オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
TEPPEN公式サイトへ
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
「TEPPEN」デッキガイド“黒き選別ウェスカー”。数多の除去で盤面をコントロール
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2020/01/30 12:00

攻略

「TEPPEN」デッキガイド“黒き選別ウェスカー”。数多の除去で盤面をコントロール

画像(014)「TEPPEN」デッキガイド“黒き選別ウェスカー”。数多の除去で盤面をコントロール
 ガンホー・オンライン・エンターテイメントとカプコンが共同開発したスマートフォンアプリ「TEPPEN」iOS / Android)。今回は,前環境ではやや影が薄かったが,新拡張セット「The Force Seekers(以下TFS)」リリース後,形を変えて環境のトップメタに浮上してきた“黒き選別ウェスカー”を紹介しよう。

 環境のトップメタに君臨していたこともある「黒き選別」を軸としたウェスカーは,バランス調整で必要APが18から20になったあと,“テンプモリガン”などの苦手デッキの台頭も相まって,以前ほどの存在感を示せていなかった。
 しかし,TFSリリース後の新環境では,「目覚め」ギミックを搭載したデッキが増えたことで,“テンプモリガン”などの呼応系のデッキの勢力は息を潜める形となり,「黒き選別」を軸としたウェスカーが活躍しやすい環境になった。
 加えて,TFSの強力な黒カードの追加によってデッキパワーが底上げされ,新環境に順応した新しい形の“黒き選別ウェスカー”が環境のトップメタに舞い戻ってきたのだ。

 本稿では,そんな現環境で活躍中の,新たな“黒き選別ウェスカー”を紹介していこう。

必要APが20になったが,5MP以下であればどんなユニットでも除去できる便利さは健在
画像(001)「TEPPEN」デッキガイド“黒き選別ウェスカー”。数多の除去で盤面をコントロール

デッキ名:選別ウェスカー
ヒーローアルバート・ウェスカー / ヒーローアーツ黒き選別
画像(002)「TEPPEN」デッキガイド“黒き選別ウェスカー”。数多の除去で盤面をコントロール

■カード情報
1/A/B/身勝手な捕食
1/A/B/身勝手な捕食
2/A/B/殺戮の棘
2/A/B/殺戮の棘
3/U/B/ゾンビ
3/U/B/ゾンビ
3/U/B/ゾンビ
3/U/B/ユーニ
3/U/B/ユーニ
3/U/B/ユーニ
3/A/B/資格無き者の末路
3/A/B/資格無き者の末路
4/U/B/アーカム
4/U/B/アーカム
4/U/B/ビシャモン
4/U/B/ビシャモン
4/U/B/VAVA
4/U/B/VAVA
4/U/B/VAVA
4/U/B/T-002 タイラント
4/U/B/T-002 タイラント
4/U/B/T-002 タイラント
5/U/B/アレクシア・アシュフォード
5/U/B/アレクシア・アシュフォード
5/U/B/アレクシア・アシュフォード
5/A/B/広がりゆく感染
6/A/B/抹殺
6/A/B/抹殺
7/U/B/瘴気を纏う支配者 ヴァルハザク
8/U/B/拳を極めし者 豪鬼

画像(003)「TEPPEN」デッキガイド“黒き選別ウェスカー”。数多の除去で盤面をコントロール

■デッキコード
dyWWWICv0yWWWVePAzI7XyJwRwgnsgtLWY4Wn9SD7WW0Lnb2ntWWQXyOPEWWljo97WI5ZfU57WW4YeWWLtWWIgsUWvILWWphMWWL7WI53joM7WW4rJwWIJvLWnpu7WW9Cvl6Rwg5iHAWwW


TFS後に増えた,有用な除去カードたち


 現環境の“黒き選別ウェスカー”は,TFSのリリースによって使いやすい除去カードが増え,今シーズンから追加された「目覚め」の“種”になるカードを片っ端から葬れるのが強みだ。

 追加されたパワーカードの中の筆頭格といえるのが,「アレクシア・アシュフォード」。このカードを「目覚め」状態でプレイすると,5MP以下のランダムなユニット1体を破壊できる。それでいてスタッツが3/8と高めなので,デッキに入れない理由はないと言っても良いほど強力なカードだ。

3ライフ犠牲のデメリットはあるが破格の能力を持つパワーカード。エピックなので3枚積めるのも魅力
画像(004)「TEPPEN」デッキガイド“黒き選別ウェスカー”。数多の除去で盤面をコントロール

 レジェンダリーである「拳を極めし者 豪鬼」も強力なカードで,使用コストは8MPと重いが,正面のユニットであればコストの大小に関わらず確実に除去できる。「目覚め」によって「鬼神 天ヲ穿ツ 狂オシキ鬼」にすることもできるが,鬼神の性能はややクセが強いため,無理に「目覚め」状態にする必要はないだろう。「黒き選別」などで除去できない6MP以上の大型敵ユニットがいる正面に出していき,盤面のアドバンテージをとっていくのに最適なユニットだ。

アクティブレスポンスを挟まずにどんなユニットでも除去できる,オンリーワンのユニット
画像(005)「TEPPEN」デッキガイド“黒き選別ウェスカー”。数多の除去で盤面をコントロール

 アクションにおいては,3MPで相手の4MP以下のユニットを除去しつつ,敵ヒーローに1ダメージを与えられる「資格無き者の末路」という優秀な除去アクションが追加された。「目覚め」状態のユニットは対象にできないが,その“種”となるユニットには強く刺さるアクションカードとなっている。

「目覚め」状態のユニットを除くとはいえ,4MPのユニットを除去できるのは強い
画像(006)「TEPPEN」デッキガイド“黒き選別ウェスカー”。数多の除去で盤面をコントロール


「リベンジ」の能力で長期戦も強い


 このデッキのもう1つの長所は,「リベンジ」持ちのユニットを複数積んでいるため長期戦に強いことだ。とくに「リベンジ」絡みのカードの中で強力なのが「広がりゆく感染」だろう。

初弾のカードながらその強さは健在で「目覚め」との相性も良い
画像(007)「TEPPEN」デッキガイド“黒き選別ウェスカー”。数多の除去で盤面をコントロール

 単純に「リベンジ」持ちの2/3「ゾンビ」を5MPで3体展開できるだけでも強いのだが,現環境においては「目覚め」との相性が非常に良いのもポイントだ。例えば,序盤に「広がりゆく感染」を放ってから,タイミングを見て「目覚め」状態の「アレクシア・アシュフォード」を出すのは強力な動きの1つ。また,「リベンジ」が発動した2MP3/6の「ゾンビ」を3体デッキに送り込める点も強みだ。

画像(008)「TEPPEN」デッキガイド“黒き選別ウェスカー”。数多の除去で盤面をコントロール

 同じく,「リベンジ」が発動すると強力なのが「T-002 タイラント」。このユニットは“あくび春麗”“黒緑ネルギガンテ”などで採用されている「アイリス」「レイヤー」といったMPブースト持ちのユニットに対し,非常に刺さる。緑系デッキと対峙したときには,それらのカウンターとして出すことを意識しよう。

死亡時効果は,ランクマッチにあふれる緑系のデッキに対して非常に有効だ
画像(009)「TEPPEN」デッキガイド“黒き選別ウェスカー”。数多の除去で盤面をコントロール

 また,中盤以降の強力なフィニッシャーとして活躍するのが,レジェンダリーカードの「瘴気を纏う支配者 ヴァルハザク」。このユニットは,プレイ時に自分と相手の墓地にいるユニットの数だけ攻撃力を+1する効果を持つため,試合が長引けば長引くほど,絶大な攻撃力となる。攻撃力を0に戻されてしまう緑の「緊急回避」や,墓地のカードをデッキに戻す「自然の循環」などには注意が必要だが,相手の大型ユニットに対しても有利トレードをとりやすい性能で,レジェンダリーカードの名に恥じない活躍をする。

中盤以降のスタッツは化け物級で,有利トレードを取りやすい
画像(010)「TEPPEN」デッキガイド“黒き選別ウェスカー”。数多の除去で盤面をコントロール


立ち回りのコツ


 基本的に相手の動きに対応して,それに適したカウンターを繰り出すのが強いデッキなので,MPがあふれるなどの事情がなければ,相手の出方を見てから動きたい。
 とくに“あくび春麗”“黒緑ネルギガンテ”といった緑のデッキに対しては,相手のMPブーストユニットである「アイリス」「レイヤー」などをいかに効率よく除去できるかがポイントとなる。
 それらを対処する方法は大きく分けて2つ。相手の「アイリス」「レイヤー」らが攻撃するギリギリのタイミングで,「T-002 タイラント」をブロッカーとしてぶつけていくか,「殺戮の棘」で除去するかだ。後者は「ビーストキャノン」などでカウンターされてしまうこともあるが,ほかに使うべき相手もいないので,どんどん放っていこう。

緑の「アイリス」らMPブーストユニットはこのカードで除去をしていく
画像(011)「TEPPEN」デッキガイド“黒き選別ウェスカー”。数多の除去で盤面をコントロール

 また,5MP以下のユニットの除去手段は「黒き選別」「アレクシア・アシュフォード」など多く揃っているが,6MP以上のユニットに対しては,「抹殺」「拳を極めし者 豪鬼」で対処することになる。
 “テンプモリガン”などの呼応系デッキに入っている「いぶき」「レイレイ」といったユニットは直接戦闘では非常に除去しづらいので,もし“テンプモリガン”“デビルトリガーダンテ”などのデッキに当たったときは,「抹殺」や「拳を極めし者 豪鬼」を極力温存しておくといいだろう。

6MP以上の厄介なユニットには抹殺が良く刺さる
画像(012)「TEPPEN」デッキガイド“黒き選別ウェスカー”。数多の除去で盤面をコントロール

 釈迦に説法かもしれないが,小技として覚えておきたいのは,自分のユニットが攻撃するギリギリのタイミングで「黒き選別」を放つプレイだ。うまく決まれば,相手のユニットを「黒き選別」で破壊したあと,次に出てくる相手のブロッカーが間に合わなくなり,ほぼ確実にダメージを与えられる。
 また,相手のユニットが正面にいない場合は,あらかじめ「黒き選別」をかまえておき,自ユニットが攻撃する瞬間に「黒き選別」を放つことで,ブロックに出てきた敵ユニットが5MP以下であれば,そのユニットを仕留めつつ相手ヒーローにダメージを与えられる。ライフレースを有利に進める上で欠かせないテクニックなので必ず覚えておこう。

「TEPPEN」公式サイト

「TEPPEN」ダウンロードページ

「TEPPEN」ダウンロードページ

  • 関連タイトル:

    TEPPEN

  • 関連タイトル:

    TEPPEN

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月04日〜07月05日
タイトル評価ランキング
81
あつまれ どうぶつの森 (Nintendo Switch)
75
アークナイツ (iPhone)
72
71
三國志14 (PC)
67
仁王2 (PS4)
63
VALORANT (PC)
2020年01月〜2020年07月