オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
プロジェクトEGG公式サイトへ
準備中
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

プロジェクトEGG

プロジェクトEGG
公式サイト http://www.amusement-center.com/project/egg/
発売元 D4エンタープライズ
開発元
発売日 -
価格 500円(税抜)/月 そのほか
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
特集一覧

東京レトロゲームショウ2016:第49回 31年ぶりに「道化師殺人事件」に再挑戦したら,犯人がついに分かってしまった!

東京レトロゲームショウ2016:第49回 31年ぶりに「道化師殺人事件」に再挑戦したら,犯人がついに分かってしまった!

 今週の「東京レトロゲームショウ2016」は,1985年にPC-8801版がシンキングラビットからリリースされたアドベンチャーゲーム「道化師殺人事件」を取り上げたい。会話を選択肢から選ぶのではなく,単語を考えて打ち込み,さらにはマップもログもないので手でメモを取るしかないというシステムに,懐かしさで涙がこみ上げるはずだ。

[2016/05/19 12:00]

東京レトロゲームショウ2016:第48回 「Stronghold」で,お城ブームにあやかりたい,乗っかりたい

東京レトロゲームショウ2016:第48回 「Stronghold」で,お城ブームにあやかりたい,乗っかりたい

 今週の「東京レトロゲームショウ2016」は,2001年にリリースされたお城作りRTS「Stronghold」を紹介しよう。モノとしては,そのリメイク版となる「Stronghold HD」なのだが,リメイク版が作られるほど人気だということにしておきたい。ゲーム的にはお城作りより内政のファクターが大きいが,チマチマと働く人民を眺めるのはなかなかオツなものだ。

[2016/05/12 12:00]

東京レトロゲームショウ2016:第41回 「メルヘンヴェールI」のメルヘンチックな見た目にだまされてはいけない

東京レトロゲームショウ2016:第41回 「メルヘンヴェールI」のメルヘンチックな見た目にだまされてはいけない

 今週の「東京レトロゲームショウ2016」は,1985年に発売された「メルヘンヴェールI」を紹介したい。美麗なグラフィックスと物語は,タイトルどおりメルヘンチックだが,実際にプレイしてみると,あまりの難度に涙が流れてくるという本作は,「世の中にメルヘンなんかないんだ!」ということをしっかり教えてくれるゲームだ。

[2016/03/10 12:00]

東京レトロゲームショウ2016:第38回 連続殺人事件の謎を追う「Still Life」で,真冬なのにゾクッとしてみよう

東京レトロゲームショウ2016:第38回 連続殺人事件の謎を追う「Still Life」で,真冬なのにゾクッとしてみよう

 今週の「東京レトロゲームショウ2016」は,2005年に発売されたポイント&クリック型のアドベンチャーゲーム「Still Life」を紹介したい。2004年のシカゴと,1929年のプラハで発生した,瓜二つの連続猟奇殺人事件を追うという内容で,祖父と孫娘,二人の主人公を操作してゲームを進めるというシステムがユニークな作品だ。

[2016/02/18 12:00]

東京レトロゲームショウ2016:第36回 月夜の晩は,「怨霊戦記」で街に忍び寄る恐怖と戦っちゃおう

東京レトロゲームショウ2016:第36回 月夜の晩は,「怨霊戦記」で街に忍び寄る恐怖と戦っちゃおう

 今週の「東京レトロゲームショウ2016」では,1988年にPC-8801版がリリースされたスタジオWINGの「怨霊戦記」を紹介しよう。ホラーアドベンチャーとして,当時プレイした人々に強烈なインパクトを残したとかといわれる本作では,怨霊に襲われた宮寺市を救うため,プレイヤーが市内のあちこちを奔走する。独特のグラフィックスも,不気味さアップに効果抜群だ。

[2016/01/28 12:00]

東京レトロゲームショウ2015:第31回 「覇邪の封印」の生誕30周年が近いことに気付いたので,勝手に祝う

東京レトロゲームショウ2015:第31回 「覇邪の封印」の生誕30周年が近いことに気付いたので,勝手に祝う

 今週の「東京レトロゲームショウ2015」は,工画堂スタジオが1986年にPC-8801版をリリースした「覇邪の封印」を取り上げたい。設定やゲームシステムにとくに凝ったところはないのに,なぜかずっと心にひっかかってしまうゲーム,それが本作だ。さあ,剣の魔法の世界で冒険を繰り広げよう……ところで,ここはどこ?

[2015/12/10 12:00]

東京レトロゲームショウ2015:第27回 「Tomb Raider」で,人生から足を踏み外さないことの大切さを学びたい

東京レトロゲームショウ2015:第27回 「Tomb Raider」で,人生から足を踏み外さないことの大切さを学びたい

今週の「東京レトロゲームショウ2015」は,ララ・クロフトでおなじみの「Tomb Raider」をピックアップしてみよう。世の中では,ついに待望の新作「Rise of the Tomb Raider」がリリースされた「Tomb Raider」シリーズだが,「そういえば,一番最初のゲームって,どんなんだっけ?」という疑問がわき上がるのは当然のことだ。その答えはここにある!

[2015/11/12 12:00]

東京レトロゲームショウ2015:第25回 ホラーRPGの名作「ラプラスの魔」で,名状しがたきものに立ち向かえ!

東京レトロゲームショウ2015:第25回 ホラーRPGの名作「ラプラスの魔」で,名状しがたきものに立ち向かえ!

 イア イア クトゥルー! というわけで,今週の「東京レトロゲームショウ2015」は,1987年にハミングバードソフトから発売されたRPG「ラプラスの魔」を取り上げてみたい。RPGとホラー,という当時としては珍しい組み合わせがユニークだった本作。4人のキャラクターがパーティを組んで,呪われた館の探索に乗り出すのだ。ああ,名状しがたい。

[2015/10/29 12:00]

東京レトロゲームショウ2015:第24回 「EGGY」で,絶妙なゲームバランスを30年ぶりに再体験した

東京レトロゲームショウ2015:第24回 「EGGY」で,絶妙なゲームバランスを30年ぶりに再体験した

 今週の「東京レトロゲームショウ2015」では,ボーステックから1985年にリリースされた「EGGY」(エギー)を,30年前に寝食を忘れてプレイしたというライターのUHAUHA氏が紹介する。派手さには乏しいが,絶妙のゲームバランスとは何か,ということを再認識させる珠玉の1本だ。

[2015/10/22 12:00]

東京レトロゲームショウ2015:第23回 「GENOCIDE2」で,X68000とZOOMの底力を再確認してみる

東京レトロゲームショウ2015:第23回 「GENOCIDE2」で,X68000とZOOMの底力を再確認してみる

今週の「東京レトロゲームショウ2015」は,「GENOCIDE2」をピックアップしよう。X68000が欲しかったけど高すぎて買えなかった,そんなレトロゲーマーの琴線に直撃するゲームこそが「GENOCIDE2」だと思うんですけど,どうでしょうか?

[2015/10/15 12:00]

東京レトロゲームショウ2015:第22回 「Command&Conquer」で,リアルタイムストラテジーの歴史を振り返ってみる

東京レトロゲームショウ2015:第22回 「Command&Conquer」で,リアルタイムストラテジーの歴史を振り返ってみる

 今週の「東京レトロゲームショウ2015」では,1995年に発売された「Command&Conquer」を取り上げてみたい。“コマコン”の愛称で,日本でも知る人の多い元祖的なリアルタイムストラテジーである本作。予定されていた新作がキャンセルされるなど,シリーズとしてはフェードアウトした感じもあるが,とりあえずチェックしてほしい。

[2015/10/08 12:00]

東京レトロゲームショウ2015:第20回 キミは,「妖怪探偵ちまちま」を知っているか?

東京レトロゲームショウ2015:第20回 キミは,「妖怪探偵ちまちま」を知っているか?

 今週の「東京レトロゲームショウ2015」は,1984年にソニーのSMC-777向けにリリースされ,その後,さまざまな機種に移植された「妖怪探偵ちまちま」を紹介しよう。妖怪にさらわれたアイドルの百合子ちゃんを助けるため,妖怪探偵ちまちまが,火の玉を繰り出して大活躍するのだが,知ってました?

[2015/09/24 12:00]

東京レトロゲームショウ2015:第19回 「ロードモナーク」で,国産RTSにも名作があったことを世間にお知らせしたい

東京レトロゲームショウ2015:第19回 「ロードモナーク」で,国産RTSにも名作があったことを世間にお知らせしたい

 過去を振り返って「あの頃はオレも若かった」と意味なく涙を流す「東京レトロゲームショウ2015」だが,今週はシミュレーションゲーム「ロードモナーク」をピックアップしてみたい。本作のポイントは,単にクリアするだけでなく,いかに効率よく相手を攻略できるかというところにある。人生も原稿も,こんな具合に効率よく進めていきたいものであります。

[2015/09/17 12:00]

東京レトロゲームショウ2015:第13回「ブランディッシュ」で,地下からの脱出を目指してみる

東京レトロゲームショウ2015:第13回「ブランディッシュ」で,地下からの脱出を目指してみる

今週の「東京レトロゲームショウ2015」は,アクションRPGの「ブランディッシュ」をピックアップしてみよう。マップを埋めたり敵を倒したり謎を解いたりと,何かと忙しいこのゲーム。でもそれがやたらに楽しいのだから,人生って不思議だわ。

[2015/08/06 12:00]

東京レトロゲームショウ2015:第11回は,リマスター版の「Age of Empires II: The Age of Kings」で,中世世界の覇者を目指そう

東京レトロゲームショウ2015:第11回は,リマスター版の「Age of Empires II: The Age of Kings」で,中世世界の覇者を目指そう

 今週の「東京レトロゲームショウ2015」は,名作RTSとして知られる「Age of Empires II: The Age of Kings」を紹介しよう。18種類用意された文明から一つを選び,木を切ったり畑をたがやしたり,施設を建てたりして勝利を目指す……あっ,いつの間にか金鉱の人が襲われている,あっ,送り込んだ部隊が全滅した。きー! と大変忙しいゲームなのだ。

[2015/07/23 12:00]

東京レトロゲームショウ2015:第10回 「THE ATLAS」で,都合のいい事実だけを信じて生きていきたい

東京レトロゲームショウ2015:第10回 「THE ATLAS」で,都合のいい事実だけを信じて生きていきたい

 人気連載としか思えない「東京レトロゲームショウ2015」だが,今週は海洋冒険シミュレーション「THE ATLAS」をピックアップしてみた。真っ白なキャンバスに,自分だけの大地を描きたい。オレは冒険王になる。という,文字にするとちょっと恥ずかしい若者の夢を叶えてくれる,ナイスなレトロゲームだ。さあ,キミも新たな地図を作り上げよう。

[2015/07/16 12:00]

東京レトロゲームショウ2015:第8回 30年続いたシリーズのルーツを探るべく「SUPER大戦略」を遊んでみよう

東京レトロゲームショウ2015:第8回 30年続いたシリーズのルーツを探るべく「SUPER大戦略」を遊んでみよう

 今週の「東京レトロゲームショウ2015」は,第1弾となる「現代大戦略」がリリースされてから今年で30年を迎える「大戦略」シリーズから,「SUPER大戦略」をピックアップしてみよう。プレイしたことはなくても,誰でも名前ぐらいは聞いたことのある日本有数のご長寿シリーズ。そのルーツのあたりをプレイしてみたのだ。

[2015/07/02 12:00]

東京レトロゲームショウ2015:第6回「カレイジアスペルセウス」で勇敢なるペルセウスと魔の島へレッツゴー

東京レトロゲームショウ2015:第6回「カレイジアスペルセウス」で勇敢なるペルセウスと魔の島へレッツゴー

 「東京レトロゲームショウ2015」の第6回は,コスモスコンピュータの「カレイジアスペルセウス」を紹介する。1984年に発売された本作は,アクション性もRPG的な要素もあるのに,素直に“元祖アクションRPG”と呼ぶにはあまりにも独特すぎるゲームシステムを持った,何とも形容しにくい一本だ。

[2015/06/18 12:00]

東京レトロゲームショウ2015:第5回「ロボクラッシュ2」で太陽系外惑星を舞台にロボットを作ったり壊したり

東京レトロゲームショウ2015:第5回「ロボクラッシュ2」で太陽系外惑星を舞台にロボットを作ったり壊したり

 過去の名作ゲームの光と影を鋭くえぐったり,えぐらなかったりする週刊連載「東京レトロゲームショウ2015」。今回は,ロボットシミュレーション「ロボクラッシュ2」を紹介しよう。なんでこんなに長いの,と全米が震撼するほど記事が長いが,それも筆者の暑苦しい思いがこもっているものとご理解いただきたい。では,さっそく行くロボ!

[2015/06/11 12:00]

東京レトロゲームショウ2015:第4回「天下統一」で天下を統一してみたい

東京レトロゲームショウ2015:第4回「天下統一」で天下を統一してみたい

 時は天文20年。日本各地に割拠した武将達の争いは収まる様子もなく,天下は麻のように乱れていた。この戦国の世を終わらせ,太平をもたらすのは誰だ? オレだ! というわけで,今週の「東京レトロゲームショウ2015」は,戦国シミュレーションの名作「天下統一」で天下を統一してみようという魂胆だ。弱小大名と呼ばれても,やるときはやろう。

[2015/06/04 12:00]

東京レトロゲームショウ2015:第1回「A列車で行こう」で行こう。あの大陸の向こう側へ

東京レトロゲームショウ2015:第1回「A列車で行こう」で行こう。あの大陸の向こう側へ

 今週から,探り探り始まった新連載「東京レトロゲームショウ 2015」は,タイトルがさりげなく主張しているように,だいぶ昔に発売されたレトロなゲームを紹介しようという連載だ。大人気になったあのタイトルや,ジャンルを築いたこのタイトル,そして一部の人の心にだけ残ったタイトルなどが今,甦る。第1回は「A列車で行こう」で行こう。

[2015/05/14 12:00]

【PR】オンラインゲーマーなら,「Gamer-Point」を賢く使って“得”しよう

【PR】オンラインゲーマーなら,「Gamer-Point」を賢く使って“得”しよう

 クラストがサービス中の「Gamer-Point」は,“ゲーマーに特化したポイントサービス”である。オンラインゲームの決済手段として利用できるポイントは,各種会員登録や,バナーをクリックするだけでも貯めることが可能。そんなGamer-Pointのお得な活用法を紹介しよう。

[2010/05/19 11:00]

「ラストハルマゲドン」「学校であった怖い話」を世に送り出したゲームクリエイター,飯島多紀哉氏特別インタビュー

「ラストハルマゲドン」「学校であった怖い話」を世に送り出したゲームクリエイター,飯島多紀哉氏特別インタビュー

 現在30歳前後のゲーマーにとって,1988年にPC-8801用ソフトとして発売された「ラストハルマゲドン」は,間違いなく思い出のゲームの一つに数えられるだろう。その開発者である飯島多紀哉(旧・飯島健男)氏が,「BURAI」「学校であった怖い話」など,その後も数々のヒット作を生み出してきたのはご存じのとおり。そんな飯島氏に,開発当時のウラ話や,ゲームクリエイター観などについて大いに語ってもらった。

[2008/05/02 19:27]

レトロゲーム配信サイトと配信タイトルのピックアップ紹介記事「懐かしのあのゲームをもう一度」を掲載 - 11/2622:30

 「アミューズメントセンター」「セガゲーム本舗」「なつげー」など,最近静かなブームとなりつつあるレトロゲームの配信サイトをまとめた,紹介記事を4Gamerに掲載しました。サイトごとの料金体系や特徴などをまとめ,配信ゲームからピックアップしたタイトルのちょっとした小話/裏話を挟みつつ,レトロゲームが持つ独特の魅力に迫ります。なお,2004年11月23日時点での配信タイトル一覧表も一緒に掲載してありますので,タイトル検索にご活用ください。紹介記事は「こちら」からどうぞ。


トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月20日〜05月21日