オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

E3 2006

このページの最終更新日:2007/12/19 16:14

rss


  • このページのURL:

キーワード

下線

E3がふたたびロサンゼルスコンベンションセンターに帰ってくる

[2007/12/19 16:14]

E3,「Game Critic Awards」を発表:「Spore」が三冠

 ゲームの祭典E3(Electronic Entertainment Expo)主催者公認のGame Critic Awardsが発表された。任天堂の次世代ゲーム機「Wii」が新作ハードウェアとして大きな人気を獲得したが,ソフトウェアに関しては,PCゲームの「Spore」が予想通りの注目を集めてBest Original Games賞のほか,計3部門を制した。また,シミュレーションやオンラインゲーム部門でもPCゲームの受賞作が少なくなく,かなり興味深い結果になっている。

[2006/06/02 18:50]

[E3 2006#Final]4Gamer取材スタッフそれぞれが見た,「E3 2006」

 現地時間の5月10日から12日にかけてロサンゼルスで行われた,世界最大のゲームショウ「E3 2006」。今年も4Gamerでは総力取材を行い,数多くの記事を掲載したのは,熱心な読者ならご存じのことだろう。アウトプットに時間がかかるインタビューものなど,一部現時点では未掲載のネタもあるが,ここらでひとまず“締め”として,今回の取材に携わった編集/ライティングスタッフに,E3 2006を振り返ってもらった。

[2006/05/22 22:40]

[E3 2006#191]業界人必見? NCsoft CEO TJ Kim氏特別インタビュー:NCsoftのワールドワイド展開と,コミュニティ強化への意欲

 E3 2005では「今後のオンラインゲーム市場は,コアとカジュアルゲームに二分される」と語っていた,NCsoft CEOのTJ Kim(Kim, Tack Jin)氏。現在のオンラインゲーム市場はまさに二極化しているが,そんな状況の中,氏はどのようなビジョンを持っているのだろうか。E3 2006の雑感や,次期主力MMORPG「Aion」,NCsoftの今後の展開などについて話を聞いてみた。しかしさすがに巨大メーカーは,考えることが違う

[2006/05/19 21:49]

[E3 2006#190]ロシアのパブリッシャ/デベロッパ Akellaブースレポート

 ロシア勢の台頭は目覚しく,Bethesda Softworks,1C Company,Buka Entertainmentなどはここ数年Kentia Hall内に立派なブースを設けて出展している。それに続け! と思っているかどうかは定かではないが,同じくロシアのパブリッシャ/デベロッパであるAkellaもタイトル数を揃えて今年のE3に参加していた。ミーティングスペースで直接実演してもらったゲームを紹介しよう。

[2006/05/19 20:35]

[E3 2006#188]ミドルウェア制作会社のサンプルでもここまで出来る! 一風変わった位置づけのMMORPG「Hero’s Journey」

 E3に出展しているのは,何も直接ゲームを制作したり販売したりしている企業だけではない。ゲームビジネスにまつわる,あらゆる企業がここには集結しているのだ。今回紹介する「Hero's Journey」の開発会社,Simutronicsもその中の一つで,本来はMMORPG用ミドルウェアの開発メーカー。自社製品のサンプル用としての意味合いが強いものの,それでもちゃんと“遊べて”しまうところが凄い。

[2006/05/18 17:33]

[E3 2006#187]パラレルワールドを舞台に恐竜や古代生物が活躍するRTS「PARAWORLD」

 ドイツのデベロッパ Sunflowersのミーティングスペース内で恐竜や古代生物が人類と共存する世界が舞台のRTS「PARAWORLD」の紹介&デモンストレーションを行ってもらった。強大な生物がユニットとして登場することで,既存のRTSとはちょっと違った戦術などが必要になりそうだ。

[2006/05/17 23:51]

[E3 2006#186]クリス・テイラーがRTS界に帰ってきた! 度肝を抜くスケールの「Supreme Commander」

 かつて「Total Annihilation」を手がけたクリス・テイラー氏が,久しぶりにRTSタイトルを制作しているというニュースは,年期の入ったファンにとってかなり気になっていたはず。その注目作「Supreme Commander」が,E3 2006のTHQブースでシアター公開されていたのだ。発売時期はまだかなり先であるものの,これはもうTAファンは期待するなというほうが無理! 傑作の匂いがプンプンするタイトルである。

[2006/05/17 23:33]

[E3 2006#185]独立系デベロッパによる驚愕のFPS「Project Offset」開発者インタビュー

 Offset Softwareのリードプログラマー,サム・マクグラス氏にインタビューを行った。Offset Softwareは,小規模ながら「『Unreal Engine』の対抗馬になるほどの潜在能力がある」とささやかれるゲームエンジン「Offset Engine」のデベロッパだ。現在は同エンジンを採用したFPS「Project Offset」を並行して開発中。まだまだ会社もエンジンもゲームも開発途上だが,ゲームの内容からライセンスビジネスまでできる限り聞き出してきた。

[2006/05/17 23:15]

[E3 2006#184]人類の戦争の歴史を描く「Alliance」のプレイムービーをUp

 新作FPS「Alliance: the Silent War」は,E3直前に制作が発表された謎の新作。公開されていたプロモムービーでは,中近東の街角で撃ち合う男達の姿が描かれている。このムービーの高解像度版を入手したので,4GamerのサーバーにUpした。ぜひチェックしていただきたい。こうした思いがけない出会いがあるから,E3は面白いのです。

[2006/05/17 22:00]

[E3 2006#180]「EVE Online」,待望の拡張パック「The Path to Kali」発表

 「EVE Online: The Second Genesis」といえば,「Anarchy Online」と並び,SF系MMORPGの草分け的な存在として知られるタイトルだ。その本作のデベロッパ CCP Gamesは,「Kali」なるコード名を持つ,4作目の拡張パックを開発していることを明らかにした。残念ながら,E3 2006の同社ブースでは展示されていなかったが,どうやら単なる“追加モノ”ではなく,ゲームシステムそのものに大きな変化を与えるらしい。

[2006/05/17 20:06]

[E3 2006#179]「Alliance:The Silent War」で,90年間の現代戦争史を駆け抜ける

 「Alliance: The Silent War」は,第一次世界大戦のロシア国境から現代のイラクまで90年に及ぶ現代戦争史を綴るエピックなシューティングゲームである。無名のWindward Mark Interactiveが開発中のゲームだが,これまでにないレンダリング技術を使っているほか,登場する銃器だけでも200種類に及んでいる。今回のE3最大のサプライズともいえる本作を,ぜひチェックしていただきたい。

[2006/05/17 15:44]

[E3 2006#178]ダークファンタジーRPG「The Witcher」の現在

 E3 2005やドイツのGCでも展示されていたシングルプレイRPG「The Witcher」は,ポーランドの有名なファンタジー小説をベースとして作られている作品であり,今年のE3でも開発者のこだわりが感じられる展示とプロモーションが行われていた。RPGが好きな人であれば何かと気になる本作の,現在の状況をレポートする。

[2006/05/16 23:51]

[E3 2006#177]気になる時間制御の使い方も見えてきた「Time Shift」

 時間の操作が可能なSF FPS「Time Shift」が,E3 2006ではプレイアブルでの展示となり,コアなFPSファンの興味を一身に集めていた。昨年のE3 2005ではATARIブースでムービーが流されていたが,今回はVivendiブースからの出展となった本作。気になる時間制御は,ゲーム中でどのように使われるのだろうか。

[2006/05/16 23:30]

[E3 2006#176]発売は年末だがプレイアブル出展「F.E.A.R. Extraction Point」

 拡張パックということで,さすがにそれほど大きな展示ではなかったが,Vivendiブースの「F.E.A.R. Extraction Point」には,やはり多くのシューターが集まっていた。ほかでは味わえない,独特の快感を生み出してくれる演出を持つ本作。拡張パックでは,さらのその快感が強まるよう計算されているようだ。

[2006/05/16 21:38]

[E3 2006#175]9年ぶりの続編となる都市建設シミュレーション「Caesar IV」

 世界最大のゲームショウE3では,人々の目は派手なタイトルに向かいがちだ。しかしパッと見は地味でも,熱烈なファンに支えられているジャンルも存在する。“箱庭系”は,その筆頭といえるのではないだろうか。今回のE3 2006では,前作の発売から9年ぶりの登場となる,都市建設シミュレーションのシリーズ最新作「Caesar IV」が披露されていたので,紹介しよう。

[2006/05/16 21:07]

[E3 2006#174]指輪物語ベースのMMORPG「LotRO」のE3ムービーをUp

 Turbineブースで上映されていた,MMORPG「The Lord of the Rings Online: Shadows of Angmar」のプロモーションムービーを4GamerにUpした。ムービーには,ゴブリンやオーク,エントといった,指輪物語でお馴染みのモンスター達や,ヒューマン,エルフ,ドワーフ,ホビットのプレイヤーキャラクターが登場する。戦闘シーン中心の内容となっているが,TurbineEngineが生み出す美しい背景にも注目してほしい。

[2006/05/16 20:00]

[E3 2006#173]二人の主人公の物語が交錯するFPS「Call of Juarez」

 ポーランドのデベロッパ Techlandが2006年夏に欧米での発売を予定しているFPSが,「Call of Juarez」だ。本作は,Techlandの代表作「Chrome」のエンジンの最新版を用いて制作されており,追いつ追われつという複雑な関係の二人の主人公が登場する。ポーランドの会社が,アメリカの西部開拓時代をどのように描くのかにも注目したい。

[2006/05/16 19:44]

[E3 2006#172]本格派シングルRPG「Gothic 3」の直撮りプロモムービーをUp

 TES,The Witcherと並び,シングルRPGのド本命として発売が待たれる「Gothic 3」のプロモーションムービーを,会場で撮影してUpした。ドイツのパブリッシャDeep Silverのクローズドブース内で公開されていたもので,ムービーには,ゲーム内の天候の変化が分かる場面や戦闘シーンなどが収録されている。早速チェックしてみよう。

[2006/05/16 19:39]

[E3 2006#170]ポーランドのデベロッパTechland,FPSとレースゲームを同一エンジンで開発

 自分の体に装置を埋め込み,特殊能力を使うFPS「Chrome」を開発したTechlandのブースでは,FPSの「Call of Juarez」と「Dead Island」,そしてレースゲームの「xpand rally xtreme」という3タイトルが展示されていた。実はこの3タイトルすべて,FPS用に開発された「Chrome」エンジンで開発されているという。

[2006/05/16 18:36]

[E3 2006#169]Auran,新作MMORPG「Fury:Unleash Fury」を出展

 E3 2006の直前に発表された,Auranの新作MMORPG「Fury: Unleash Fury」は,対人戦特化型のファンタジーMMORPGだ。現在Auranはパブリッシャとなるパートナー企業を探しており,会場でプレイアブル出展されていた試遊台では,美しいグラフィックスと軽快な動作がアピールされていた。キャラクターの成長/強化に関するシステムの自由度が高く,プレイのテンポもかなりよさそうなので,MMORPGファンはぜひともチェックを。

[2006/05/16 17:50]

[E3 2006#168]いぶし銀のSF RTSシリーズに拡張パック第2弾登場「Warhammer 40000:Dawn of War - Dark Crusade」

 世界的に見ると特異な市場である日本ではいま一つパッとしないが,「Warhammer 40,000:Dawn of War」はワールドワイドでは定番といえるRTSタイトルである。今回のE3 2006では,その「Warhammer 40,000:Dawn of War」の拡張ディスク第2弾となる「Dark Crusade」が出展されていたので紹介しよう。

[2006/05/16 17:30]

[E3 2006#167]マウスで有名なRazerがゲーマー向けキーボードを展示

 ゲーマー向けのマウスで有名なRazerだが,最近はマウス以外の製品でも知られるようになってきた。E3 2006ではマウスの新製品のほか,同社初のキーボードサウンドカード,そしてヘッドセットを見ることができた。詳細なスペックの評価や使用感は後に譲るとして,今回見られたもの,聞けた話を順にレポートしよう。

[2006/05/16 17:21]

[E3 2006#166]大ヒット確実なピクサー映画をゲーム化したTHQの「Cars」

 7月1日に公開される,ピクサーのCGアニメーション映画「カーズ」(原題 Cars)は,クルマ達が暮らす世界を題材とした物語。この映画のゲーム版タイトルがTHQブースに展示され,同時に主人公のライトニング・マックィーンと,ヒロイン(?)のサリーと共にデカデカとディスプレイされており,THQブースで最もインパクトを放っていた。

[2006/05/16 17:18]

[E3 2006#165]2K Gamesの「Prey」はマルチプレイのみの展示

 長らく音沙汰がなく,2005年,突然E3で開発継続が宣言されたSFホラータッチのFPS「Prey」。E3 2006では,2K Gamesのブースでマルチプレイ展示のみが行われていたが,なかなか評判は良かった。とくに,独特の上だか下だか分からなくなるゲーム感覚はなかなかのもの。「DOOM 3」エンジンによる画面の美しさ,不気味さも相変わらずで,発売が待たれる一本と言えるだろう。

[2006/05/16 15:32]

[E3 2006#164]「Warhammer 40,000:Dawn of War」の拡張ディスク第2弾「Dark Crusade」のプロモムービーをUp

 「Warhammer 40,000 Dawn of War」の拡張ディスク第2弾となる,「Dark Crusade」のプロモムービーを4GamerにUpした。新たな勢力“Necrons”にスポットを当てた内容だが,原稿執筆時点ではまだ公式サイトすら出来ていない状況なので,興味を持った人はぜひチェックしてほしい。

[2006/05/16 15:01]

[E3 2006#163]レゴの人気シリーズをゲーム化した「Bionicle Heroes」

 2001年に発売されて以来,少年達から大人のコレクターまで巻き込んで大人気を誇っている,レゴテクニック商品の「BIONICLE」シリーズ。レゴ勇者達が激突する本シリーズを,「LEGO Star Wars」のTT Gamesがゲーム化したのが,Eidos Interactiveの「Bionicle Heroes」だ。

[2006/05/16 14:46]

[E3 2006#162]ツングースカ大爆発を題材にしたミステリアドベンチャー「Secret Files:Tunguska」

 ブース巡りをしていると,職業的視点からそれぞれのゲームを見る必要に迫られるが,ときどき素の自分が「あら,いいねえ,これ」と思っているのに気づく。Deep Silverがこの秋投入する「Secret Files: Tunguska」もそんな一本だ。歴史的な謎「ツングースカ大爆発」の真実に迫るクラシカルスタイルのアドベンチャーで,好きな人にはかなり魅力的に映るのではないだろうか。

[2006/05/16 13:56]

[E3 2006#161]ファンタジー世界を舞台にした剣術アクション「Elveon」のプロモーションムービーをUp

 E3 2006ではダークホース的な存在だったといっていい,剣術アクション「Elveon」。そのプロモーションムービーを4GamerにUpした。1280×720ドットのムービーには,一対一の戦闘や,ゲームの舞台となる森林や城の様子などが収録されている。プレイムービーではないが,戦闘部分は筆者が実際に見たデモプレイ時と大差ない。これは要チェックだ。

[2006/05/16 13:14]

[E3 2006#160]今年はやや元気がなかった? 韓国ブースレポート

 既存のタイトルを展示している企業が多く,今年はやや目新しさに欠けた感のある韓国ブースでは,Windysoftの「Infinity Online」や,GF Gameの「Toss Online」などが出展されていた。全体的に重厚長大なMMORPGはなりを潜め,カジュアル系のアクションゲームが目立っていた印象だ。

[2006/05/16 12:54]

[E3 2006#159]フォトリアリスティックなFPS「Crysis」高解像度版ムービーをUp

 フォトリアリスティックなゲーム画面で衝撃を与えたCrytekの「CryENGINE 2.0」。そんな同エンジンを採用したCrytek自社タイトル「Crysis」の高解像度版ムービー2本をUpした。これらは2006年5月12日にUpしたものと同様,ジャングルでの銃撃戦と,空母を襲う巨大エイリアンの姿が収録されているが,前回,容量の関係で泣く泣くカットしたシーンも,今回の高解像度版には収録したので,さらに詳しい内容を堪能できるはずだ。ハイレベルのグラフィックスと動きをぜひ,その目で見てほしい。

[2006/05/15 23:59]

[E3 2006#158]あと数か月で「Tabula Rasa」が完成? リチャード・ギャリオット氏へのショートインタビュー

 NCsoftの新作MMORPG「Tabula Rasa」を手がけるリチャード・ギャリオット氏に,多忙な中,なんとか時間を作ってもらい,インタビューを行うことができた。氏がTabula Rasaの開発に込めた思いや,同作の進捗状況などが聞けたので,興味のある人はぜひチェックしてみてほしい。

[2006/05/15 23:59]

[E3 2006#157]モリニュー氏の次回作は,「プレイヤーの感情を喚起するFable 2」

 ゲーム業界の重鎮,大御所,カリスマと,どんな肩書きでも一応納得させてしまうのがLionhead Studiosのピーター・モリニュー氏。E3のたびに新作についてのインタビューを行っているが,今年は異例なことに「何もデモするものがない」状態。そこで,今回は,モリニュー氏が今何を考えて,何を感じているかについての話が中心になった。同氏の考える「プレイヤーの感情を喚起する」ゲームとは?

[2006/05/15 23:59]

[E3 2006#156]巨大な恐竜が闊歩するRTS「ParaWorld」のプロモムービーをUp

 恐竜と人間が共存するパラレルワールドが舞台のRTS「ParaWorld」プロモムービーを4GamerにUpした。このムービーは,ドイツのパブリッシャDeep Silverブース内にあるクローズドシアターで公開していたのを直接撮影したもの。ちょっと毛色の違ったRTSとして,チェックしてみてほしい。

[2006/05/15 23:46]

[E3 2006#155]シリーズ第4作はファンタジー世界で城造り「Stronghold Legends」

 中世を舞台に,「城の設計」が可能というユニークなRTSとして愛されてきた「Stronghold」の第4作は,これまでの史実路線から一転してファンタジーにテーマを移した「Stronghold Legends」。まずは今回分かった新情報をお伝えしよう。

[2006/05/15 23:16]

[E3 2006#154]期待のMMORPG「Vanguard :Saga of Heroes」のさらなる情報を公開!

 今回のE3で「Vanguard :Saga of Heroes」についてインタビューで得られた情報はすでに紹介しているが,「より詳しい情報がほしい」という読者のために,そのほかに得られた情報をまとめて掲載しておこう。4gamer読者に向けた開発者からのビデオメッセージもあるので,こちらもぜひチェックしてほしい。

[2006/05/15 23:15]

[E3 2006#152]恐怖の夏がふたたび,Majescoで最新「JAWS」の姿を見た

 E3 2005で1回紹介し,実を言うとそのままほとんど忘れていたタイトル「JAWS Unleashed」が,今年もMajesco Entertainmentのブースでメディア向けに紹介されていた。本当なら2005年中に発売されるはずだったが,彼らの「すごいジョーズを作りたい」という情熱が妥協を許さなかったのだ。もしかしたらそうじゃないかもしれないが,そう思っていたほうがドラマチックだ。

[2006/05/15 22:38]

[E3 2006#151]迫力の未来戦争「バトルフィールド2142」の高解像度版プレイムービーをUp

 未来戦争モノとなったBattlefieldシリーズの最新作「バトルフィールド2142」の高解像度版プレイムービーを4GamerのサーバーにUpした。内容自体は先にUpしたものと同じだが,このバージョンなら細かいところもチェックできるはず。発売を楽しみに待っているファンなら必見だ。

[2006/05/15 22:09]

[E3 2006#150]あの“食事する武器”の姿をE3でも確認!「The Precursors」

 ロシアのゲーム会社Play Ten Interactineは,オープン展示スペースを用意せずに,ミーティングルームでいくつかのタイトルをデモしていた。その中にあったのが「The Precursors」だ。“リロード”が“食事”という生きた武器「オーガニックウェポン」が,見た者に強い印象を残す作品である。

[2006/05/15 22:07]

[E3 2006#149]「The Movies:Stunts&Effects」のプレイムービーをUp

 「The Movies」に,新たにスタント撮影,特殊効果を使った撮影,そして何より「フリーカメラモード」の要素を追加する待望の拡張パック「The Movies: Stunts & Effects」。このムービーは,E3出展用にLionhead Studioが新要素をすべて見られるように用意したセーブデータを使って実演してくれたものの一部始終を撮影している。

[2006/05/15 22:06]

[E3 2006#148]有名な軍事都市国家をテーマにしたRTS「Sparta:Ancient Wars」

 オランダの大手パブリッシャであるPlayLogic International社が出展していた「Sparta: Ancient Wars」は,古代地中海の軍事都市国家スパルタを題材にしたRTS。The Settlersシリーズなどを手がけたTorsten Hess氏率いるドイツのベテラン開発陣が制作を担当している本作は,派手さこそ無いが,質の高いストラテジーを量産するドイツのゲームらしい内容となっている。

[2006/05/15 21:57]

[E3 2006#147]あの360度スクリーンでは何が? EAのプロモーションムービーをUp

 例年おなじみのElectronic Artsブースの円筒劇場。その内部では迫力満点のプロモーション映像がエンドレスで流されているのだが,それがどんなものだかは行って見なければわからない,残念。という人のために,そのムービーの高画質版を4GamerのサーバーにUpした。もちろん,360度すべては無理なので,ほぼ120度ぶんを再編集したものだが,ぜひ見ていただきたい。

[2006/05/15 20:47]

[E3 2006#146]隠れた注目作? 三人称視点のファンタジー剣術アクション「Elveon」

 2007年の夏にPCとXbox 360で同時発売予定となっている「Elveon」。エルフの主人公を操る,ファンタジー世界の三人称視点アクションは,クローズドブースでの公開となった。日本の3D格闘ゲームに遜色のない剣術モーションは必見の一言。情報が増えるにつれ,注目度が上がっていくと思われる本作について,E3 2006で明らかになった部分を中心にまとめてみよう。

[2006/05/15 20:38]

[E3 2006#145]発売間近のアクションRPG大作「Titan Quest」のプロモムービーをUp

 デモ版の公開も始まり,発売に向けて急速に盛り上がりつつあるアクションRPG「Titan Quest」プロモーション用ムービーを,4GamerにUpした。「Diablo II」以来,これまで多数のアクションRPGが発売されてきたが,本作によってこのジャンルが次のステージへと押し上げられる予感さえする。気になっている読者はとくとご覧あれ。

[2006/05/15 20:16]

[E3 2006#144]男達の挽歌が甦る!? ジョン・ウー&チョウ・ユンファの「Stranglehold」

 E3 2006のMidway最大の目玉といえば,「Unreal Tournament 2007」と,ジョン・ウー監修の三人称視点アクション「Stranglehold」だろう。いずれもMidwayブース内での展示はなく,別室を用意してのシアター上映という形式で公開された。共に長蛇の列ができていたが,マルチプラットフォームでリリースされるStrangleholdのほうが,より長い行列を作っていた。

[2006/05/15 20:03]

[E3 2006#143]「Alone in the Dark NDI」のムービーをUp

 1992年に発売された「Alone in the Dark」は,ポリゴンのキャラクターがモンスターと戦い,危険な場所から脱出するというサバイバルホラーをテーマにした古典的傑作ゲーム。かつて高い人気を誇ったこの作品が,装いも新たに帰ってくる。入手した「Alone in the Dark :Near Death Investigation」のムービーを4GamerのサーバーにUpしたので,気になる人は詳細をチェックしよう。

[2006/05/15 19:27]

[E3 2006#142]いろいろ楽しめるレースゲーム「Test Drive Unlimited」のプロモムービーをUp

 ハワイに自分の家を買い,高級車を揃え,レースに挑戦して金を稼げ,というのがATARIの「Test Drive Unlimited」。ガチガチのレースゲーム,と言うわけではなく,余暇にはいろいろなお楽しみのあるフリーなゲームだ。そんなTest Drive Unlimitedのプロモーションムービーを4GamerのサーバーにUp。南国気分で見てちょうだい。アロハ。

[2006/05/15 18:56]

[E3 2006#141]フル3D化した箱庭系ストラテジー「Anno 1701」のE3ムービーをUp

 さまざまな施設を建設して住みやすい国を造る,箱庭系ストラテジーゲーム「Anno 1701」プロモーションムービーを4GamerにUpした。本作は,日本で「創世記」というタイトルで発売されているシリーズの最新作。緻密なグラフィックスがさらに進化しての登場だ。

[2006/05/15 18:43]

[E3 2006#140]「Rise&Fall:Civilizations at War」のプロモムービーをUp

 古代ローマ時代をテーマとした歴史RTS「Rise & Fall: Civilizations at War」プロモーションムービーを4GamerにUpした。それぞれの文明に“英雄”がいるのはもはやRTSのお約束だが,このゲームの英雄達はひと味違う。ぜひムービーでそれを確かめてみよう。

[2006/05/15 17:55]

[E3 2006#139]フル3Dに発展した箱庭型ストラテジー「Anno 1701」

 日本では「創世紀」というタイトルでリリースされているAnnoシリーズの最新作が,「Anno 1701」だ。昨年は出展されていなかったが,今年は満を持しての公開。パブリッシャであるSunflowersブース内で,β版を見ることができた。すでにゲームとして完成していたといっても過言ではない本シリーズが,いったいどのように進化したのかチェックしてみた。

[2006/05/15 17:54]
さらに記事を探す

トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月22日〜10月23日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年04月〜2019年10月