オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[E3 2006#187]パラレルワールドを舞台に恐竜や古代生物が活躍するRTS「PARAWORLD」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2006/05/17 23:51

ニュース

[E3 2006#187]パラレルワールドを舞台に恐竜や古代生物が活躍するRTS「PARAWORLD」

 Sunflowersといえば,Annoシリーズ(日本では創世記シリーズ)で知られるドイツのデベロッパだ。今年のE3では,ミーティングスペース内で「Anno 1701」と「Paraworld」を紹介してもらった。

 本作については,2005年にドイツで開催されたGame Conventionの記事でも紹介した。基本的な内容は当時と差はないが,いくつか変更された点もあったので,そのあたりを中心にお伝えする。

 まずゲームの設定/ストーリーに変更はなく,恐竜や古代の巨大生物などが人間と共存するパラレルワールドを舞台に,争いを続けている原住民達を統一するのが目的となる。プレイヤーが自勢力として選択できる三つの原住民は,Norsemen,Dustriders,Dragon Clanで,それぞれ使用できるユニットが異なる。また,Northland,Jungle,Savannah,Icewaste,Ashvalleyという5種類のゾーンで構成される16種類のマップが用意されている。
 登場するユニットは全部で50種類あり,そのうち40種類はティラノサウルスやトリケラトプスといった恐竜だ。各ユニットは,フィニッシュムーブを持っているということなので,戦闘時の動きを見ているだけでも楽しそうだ。実際,樹木をなぎ倒しながら進む恐竜の姿はかなりの迫力があった。
 恐竜は施設を作ってユニットとして生産するわけではなく,人間ユニットを用いて捕獲し,飼いならす必要がある。
 また,建物を建設できたり,新しいアビリティを開発できたりといった特殊能力を持つヒーローユニットが9人登場する。



Thomas Langhanki氏
 ブース内では,アートディレクターのThomas Langhanki氏に,ゲームの実演をしてもらった。氏によると,本作ではユニットの行動をある程度自動化できるとのこと。例えば,回復役のユニットは,プレイヤーの指示を受けずに傷ついたユニットを回復するのだ。もちろんプレイヤー自身ですべてのユニットをコントロールすることも可能だが,この機能を利用すればより快適なプレイが可能になるとのこと。



大きめのユニットを出してもらったところ。右側にいるのが通常サイズの人間ユニットなので,かなりの大きさだと分かるだろう
 また恐竜ユニットに,人が乗れるようにしたり,兵器を装備したりといった改造(?)ができるのも特徴的。背中に攻城兵器を乗せて進む姿は逞しくもあり,ちょっと滑稽でもあった。同じ恐竜を手に入れたとしても,どのように育てる(改造)するかによって,まったく違った性能を持つユニットになるので,戦いを進めるうえで重要なポイントになるだろう。
 マルチプレイでは,プレイヤーごとにポイントが決められており,そのポイント内でユニットを準備して対戦する。同じポイントのプレイヤー同士で戦う場合は,どのユニットを準備するかが勝負の重要なカギを握ることになる。プレイヤーの実力に差がある場合は,このポイントに差をつけることで,簡単にハンディキャップが与えられるわけだ。

 本作は2006年8月に欧米で発売される予定。恐竜を自在に操り戦えるという魅力がある,ちょっと変わったRTSをプレイしたい人は,数か月後に迫った発売日を楽しみに待とう。(noguchi)


  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月11日〜12月12日