オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
今年一番読まれた記事は? 2006年版4Gamer記事ヒット数ベスト100
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2006/12/27 23:58

企画記事

今年一番読まれた記事は? 2006年版4Gamer記事ヒット数ベスト100

2006年,2005年の月別の記事数

2006年2005年
1月487367
2月608430
3月695524
4月673513
5月645506
6月692520
7月728485
8月805626
9月724623
10月670557
11月761657
12月787
597
合計8275
6405
 4Gamerは,今日12月27日が,2006年最後の更新日である。
 昨年(2005年)4Gamerに載った記事は,全部で6405。これは平均すると,4Gamerの更新日1日あたり,約25記事を載せている計算になる。基本的に“PCゲーム専門”のWebメディアだというのに,よくもまぁこんなに多くの記事があったものだ……と昨年は思っていた。
 しかし今年は,実に8275記事が載っている。つまり,この1年で1900近くも記事が増えたわけだ。今年の更新日の平均を出すと,約33記事。さらに右の表を見てもらうと,すべての月で,100以上も記事が増えていることが分かるだろう。

 では,なぜそんなにも記事が増えたのだろうか? 理由としては,オンラインゲームタイトルの急増が,真っ先に挙がるだろう。それに伴い,ニュースリリースも急増している,というわけだ。
 増えているのは“供給”ばかりではない。4Gamerの,1記事あたりのヒット数も確実に増えており,“需要”も増大していることが分かる。実に嬉しい傾向である。
 ただ,増えた需要(つまりゲームプレイヤー)が,増えた分の供給(新しいゲーム)に向かわないと,ゲーム業界全体で見た場合,あまり喜ばしいことではないだろう。
 では実際問題,4Gamerの読者は,どんな記事/ゲームに興味を示したのだろうか? この8275記事の中で,最もヒット数が多いのはどれだろうか? というわけで,昨年に引き続いて,今年も記事ヒット数のベスト100を公開しよう。
 ここに挙げたのは,8275分の上位100記事。換言すれば,ランクインしている記事は,約83記事(2.5日分)に一つしかない,高アクセス記事ということである。ぜひ,じっくり確認してほしい。

順位記事タイトル
1― 体験版 ― 3DMark06[英](Futuremark)
2「英雄伝説 空の軌跡SC」高解像度版デモムービーをUp
3― 体験版 ― Battlefied 2[英](Electronic Arts)
4― 体験版 ― Vana'diel Bench 3 Ver1.00(スクウェア・エニックス)
5― プレビュー ―Pentiumを過去へと葬るCore 2 Duoの衝撃 Core 2 Duo(B1-Step)
6「イース・オリジン」の高解像度プロモーションムービーをUp
7「ファンタシースターユニバース」で,今何がおきているのか
8―体験版 ― Battlefield 2142(EA)
9ホントのところ,GMは何をどこまでできるんですか? ―オンラインゲーム会社に聞く,各社それぞれの運営方針とその思想
10― 連載 ― ゲーマーにとって,CPUとは何か。連載第1回目
11― レビュー ― 世界中が熱狂する,究極のシングルプレイRPG The Elder Scrolls IV: Oblivion
12― レビュー ― GALAXYのクロックアップ版GeForce 7600 GSは上位モデルを超えるか? GF 7600GS-Z/256D3/2DVI/PCIE
13たかがゲーム,されどゲーム ――ガンホー,ROでの不正通貨作成について
14日本ファルコム最新作「イース・オリジン」おひろめムービーをUp
15「FFXI」不正によるRMT行為をした700アカウントを強制退会処分
16― 特集 ― 4Gamer.net ハードウェアベンチマークレギュレーション
17RMT業者はつながっている? FFXI,RMTやツール対策専門の「スペシャルタスクチーム」へのプチメールインタビュー
18ガンホー,社員が不正アクセス禁止法違反の容疑で逮捕
19― プレビュー ― DirectX 9世代のゲームで探る,その圧倒的なポテンシャルと消費電力 GeForce 8800 GTXリファレンスカードEN8800GTS/HTDP/640M
20― レビュー ― ゲーマーのためのデュアルコアCPU購入ガイド,2006年秋版 Core 2 Duo Athlon 64 X2
21「Master of Epic」で個人情報流出
22「ラグナロクオンラインII」はここまで出来ている! Gravity Festivalで公開された最新ムービーをUp
23― 特集 ― メーカーVS業者 RMTがはらむ問題と可能性をめぐる座談会
24「FFXI」,RMTに関連した約250のアカウントをBAN。2500億以上のギルを回収
25― レビュー ― “199ドルで買えるGeForce 7900”は2006年後半の主役となるか XFX GeForce 7900 GS 480M Extreme
26NVIDIA,四つのGPUを使うQuad SLI技術発表。Dellから搭載マシンも
27「ラグナロクオンライン」で大型アップデート 新職業「忍者」「ガンスリンガー」,田園都市「フィゲル」実装
28― 体験版 ― F.E.A.R. Combat V1.07(Sierra Entertainment)
29― 特集 ― 3Dゲーマー贈る ボイスチャット入門講座
30「女神転生IMAGINE」βプレビュー,4Gamer枠1000名のキャンディデート(候補者)を募集
31「ときめきメモリアルONLINE」,7校が2校に統合……
32「FFXI」拡張ディスク「アトルガンの秘宝」 アトルガン皇国や新ジョブの概要が明らかに
33スクウェア・エニックス「エバークエストII」から撤退
34― 画像集 ― G★2006Girls
35FFXI,RMTやツール対策専門の「スペシャルタスクチーム」へのプチメールインタビュー
36「R.O.H.A.N」のユン社長が語る「いまメーカーが本当にやるべきRMTへの取り組み」
37「北斗の拳ONLINE」,本日15時にティザーサイトがオープン
38[韓国ゲーム事情#634]「Ragnarok Online 2」の新情報が公開に
39― レビュー ― Core 2 Duoを見据えつつ,低消費電力CPUの底力を探る Core DuoN4L-VM DH945GT Speedster Plus
40― 体験版 ― Penumbra[英](Frictional Games)
41「ファンタジーアース ゼロ」ゲームポットへ直撃インタビュー
42ガンホー,「ラグナロクオンライン」で有料アイテム販売開始へ
43[AOGC 2006]日本のオンラインゲーム市場におけるRMTの現状
44[台北ゲームショウ#1]NCsoft,Taipei Game Showで新作を公開
45スクエニ,FFXIでRMT/ツール対策のスペシャルタスクチーム結成
46FFXIで1万1500アカウント超の規約違反者一斉処分,450億ギル凍結
47[TGS 2006#26]今冬にクローズドβテスト開始予定の「モンスターハンター フロンティア オンライン」のプロモーションムービーをUp
48「RO」7月上旬アップデート情報後編。新職業,新ホムンクルス
49― レビュー ― NVIDIA印の“1枚でSLI”カード「GeForce 7950 GX2」が持つ価値 GeForce 7950 GX2リファレンスカード
50FFXI「アトルガンの秘宝」最新情報:装備品,NPC,新エリアなど
51FFXI「アトルガンの秘宝」,新エリアや新ジョブの先行体験レポート
52「信長の野望Online」で武家屋敷強化のアップデート実施
53ついに「三國志」がオンラインゲームに! コーエー,MMORPG「三國志 Online」発表会を開催
54― 特集 ― 「ファンタシースターユニバース」開発者ロングインタビュー
55主人公はアドルではない? 「イース」最新作のスクリーンショットが公開に
56MMORPG「三國志 Online」では,数百人規模のRvR「合戦」が楽しめる
572006年最大の注目作の一つ「バトルフィールド2142」のデモ版を24時間先行配信決定
586時間でのWinny被害は約100億円,さてその内訳は?
59「スカッとゴルフ パンヤ」,レイザーラモンHGの衣装などを追加
60「RO」新地域含む大型アップデート第3弾の実装日が7月4日に決定
61― プレビュー Core 2シリーズ対応チップセットの「対応状況」はいかばかりか TForce P965 DeluxeP5N32-SLI SE Deluxe
62新職業「忍者」「ガンスリンガー」導入。MMORPG「ラグナロクオンライン」,「フィゲル」アップデートの見どころ紹介
63[韓国ゲーム事情#511]NHN Games,噂されていた新作MMORPG「R2」を正式発表
64「Perfect World」クローズドβテスター募集開始,4Gamer枠は1000名
65「FFXI」プロデューサー,田中弘道氏サイン会直前 in GC
66「ダンジョンズ&ドラゴンズオンライン」クローズドβテスター募集開始:4Gamer枠として800名分を確保
67[韓国ゲーム事情特別編]オンラインゲームハッキング対策の現在
68「グラナド・エスパダ」12月19日より無料化決定
69― レビュー ― 多彩な武器と派手なアクションでテンポ良く楽しめる ファンタシースターユニバース
70「FFXI」拡張ディスク「アトルガンの秘宝」新登場NPCやアサルトなどの情報が公開に
71「ファンタジーアース」店頭用PV高解像度版を4GamerサーバーにUp
72― 広告企画 ― Will版「スイング ゴルフ パンヤ}
73「ファンタジーアース ゼロ」クローズドβテストに,4Gamer読者1000名を追加募集
74新型CPU「Core」などIntelの新戦略などをゲーマー的に理解する
75MMORPG「ホーリービースト」第1次クローズドβテスター募集開始,4Gamer枠は500名
76WoWの日本代理店が決定……?
77FFXI,二人のオンラインプロデューサーにショートインタビュー:「FFXIにおけるワールドワイドでのプレイヤー共存」
78セガ,「PSU」先行体験会を全国のゲーム販売店で実施。Premiere Discを求めるファンが殺到
79「R.O.H.A.N」プレオープンβテストを8月21,22日の両日開催
80「ラストカオス」クローズドβテスター4Gamer枠で5555名募集
81「RO」大型アップデート,ついに「ホムンクルス」導入へ
82「PSU」ネットワーク障害,再開は9月6日。9月末日までは試験サービス
83「ファンタジーアース ゼロ」の公式プレオープンサイトが公開に
84「女神転生IMAGINE」,ゲームシステムの一部に明らかに。ゲーム画面も初公開
85― レビュー ― 約1年半ぶりに登場した新たな拡張ディスク ファイナルファンタジーXI アトルガンの秘宝
86クリーチャーを召喚して共に戦えるMMORPG「RAPPELZ」(ラペルズ),オープンβテストが本日スタート
87― レビュー ― クアッドコアCPU「Core 2 Extreme QX6700」はゲームに向くのか? Core 2 Extreme QX6700/2.66GHz
88「BASTARD!! ONLINE」,約1年ぶりの新情報&イメージ素材公開
89スクウェア・エニックス,「ファンタジーアース」の運営をゲームポットへ移管。基本プレイ料金を無料へ
90― 広告企画 ― Core2 フロントミッション
91「イース・オリジン」,対ベラガンダー戦のプレイムービーをUp
92― レビュー ― フロントミッション オンライン オフィシャルベンチマークソフト(スクウェア・エニックス)
93セガ,「ファンタシースターユニバース」クローズβトライアルテスターの募集を開始
94「ギルド ウォーズ」オープンβテスター募集開始
95「三國志 Online」,クローズドβテスター2万人の募集が開始に
96― 特集 ― 「有のの部屋で」よゐこ有野晋哉さん 
97[TGS 2006#05]カプコン,「モンスターハンター フロンティア オンライン」を発表。2006年冬にクローズドβテスト予定
98FF XI「アトルガンの秘宝」最新情報,西の森に棲む者は……
99「グラナド・エスパダ」攻略ガイド 第1回
100― 不定期連載 ― Step by Step GUILD WARS 第2回

 まず全体的に見ると,今年も相変わらず“オンラインゲーム”が強いということが,よく分かる。まだ2,3年は,この状況が続きそうである。
 そのほか,ハードウェア記事RMT関連が目立つ。ハードウェアは,PCゲーマーなら誰もが関係することであるため,ある程度上位に来ることは想像していたが,それにしても“Core 2 Duo”が強い。4Gamerスタッフ達も,「Core 2 Duo」と記事タイトルに入っていれば,それだけで「アクセスランキング」に載るんじゃないだろうか,と話していたほどである。
 RMTに関しては,もちろん昨年までも関心は高かったが,ガンホー・オンライン・エンターテイメント社員(当時)が逮捕された事件で,一気にオンラインゲーム業界最大の話題となってしまった感がある。

 タイトル別では,「ファイナルファンタジーXI」「ラグナロクオンライン」,それにバトルフィールドシリーズを加えた御三家が相変わらず強い(2005年の1位である「Battlefield 2」体験版は,今年も3位!)。そのほかでは,

イース・オリジン
ファンタシースターユニバース
女神転生IMAGINE
三國志 Online
R.O.H.A.N
ファンタジーアース ゼロ
スカッとゴルフ パンヤ

あたりが元気。ちなみに昨年元気だったのは,

ファイナルファンタジーXI
バトルフィールド2
ファンタジーアース
ラグナロクオンライン
大航海時代 Online
テイルズ オブ エターニア オンライン
ときめきメモリアルONLINE

といったところ。微妙に入れ替わっているが,その一方でFFXI,RO,BF2(BF2142),ファンタジーアース(ファンタジーアース ゼロ)と,4タイトルが居座っている。2007年も,この状況が続くのだろうか。

 では,さらに細かく見ていこう。
 上位には,「全世界からアクセスされるもの」(3DMark06Battlefield 2など),「公式からリンクが張られているもの」(3DMark06「英雄伝説 空の軌跡SC」高解像度デモムービーなど)が並んでいる。また,7位の『「ファンタシースターユニバース」で,今何が起きているのか』,9位の『ホントのところ,GMは何をどこまでできるんですか?』といった,少しセンセーショナルな要素を含んだ記事も,やはり強い。
 しかしだからこそ,そのどれにも当てはまらずに,上位にランクインしているものが興味深いというもの。
 この中で,普通の(いや,正規の代理店がついていないという意味では,むしろハンデキャップのある)PCゲーム,「The Elder Scrolls IV: Oblivion」のレビュー記事が11位に入っているのは,大健闘といえるだろう。多くのブログからリンクを張ってもらえた,Xbox 360版に興味がある人もこのレビューをチェックしたなど,理由としてはいろいろ考えられるが,総じて言えるのは,「やはり日本人は,まだRPGが好きなんだなぁ」ということ。どうしても業界人は,RPGといえば今やMMORPGのみで,シングルのRPGなんて,もはや時代遅れと思いがちのようだが,Oblivionやイースシリーズの強さを見れば,それは間違いだと分かるだろう。
 先日,Xbox 360で,Oblivion日本語版の発売が決まったが,ぜひPCでも発売してほしいものだと,強く思う。

 数あるグラフィックスカードのレビューの中で,最もヒット数が多かったのは,13位の「GF 7600GS-Z」。これは,クロックアップしたGeForce 7600 GSを採用したカードで,2万円前後(当時)という価格ながら,GeForce 7600 GT採用カードに迫る性能を誇るという,コストパフォーマンスの高い製品だ。
 とはいえ,GeForce 8800搭載カードを抑えてのこの順位は,少し意外である。やはり2万円前後というのは,多くの人にとって,グラフィックスカードにかけられる現実的な価格帯なのだろう。

 明るい話ばかりではない。先述したガンホー社員の逮捕のほか,ファンタシースターユニバースのトラブル「Master of Epic」の個人情報流出「ときめきメモリアルONLINE」の学校(サーバー)統合スクウェア・エニックスの「エバークエストII」撤退(現在はSony Online Entertainmentが運営)など,“残念”なニュースが多くランクインしているのも,今年の特徴といえそうだ。
 その一方で,「グラナド・エスパダ」「ファンタジーアース」の無料化(「こちら」「こちら」)というニュースもランクインしている。運営会社にしてみては,どちらも手放しでは喜べないニュースかもしれないが,多くのゲーマーにとっては,色々な意味で注目すべき記事だったわけだ。

 総じて,新作タイトルは苦戦しているようだが,日本ファルコム,コーエーといった日本の老舗メーカーが意地を見せているところに,希望が持てる。カプコンの「モンスターハンター フロンティア オンライン」や,テクモの「BASTARD!! ONLINE」なども控えている2007年は,国産メーカーが,その能力を開花させる年となるかもしれない。

 さて,何はともあれ,このランキングを眺めているだけで,2006年のあれやこれやを思い出すというもの。
 今年はいい年だったという人も,イマイチだったという人も,このランキングで1年を振り返りつつ,来年に思いを馳せてみてはいかがだろうか。

 ちなみに,お気づきの人もいるかもしれないが,このベスト100には「週刊連載記事」は入れていない。もしカウントすると,かなりの数を占めてしまうからだ。そこで参考までに,最後に,週刊連載だけのベスト10も掲載しておこう。なおこのランキングは,全部の回の合計で算出している。当然,2006年に多く掲載された連載(=長い連載)ほど上位に来るが,それでもなかなか興味深い結果ではないだろうか。(4Gamer編集部)

1剣と魔法の博物館
2奥谷海人のAccess Accepted
3「ハーツ オブ アイアンII」世界ふしぎ大戦!
4誰もがRPGを愛していた
5キャラクターゲーム考現学
6「Age of Empires III」新大陸漂流記
7実録Oblivionプレイ日記 「なんですぐ怒るの?」
8剣と魔法の博物館 モンスター編
9シヴィライゼーション4 3時のおやつは文明道
10DDO: Stormreach ダンジョン道中しょんぼり記

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:01月25日〜01月26日
タイトル評価ランキング
75
原神 (PC)
59
原神 (PS4)
50
LOST ARK (PC)
46
V4 (iPhone)
2020年07月〜2021年01月