オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
シヴィライゼーション レボリューション公式サイトへ
読者の評価
72
投稿数:2
レビューを投稿する
海外での評価
84
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

シヴィライゼーション レボリューション

シヴィライゼーション レボリューション
公式サイト http://www.cyberfront.co.jp/title/civ_revo/
発売元 サイバーフロント
開発元 Firaxis Games
発売日 2008/12/25
価格 8190円(税込)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
販売価格一覧 Powered by Amazon / Yahoo!ショッピング(リスト更新日:2014/07/03)
価格 在庫 店舗名 支払い方法アイコンの説明
お店ページで確認 確認 Amazon
3480円 あり リバティ鑑定倶楽部
4100円 あり メディアワールド
15220円 あり アルバダイレクト
2870円 なし メディアワールド
2980円 なし ドラマYahoo!店
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
グラフ
スクリーンショット一覧へ最新画像(全084枚)
シヴィライゼーション レボリューション
シヴィライゼーション レボリューション
シヴィライゼーション レボリューション
シヴィライゼーション レボリューション
ゲーム紹介
最新記事(全11件)

「Civilization Revolution 2」iOS版を軽く紹介。麻薬的なゲーム性は“Civそのもの”だったので,手軽に遊べるぶんかえって危ない気がした

「Civilization Revolution 2」iOS版を軽く紹介。麻薬的なゲーム性は“Civそのもの”だったので,手軽に遊べるぶんかえって危ない気がした

 モバイル向け新作ストラテジーゲーム「Civilization Revolution 2」iOS版が,2014年7月2日より配信されている。Civといえば,文明の発展や人類史をテーマとした,ターンベースのストラテジーゲーム。主にPC用ゲームとして開発されている超人気シリーズだ。そんなCivのスピンオフタイトルである本作の,ゲーム内容を軽く紹介しよう

[2014/07/03 14:05]

「シヴィライゼーション レボリューション」が遊びたくなる? ちょっと世界を征服してみたプレイムービー(後編)

「シヴィライゼーション レボリューション」が遊びたくなる? ちょっと世界を征服してみたプレイムービー(後編)

 世界を征服しながら「シヴィライゼーション レボリューション」(Xbox 360版)の内容を紹介していくプレイムービーの後編を4Gamerにアップした。前回は紀元前4000年の「古代」から始まって,見事ローマを打ち倒すところまでだったが,後編となる今回は,中世から現代にかけての戦いを収録。本作が気になる人はぜひチェックを。

[2009/01/24 11:01]

「シヴィライゼーション レボリューション」がどんなゲームか一目で分かる? ちょっと世界を征服してみたプレイムービー(前編)

「シヴィライゼーション レボリューション」がどんなゲームか一目で分かる? ちょっと世界を征服してみたプレイムービー(前編)

 2008年12月25日にサイバーフロントから発売された「シヴィライゼーション レボリューション」は,名作「シヴィライゼーション」シリーズをより手軽に遊べるよう,コンシューマ機向けにシステムを簡略化した作品だ。今回4Gamerでは,そんな本作(Xbox 360版)のプレイムービーを掲載。ゲーム開始から世界征服まで,本作の一通りの流れをギュッと圧縮してお届けしよう。

[2009/01/17 11:00]

文明の発見と発展をテーマにしたシミュレーション「シヴィライゼーション レボリューション」のSS集を掲載

文明の発見と発展をテーマにしたシミュレーション「シヴィライゼーション レボリューション」のSS集を掲載

 2008年12月25日にサイバーフロントから発売された「シヴィライゼーション レボリューション」(Xbox 360版)のスクリーンショット集を,4Gamerに掲載した。本作は,名作「シヴィライゼーション」を,コンシューマゲーム機向けにリファインしたもの。あの中毒性の高いゲーム性はそのままに,より手軽に遊べるようになっているのが特徴だ。

[2009/01/15 12:46]

男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第13回「韻」

男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第13回「韻」

 今週の「男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ」は,ある若者の生態から人間が持つ可能性をあらためて認識させられたというお話や,「幻想水滸伝ティアクライス」や「シヴィライゼーション レボリューション」で遊んだお話などをお届けします。

[2009/01/13 18:39]

ジャンクハンター吉田のゲームシネシネ団:第24回「映画のあとはゲームで追体験せよ! ディズニー×ピクサーのメディアミックス・ゲーム再遊記(2)」

ジャンクハンター吉田のゲームシネシネ団:第24回「映画のあとはゲームで追体験せよ! ディズニー×ピクサーのメディアミックス・ゲーム再遊記(2)」

 現在,大ヒット公開中の「ウォーリー」といえば,“ディズニー×ピクサー”の作品。そこで「ジャンクハンター吉田のゲームシネシネ団」では,この二社のシネマゲーム的展開の歴史を紹介していきます。まずはピクサー誕生から「トイ・ストーリー」までの道のりを振り返りましょう。

[2008/12/18 22:10]

PS3/Xbox 360/NDS版「シヴィライゼーション レボリューション」が発売延期

[2008/11/14 15:40]

シヴィライゼーションの最新作がコンシューマに。サイバーフロント「シヴィライゼーション レボリューション」を,12月11日に発売

シヴィライゼーションの最新作がコンシューマに。サイバーフロント「シヴィライゼーション レボリューション」を,12月11日に発売

 サイバーフロントは,ターン制ストラテジー「シヴィライゼーション レボリューション」を,2008年12月11日に発売すると発表した。対応機種は,プレイステーション 3,Xbox 360,ニンテンドーDS。価格は,プレイステーション 3とXbox 360版が8190円(税込),ニンテンドーDS版が5800円(税込)だ。

[2008/10/06 12:55]

[GDC2008#16]「シミュレーションゲームの父」ことシド・マイヤー氏が,久々のGDC講演で「時間」を語る

[GDC2008#16]「シミュレーションゲームの父」ことシド・マイヤー氏が,久々のGDC講演で「時間」を語る

 Civilizationシリーズなどで知られるSid Meier(シド・マイヤー)氏が久々にGDCに出席し,「Standing the Test of Time: A Q&A with Sid Meier」(時間との挑戦に立ち向かう:シド・マイヤーとのQ&A)という対談形式の講演を行った。百戦錬磨の業界の功労者にとって,時間や歴史に挑戦するという意味は何なのかが,よく理解できるセッションだ。

[2008/02/21 21:57]

シド・マイヤー氏,既存タイトルとは異なる新作について言及

[2008/02/06 20:30]

全ての記事を表示する

レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
動作スペック

トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月10日〜12月11日