オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
World of Tanks公式サイトへ
  • Wargaming.net
  • 発売日:2011/04/12
  • 価格:基本プレイ無料
読者の評価
81
投稿数:77
レビューを投稿する
準備中
World of Tanks
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「World of Tanks」と「World of Tanks Blitz」はここで作られている。ベラルーシ,ミンスクにあるWargaming.netオフィスツアー
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2017/07/06 14:10

イベント

「World of Tanks」と「World of Tanks Blitz」はここで作られている。ベラルーシ,ミンスクにあるWargaming.netオフィスツアー

 東ヨーロッパのベラルーシ共和国。人口約950万人の2割ほどにあたる約190万人が住む首都ミンスクには,オンライン戦車アクションの「World of Tanks」や海戦アクションの「World of Warships」などをサービス中のWargaming.net発祥の地であり,現在も同社最大規模の開発オフィスがある。今回,そんなWargamingのオフィスを訪れる機会を得たので,ここで紹介したい。

World of Tanks

「World of Tanks」公式サイト


 Wargamingの本社は現在キプロス共和国に置かれているが,もともとはミンスクで設立されたゲーム会社であり,現在も「World of Tanks」とモバイル向けの「World of Tanks Blitz」の開発が進められている。スタジオには約2000人のスタッフが務めているとのこと。
 ミンスクのハイテク産業特区「Belarus High Technologies Park」に軒を連ねる企業の1つで,16階建てのオフィスは,市内でも有数の大きさを持つ建物だ。

 中には3Dデザイナーチーム,アートデザイナーチーム,サウンドチーム,ゲームバランスチーム,QAチーム,クライアントコアチーム,サーバーチームなどさまざまな部署があるが,撮影NGという部屋や設備もあるため,すべてを写真に収めることはできなかった。とはいえ,なかなかメディアに出てくる場所ではないので,どういう場所と環境でゲームが開発されているのか,その一端を見てもらえればと思う。

World of Tanks
1階にはレセプションルームと大きな食堂が設置されている。本物の「MS-1」戦車と2分の1スケールの「AMX ELC bis」の模型もあるが,金属製でかなりしっかり作られている
World of Tanks World of Tanks
中身が気になる人向けに,MS-1の操縦席。ギアレバーとフットペダルがあった
World of Tanks World of Tanks
2分の1スケールのレシプロ戦闘機「P-51 ムスタング」。しっかりと天井に吊されている
World of Tanks
1階のエンジョイスペースには,さまざまなゲーム機(と,オモチャのピストル)が並ぶ
World of Tanks
各階に休憩室が設置されている。甲冑が置かれているが,有事の際はこれを着て対応する
World of Tanks World of Tanks
ロシアやベラルーシの名物飲料「KBAC」(クアス)。炭酸の入った少し甘いビールといった感じで,アルコール分はないが酸味があり,好みが分れそう。休憩室に常備されている
World of Tanks World of Tanks
World of Tanks
ミーティングなどで使用されるフロア。バーが設置してあるがお酒は提供していない。壁にはWargamingのロゴとスローガンが掲げられている
World of Tanks World of Tanks
バーに隣接した,なぜかザ・ビートルズをモチーフにしたミーティングルーム。有名なデザイナーが設計したフロアだが,どうしてこのモチーフになったのかは誰にも分からないという
World of Tanks World of Tanks
「World of Tanks」のマップ「マリノフカ」が描かれたミーティングルーム。多くの部屋が独自のコンセプトを持っている
World of Tanks
World of Tanks
World of Tanks World of Tanks
「World of Tanks」の開発や運営を行っているフロア。チームごとに部屋が分かれており,大きな部屋でみんなで開発,というスタイルではない。暗い部屋が多く,理由は「そのほうが集中できる」からだという
World of Tanks
サウンドデザインチームの音響室。ゲーム内の音楽や効果音などはここで作られている。サウンドデザイナーそれぞれに自分の部屋がある
World of Tanks World of Tanks
World of Tanks
世界中のファンから寄せられたアイテム。戦車の模型やぬいぐるみなどがあり,「ふくしまは負けない」と日本語で書かれたものもあった
World of Tanks World of Tanks
これもファンメイドアイテムで,本物の鍛冶屋が鍛えたという剣と盾。ある日オフィスの前に置かれていた謎のアイテムだったが,その後,調べたところ本物の刀鍛冶が作ったものということが判明したという。なんだか伝説の剣みたいだ
World of Tanks
今はWorld of Tanksなどで知られているが,Wargamingの最初の作品は「DBA Online」というタクティカルゲームだった。この壁面は初心を忘れないように作られたという
World of Tanks World of Tanks

「World of Tanks」公式サイト

  • 関連タイトル:

    World of Tanks

  • 関連タイトル:

    World of Tanks: Mercenaries

  • 関連タイトル:

    World of Tanks: Mercenaries

  • 関連タイトル:

    World of Tanks Blitz

  • 関連タイトル:

    World of Tanks Blitz

  • 関連タイトル:

    World of Tanks Blitz

  • 関連タイトル:

    World of Tanks Blitz

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月26日〜05月27日