オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
Downwell公式サイトへ
レビューを書く
準備中
Downwell
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

Downwell

Downwell
公式サイト http://www.downwellgame.com/
発売元 Devolver Digital
開発元
発売日 2015/10/15
価格 360円(税込)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
スクリーンショット一覧へ最新画像(全009枚)
Downwell
Downwell
Downwell
Downwell
ゲーム紹介
<以下,配信元の紹介文をそのまま掲載しています>

*推奨機種: iPhone 5 / iPod Touch 6 / iPad Mini 2 / iPad Air以降

Downwell は、果てしなく深い井戸を下っていく2Dジャンプアクション・シューティングゲームです。
靴型兵器・ガンブーツを駆使して、敵を撃ったり踏んづけたりしながら、毎回地形の変化する奇妙な井戸を攻略していくこととなります。
アイテムを拾ったり、お店で買い物をしたり、レベルクリア時に取得するアップグレード等を頼りに、ひたすら井戸の底を目指しましょう。


シンプル・直感的な操作方法
Downwell はタッチデバイス専用にデザインされており、爽快でなおかつ深みのあるゲームプレイをたった3ボタンでプレイ可能にしています。

ガンブーツ
ガンブーツは撃つことによって敵へ攻撃できるだけでなく、落下の減速にも使え、安全な空中移動・着地の補助となります。

アイテムとアップグレード
異なった武器やアップグレードを入手することで、ゲームのプレイの仕方が少しづつ変わっていきます。自分に合ったアップグレードの組み合わせを見つけていきましょう。

ランダム生成
ゲーム中のレベルは全てランダム生成されており、プレイする度に異なった地形となっているので、ステージの記憶は役に立ちません - あなたのゲームの腕が試されます。


音楽
Eirik Suhrke

サウンドデザイン
Joonas Turner
最新記事(全13件)

落下型アクションSTG「Downwell」,Switch版の配信が本日スタート。“縦画面”でのプレイにも対応

落下型アクションSTG「Downwell」,Switch版の配信が本日スタート。“縦画面”でのプレイにも対応

 日本のインディーズゲーム開発者である,もっぴんこと麓 旺二郎氏が開発した,足から弾を撃ちながら井戸を降りていくゲーム「Downwell」。そのSwitch版の配信が,ニンテンドーeショップで本日開始となった。Switch本体の画面を“縦”にしてのプレイも可能だ。

[2019/01/31 11:00]

「Downwell」開発者のもっぴん氏が任天堂を退社。自身のTwitterにて告知

[2019/01/07 15:26]

「Downwell」開発者のもっぴん氏,任天堂入社を自身のTwitterで報告

[2018/01/24 15:09]

日本のインディーズゲーム界をフランス人が追う「Branching Paths」試写会レポート。木村祥朗氏,もっぴん氏,楢村 匠氏がシーンの現状を語る

日本のインディーズゲーム界をフランス人が追う「Branching Paths」試写会レポート。木村祥朗氏,もっぴん氏,楢村 匠氏がシーンの現状を語る

 日本のインディーズゲーム界を追ったドキュメンタリー「Branching Paths」が,2016年7月29日にPLAYISMより配信される。同作の監督を務めたアン・フェレロ氏,Onion Gamesの木村祥朗氏,「Downwell」のヒットで注目を集めるもっぴん氏,そしてNIGOROの楢村 匠氏が登場した試写会の模様をお届けしよう。

[2016/07/26 16:29]

Devolver Digital,初公開となる「Okhlos」など3タイトルをBitSummit 4thに出展

[2016/06/28 13:33]

Devolver Digitalの「中の人」が語った,デベロッパの夢を具現化するための「質問」とは

Devolver Digitalの「中の人」が語った,デベロッパの夢を具現化するための「質問」とは

 Devolver Digitalと言えば,「Downwell」「Enter the Gungeon」など,優れたインディーズゲームを数多く世に送り出している,個性的なパブリッシャという印象が強い。彼らは一体どのようにして,こうした尖ったゲームを次々とリリースしているのだろうか。Reboot Develop 2016では,その秘密がAndrew Parsons氏によって語られた。

[2016/05/06 21:02]

日本のインディーズ開発者が生み出した2015年の話題作「Downwell」,5月24日にPS4&Vita向けに配信開始

日本のインディーズ開発者が生み出した2015年の話題作「Downwell」,5月24日にPS4&Vita向けに配信開始

 “もっぴん”こと麓 旺二郎氏が2015年にPCおよびiOS / Android向けにリリースし,大きな話題を呼んだアクションシューティングゲーム「Downwell」。そのPS4版とPS Vita版が,北米では5月24日から配信される。極めてシンプルな見た目ながら,そのスピード感が生み出す中毒性を,PlayStationプラットフォームでも満喫できそうだ。

[2016/05/06 14:27]

[GDC 2016]「Downwell」を特徴づける「ガンブーツ」はいかにして生まれ,磨かれたか。開発者のもっぴん氏が語った日本産インディーズゲームの開発事例

[GDC 2016]「Downwell」を特徴づける「ガンブーツ」はいかにして生まれ,磨かれたか。開発者のもっぴん氏が語った日本産インディーズゲームの開発事例

 2015年にリリースされた2D縦スクロールアクション「Downwell」は,iOSとPCで発売され,世界的なヒットを記録したインディーズゲームだ。だが同作の特徴的なギミックである「ガンブーツ」は,開発当初から存在したアイデアではなかったという。開発者のもっぴん氏により,その制作過程が語られた講演をレポートする。

[2016/03/15 20:44]

インディーズゲームの小部屋:Room#403「Downwell」

インディーズゲームの小部屋:Room#403「Downwell」

 「インディーズゲームの小部屋」の第403回は,日本人開発者もっぴん氏が開発した「Downwell」を紹介する。本作は,靴底から弾を発射する特殊な装備“ガンブーツ”を使って敵と戦いながら,井戸の底を目指すというアクションゲーム。見た目もゲーム内容もシンプルだが,ついつい止めどきを失って遊んでしまう,中毒性の高い一本だ。

[2015/11/04 10:00]

GDC 2015で話題になった2Dアクション「Downwell」のゲームプレイトレイラーが公開に

GDC 2015で話題になった2Dアクション「Downwell」のゲームプレイトレイラーが公開に

 アメリカでインディーズタイトルを中心にパブリッシングするDeveolver Digitalが,日本人開発者“もっぴん”こと麓 旺二郎(ふもと おうじろう)氏が開発中のアクションゲーム「Downwell」(PC/Android/iOS)のトレイラーを公開した。ガンブーツと呼ばれる武器を使い,魔物の巣食う井戸へと飛び込む2Dアクションだ。

[2015/10/06 14:27]

全ての記事を表示する

レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
動作スペック

トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月16日〜07月17日