オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
TEPPEN公式サイトへ
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「TEPPEN」デッキガイド“赤緑強襲リオレウス”。MPブーストとバフで一気呵成に攻め立てる
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/12/14 12:00

攻略

「TEPPEN」デッキガイド“赤緑強襲リオレウス”。MPブーストとバフで一気呵成に攻め立てる

画像(013)「TEPPEN」デッキガイド“赤緑強襲リオレウス”。MPブーストとバフで一気呵成に攻め立てる
 ガンホー・オンライン・エンターテイメントとカプコンが共同開発したスマートフォンアプリ「TEPPEN」iOS / Android)。今回は,新拡張セット「The Devils Awaken」のリリースと同時に行われたバランス調整の結果,新たに浮上してきたデッキ“赤緑強襲リオレウス”を紹介しよう。

 前環境までは,「逆鱗」を用いたデッキが主流であったが,バランス調整によって「逆鱗」の弱体化と「強襲」の強化が行われた結果,現環境では“強襲リオレウス”というアーキタイプが新たに台頭した。使い勝手は“逆鱗リオレウス”に近いものがあり,基本的な扱い方はシンプル。レアリティの高いカードがあまり多くなく,組みやすいので,リオレウスが好きなプレイヤーや,始めたばかりのプレイヤーにオススメのデッキとなっている。

以前は25必要だったAPが19に大幅コスト減。第一線でも十分通用するヒーローアーツとなった
画像(001)「TEPPEN」デッキガイド“赤緑強襲リオレウス”。MPブーストとバフで一気呵成に攻め立てる

デッキ名:赤緑強襲リオレウス
ヒーロー:リオレウス / ヒーローアーツ:強襲
画像(002)「TEPPEN」デッキガイド“赤緑強襲リオレウス”。MPブーストとバフで一気呵成に攻め立てる

■カード情報
2/A/R/使命感
2/A/R/使命感
2/A/R/使命感
2/A/R/無の境地
3/U/R/シャイニング・タイガード
3/U/R/シャイニング・タイガード
3/U/R/マキ
3/U/R/マキ
3/U/R/マキ
3/A/R/上空からの強襲
3/A/R/上空からの強襲
1/A/G/三角跳び
1/A/G/三角跳び
1/A/G/三角跳び
2/A/G/武装解除
2/A/G/武装解除
2/A/G/武装解除
2/A/G/ビーストキャノン
2/A/G/ビーストキャノン
2/A/G/ビーストキャノン
3/U/G/アイルー
3/U/G/アイルー
3/U/G/アイルー
4/U/G/レイヤー
4/U/G/レイヤー
4/U/G/レイヤー
5/U/G/アイリス
5/U/G/アイリス
5/U/G/アイリス
5/U/G/神脚美技 春麗

画像(003)「TEPPEN」デッキガイド“赤緑強襲リオレウス”。MPブーストとバフで一気呵成に攻め立てる

■デッキコード
dyWWW4Nv0yWWWVd6A2WLXyJwRwJnjszLWWy5a9ZyWnLA7WWRj9lE7WW5Gto=7WJ2FaFLWWpjMWIL7WI2XbILWJ8CCEWWVIbvsqWWVYZCnqWWIdZCjHJW


基本的な戦略


 このデッキは,緑の「アイリス」「レイヤー」「アイルー」といったMPブーストのユニットを活かして,MP増加を加速させ,軽量のユニットを並べて強化していくのが基本的な戦い方だ。MPブーストつきのユニットは素のステータスこそ貧弱だが,「ビーストキャノン」などで強化することによって充分戦力となるので,タイミングを見て積極的に強化を狙っていこう。

MPブースト持ちだが素の攻撃力が1と貧弱。アクションで強化して戦闘要員としても活躍させよう
画像(004)「TEPPEN」デッキガイド“赤緑強襲リオレウス”。MPブーストとバフで一気呵成に攻め立てる

 また,横並べと相性の良いカードが,2MPで打てるアクション「使命感」だ。このカードは,「全ての味方ユニットの攻撃力+1」という効果を持っており,3体並んでいるときには抜群のコストパフォーマンスを発揮する。「強襲」を組み合わせて使えば,攻撃力を大幅にアップできるので,複数体のユニットを展開したときを狙うのがオススメだ。

2体でも2MPに対して十分なリターン。3体に使えれば破格のコストパフォーマンスとなる
画像(005)「TEPPEN」デッキガイド“赤緑強襲リオレウス”。MPブーストとバフで一気呵成に攻め立てる

 そして,各種強化アクションと相性が良いのが「連撃」持ちの「マキ」。1度に2回攻撃できるので,攻撃力アップ効果が実質2倍となるのが強みだ。使用MPが3と安めなのも魅力で,横並べとも相性が非常に良いユニット。MPブーストのユニットと共に並べて強化し,相手ヒーローへの大ダメージを狙っていこう。

3MPと軽量なので使いやすい連撃ユニット。HPが7と高めなのも良い
画像(006)「TEPPEN」デッキガイド“赤緑強襲リオレウス”。MPブーストとバフで一気呵成に攻め立てる

 地味にキーカードの1つとして活躍するのが,「空戦」を付与できる「上空からの急襲」だ。とくに「連撃」持ちのユニットとの相性が良く,緑単デッキと対峙した際には,このカードが勝負を決めることも少なくない。

ほかの強化アクションに比べるとやや重いが,「空戦」を付けられるのが魅力
画像(007)「TEPPEN」デッキガイド“赤緑強襲リオレウス”。MPブーストとバフで一気呵成に攻め立てる


一撃必殺の威力を持つ「無の境地」


 このデッキは,“逆鱗リオレウス”のようなワンショットキルを決めるのは難しいのだが,「無の境地」を用いた一撃必殺のプランは依然として健在。このアクションは,レジェンダリーなので1枚しかデッキに採用できないという制限があるものの,使用したアクションの数だけ攻撃力がアップする,という強烈なバフ効果を持っている。
 “逆鱗”に比べ,「空戦」がつかなかったり,アクティブレスポンスを挟んでしまったりする点は見劣りするが,それでも強力なアクションであることには変わりない。
 相手が対処できなければ即勝利に持っていけるカードなので,相手がある程度MPを使用したときを狙って使っていこう。

アクションカードを使用した回数が対象となるので,後半のバフ値は非常に高い
画像(008)「TEPPEN」デッキガイド“赤緑強襲リオレウス”。MPブーストとバフで一気呵成に攻め立てる

 また,一撃必殺の威力を持つユニットとして忘れてはならないのが,同じくレジェンダリーの「神脚美技 春麗」。相手が対処できるMPを持っていないタイミングで空き枠に置けば,勝負を決める一手となることもある。「強襲」と組み合わせれば即座にバフできるので,チャンスがあれば狙っていこう。

「俊敏」「連撃」という2つの能力を持つ,このデッキのフィニッシャーだ
画像(009)「TEPPEN」デッキガイド“赤緑強襲リオレウス”。MPブーストとバフで一気呵成に攻め立てる


デッキ相性


■緑単:有利

 “赤緑強襲リオレウス”の相性面は“逆鱗リオレウス”に近く,“あくび春麗”や“真の力ネロ”などの緑単デッキ相手には有利に戦える。緑単デッキの強化と“逆鱗”を失った影響で,以前ほど楽な戦いではなくなっているが,「上空からの急襲」によって「空戦」をつけられれば,相手の地上ユニットを無視できるのが大きい。もちろん,「武装解除」で対処されてしまう場合もあるが,相手の動きも比較的大振りになってしまい,こちらの小刻みな攻めに対応しにくくなるため,優位に戦える相手となっている。

相手の「武装解除」で「空戦」はなくなってしまうが,攻撃力のバフ値まではなくならないので致命傷にはならない
画像(010)「TEPPEN」デッキガイド“赤緑強襲リオレウス”。MPブーストとバフで一気呵成に攻め立てる


■紫単:苦手

 一方,苦手とするのは“3.5MPモリガン”や“テンプモリガン”“デビルトリガーダンテ”といった紫単のデッキだ。“3.5MPモリガン”に対しては「ベルトウェイ」によって盤面の主導権を握られてしまい,“テンプモリガン”“デビルトリガーダンテ”といった呼応系の紫単デッキには,「レイレイ」などの強力な呼応カードに対して,「武装解除」で抗うしか術がない。これらのデッキには負けて元々なので,ある程度割り切ってしまっても良い。

「レイレイ」に巨大化されると打つ手がないので,即座に「武装解除」で封印するしかない
画像(011)「TEPPEN」デッキガイド“赤緑強襲リオレウス”。MPブーストとバフで一気呵成に攻め立てる

 逆に,紫単のデッキを除けば,そのほかの多くのデッキには丸く対応できる。扱いもシンプルで勝ち筋も明確なので,初心者から上級者まで幅広く触ってほしいデッキだ。

「TEPPEN」公式サイト

「TEPPEN」ダウンロードページ

「TEPPEN」ダウンロードページ

  • 関連タイトル:

    TEPPEN

  • 関連タイトル:

    TEPPEN

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月04日〜08月05日
タイトル評価ランキング
92
82
あつまれ どうぶつの森 (Nintendo Switch)
67
仁王2 (PS4)
66
61
VALORANT (PC)
2020年02月〜2020年08月