オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
死なせない線を引く。スマホ向けパズル「ダム・ウェイズ・トゥ・ドロー」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第2065回
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/07/26 10:00

連載

死なせない線を引く。スマホ向けパズル「ダム・ウェイズ・トゥ・ドロー」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第2065回

画像(009)死なせない線を引く。スマホ向けパズル「ダム・ウェイズ・トゥ・ドロー」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第2065回

スマートフォンには相当な数のゲームが存在しているが,「じゃあ,どれが面白いの?」「そもそも,数が多すぎて好みのタイトルが探せない!」と思っている人も少なくないはず。そんな問題を解決すべく,スタートした連載が「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」だ。話題の新作タイトルからネタ要素多めのオモシロ系まで,スマートフォンのゲームを片っ端からプレイして(ほぼ)毎日お届けする。

 本日の「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」では,ゴールへ向かう親指たちをさまざまな危険から守る,スマホ向けパズルゲーム「ダム・ウェイズ・トゥ・ドロー」iOS / Android)を紹介しよう。

画像(001)死なせない線を引く。スマホ向けパズル「ダム・ウェイズ・トゥ・ドロー」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第2065回
アプリはダウンロード無料。ビジュアルは可愛らしいのだが,その実はなかなかバイオレンス
画像(002)死なせない線を引く。スマホ向けパズル「ダム・ウェイズ・トゥ・ドロー」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第2065回 画像(003)死なせない線を引く。スマホ向けパズル「ダム・ウェイズ・トゥ・ドロー」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第2065回

「ダム・ウェイズ・トゥ・ドロー」ダウンロードページ

「ダム・ウェイズ・トゥ・ドロー」ダウンロードページ


 プレイヤーは指で画面内に線を引き,壁や橋を描いて,親指たちを無事ゴールまで届ける。線は画面上部のゲージがなくなるまで何度も引けるが,一定値ごとに評価が下がるので,目標は最小限の線だ。
 親指たちの前には,さまざまなトラップが待ち受ける。ステージ開始後,1度でも線を引くと親指が歩きはじめるので,複数の危険が存在していたら線なり図形なりを追加しよう。

ステージ内には危険がいっぱい。微妙な線引きの加減で,失敗することもしばしば
画像(004)死なせない線を引く。スマホ向けパズル「ダム・ウェイズ・トゥ・ドロー」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第2065回

 トゲや鉄球に触れたり,ゴールへ到達できなかったりすると,親指は(バイオレンス気味に)死んでしまう。リトライは無制限だが,死亡した親指の血痕はステージ中に残り続けるので,ちょっと後味が悪い。
 可能なら一発クリアを目指したいところではあるが,ステージの難度は徐々に上昇するので,試行錯誤が必要な場面も出てくるだろう。そういうときは仕方ないから,親指に犠牲になってもらおう。

画像(005)死なせない線を引く。スマホ向けパズル「ダム・ウェイズ・トゥ・ドロー」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第2065回
死亡パターンはさまざま。特殊なアニメーションが再生されるものもある。探してみるのも一興だろう
画像(006)死なせない線を引く。スマホ向けパズル「ダム・ウェイズ・トゥ・ドロー」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第2065回 画像(007)死なせない線を引く。スマホ向けパズル「ダム・ウェイズ・トゥ・ドロー」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第2065回

 ステージクリア時に獲得できる「コイン」を使うと,線の描画に影響する「ペン」をアンロックできる。コインは広告視聴などでも得られるので,必要なら利用していこう。
 また,ロックされているステージは広告視聴で解除できる。先のステージを遊びたいと思ったら使ってみるのも手だ。

ペンの種類はかなりのもの。すべてアンロックするには時間がかかるだろう
画像(008)死なせない線を引く。スマホ向けパズル「ダム・ウェイズ・トゥ・ドロー」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第2065回

 可愛らしい見かけのわりに,バイオレンスな演出が飛び込んでくる本作。パズルゲームとしてのやり応えも十分で,長くプレイできる1作である。もし,親指が死んでしまうことに抵抗がなければ,遊んでみてはいかがだろう。大事な親指を守れるのは君だけだ。

著者紹介:瑞嶋カツヒロ
 Wikipediaに記事があることを密かに誇りに思ってしまうおじさん。好きなものは銃(ドンパチ)・病原菌(ゾンビ)・鉄(巨大ロボ)。思春期にTFCに傾倒したのが運の尽き,"キャプチャー・ザ・フラッグ"こそ最高のゲームモードと考えるようになった。早くVRで魔法少女になりたい。

「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」記事一覧

  • 関連タイトル:

    ダム・ウェイズ・トゥ・ドロー

  • 関連タイトル:

    ダム・ウェイズ・トゥ・ドロー

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月20日〜08月21日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
76
Days Gone (PS4)
55
DEAD OR ALIVE 6 (PS4)
53
Anthem (PC)
2019年02月〜2019年08月