パッケージ
Stadia公式サイトへ
  • Google
  • 発売日:2019/11/19
  • 価格:Stadia Pro:9.99ドル/月
レビューを書く
準備中
Stadia
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
クラウドゲームサービス「Google Stadia」,2023年1月18日のサービス終了を発表
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2022/09/30 12:00

ニュース

クラウドゲームサービス「Google Stadia」,2023年1月18日のサービス終了を発表

 Googleは,14か国で展開していたクラウドゲームサービス「Google Stadia」を,2023年1月18日に終了すると,公式ブログの最新エントリーで発表した。

画像集 No.002のサムネイル画像 / クラウドゲームサービス「Google Stadia」,2023年1月18日のサービス終了を発表

A message about Stadia and our long term streaming strategy


 2019年11月に登場した「Google Stadia」は,ゲームのグラフィックス処理などをサーバー側に任せることで,高速通信環境さえあれば,どのようなゲームでも楽しめるというサービスだ。動画や音楽の配信と同様,リビングルームのテレビや自室のPC,スマートフォン,タブレットなど,手元のハードウェアにかかわらずプレイが可能で,正式サービス開始時は,Googleという巨大IT企業のゲーム市場への本格参入とあって,大きく注目されていた。

 Google Stadia部門の副社長兼ゼネラルマネージャーを務めるフィル・ハリソン(Phil Harrison)氏は発表の中で,「期待したほどのユーザーの支持を得られなかったため,Stadiaを終了するという難しい決断を下しました」とし,Google Storeで購入したハードやゲームソフト,すべての追加コンテンツについて,購入者に対する返金作業に入ると述べている。
 そのうえでハリソン氏は,Google Stadiaで培われた技術は,YouTubeやGoogle Play,そしてAugmented Reality(AR)のサービスや開発に役立てる予定だとしている。

Googleのフィル・ハリソン氏(2019年3月,GDC 2019にて)
画像集 No.003のサムネイル画像 / クラウドゲームサービス「Google Stadia」,2023年1月18日のサービス終了を発表

 2022年2月21日に掲載した連載記事,「奥谷海人のAccess Accepted第714回:ゲーム市場で存在感をなくしつつある『Google Stadia』の現在」でもお伝えしたように,今後は,ゲームを含むさまざまなサービスをクラウド化しようとする事業者に対し,Googleの名前を使う必要のない「ホワイトレーベル」として,B2B向けに提供されていくのは間違いないだろう。

 当初,日本展開も示唆されていたが,それもかなわないままサービス終了となった「Google Stadia」。Amazonの「Luna」やMicrosoftの「Xbox Cloud Gaming」,NVIDIAの「GeForce Now」,そしてSony Interactive Entertainmentの「PlayStation Now」などのクラウドゲームサービスに大きな影響を与えたのは確かだろう。今後もGoogleのゲーム事業は継続するとハリソン氏は述べているが,約3年での撤退は,ゲームビジネスの難しさを物語っているのかも知れない。
  • 関連タイトル:

    Stadia

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月08日〜12月09日
タイトル評価ランキング
76
72
ゼノブレイド3 (Nintendo Switch)
56
スプラトゥーン3 (Nintendo Switch)
2022年06月〜2022年12月