オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
Idol Manager公式サイトへ
  • PLAYISM
  • 発売日:2021/07/27
  • 価格:2480円(税込)
準備中
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「INDIE Live Expo 2021」視聴レポート。5時間以上にわたって300以上のインディーズゲームが取り上げられた番組の内容をまとめて紹介
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2021/06/07 19:16

イベント

「INDIE Live Expo 2021」視聴レポート。5時間以上にわたって300以上のインディーズゲームが取り上げられた番組の内容をまとめて紹介

 2021年6月5日,国内外のインディーズゲーム情報を伝えるオンライン番組「INDIE Live Expo 2021」が配信された。

 “応募されたすべてのゲームを紹介する”というのコンセプトのINDIE Live Expoは,通算3回目の放送を迎えた。今回は300以上のタイトルが取り上げられ,放送時間も5時間40分以上と過去最長となった。

これまでに行われてきたINDIE Live Expoの総再生数は,総合すると1600万以上に達するという。今回はYouTube Live,ニコニコ生放送,bilibiliに加え,Steam Liveを含む多数の媒体で配信され,多くの人が見られるように配慮されていた
画像集#001のサムネイル/「INDIE Live Expo 2021」視聴レポート。5時間以上にわたって300以上のインディーズゲームが取り上げられた番組の内容をまとめて紹介

 本稿では,配信の中で発表&紹介された最新のインディーズゲーム情報や,配信内で3回にわたって行われたゲーム音楽ライブ,海外インディーズゲーム事情の紹介など,ギッシリと情報が詰まった番組の様子をお伝えしていく。


「INDIE Live Expo 2021」公式サイト


 配信は日本語に加えて英語と中国語でも行われており,それぞれ異なる出演者が進行と解説を担当した。日本語の配信はニッポン放送のアナウンサーである吉田尚記氏が進行を務め,PLAYISMの水谷俊次氏が解説役,ゲストとしてゲーム実況者のわいわい氏が出演した。

ニッポン放送のアナウンサーである吉田尚記氏。今回の紹介タイトル数は吉田氏にとってもかなり異例なことだそうで,配信が始まる4時間前からリハーサルで原稿を読み続けていたという
画像集#002のサムネイル/「INDIE Live Expo 2021」視聴レポート。5時間以上にわたって300以上のインディーズゲームが取り上げられた番組の内容をまとめて紹介 画像集#003のサムネイル/「INDIE Live Expo 2021」視聴レポート。5時間以上にわたって300以上のインディーズゲームが取り上げられた番組の内容をまとめて紹介

紹介するタイトルの中で,発売済みのものは可能な限りプレイしてきたというPLAYISMの水谷俊次氏。紹介数が増えたことで1作品あたりに取れる時間は短めになったが,その間でもしっかり情報を伝えてくれた
画像集#004のサムネイル/「INDIE Live Expo 2021」視聴レポート。5時間以上にわたって300以上のインディーズゲームが取り上げられた番組の内容をまとめて紹介

ゲーム実況者のわいわい氏。ちょっと変わった雰囲気を持つ作品に注目することが多く,紹介されたゲームにプレイヤー目線でコメントしていた
画像集#005のサムネイル/「INDIE Live Expo 2021」視聴レポート。5時間以上にわたって300以上のインディーズゲームが取り上げられた番組の内容をまとめて紹介

画像集#006のサムネイル/「INDIE Live Expo 2021」視聴レポート。5時間以上にわたって300以上のインディーズゲームが取り上げられた番組の内容をまとめて紹介

 ちなみに,Steamでは番組の配信が開始された直後から6月8日2:00まで,INDIE Live Expo 2021の配信記念セールが実施されている。番組内で紹介されたタイトルにもセール対象の作品が含まれているので,気になる作品を見つけた人はチェックしてみよう。

画像集#007のサムネイル/「INDIE Live Expo 2021」視聴レポート。5時間以上にわたって300以上のインディーズゲームが取り上げられた番組の内容をまとめて紹介

Steam「INDIE Live Expo 2021」開催記念セール


 番組恒例のゲーム音楽ライブコーナー「Live Performance」には,INDIE Live Expoでは毎回出演しているドラマーのダイナ四氏と,三味線を操るしゃみお氏が出演。ドラム+三味線という,やや珍しいスタイルでのライブが披露された。

 ライブでは,昨年国内発のインディーズ作品の中でも特に大きな話題を呼んだ「天穂のサクナヒメ」のBGM「稔 ―みのり―」や,ジェリービーンズ運動会「Fall Guys: Ultimate Knockout」のメインテーマ「Everybody Falls」といった楽曲が演奏された。そのほかにもおなじみの「UNDERTALE」「東方Project」からも楽曲がピックアップされるなど,インディーズゲームの祭典らしくバラエティに富んだラインナップとなった。

ダイナ四氏によるスティックさばきと,カメラ目線は今回も健在。「Konga Conga Kappa」(Crypt of the NecroDancer)では,手を止める瞬間にカメラを探して顔芸を決めるという戦略的顔芸も披露
画像集#008のサムネイル/「INDIE Live Expo 2021」視聴レポート。5時間以上にわたって300以上のインディーズゲームが取り上げられた番組の内容をまとめて紹介

三味線によるソロパートもところどころで挿入され,1回目の3曲目「Main Titles」(Ultimate Chicken Horse)では独自のアレンジでコメント欄を沸かせた
画像集#009のサムネイル/「INDIE Live Expo 2021」視聴レポート。5時間以上にわたって300以上のインディーズゲームが取り上げられた番組の内容をまとめて紹介

 ライブは番組中に全3回行われ,1回目は1時間10分ごろ,2回目は3時間30分ごろ,3回目は4時間52分ごろからスタートしている。以下にライブのセットリストと各回の時間指定リンクを掲載するので,聴きたい曲がある人は視聴してみよう。

画像集#010のサムネイル/「INDIE Live Expo 2021」視聴レポート。5時間以上にわたって300以上のインディーズゲームが取り上げられた番組の内容をまとめて紹介

「INDIE Live Expo 2021」
Live Performance セットリスト
1回目 天穂のサクナヒメ 稔 ーみのりー」 リンク
Fall Guys: Ultimate Knockout Everybody Falls
Ultimate Chicken Horse Main Titles
2回目 Crypt of the NecroDancer Konga Conga Kappa リンク
Hades God of the Dead
DELTARUNE THE WORLD REVOLVING
3回目 東方虹龍洞 〜 Unconnected Marketeers. 星降る天魔の山 リンク
UNDERTALE MEGALOVANIA


注目のインディーズ作品や,発表された新情報をタイトル別に紹介


 「INDIE Picks」「INDIE Live Premiere」では,注目度の高いインディーズゲームの紹介と,新情報の発表が行われた。ここでは,発表された内容をまとめてお届けしていく。

●Chivalry 2
 「Chivalry 2」は,6月8日に発売を予定している,マルチプレイヤーの一人称視点メレーアクションだ。最大64人のプレイヤーで,プラットフォームの垣根を超えての対戦が楽しめる。

 一見するとインディーズには見えないクオリティの作品だが,シリーズの前身にあたる「Chivalry: Battle for Agatha」は「Half-Life」のMODから独立した作品(関連記事)であり,インディーズの世界から生まれたシリーズということで,今回の配信でも扱われることになったようだ。

画像集#011のサムネイル/「INDIE Live Expo 2021」視聴レポート。5時間以上にわたって300以上のインディーズゲームが取り上げられた番組の内容をまとめて紹介

関連記事

剣技対戦アクション「Chivalry 2」のローンチトレイラーが公開。PC版は日本語対応で6月8日にローンチへ

剣技対戦アクション「Chivalry 2」のローンチトレイラーが公開。PC版は日本語対応で6月8日にローンチへ

 コンシューマ機版がKoch Mediaから2021年6月24日に発売されることが決まったオンライン専用剣技対戦アクション「Chivalry 2」ローンチトレイラーを公開した。本作では,2チームに分かれた最大64人のプレイヤーが入り乱れて目標を達成していくという新要素が加えられている。

[2021/06/04 11:05]

●Idol Manager
 ロシアのインディーズデベロッパ・GlitchPitchが,7月27日に発売を予定している新作タイトル「Idol Manager」の最新PVが公開された。

 ゲーム内容は,プロデューサーとなってアイドルを育成してトップアイドルの輩出を目指すシミュレーション。レッスンやライブといったアイドルゲームではお馴染みの要素はもちろん,スキャンダルを利用した謀略やファンとの交流で発生するトラブルの対処など,業界の光と闇の両面を描いているのが特徴だ。

本作のキャラクターボイスや歌を担当しているリアルアイドルユニット“仮面女子”からのビデオメッセージも公開された。水谷氏いわく「せっかくだからリアルなアイドルに歌を担当してもらいたいと思って依頼先を探したのですが,OK出たのが仮面女子だけでした」と語っていた
画像集#012のサムネイル/「INDIE Live Expo 2021」視聴レポート。5時間以上にわたって300以上のインディーズゲームが取り上げられた番組の内容をまとめて紹介
画像集#013のサムネイル/「INDIE Live Expo 2021」視聴レポート。5時間以上にわたって300以上のインディーズゲームが取り上げられた番組の内容をまとめて紹介

関連記事

アイドル事務所経営シム「Idol Manager」の日本語版PVが公開。どんな手を使ってでものし上がる業界の光と影を描く

アイドル事務所経営シム「Idol Manager」の日本語版PVが公開。どんな手を使ってでものし上がる業界の光と影を描く

 PLAYISMは本日,「Idol Manager」日本語版PVを公開した。本作は,ロシアのデベロッパ・GlitchPitchが手掛けるアイドル育成・事務所経営シム。スキャンダルを利用してライバルを蹴落とすなど,のし上がるためにはどんな手でも使える業界の光だけでなく影をも描いているのが特徴だ。

[2020/09/22 12:49]

●fault - milestone two 下
 「fault - milestone two 下」のSteam版とNintendo Switch版の発売時期が,2021年9月に決定したと発表された。

 「fault」シリーズは“少年漫画を少女達でやる青年漫画調の冒険譚”をコンセプトとしたビジュアルノベルシリーズだ。2015年8月にリリースされた「fault - milestone two 上」から数えて,6年ぶりの新作となる。現在はSteamストアページがオープンしている。

画像集#014のサムネイル/「INDIE Live Expo 2021」視聴レポート。5時間以上にわたって300以上のインディーズゲームが取り上げられた番組の内容をまとめて紹介



「fault - milestone two 下」公式サイト


●LOST EPIC
 Team EARTH WARSが手掛ける2Dアクションゲーム「LOST EPIC」のアーリーアクセス版をSteamでリリースし,6月13日まで15%オフで購入できるローンチセールを開始した。

 本作は,自由なキャラクターメイキングと,進化する武器によるハイテンポなアクションが楽しめるタイトルだ。現時点では2ステージのみがプレイ可能で,フルリリース時には武器やスキルを含む多数の新要素を追加する予定とのこと。

画像集#015のサムネイル/「INDIE Live Expo 2021」視聴レポート。5時間以上にわたって300以上のインディーズゲームが取り上げられた番組の内容をまとめて紹介

関連記事

「LOST EPIC」のアーリーアクセス版,2021年夏にSteamで配信決定。トレイラーの第2弾も公開

「LOST EPIC」のアーリーアクセス版,2021年夏にSteamで配信決定。トレイラーの第2弾も公開

 Team EARTH WARSが開発中の2Dアクションゲーム「LOST EPIC」のアーリーアクセス版が,2021年夏にSteamでリリースされる。自由なキャラメイクや爽快なバトルが楽しめるハック&スラッシュ系の2Dアクションゲームである本作。ゲームのさまざまな要素を解説するトレイラーの第2弾も公開されている。

[2021/04/22 15:43]

●Palworld
 「クラフトピア」を手掛けた国内のインディーズデベロッパ・ポケットペアによる新作タイトル「Palworld」が,2022年内にリリースされると発表され,プロモーション映像が公開された。

 ゲームの舞台となるのは,不思議な生き物“パル”が存在する世界。公開された映像によると,パルは捕まえて育成し,一緒に冒険ができるだけでなく,工場で働かせたり,釣りの餌にしたり,戦闘中の盾として利用したりと,かなり自由に利用できるようだ。

画像集#016のサムネイル/「INDIE Live Expo 2021」視聴レポート。5時間以上にわたって300以上のインディーズゲームが取り上げられた番組の内容をまとめて紹介

関連記事

オープンワールドモンスター育成RPG「Palworld」が2022年内にリリース。“クラフトピア”を手掛けるポケットペアの新作

オープンワールドモンスター育成RPG「Palworld」が2022年内にリリース。“クラフトピア”を手掛けるポケットペアの新作

 ポケットペアは本日,オープンワールドサバイバルモンスター育成RPG「Palworld」を,2022年内にリリースすると発表した。不思議な生物“パル”との生活を描いた作品で,公開された映像では,パルを戦闘の盾にしたり,釣りの餌にしたり,工場で労働させる様子が確認できる。

[2021/06/05 20:09]

 また,番組の後半で公開された映像では,サプライズで「クラフトピア」の新要素が公開された。映像の内容は6月23日のアップデートで実装を予定しているとのことだ。

関連記事

「クラフトピア」6月23日のアップデートのPVが公開。ペットシステムや,新武器の銃が追加

「クラフトピア」6月23日のアップデートのPVが公開。ペットシステムや,新武器の銃が追加

 ポケットペアは,アーリーアクセス中の「クラフトピア」にて,2021年6月23日に実施を予定している大型アップデートのプロモーションムービーを公開した。「ペット」の新機能やレベルキャップ・ステータスの上限解放,新武器「銃」などが登場する。

[2021/06/05 20:27]

●トランシルビィ
 探索型アクションゲーム「トランシルビィ」の配信時期が2021年秋に決定し,Steamのストアページを公開した。

 本作を手掛けるSKIPMOREは,アーケードライクなトップビューの2Dアクション「神巫女」や,スローライフRPG「ピコンティア」などを手掛けた国内のデベロッパだ。公開された開発陣によるメッセージでは「アーケードライクではありませんが,プレイ感覚はサイドビューの神巫女と思ってもらえばOK」とのこと。

画像集#017のサムネイル/「INDIE Live Expo 2021」視聴レポート。5時間以上にわたって300以上のインディーズゲームが取り上げられた番組の内容をまとめて紹介

関連記事

探索型アクションゲーム「トランシルビィ」がSteamで2021年秋にリリース

探索型アクションゲーム「トランシルビィ」がSteamで2021年秋にリリース

 SKIPMOREは本日(6月5日),探索型アクションゲーム「トランシルビィ」2021年秋にPC(Steam)でリリースすると発表した。プレイヤーはサイボーグの「SIRUBY」を操作し,ソードで攻撃しつつ,エレメントガンで敵を凍らせて足場にしたり,バイクや飛行機に変形したりして探索を進める。

[2021/06/05 20:08]

●ガラージュ:完全版
 東芝EMIが1999年にリリースしたPC向けアドベンチャーゲームのリメイク作品「ガラージュ:完全版」のリリースが発表された。

 オリジナル版は販売本数が少なく“幻のゲーム”と呼ばれてきたが,2020年にクラウドファンディングサイト・CAMPFIREで「『ガラージュ:完全版 for Mobile』制作プロジェクト」が立ち上げられ,2000万円を超える資金調達に成功し開発がスタートした。

 本作にはエンディングやアナザークエストが追加され,ボリュームはオリジナル版の約2倍に達しているという。さらに,ゲームバランスとUIの刷新,オリジナル版の作曲者による新曲の追加も行われる予定だ。

画像集#018のサムネイル/「INDIE Live Expo 2021」視聴レポート。5時間以上にわたって300以上のインディーズゲームが取り上げられた番組の内容をまとめて紹介

関連記事

モバイル版「ガラージュ:完全版」のリリースが決定。1999年に発売されたPC向けアドベンチャーゲームのリメイク作

モバイル版「ガラージュ:完全版」のリリースが決定。1999年に発売されたPC向けアドベンチャーゲームのリメイク作

 本日配信されたインディーズゲームの情報番組“INDIE Live Expo 2021”で,モバイル版「ガラージュ:完全版」がリリースされることが発表された。1999年に発売されたPC向けADVのリメイク作品で,グラフィックスの強化のほか,シナリオや楽曲の追加も行われる。

[2021/06/05 20:38]

●OU
 ジー・モードの新作アドベンチャーゲーム「OU」のロゴと最新トレイラーが公開され,2021年にPC(Steam)とNintendo Switchでリリース予定であると発表された。

 手描きのグラフィックスと,幻想的なビジュアルが特徴的な作品だが,詳細な情報については明かされなかった。開発陣からは「現実世界の普遍的な“なにか”を,児童文学の挿絵ようなタッチで描き出した作品です」とコメント。その“何か”については「ユーザーがプレイ体験を通してそれを感じ,持ち帰ってくれるものを目指しています」とも語られていた。

謎の多い作品だが,発表に合わせてトレイラーとメイキング映像も公開されているので,気になる人は確認しよう
画像集#019のサムネイル/「INDIE Live Expo 2021」視聴レポート。5時間以上にわたって300以上のインディーズゲームが取り上げられた番組の内容をまとめて紹介
画像集#020のサムネイル/「INDIE Live Expo 2021」視聴レポート。5時間以上にわたって300以上のインディーズゲームが取り上げられた番組の内容をまとめて紹介 画像集#021のサムネイル/「INDIE Live Expo 2021」視聴レポート。5時間以上にわたって300以上のインディーズゲームが取り上げられた番組の内容をまとめて紹介

関連記事

新作アドベンチャー「OU」がSteamとSwitchで2021年にリリース

新作アドベンチャー「OU」がSteamとSwitchで2021年にリリース

 ジー・モードは本日(6月5日),インディーズゲームの情報番組「INDIE Live Expo 2021」にて,新作アドベンチャー「OU」をPC(Steam)とNintendo Switchで2021年にリリースすると発表した。また,Steamストアの紹介ページも本日オープンしている。

[2021/06/05 20:31]

●ウィザードリィ外伝 五つの試練

 PC向け3DダンジョンRPG「ウィザードリィ外伝 五つの試練」のアーリーアクセスが,6月18日に開始されると明らかになった。リリースから1週間は,ローンチ記念セールで10%オフ価格で購入できる。

 本作は,3DダンジョンRPGの代名詞とも言える「ウィザードリィ」シリーズにおいて,国産スピンオフシリーズとして展開されてきた“外伝”の中でも特に高い人気を獲得した「ウィザードリィ外伝 五つの試練」のリメイク作品だ。ワイドスクリーンと高解像度,および旧来のものを含む4種類のUI表示切り替えに対応している。

 さらに,評判が良ければ「戦闘の監獄」や「慈悲の不在」といった外伝のシナリオも,追加シナリオDLCとして配信を計画しているとのことだ。

出演者の中でも吉田氏は「5インチフロッピーディスクでやっていた」とのことで,本作にはちょっとした思い入れがあるようだ
画像集#022のサムネイル/「INDIE Live Expo 2021」視聴レポート。5時間以上にわたって300以上のインディーズゲームが取り上げられた番組の内容をまとめて紹介

関連記事

「ウィザードリィ外伝 五つの試練」の発売日が6月18日に決定。追加機能なども新たに紹介

「ウィザードリィ外伝 五つの試練」の発売日が6月18日に決定。追加機能なども新たに紹介

 イードは本日,59 Studioが開発中のPC向け3DダンジョンRPG「ウィザードリィ外伝 五つの試練」の配信を2021年6月18日にSteamで開始すると発表した。価格は2980円(税込)で,同日には再リマスタリングを実施したサウンドラック「Wizardry外伝 戦闘の監獄 & 五つの試練 Audio Collection」もリリースされる。

[2021/06/05 22:00]

●iii:輪れ廻るワンダーランド
 Why so serious?がパブリッシングを行う新作タイトル「iii:輪れ廻るワンダーランド」が発表され,その1stトレイラーが公開された。

 本作は,世界を修正・改変できる「絵筆」を持った主人公となって”誰もが幸せになれる世界”を冒険するRPGだ。ドット絵風のキャラクターや,3DCGで構築されたマップ,Live2Dで動くキャラクターなど,多数の表現技法を取り入れた豪華なビジュアルが目を引く作品だが,本作はすべて1人のクリエイターが制作しているのだという。

 プラットフォームはPC(Steam)で,現在はストアページがオープンしている。ストアページでは公開されたトレイラーと,日本語の説明文といくつかのスクリーンショットがが確認できる。

画像集#023のサムネイル/「INDIE Live Expo 2021」視聴レポート。5時間以上にわたって300以上のインディーズゲームが取り上げられた番組の内容をまとめて紹介

関連記事

ドット風キャラクターと3D,Live2Dで描かれるRPG「iii:輪れ廻るワンダーランド」の開発が発表

ドット風キャラクターと3D,Live2Dで描かれるRPG「iii:輪れ廻るワンダーランド」の開発が発表

 本日配信されたインディーズゲームの情報番組“INDIE Live Expo 2021”で,「iii:輪れ廻るワンダーランド」の開発がアナウンスされた。ドット風キャラクターと3D,そしてLive2Dで描かれるRPGだ。

[2021/06/05 22:16]

●My Child New Beginnings
 ライフシミュレーションゲーム「My Child Lebensborn」の続編「My Child New Beginnings」が,2023年にリリース予定と発表された。

 前作「My Child Lebensborn」は,第2次世界大戦後のノルウェーでレーベンズボルン(ナチス・ドイツの女性福祉施設)にいた養子の少女・カリンを育成するゲームだ。当時の実話をベースに制作されており,ナチスへの敵意とヘイトが残る社会で,ドイツ人の父を持つ子供を育てる困難を体験できる。

 その続編にあたる本作では,辛い環境の中で成長したカリンが新たな人生を紡いでいく姿が描かれるという。プレイヤーは負の遺産と向き合い,カリンが自分の居場所を見つけられるように導かなければならない。

画像集#024のサムネイル/「INDIE Live Expo 2021」視聴レポート。5時間以上にわたって300以上のインディーズゲームが取り上げられた番組の内容をまとめて紹介

関連記事

新作ライフSLG「My Child New Beginnings」が2023年にリリース予定。My Child Lebensbornの続編

新作ライフSLG「My Child New Beginnings」が2023年にリリース予定。My Child Lebensbornの続編

 インディーズゲームの情報番組「INDIE Live Expo 2021」にて本日(6月5日),新作ライフシミュレーションゲーム「My Child New Beginnings」2023年にリリースされると発表された。2018年にスマホ版が発売され,PC/コンシューマ版が今月発売されたばかりの「My Child Lebensborn」の続編となる。

[2021/06/05 22:31]

●The Good Life
 PLAYISMがパブリッシングを行う新作タイトル「The Good Life」が,2021年秋に発売されると明らかにされた。

 本作は,借金を抱えて途方に暮れる写真家のナオミ・ヘイワードとなり,借金の返済を目指す“オープンワールド借金返済アドベンチャー”だ。物語の舞台となる町では発生する殺人事件が発生し,ナオミはその謎を解き明かすために奔走することになる。

 また,村には“夜になると住民たちが動物に変身する”という秘密が隠されており,そうした動物の力を活用するのも重要になりそうだ。

画像集#025のサムネイル/「INDIE Live Expo 2021」視聴レポート。5時間以上にわたって300以上のインディーズゲームが取り上げられた番組の内容をまとめて紹介

関連記事

借金返済RPG「The Good Life」が2021年秋にリリース。幸福な田舎町に潜む数々の謎と殺人事件の真実を暴け

借金返済RPG「The Good Life」が2021年秋にリリース。幸福な田舎町に潜む数々の謎と殺人事件の真実を暴け

 PLAYISMは,インディーズゲームの情報番組「INDIE Live Expo 2021」にて,新作RPG「The Good Life」を2021年秋に発売すると発表した。イギリスのある田舎町を舞台にした“借金返済RPG”だ。

[2021/06/05 22:30]


チェコのゲーム事情が語られた「世界のインディスタジオ」コーナー


 ライターの徳岡正肇氏が各国のインディーズゲーム事情を語るコーナー「世界のインディスタジオ」では,ヨーロッパの内陸国・チェコ共和国のゲーム事情が紹介された。

チェコは1993年にチェコスロバキアから分離独立した国だ。徳岡氏によると,ゲーム開発会社はチェコに拠点を置いていることが多いが,開発者はスロバキアにも多く在住しており,この分野に関しては協力して開発にあたっているケースも多いのだそうだ
画像集#026のサムネイル/「INDIE Live Expo 2021」視聴レポート。5時間以上にわたって300以上のインディーズゲームが取り上げられた番組の内容をまとめて紹介

 チェコはゲーム開発が非常に盛んな国であり,徳岡氏いわく“異彩を放つインディーデベロッパ”が拠点を置いている国でもあるという。

 チェコの代表的なゲームスタジオとしては,超リアル志向のミリタリーFPSシリーズとして知られる「ARMA」シリーズを手掛けるBohemia Interactiveや,15世紀のボヘミア地方を舞台とするオープンワールドアクション「キングダムカム・デリバランス」のWarhorse Studiosなどが挙げられる。ゲームに詳しい読者であれば,このラインナップを見ただけでも徳岡氏が語る通りの“異彩”の一端を感じられるだろう。

関連記事

「キングダムカム・デリバランス」開発会社Warhorse Studios見学レポート。開発チームと日本語版プロデューサーのインタビューを合わせてお届け

「キングダムカム・デリバランス」開発会社Warhorse Studios見学レポート。開発チームと日本語版プロデューサーのインタビューを合わせてお届け

 日本語版「キングダムカム・デリバランス」が,2019年7月18日にDMM GAMESから発売される。本作の舞台であるチェコを巡るプレスツアーに参加してWarhorse Studiosを訪問し,同スタジオの主要メンバーに話を聞いてきたので,日本語版プロデューサーの松本卓也氏のインタビューと共にお届けしよう。

[2019/06/27 18:00]

インディーズの世界においても多数の人気作がチェコから生み出されており,光の剣でノーツを切り捨てていくVRゲーム「Beat Saber」や,自動化工場シムブームの先駆け的存在となった「Factorio」もチェコ産の作品だ
画像集#027のサムネイル/「INDIE Live Expo 2021」視聴レポート。5時間以上にわたって300以上のインディーズゲームが取り上げられた番組の内容をまとめて紹介

 そんなチェコの影響力の大きさを示す要素として,徳岡氏が取り上げたのが「ARMAII」のファンMODだ。非常に自由度の高い作品だけにMODのコミュニティも大きく,中でもPLAYERUNKNOWN氏が日本の映画「バトルロワイヤル」に影響を受けて作成した,いわゆるバトロワ系のMODは高く評価されていたという。

 なんとなく察した読者も多いかと思うが,このMODが後に現在まで続くバトロワ系ゲームのブームを巻き起こす「PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS」の原型となる。本作がゲーム業界に与えた影響の大きさは,もはや語るまでもないだろう。

日本の映画に影響を受け,ブラジル人のPLAYERUNKNOWN氏が,チェコの「ARMAII」でMODを作成し,それを韓国のBluehole Studioがピックアップして作られたという「PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS」。徳岡氏が語る通り,本作がどの国で作られたゲームなのかを議論するのはなかなか難しそうだ
画像集#028のサムネイル/「INDIE Live Expo 2021」視聴レポート。5時間以上にわたって300以上のインディーズゲームが取り上げられた番組の内容をまとめて紹介 画像集#029のサムネイル/「INDIE Live Expo 2021」視聴レポート。5時間以上にわたって300以上のインディーズゲームが取り上げられた番組の内容をまとめて紹介

 チェコ産のインディーズゲームに関して,徳岡氏が注目したのがグラフィックスへのこだわりの深さ。中でも特に強烈な個性を持っている会社として名前が挙げられたのが,横スクロールパズルアクション「マシナリウム」などを手掛けるAmanita Designだ。

 Amanita Designは以前,カナダの技術カンファレンス“REBOOT Develop”で3Dビジュアルの制作工程を公開しており,その中で小物を実際に工作で作っていると明らかしているのだ。アニメーションパートもすべて手作りしているという。徳岡氏も「Amanita Designのこだわりは異常なレベルに達している」と,驚きを交えながら情報を語ってくれた。

Amanita Designが手掛けた「Samorost」では粘土で実物を作った後,チェコの自然物をテクスチャとして張り込むことで独特なアートスタイルを成立させている
画像集#030のサムネイル/「INDIE Live Expo 2021」視聴レポート。5時間以上にわたって300以上のインディーズゲームが取り上げられた番組の内容をまとめて紹介 画像集#031のサムネイル/「INDIE Live Expo 2021」視聴レポート。5時間以上にわたって300以上のインディーズゲームが取り上げられた番組の内容をまとめて紹介

 このコーナーの最後に徳岡氏は「インディーズの多くの作品には,『僕はこれに関して,世界一こだわってる』というものは絶対に持ってるし,そうでなければゲームなんか完成しない」と前置きしたうえで「(Amanita Designは)こだわりを分かりやすく表現していて『分かる人は分かってくれる』という甘えがない」と,その魅力を熱弁してコーナーを締めくくった。

ちなみに,第1回ではポーランド,第2回目ではウェーデンのゲーム事情が紹介された。各国のゲーム事情に興味を持った人は,そちらも視聴してみよう
画像集#032のサムネイル/「INDIE Live Expo 2021」視聴レポート。5時間以上にわたって300以上のインディーズゲームが取り上げられた番組の内容をまとめて紹介


ポーランド共和国大使館ほか,多数の協賛団体&企業による企画コーナー


 一般的な配信では協賛企業の紹介や企画コーナーはサラッと流されてしまうことも少なくないが,INDIE Live Expoはその限りではない。こちらでは,協賛企業の企画コーナーの中で紹介された新情報などを,ピックアップして紹介していく。

●ポーランド投資貿易庁
 番組の協賛一覧でも特に目を引いたのは,駐日ポーランド共和国大使館のポーランド投資貿易庁だろう。番組内ではポーランド投資貿易庁からのビデオメッセージが公開され,ポーランドのゲーム市場の状況や,オススメ作品を紹介してくれた。

画像集#033のサムネイル/「INDIE Live Expo 2021」視聴レポート。5時間以上にわたって300以上のインディーズゲームが取り上げられた番組の内容をまとめて紹介 画像集#034のサムネイル/「INDIE Live Expo 2021」視聴レポート。5時間以上にわたって300以上のインディーズゲームが取り上げられた番組の内容をまとめて紹介

 そこで紹介されたのは,オカルトとエロティシズムをテーマにしたサイコロジカルホラー「Lust from Beyond」と,すべてが紙細工で作成されたポイント&クリックアドベンチャー「Papetura」の2タイトルだ。

 大使館の推薦作品にも関わらず,尖りまくったチョイスに出演者一同も驚きを隠せない様子だったが,いずれにせよ期待作であることは間違いない。興味を持った人は,これを契機にポーランド発のゲームに触れてみるのも良いだろう。

紹介されたデータによると,ポーランドは伝統的にPCゲームがゲーム産業の中核にあり,モバイル革命を経てもそれは変わらなかったようだ。しかし,Nintendo Switchの登場によって市場は一気にコンソールに傾き,Switch向けの独占リリース作品も増えてきているという
画像集#035のサムネイル/「INDIE Live Expo 2021」視聴レポート。5時間以上にわたって300以上のインディーズゲームが取り上げられた番組の内容をまとめて紹介
画像集#036のサムネイル/「INDIE Live Expo 2021」視聴レポート。5時間以上にわたって300以上のインディーズゲームが取り上げられた番組の内容をまとめて紹介

●Gotcha Gotcha Games
 KADOKAWAが展開するツクールシリーズの最新作「アクションゲームツクールMV」を使用したゲームの公募イベント「アクションゲームツクールMV ゲームデベロップチャレンジ」の結果が発表された。大賞作品は,ばなな豆乳氏が手掛けたシューティングアクション「ELFIN FORCE」で,後日にNintendo Switch版がリリースされる。

大賞作品の「ELFIN FORCE」はWebで公開(外部リンク)されているので,すぐに遊べる。他の入賞作品は「TOWER project DEMO」「GemVenture [DEMO]」「Pentacore Bata DEMO」「Eadus Ending」の4作品だ
画像集#037のサムネイル/「INDIE Live Expo 2021」視聴レポート。5時間以上にわたって300以上のインディーズゲームが取り上げられた番組の内容をまとめて紹介
画像集#038のサムネイル/「INDIE Live Expo 2021」視聴レポート。5時間以上にわたって300以上のインディーズゲームが取り上げられた番組の内容をまとめて紹介

●Why so serious?
 「ロードス島戦記 −ディードリット・イン・ワンダーラビリンス−」など,インディーズゲーム作品のパブリッシングを行うWhy so serious?が,新レーベル「WSS playground」の立ち上げを発表した。

画像集#039のサムネイル/「INDIE Live Expo 2021」視聴レポート。5時間以上にわたって300以上のインディーズゲームが取り上げられた番組の内容をまとめて紹介

 それに合わせて,手描きアニメで描かれる新作SFアドベンチャーゲーム「EDEN.schemata();」が発表された。本作は繰り返しのプレイを前提に設計されており,新たな事実が明らかになるとUI自体が変化し,ゲームの前提自体が変化していくという。

番組内で公開された,「EDEN.schemata();」のシナリオを担当する円居挽氏による意気込みメッセージ
画像集#040のサムネイル/「INDIE Live Expo 2021」視聴レポート。5時間以上にわたって300以上のインディーズゲームが取り上げられた番組の内容をまとめて紹介
画像集#041のサムネイル/「INDIE Live Expo 2021」視聴レポート。5時間以上にわたって300以上のインディーズゲームが取り上げられた番組の内容をまとめて紹介

関連記事

手書きアニメで描かれるSFミステリーアドベンチャー「EDEN.schemate();」が発表。Steamストアページが公開

手書きアニメで描かれるSFミステリーアドベンチャー「EDEN.schemate();」が発表。Steamストアページが公開

 本日配信されたインディーズゲームの情報番組“INDIE Live Expo 2021”で,手書きアニメで描かれるSFミステリーアドベンチャー「EDEN.schemata();」(エデン・スキマータ)が発表された。

[2021/06/05 22:35]

 また,今回の番組内で発表された新作タイトル「iii:輪れ廻るワンダーランド」や,承認欲求の強い女の子“あめちゃん”を人気配信者に育成するアドベンチャーゲーム「NEEDY GIRL OVERDOSE」も,WSS playgroundの作品になるとのことだ。

レーベル立ち上げの発表の後には「NEEDY GIRL OVERDOSE」の企画とシナリオを担当するにゃるら氏によるビデオメッセージの上映も行われた
画像集#042のサムネイル/「INDIE Live Expo 2021」視聴レポート。5時間以上にわたって300以上のインディーズゲームが取り上げられた番組の内容をまとめて紹介

●講談社 ゲームクリエイターズラボ
 講談社からは,インディーズゲームのクリエイター支援プロジェクト「ゲームクリエイターズラボ」の第2期メンバー募集の日程が発表され,第1期における実績が公開された。

 同社によると第1期の応募総数は1260件に達し,7件のプロジェクトが支援を受けたという。ゲームクリエイターズラボはプロ・アマはもちろんジャンルも不問で,制作した著作物の権利は製作者が保持できるのが特徴となっている。募集期間は2021年9月1日から10月31日までなので,何らかの企画を温めている人は今のうちに企画書を書いておくのも良いかもしれない。

Kickstarterと協力し,当選しなかった企画をすくい上げる仕組みも用意しているという
画像集#043のサムネイル/「INDIE Live Expo 2021」視聴レポート。5時間以上にわたって300以上のインディーズゲームが取り上げられた番組の内容をまとめて紹介 画像集#044のサムネイル/「INDIE Live Expo 2021」視聴レポート。5時間以上にわたって300以上のインディーズゲームが取り上げられた番組の内容をまとめて紹介
画像集#045のサムネイル/「INDIE Live Expo 2021」視聴レポート。5時間以上にわたって300以上のインディーズゲームが取り上げられた番組の内容をまとめて紹介 画像集#046のサムネイル/「INDIE Live Expo 2021」視聴レポート。5時間以上にわたって300以上のインディーズゲームが取り上げられた番組の内容をまとめて紹介

関連記事

講談社,インディーズゲームのクリエイターを支援する「講談社ゲームクリエイターズラボ」を発表。9月15日から第1期メンバーの募集を開始

講談社,インディーズゲームのクリエイターを支援する「講談社ゲームクリエイターズラボ」を発表。9月15日から第1期メンバーの募集を開始

 出版大手の講談社は本日(2020年9月14日),インディーズゲームのクリエイターを支援するプロジェクト「講談社ゲームクリエイターズラボ」を発表した。メンバーに選ばれた開発者には最大2000万円の開発支援金が支給されるほか,さまざまなサポートが受けられるという。

[2020/09/14 11:00]

PCゲームデジタルキー販売サービス「DIRECT GAMES」。6月15日よりオープンし,500本のタイトルが最大95%割引のオープン記念セールが実施される。さらに,新規会員登録キャンペーンと,ポイント還元キャンペーンも同時に行われる予定だ
画像集#047のサムネイル/「INDIE Live Expo 2021」視聴レポート。5時間以上にわたって300以上のインディーズゲームが取り上げられた番組の内容をまとめて紹介

ゲームの多言語展開をサポートするTrans Perfect Gamingからは,ローカライズをゲームに反映するまでの工数を大幅に削減できる「Applanga」が紹介された
画像集#048のサムネイル/「INDIE Live Expo 2021」視聴レポート。5時間以上にわたって300以上のインディーズゲームが取り上げられた番組の内容をまとめて紹介

一部のXbox One向け,およびPC向けタイトルが定額で遊び放題になるサブスクリプションサービス「Xbox Game Pass」の紹介も行われた。人気作はもちろん「Project Winter」「VA-11 Hall-A」「アウター・ワールド」といったインディーズゲームもラインナップに加えられており,現在は最初の3か月を100円で体験できるキャンペーンも実施されている
画像集#049のサムネイル/「INDIE Live Expo 2021」視聴レポート。5時間以上にわたって300以上のインディーズゲームが取り上げられた番組の内容をまとめて紹介 画像集#050のサムネイル/「INDIE Live Expo 2021」視聴レポート。5時間以上にわたって300以上のインディーズゲームが取り上げられた番組の内容をまとめて紹介


インディーズ作品を一挙に紹介する「INDIE Waves」は過去最大規模に


 各コーナーの中でも特にギッシリと情報が詰まっていたのが,いインディーズ作品を一挙に紹介するコーナー「INDIE Waves」だ。INDIE Live Expoの象徴とも言える本コーナーだが,今回は番組内で全6回にわたって行われ,1回ごとに50本近くの作品が紹介された。

紹介するタイトルが極めて多くなって1作品が取る時間はやや短めになったが,十分に各作品の特徴が分かるように紹介が行われており,気になる作品はしっかりと自分で探せるように調整されていた
画像集#051のサムネイル/「INDIE Live Expo 2021」視聴レポート。5時間以上にわたって300以上のインディーズゲームが取り上げられた番組の内容をまとめて紹介

現在進行系でSNSを沸かせている「NKO DICE」を製作したksym氏(Twitter)の新作「BUDDHA GO」がINDIE Waves内で発表された。放送で上映された映像は15秒程度だったが,仏像の生首と手首がうねうねと動きながら走る様子は出演者と視聴者に強烈なインパクトを与えた
画像集#056のサムネイル/「INDIE Live Expo 2021」視聴レポート。5時間以上にわたって300以上のインディーズゲームが取り上げられた番組の内容をまとめて紹介

配信の中で水谷氏が「このゲームが250円で遊べちゃって良いのか,と思いました」と語ったのが,スマートフォン向け音楽ゲーム「Azrael」だ。こちらはリリース済みとなっている
画像集#057のサムネイル/「INDIE Live Expo 2021」視聴レポート。5時間以上にわたって300以上のインディーズゲームが取り上げられた番組の内容をまとめて紹介

2D OS Games(Twitter)が手掛けるアクションアドベンチャー「Iron Corbo: Kung Fu Janitor」の国内向け展開が発表された。番組内では「大乱闘スマッシュブラザーズ」と「悪魔城ドラキュラ」の要素を取り入れた作品だという
画像集#058のサムネイル/「INDIE Live Expo 2021」視聴レポート。5時間以上にわたって300以上のインディーズゲームが取り上げられた番組の内容をまとめて紹介

ゲストのわいわい氏が強い反応を見せたのが,2021年夏にリリースを予定している物理演算レースゲーム「絶叫!スーパーマーケット」。カートに乗った男とヤギを操作し,スーパーマーケットを走り回る,バラエティ色の強い作品だ
画像集#059のサムネイル/「INDIE Live Expo 2021」視聴レポート。5時間以上にわたって300以上のインディーズゲームが取り上げられた番組の内容をまとめて紹介

 INDIE Wavesの内容はYouTubeの公式チャンネルで個別にアップロードされているが,出演者によるコメントは収録されていない。以下にYouTube Liveの時間指定リンクと,個別動画へのリンクを掲載するので,詳細が気になる人は好みの方をチェックしてみよう。

 対応プラットフォームなども併記されているので,スクリーンショットを撮影できる環境を整えておくと,後から遊びたい作品をチェックしやすいのでオススメだ。

区分 放送時間 時間指定 個別動画
1回目 00:51:00〜
※リリース済みのタイトルが中心
リンク リンク
2回目 01:27:30〜 リンク リンク
3回目 02:30:00〜 リンク リンク
4回目 03:46:00〜 リンク リンク
5回目 04:36:40〜 リンク リンク
6回目 05:12:00〜
※6月中にリリースされる予定のタイトルが中心
リンク リンク

 各コーナーでの紹介と発表が行われた後は,INDIE Live Expoの今後の展開についても触れられた。

 最初に発表されたのは,個人クリエイターやデベロッパ,パブリッシャを含む出展者向けメールマガジン「INDIE Live Expo LETTER」の情報だ。内容はゲームの宣伝や開発に役立つ情報を伝えるもので,INDIE Live Expoの活用方法なども提供されるという。何らかの形で開発や宣伝に困っている人は,続報をチェックしてみよう。

画像集#052のサムネイル/「INDIE Live Expo 2021」視聴レポート。5時間以上にわたって300以上のインディーズゲームが取り上げられた番組の内容をまとめて紹介

 その後,INDIE Live Expoの企画・運営スタッフを募集する旨も発表された。本稿の冒頭でも触れた通り,番組の規模は回を追うごとに拡大している。今後もINDIE Live Expoを展開していくうえでスタッフの増員が必要ということで,今回の募集に至ったという。公式サイトに詳細が掲載されているので,番組の運営を通じてインディーズゲームの発展に寄与したい人は応募してみてはいかがだろうか。

画像集#053のサムネイル/「INDIE Live Expo 2021」視聴レポート。5時間以上にわたって300以上のインディーズゲームが取り上げられた番組の内容をまとめて紹介

 ここまでの発表を終えたところで,最後のサプライズゲストとして「東方Project」シリーズを手掛けたゲームクリエイターのZUN氏が登場。どうやらZUN氏は放送の最初から現場にいたようだが「大変そうに(番組を)やってるのを見て,あれは良さそうだとか,マジで! とか,ツッコミ入れながら見るのが最高に楽しい!」と,現場にいながら視聴者としての立場を満喫していたようだ。

ZUN氏は番組全体の感想として「毎回見るたび,ちょっと質が違う。上がってる下がってるじゃなくて,種類が違う。去年の冬や夏とも違うし,いま自分が盛り上がるゲームも違うんだよね」とコメントした。そんなZUN氏の注目作品はINDIE Wavesで紹介された「BUDDHA GO」とのこと
画像集#054のサムネイル/「INDIE Live Expo 2021」視聴レポート。5時間以上にわたって300以上のインディーズゲームが取り上げられた番組の内容をまとめて紹介

 そしてエンドロールの後,次回の番組「INDIE Live Expo Winter」の告知と,“Return INDIE Live Expo Awards”の一文が表示された。INDIE Live Expo Awardsは第1回と第2回の間で行われたINDIE Live Expoが主催するゲームアワードだ。これらについては後日に詳細が公開される予定なので,公式Twitterなどをフォローして情報を待とう。

水谷氏は最後に,今回の番組で取り上げた全作品をコメント付きで掲載する予定だと語った。手間がかかる作業のため,掲載までには少し時間が掛かるとのことだが,気になる作品を見つけた人はゲーム選びの参考にしよう
画像集#055のサムネイル/「INDIE Live Expo 2021」視聴レポート。5時間以上にわたって300以上のインディーズゲームが取り上げられた番組の内容をまとめて紹介

「INDIE Live Expo 2021」公式サイト

  • 関連タイトル:

    Idol Manager

  • 関連タイトル:

    Chivalry 2

  • 関連タイトル:

    Chivalry 2

  • 関連タイトル:

    Chivalry 2

  • 関連タイトル:

    Chivalry 2

  • 関連タイトル:

    Chivalry 2

  • 関連タイトル:

    fault - milestone two 下

  • 関連タイトル:

    fault - milestone two 下

  • 関連タイトル:

    LOST EPIC

  • 関連タイトル:

    Palworld

  • 関連タイトル:

    トランシルビィ

  • 関連タイトル:

    ガラージュ:完全版

  • 関連タイトル:

    ガラージュ:完全版

  • 関連タイトル:

    OU

  • 関連タイトル:

    OU

  • 関連タイトル:

    ウィザードリィ外伝 五つの試練

  • 関連タイトル:

    iii:輪れ廻るワンダーランド

  • 関連タイトル:

    My Child New Beginnings

  • 関連タイトル:

    The Good Life

  • 関連タイトル:

    The Good Life

  • 関連タイトル:

    The Good Life

  • 関連タイトル:

    The Good Life

  • 関連タイトル:

    EDEN.schemata();

  • 関連タイトル:

    NEEDY GIRL OVERDOSE

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月18日〜06月19日