パッケージ
Atari Mania公式サイトへ
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
レトロンバーガー Order 88:「Atari Mania」は近年のAtariタイトルの1つとしては悪くない“味変”なものの,ちょっとカオス不足かも編
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2022/11/05 23:50

連載

レトロンバーガー Order 88:「Atari Mania」は近年のAtariタイトルの1つとしては悪くない“味変”なものの,ちょっとカオス不足かも編

画像集 No.025のサムネイル画像 / レトロンバーガー Order 88:「Atari Mania」は近年のAtariタイトルの1つとしては悪くない“味変”なものの,ちょっとカオス不足かも編

「ノイズがなければ本質的なことは何も起こらない」
(Nothing essential happens in the absence of noise)

 フランスの経済学者であり,オーケストラ指揮者なども務めるJacques Attali(ジャック・アタリ)氏は,著書「Noise: The Political Economy of Music」(邦題:ノイズ――音楽/貨幣/雑音)で,こう述べました。シャイニングフィンガーでお馴染みギム・ギンガナム御大将が「マニュアル通りにやっていますというのはアホの言うことだ!」と述べていたのも似たような話で,マニュアル的な整然としたことは物事のうわべをなぞるだけに留まり,本質性すなわちプリミティブなカオスにはリーチできません。

 つまり何らかの本質性にリーチしようと思ったら,ノイジー&フレンジーなノリでグルーヴィーに,ドラスティックに,そしてセクシー&キュートに振る舞う必要があります。実のところセクシー&キュートは要らないかもしれませんが,つまり先日掲載した「買い物Surfer」の記事みたいに,セガのビッグネームにAtariや任天堂の製品をぶっこむのは,そうすることで何かが見えてくるかもしれないからやってみるわけです。

関連記事

Hiro師匠とレゴブロック「Atari 2600」を組み立てよう! せっかくだから任天堂のアレも持ってきたよ(「買い物Surfer」第10回)

Hiro師匠とレゴブロック「Atari 2600」を組み立てよう! せっかくだから任天堂のアレも持ってきたよ(「買い物Surfer」第10回)

 4Gamer編集部スタッフの持ち回り企画「買い物Surfer」の第10回は,Atariの設立50周年を記念して発売された,レゴブロック「Atari 2600」を紹介する。でも,ただ「組み立てました」だけでは面白くないので,特別ゲストをお呼びしたうえ,半世紀前に発売されたアレも持ってきた。

[2022/10/22 08:00]

 うん,企画・制作しといて言うのもなんですが,寿司とカレーとピザが同じ皿に乗ってるみたいな雰囲気ですね。まあHiro師匠的には楽しんでいただけたようなので,筆者としては満足です。レゴブロックの本質性に触れた気もしなくはないですし。

 というわけで東京ゲームショウ2022などでいろいろあったり,むしろリソースを食われていたりもしましたが,細かいことは置いといて今回はカオスなAtariのゲーム「Atari Mania」PC / Nintendo Switch)でやっていきましょう。4Gamerの連載企画は自然消滅しがちですし,逆に自然復活したって自然現象の範疇でしょう。まあ,どのみち続いても99+α回で終了の予定ですが。カンスト!

関連記事

「Atari Mania」がPCとSwitch向けにリリース。Atariの人気タイトル150本以上を収録

「Atari Mania」がPCとSwitch向けにリリース。Atariの人気タイトル150本以上を収録

 パブリッシャのAtariが新作ソフト「Atari Mania」の販売を開始し,トレイラーを公開した。日本語にも対応している。「Atariゲーム保管庫の管理人」となったプレイヤーが,懐かしのゲームを遊んだり,パズルを解いたりしていくという本作。Atariのゲームが150本以上収録されているという。

[2022/10/14 13:02]

画像集 No.001のサムネイル画像 / レトロンバーガー Order 88:「Atari Mania」は近年のAtariタイトルの1つとしては悪くない“味変”なものの,ちょっとカオス不足かも編



あたりはずれ江戸っ子破魔矢マン


 ビデオゲームの制作・販売を基幹事業とする世界初の企業,Atariが設立されたのは1972年6月27日のこと。今日までの間に買収されたり分裂したりといった紆余曲折もありつつ,今年で設立50周年です。先述したレゴブロックの「Atari 2600」が発売されたり,Google Stadiaとの提携を発表したり(その3か月後にGoogle Stadiaの終了が発表されましたが)と,いろいろな動きが起こっています。

関連記事

Atariが設立50周年。PongやAtari 2600などでゲーム市場を黎明期から支えてきた老舗は,新たにGoogle Stadiaとの提携をアナウンス

Atariが設立50周年。PongやAtari 2600などでゲーム市場を黎明期から支えてきた老舗は,新たにGoogle Stadiaとの提携をアナウンス

 1972年に設立され,「Pong」「Atari 2600」などを生み出してゲーム市場の黎明期を支えたAtariが50周年を迎えた。“アタリショック”などとして記憶される惨事以降は低迷を続けた同社だが,2021年には新ハード「Atari VCS」を発売し,今回新たにGoogle Stadiaとの提携もアナウンスした。

[2022/06/28 13:15]
関連記事

「Checkered Flag」や「Gates of Zendocon」など,Pixel Games UKがAtari Lynx向けタイトルのPC移植を次々に発表

「Checkered Flag」や「Gates of Zendocon」など,Pixel Games UKがAtari Lynx向けタイトルのPC移植を次々に発表

 Pixel Games UKが,Atari Lynx向けタイトルのPC移植を発表し,Steamのストアページを次々にオープンしている。発表されたのは,「Checkered Flag」と「Electrocop」「Zarlor Mercenary」,そして「Gates of Zendocon」の4本で,発売はいずれも11月だ。Atariの創立50周年に花を添えている。

[2022/10/28 19:06]

 「Atari Mania」は50周年を記念したタイトルの1つで,Atariゲーム保管庫(原文:Atari Vault, つまりコレですね)を舞台に,さまざまなAtariタイトルをモチーフとしたミニゲームを楽しめます。ただ「50周年」という記念碑的なタイトルでありながら,保管庫はネズミが巣食っていたり,管理人は往年のゲームキャラクターからあまり慕われていなかったりと,妙に自虐的な雰囲気が漂っています。筆者的にはドリームキャストの「セガガガ」を彷彿とさせられるところです。

画像集 No.002のサムネイル画像 / レトロンバーガー Order 88:「Atari Mania」は近年のAtariタイトルの1つとしては悪くない“味変”なものの,ちょっとカオス不足かも編 画像集 No.003のサムネイル画像 / レトロンバーガー Order 88:「Atari Mania」は近年のAtariタイトルの1つとしては悪くない“味変”なものの,ちょっとカオス不足かも編
画像集 No.004のサムネイル画像 / レトロンバーガー Order 88:「Atari Mania」は近年のAtariタイトルの1つとしては悪くない“味変”なものの,ちょっとカオス不足かも編

 主人公は保管庫の管理人(caretaker)で,休館日に清掃をしていたところ“デッドピクセル”という異常現象と,そこから生じた“アノマリー”と呼ばれるモンスターに出くわします。アノマリーは複数のAtariゲームを飲み込み,マッシュアップしたミニゲームを繰り出してくるので,それをクリアして保管庫を正常に戻すというのが主人公の目的です。

画像集 No.008のサムネイル画像 / レトロンバーガー Order 88:「Atari Mania」は近年のAtariタイトルの1つとしては悪くない“味変”なものの,ちょっとカオス不足かも編
複数のゲームを飲み込み,マッシュアップゲームを出題してくるアノマリー。助けてSCP財団!
画像集 No.009のサムネイル画像 / レトロンバーガー Order 88:「Atari Mania」は近年のAtariタイトルの1つとしては悪くない“味変”なものの,ちょっとカオス不足かも編 画像集 No.010のサムネイル画像 / レトロンバーガー Order 88:「Atari Mania」は近年のAtariタイトルの1つとしては悪くない“味変”なものの,ちょっとカオス不足かも編

ちなみにUIは日本語に対応していますが,筆者はしばらくプレイしてから気付きました。デフォルトでは英語設定(国内Nintendo Switch版でも!)ですが,オプション設定で変更できます
画像集 No.023のサムネイル画像 / レトロンバーガー Order 88:「Atari Mania」は近年のAtariタイトルの1つとしては悪くない“味変”なものの,ちょっとカオス不足かも編

 この騒動を引き起こしているのが,1983年にアーケードゲームとして登場し,1984年にAtari 2600移植版がリリースされた「Crystal Castles」の主人公であるクマのBentleyです。BentleyはAtari ST時代にはAtariの顔役キャラクターにされていたり,2012年のディズニー映画「シュガー・ラッシュ」にもちょっと出ていたりしたキャラクターですが,本作では人々に忘れ去られて過去に葬られることの恐怖から凶行に及んでいます。1980年代の顔役キャラクターが支持を失ってやさぐれている……やっぱ「セガガガ」っぽいな……まあアレクは敵役じゃなかったけど……。

画像集 No.011のサムネイル画像 / レトロンバーガー Order 88:「Atari Mania」は近年のAtariタイトルの1つとしては悪くない“味変”なものの,ちょっとカオス不足かも編
デッドピクセルと出会ってしまったBentley。目がヤバげ
画像集 No.017のサムネイル画像 / レトロンバーガー Order 88:「Atari Mania」は近年のAtariタイトルの1つとしては悪くない“味変”なものの,ちょっとカオス不足かも編

 レトロゲームをマッシュアップしたミニゲームと言えば,奇ゲー勢的には2021年に賈船から発売された「スーパーマッシュ」PS4 / Nintendo Switch)が脳裏をよぎりますが,そういったランダム生成でしばしばやべーのが出てくるタイプではなく,こちらはミニゲームごとに解法が固定されているタイプです。

 「Atari Mania」に登場する“「Combat」の戦車で「Warlords」の敵城を攻略しろ”というマッシュアップゲームは,「近代の戦車で中世の城を攻撃したら」のイメージに違わないスーパーイージーぶりながら,操作性が1970〜1980年代のゲームに準拠していることもあって「普通に難しい」マッシュアップゲームも珍しくありません。まず初見殺しされてから対処法を考えるという意味では,プレイフィール的にはKONAMIの「ビシバシ」シリーズに近いものを感じられます。3人対戦に対応していたりはしませんが,「人にヘタとか言うならテメーがやってみろよテメーがよお!」的にコントローラを押し付け合ったり,奪い合ったり,殴り合ったりしながら複数人でプレイすると,より楽しめるでしょう。殴るのは,まあ血が出ない程度に。

画像集 No.022のサムネイル画像 / レトロンバーガー Order 88:「Atari Mania」は近年のAtariタイトルの1つとしては悪くない“味変”なものの,ちょっとカオス不足かも編
だいぶカオスなマッシュアップゲームの数々
画像集 No.012のサムネイル画像 / レトロンバーガー Order 88:「Atari Mania」は近年のAtariタイトルの1つとしては悪くない“味変”なものの,ちょっとカオス不足かも編 画像集 No.013のサムネイル画像 / レトロンバーガー Order 88:「Atari Mania」は近年のAtariタイトルの1つとしては悪くない“味変”なものの,ちょっとカオス不足かも編
画像集 No.018のサムネイル画像 / レトロンバーガー Order 88:「Atari Mania」は近年のAtariタイトルの1つとしては悪くない“味変”なものの,ちょっとカオス不足かも編 画像集 No.019のサムネイル画像 / レトロンバーガー Order 88:「Atari Mania」は近年のAtariタイトルの1つとしては悪くない“味変”なものの,ちょっとカオス不足かも編

 その一方,本作はあくまで「旧作をモチーフとしたミニゲーム集」に留まっていて,ノスタルジーの追求や旧作へのリスペクトは薄いと感じられます。バンダイナムコゲームス(当時)が2008年にリリースしたニンテンドーDS用ソフト「ぼくらのテレビゲーム検定 ピコッと!うでだめし」は,数々のクラシックゲームのおいしいところを「ちょっと遊び」できるようなアレンジでしたが,「Atari Mania」にそういったテイストはありません。「Atari Mania」に収録されている「Centipede」ベースのゲームをいくらプレイしても,「Centipede」自体の魅力はほとんど味わえないわけです。

 旧作をそのままプレイできるゲームは「Atari Vault」があったり,旧作をモダンにしたゲームは「Atari Recharged」シリーズがあったりするので,「Atari Mania」はそれらとは異なるバラエティゲーム方面に舵を切ったということなのでしょう。「Atari Mania」のSteamレビュー賛否両論となっていますが,本作のコンセプトと「50周年記念タイトル」に期待するユーザーの気持ちが噛み合わず,衝突してしまったという印象です。近年のAtariゲームのラインナップにおける1つとして捉えたら,「こういう味変もアリだね」と言えるとは思うんですけどね。

 ただ,「Atari Mania」と本連載の初期に取り上げたデータイーストタイトルのマッシュアップゲーム「Heavy Burger」を比較すると,「Atari Mania」は新しいスタイルを模索しつつも,50周年を気負いすぎたか旧作ファン向けに日和ってしまったか,イマイチ煮えきらない企画になっている感触も否めないところ。もっとカオスでノイジーなゲームデザインでも良かったのかもしれません。

アドベンチャーゲーム的なパズル要素も,クリアできるとシンプルに嬉しいものの「でも,それ要る?」と思わなくもないところ
画像集 No.016のサムネイル画像 / レトロンバーガー Order 88:「Atari Mania」は近年のAtariタイトルの1つとしては悪くない“味変”なものの,ちょっとカオス不足かも編 画像集 No.015のサムネイル画像 / レトロンバーガー Order 88:「Atari Mania」は近年のAtariタイトルの1つとしては悪くない“味変”なものの,ちょっとカオス不足かも編

 Atari 50周年記念タイトルは「Atari Mania」だけでなく,11月11日には「Atari 50: The Anniversary Celebration」がリリースされる予定です。こちらは「正統派の懐古主義」的な雰囲気ですが,どのようなゲームになるのか。座して待ちましょう。

関連記事

設立50周年を祝うAtariが,Atari 2600からLynxまでの歴史を振り返る新作「Atari 50: The Anniversary Celebration」を発表。リリースは11月を予定

設立50周年を祝うAtariが,Atari 2600からLynxまでの歴史を振り返る新作「Atari 50: The Anniversary Celebration」を発表。リリースは11月を予定

 設立50周年を迎えたゲームブランドのAtariが,90種類ものゲームをバンドルした新作「Atari 50: The Anniversary Celebration」を,2022年11月にリリースする。関係者達のインタビューや,未公開の企画書,アートワークなどを織り交ぜ,歴史を振り返るインタラクティブ博物館としても楽しめるという。

[2022/06/30 12:25]

「Atari Mania」公式サイト

  • 関連タイトル:

    Atari Mania

  • 関連タイトル:

    Atari Mania

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:01月31日〜02月01日