お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

Ingress Prime

Ingress Prime
公式サイト http://www.ingress.com/
発売元・開発元
発売日 -
価格 基本プレイ無料+アイテム課金
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
スクリーンショット一覧へ最新画像(全005枚)
Ingress Prime
Ingress Prime
Ingress Prime
Ingress Prime
ゲーム紹介
<以下,配信元の紹介文をそのまま掲載しています>

エージェントの諸君、Ingress Primeの世界へようこそ。この宇宙の運命も、あらゆるものの将来も、君たち次第だ。起源が分からない、謎に包まれた資源であるExotic Matter(XM)の発見により、2つの派閥の間に水面下で紛争が勃発した。最先端のXMテクノロジーによりIngress Scannerは生まれ変わった。この戦いで、必ずやエージェントの力になってくれるだろう。

誰の味方か
信じるファクションのために戦おう。XMの力を最大限活用して、人類を進化させよう。エンライテンドがあれば、真の運命を見極められる。レジスタンスで人類を敵から守ろう。

世界中がゲームの舞台だ
パブリックアートのインスタレーション、ランドマーク、記念碑など。重要な文化財や有名な場所に行き、Ingress Scannerを使って貴重なリソースを収集しよう。

覇権を得るための闘い
ポータルをリンクし、コントロールフィールドを作成して、ファクションを支配しよう。派閥の勝利をその手に!

協力し合おう
近くにいる仲間のエージェントや世界中のエージェントと戦略を練り、コミュニケーションを取り、調整しよう。
最新記事(全87件)

AIを組み合わせたARは人々の生活に何をもたらすのか。Nianticが開催したプレス向けセッションレポート

AIを組み合わせたARは人々の生活に何をもたらすのか。Nianticが開催したプレス向けセッションレポート

 Nianticは2024年3月6日,プレス向けセッション「ARとAIがもたらす私たちの未来」を東京都内で開催した。AIを組み合わせたARは現在どのような位置にいて,これからの人々の生活に何をもたらすかについて意見が交わされた。

[2024/03/07 17:34]

人を移動させる努力とさせない努力。位置情報ゲームならではの面白さと苦労が語られた「mapbox/OpenStreetMap 忘年会 meetup #14」

人を移動させる努力とさせない努力。位置情報ゲームならではの面白さと苦労が語られた「mapbox/OpenStreetMap 忘年会 meetup #14」

 12月18日,「mapbox/OpenStreetMap 忘年会 meetup #14」が東京都内で開催された。ここに「信長の野望 出陣」「ポケモンGO」などのゲームに携わる人々が登壇。位置情報ゲームならではの人のコントロールなど,興味深いテーマが語られた。

[2023/12/21 14:02]

[インタビュー]サービス開始11年目の「Ingress」。本作のキーマンにIngressの現在や今後の展望などを聞いた

[インタビュー]サービス開始11年目の「Ingress」。本作のキーマンにIngressの現在や今後の展望などを聞いた

 サービス開始から11年目を迎えた,Nianticの仮想現実ゲーム「Ingress」(現「Ingress Prime」)。その大型イベント「Ingress Anomaly Ctrl Kobe」が2023年9月16日に神戸で開催された。これにあたり神戸へ訪れた同社のキーマンが,現在のIngressを取り巻く環境やゲームの方向性,そして今後の展望について語ってくれた。

[2023/10/05 16:30]

「Ingress」の10周年を記念したリアルイベントが開催中。フェーズ3は横浜で12月10日に実施予定

「Ingress」の10周年を記念したリアルイベントが開催中。フェーズ3は横浜で12月10日に実施予定

 Nianticは,位置情報ゲーム「Ingress」10周年を記念したリアルイベントを開催している。フェーズ1として,アノマリーイベント「Epiphany Dawn LA(エピファニードーン)」をアメリカ・ロサンゼルスで日本時間11月12日に開催した。フェーズ3は横浜にて12月10日に開催される予定だ。

[2022/11/16 11:42]

Ingress×Sony「LinkBuds」で音声AR機能を提供開始

[2022/07/28 14:08]

Niantic,ソーシャルアプリ「Campfire」を数か月以内に日本でも展開へ。“ポケモンGO”などのソーシャル体験をさらに強化

Niantic,ソーシャルアプリ「Campfire」を数か月以内に日本でも展開へ。“ポケモンGO”などのソーシャル体験をさらに強化

 Nianticは,同社が現在開発しているソーシャルアプリ「Campfire」の紹介記事を,自社ブログに掲載した。Campfireは,「ポケモンGO」などが提供しているソーシャル体験をさらに強化するというアプリで,今後数か月の間に日本での展開も開始する予定だという。

[2022/07/01 14:30]

「Pikmin Bloom」「ポケモンGO」などを手掛けるNianticが掲げるミッションとは。世界中の人々を外に連れ出し“現実世界のメタバース”を推進

「Pikmin Bloom」「ポケモンGO」などを手掛けるNianticが掲げるミッションとは。世界中の人々を外に連れ出し“現実世界のメタバース”を推進

 Nianticは,「Pikmin Bloom」「Pokémon GO」などの位置情報ゲームにこだわりを持つゲームメーカーである。そんな同社のスタンスが,Tokyo Studioの代表を務める野村達雄氏によって語られたので,本稿でレポートしよう。

[2022/02/28 13:19]

Nianticとソニーが音声AR分野で協業。第1弾の取り組みは「Ingress」を対象に準備中

Nianticとソニーが音声AR分野で協業。第1弾の取り組みは「Ingress」を対象に準備中

 Nianticとソニーは本日,NianticのリアルワールドAR技術とソニーの音声技術を組み合わせることで「人々にこれまでにないAR体験を提供すること」を目的に,協業契約を締結したと発表した。第1弾の取り組みとしては,Nianticが展開している位置情報ゲーム「Ingress」を対象に準備を進めているという。

[2022/02/16 14:35]

ARプラットフォーム「Niantic Lightship」のAR開発者キットが一般公開に。“Ingress”や“ポケモンGO”などを支える技術が誰でも利用できる

ARプラットフォーム「Niantic Lightship」のAR開発者キットが一般公開に。“Ingress”や“ポケモンGO”などを支える技術が誰でも利用できる

 Nianticは本日(2021年11月9日),ARプラットフォーム「Niantic Lightship」の,AR開発者キット「Niantic Lightship ARDK」を一般公開した。本キットには,AR機能の3つの核を処理するツールや技術がまとめられ,世界中の開発者が持つARの世界観を実現できるようになるとのことだ。

[2021/11/09 14:55]

ARプラットフォーム・Niantic Real World Platformは「Niantic Lightship」へ名称変更。AR開発者キットのプライベートベータ版が登場

ARプラットフォーム・Niantic Real World Platformは「Niantic Lightship」へ名称変更。AR開発者キットのプライベートベータ版が登場

 Nianticは2021年5月11日,ARプラットフォーム「Niantic Real World Platform」の名称を「Niantic Lightship」へ変更したと発表し,そのAR開発者キット“ARDK”(プライベートベータ版)の提供を開始した。同ARDKは,プライベートアルファ版のフィードバックを反映して強化したものだという。

[2021/05/12 14:54]

全ての記事を表示する

レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
動作スペック

Android 要件4.4 以上

スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月21日〜07月22日