー向けディスプレイ「32GK850F-B」をテスト。擬似HDR機能はゲームで実用的に使えるのか

HDR表示&144Hz対応のゲーマー向けディスプレイ「32GK850F-B」をテスト。擬似HDR機能はゲームで実用的に使えるのか

 LG製の「32GK850F-B」は,31.5インチサイズで「HDR10」と垂直144Hz表示に対応しながら,6万3000円前後という手の届きやすい価格帯のゲーマー向け液晶ディスプレイである。さらに,SDR映像を擬似HDR化する機能も備えるという。実際にゲームをプレイして,その実力を検証してみた。

[2018/09/08 00:00]

2年以上にわたるPascal時代でGeForce Driverの最適化はどれだけ進んだのか。ASUSのGTX 1080カードを使って確かめてみた

2年以上にわたるPascal時代でGeForce Driverの最適化はどれだけ進んだのか。ASUSのGTX 1080カードを使って確かめてみた

 Turing世代のGeForce RTX 20シリーズが発表になったことで,間もなくPascal世代はゲーマー向けGPU市場における主役の座から下りることになるわけだが,その間にグラフィックスドライバ「GeForce Driver」はどれだけ進化してきたのだろうか? ASUS製のGTX 1080カードを使い,最初期のドライバと最新のドライバを比較してみよう。

[2018/08/27 00:00]

人気ストリーマー「Ninja」とコラボした,大胆なデザインのPCケース「H700i Ninja」をNZXTが国内発表。実機は完成度がかなり高い

人気ストリーマー「Ninja」とコラボした,大胆なデザインのPCケース「H700i Ninja」をNZXTが国内発表。実機は完成度がかなり高い

 2018年8月20日,NZXTは,米国在住のプロストリーマーであるNinjaとのコラボによるゲーマー向けミドルタワーPCケース「H700i Ninja」24日にメーカー想定売価3万4800円(税込3万7584円)で発売すると発表した。発表に合わせて実機を見てみると,かなり完成度が高そうな雰囲気だったので,レポートしたい。

[2018/08/20 10:55]

Acerの23.8インチ液晶ディスプレイ「NITRO VG240Ybmiix」テストレポート。2万円前後で買えてPS4との組み合わせにも適する

Acerの23.8インチ液晶ディスプレイ「NITRO VG240Ybmiix」テストレポート。2万円前後で買えてPS4との組み合わせにも適する

 PCとゲーム機で共用するゲーマー向け液晶ディスプレイを安く手に入れたいという人にとって,選択肢の1つとなりそうな製品が,Acerの「NITRO VG240Ybmiix」である。23.8インチサイズでフルHD解像度のIPS液晶パネルを採用し,2万円前後という実勢価格としては,機能面も充実した製品だ。どのような機能があるのか,簡単に紹介しよう。

[2018/08/13 16:00]

初公開のゲーム画面やカードイラストも! 「DREAM!ing」リリース直前のメディア向け試遊会レポート

初公開のゲーム画面やカードイラストも! 「DREAM!ing」リリース直前のメディア向け試遊会レポート

 2018年8月9日に配信を予定しているコロプラのスマホアプリ「DREAM!ing」。配信に先駆け,開発中の最新バージョンをコロプラ社内にて特別にプレイする機会を得たので,初公開のゲーム画面やカードイラストとともにお届けしよう。

[2018/08/08 18:00]

「Ryzen Threadripper 2950X」到着。第2世代の16コア32スレッド対応CPUは今回も特殊な製品ボックス入りだ

「Ryzen Threadripper 2950X」到着。第2世代の16コア32スレッド対応CPUは今回も特殊な製品ボックス入りだ

 第2世代Ryzen Threadripperの製品ラインナップなどが明らかになったタイミングで,第2世代Ryzen ThreadripperにおけるPCマニアおよびゲーマー向けモデル「2950X」の評価キットが到着した。今回も凝ったデザインになっている製品ボックスを取り急ぎ開封してみたので,ぜひチェックを。

[2018/08/06 22:00]

Ryzen Desktop 2000シリーズの自動クロックアップ機能「Precision Boost 2」「XFR2」とストレージ高速化機能「StoreMI」はどう使えばいいのか

Ryzen Desktop 2000シリーズの自動クロックアップ機能「Precision Boost 2」「XFR2」とストレージ高速化機能「StoreMI」はどう使えばいいのか

 Ryzen Desktop 2000シリーズの特徴を掘り下げる記事の後編だ。前編で予告したとおり,本稿では「Precision Boost 2」「XFR2」といった自動クロックアップ周り,そしてストレージ高速化の新機能である「StoreMI」の実態と使い方についてじっくり考えていきたい。

[2018/07/28 00:00]

Logitech Gの新世代統合ソフトウェア「G HUB」のアーリーアクセス版が公開開始。一新の設定画面をチェックしてみた

Logitech Gの新世代統合ソフトウェア「G HUB」のアーリーアクセス版が公開開始。一新の設定画面をチェックしてみた

 北米時間2018年7月24日,Logitech Gは,開発中のPCおよびMac用統合設定ソフトウェア「Logitech G HUB」のアーリーアクセス版を公開した。このソフトは,既存の「Logitech Gaming Software」を置き換える新設計の設定ソフトで,デバイスの各種設定やプロファイルの管理などが,より直感的に行えるという。主な機能を画面で紹介しよう。

[2018/07/25 17:16]

お値段54万円超。レースゲームと連動してシートが動く「レーシングシミュレータコクピット」を体験してきた

お値段54万円超。レースゲームと連動してシートが動く「レーシングシミュレータコクピット」を体験してきた

 2018年7月20日に国内発売となる,レーシングシミュレータブランド「Next Level Racing」の新製品,レーシングシミュレータコックピット「GTultimate V2 Motion Racing Simulator Cockpit」。レースゲームと連動してシートが動くという,お値段54万円超級の製品を体験してきたので,レポートしたい。

[2018/07/06 00:00]

「東京プリズン」,先行プレイ参加者が3000人を突破。サービス開始後に報酬を配布

[2018/07/02 20:34]

[E3 2018]体に障害がある人のゲームプレイをサポートする新型コントローラ「Xbox Adaptive Controller」では何ができるのか

[E3 2018]体に障害がある人のゲームプレイをサポートする新型コントローラ「Xbox Adaptive Controller」では何ができるのか

 Microsoftは,Xbox Showcaseで,PCおよびXbox Oneシリーズ用の新型ゲームコントローラ「Xbox Adaptive Controller」の実機を出展した。手に障害を持つユーザーでもゲームをプレイできるようにと開発されたこのコントローラは国内での関心も高いようだが,具体的に何ができるのか,E3で判明したことをお伝えしたい。

[2018/06/14 16:11]

[COMPUTEX]スマホで耳と顔の写真を撮るだけで,あなたのためにヘッドフォンのサウンドをフルチューン!? Creativeの新技術「Super X-Fi」を聞いてきた

[COMPUTEX]スマホで耳と顔の写真を撮るだけで,あなたのためにヘッドフォンのサウンドをフルチューン!? Creativeの新技術「Super X-Fi」を聞いてきた

 スマホのカメラで左右の耳と顔を撮影し,使いたいヘッドフォンと再現したい部屋の広さを選ぶだけで,ユーザーのためにヘッドフォンの3Dサウンド出力を自動的に最適化してくれるという,魔法のような技術「Super X-Fi」。開発したCreativeによるデモへ参加できたので,ゲームにおける可能性を探ってみよう。

[2018/06/07 00:00]

Mirage Solo:白昼夢を伴った単体蜃気楼は6軸自由度の夢を見るか

Mirage Solo:白昼夢を伴った単体蜃気楼は6軸自由度の夢を見るか

[GamesIndustry.biz]スマホVRで6軸自由度(6DOF)を実現するGoogleのWorldSenseテクノロジーを世界で初めて搭載したヘッドセット「Mirage Solo with Daydream」はどういったデバイスなのか使用レポートをお届けする。

[2018/05/31 00:00]

ゲーム性能が大幅に向上したRyzen Desktop 2000シリーズは,内部で何が変わったのか

ゲーム性能が大幅に向上したRyzen Desktop 2000シリーズは,内部で何が変わったのか

 Ryzen Desktop 2000シリーズの発売から1か月強が経過した。競合製品を上回るマルチスレッド性能と,競合製品に迫るゲーム性能を持ちながら,価格は競合製品以下というのが魅力だが,今回は,そんな第2世代Ryzenの持つ特性を掘り下げてみたい。果たして何が変わったことで性能が向上したのだろうか。

[2018/05/30 00:00]

コスパは最強,Oculus GoはモバイルVRを普及させるか?

コスパは最強,Oculus GoはモバイルVRを普及させるか?

[GamesIndustry.biz]スタンドアロンタイプのVRデバイスながら2万3800円という低価格で発売されたOculus Goはどれくらい使えるのか? ちびちびと使い続けて分かったことをまとめてみた。

[2018/05/23 00:00]

遅延はほぼゼロ。スマホでSteamのゲームをリモートプレイできる「Steam Link App」を試してみた

遅延はほぼゼロ。スマホでSteamのゲームをリモートプレイできる「Steam Link App」を試してみた

 Valveは2018年5月19日,同社が運営するオンライン配信サービス「Steam」に関連したアプリ「Steam Link App」のAndroid向けβテスト版の配信を開始した。実際にSteam Link Appを使用して,Steamのゲームをスマートフォンでプレイしてみたので,その所感などをムービーと合わせて紹介する。

[2018/05/22 00:00]

Snapdragon 845搭載モデルの実力は? HUAWEIのP20 Proはゲームにも使える? NTTドコモ2018年夏モデル4製品テストレポート

Snapdragon 845搭載モデルの実力は? HUAWEIのP20 Proはゲームにも使える? NTTドコモ2018年夏モデル4製品テストレポート

 NTTドコモが発表した2018年夏モデルの新型スマートフォンには,Qualcommの最新ハイエンドSoC「Snapdragon 845」搭載端末が複数あり,実際の性能が気になる読者も多いだろう。そこで今回は,「Galaxy S9+」「P20 Pro」「AQUOS R2」「Xperia XZ2」というハイエンド端末4機種のテストを行ったので,そのレポートをお届けしたい。

[2018/05/21 00:00]

4Gamerのキーボードレビューをプロゲーマーのdelave氏が新たに担当。まずは既存のキースイッチを一斉テストのうえ,レビュー方針を大いに語る

4Gamerのキーボードレビューをプロゲーマーのdelave氏が新たに担当。まずは既存のキースイッチを一斉テストのうえ,レビュー方針を大いに語る

 4Gamerではゲーマー向けキーボードのレビュワーとしてプロゲーマーであるdelave氏を迎えることになった。それにあたり,新開発のツールで検証した各種キースイッチの傾向をまず探ったうえで,氏に所信表明をしてもらったので,ここにお伝えしたい。

[2018/05/19 00:00]

【西川善司】「Far Cry 5」をFreeSyncでプレイするためのTIPS

【西川善司】「Far Cry 5」をFreeSyncでプレイするためのTIPS

 AMDから「FreeSync 2」の評価をしてほしいという依頼を受け,機材も届き,さてテストしようとしたら……というのが,「(善)後不覚」第51回のテーマだ。日本語ドキュメントの揃っていないFreeSyncを「Far Cry 5」で使うときに押さえておきたいティップスをまとめることになったので,お届けしたい。

[2018/05/18 00:00]

タニタが発売した「セガサターン体組成計」を愛でる。追加生産を期待したい実用的なファンアイテムだ

タニタが発売した「セガサターン体組成計」を愛でる。追加生産を期待したい実用的なファンアイテムだ

 2018年4月にヴィレッジヴァンガードとタニタオンラインショップで販売された「セガサターン体組成計」を,気付いたら購入していたということで,メガドライバーなセガ信者のライターが愛でてみた。セガサターンの実機や,過去の体組成計との比較なども行ったので,その内容をお届けしたい。

[2018/05/09 00:00]

Samsung「SSD 970 PRO」「SSD 970 EVO」性能速報

Samsung「SSD 970 PRO」「SSD 970 EVO」性能速報

 2018年4月25日0:00,Samsungは,PCIe Gen.3 x4ベースのM.2接続型SSD新製品「SSD 970 PRO」「SSD 970 EVO」を発表した。4Gamerではそれに合わせて短時間ながらテストすることができたので,取り急ぎ,性能速報をお届けしたい。

[2018/04/25 00:00]

「Ryzen 7 2700X」「Ryzen 5 2600X」評価キットが4Gamerに到着。第2世代Ryzenは8C16Tの最上位モデルで税別329ドルに

「Ryzen 7 2700X」「Ryzen 5 2600X」評価キットが4Gamerに到着。第2世代Ryzenは8C16Tの最上位モデルで税別329ドルに

 「Pinnacle Ridge」という開発コードネームで知られていた第2世代Ryzenの評価キットが4Gamerに到着した。キットには8C16Tで税別329ドルの「Ryzen 7 2700X」と,6C1Tで税別229ドルの「Ryzen 5 2600X」が入っていたので,CPUを中心に,その中身をレポートしてみたい。ベンチマークテスト結果は後日お伝えする予定だ。

[2018/04/13 22:00]

NVIDIAの狙う“フォトモード”こと「Ansel」は,どこまで遊べるようになったのか。「鉄拳7」を使って試してみた

NVIDIAの狙う“フォトモード”こと「Ansel」は,どこまで遊べるようになったのか。「鉄拳7」を使って試してみた

 NVIDIAが提供する「Ansel」を覚えているだろうか。対応したタイトルで使えば,ゲームを一時停止して,アングルや色調を自由に変更でき,好みのカットを作り出せるというスクリーンショット機能である。2016年の実装当時は微妙な性能だったが,あれからどうなったのかという現状を紹介したい。

[2018/04/12 00:00]

「GeForce Experience」の新機能を使えば,手軽にアニメーションGIFが作れる。お気に入りのシーンを共有しよう

「GeForce Experience」の新機能を使えば,手軽にアニメーションGIFが作れる。お気に入りのシーンを共有しよう

 GeForceユーザー向け無料ソフトウェア「GeForce Experience」のVersion 3.13.1.30において,キャプチャした映像から好きなシーンを切り出して,アニメーションGIFを作成できるようになった。今回は,この機能を使っていくつかアニメーションGIFを作成してみたので,紹介しよう。

[2018/03/23 18:58]
さらに記事を探す

トピックス
スペシャルコンテンツ