オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「TEPPEN」デッキガイド“DON版ウロボロスウェスカー”。死と生の歪みで盤面をひっくり返す
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/09/20 17:00

攻略

「TEPPEN」デッキガイド“DON版ウロボロスウェスカー”。死と生の歪みで盤面をひっくり返す

 ガンホー・オンライン・エンターテイメントとカプコンが共同開発したスマートフォンアプリ「TEPPEN」iOS / Android)。今回は,「DAY OF NIGHTMARES(以下DON)」の新カードで大幅な強化を受け,新環境に旋風を巻き起こしている“DON版ウロボロスウェスカー”を紹介しよう。

画像(001)「TEPPEN」デッキガイド“DON版ウロボロスウェスカー”。死と生の歪みで盤面をひっくり返す

 「ウロボロス」は「自分の墓地にある最もMPの高いユニット1体を場に出す」ヒーローアーツで,これで高MPのユニットを何度も蘇らせて戦う。第1弾でも一定の勢力があったデッキではあるのだが,DONで新たに軽めのMPで墓地のユニットを復活できる「再生」や,条件を満たして使えば試合をひっくり返してしまうパワーカード「死と生の歪み」などの追加によって,より強力なデッキとして生まれ変わった。前シーズン以上に派手な動きをするようになったので,大技を決めるのが好きな人にオススメのデッキだ。

デッキ名:DON版ウロボロスウェスカー
ヒーロー:アルバート・ウェスカー / ヒーロー:アーツウロボロス
画像(002)「TEPPEN」デッキガイド“DON版ウロボロスウェスカー”。死と生の歪みで盤面をひっくり返す

■カード情報
1/A/B/身勝手な捕食
1/A/B/身勝手な捕食
1/A/B/身勝手な捕食
1/A/B/偽りの王座
1/A/B/偽りの王座
1/A/B/偽りの王座
2/A/B/殺戮の棘
2/A/B/殺戮の棘
3/U/B/ゾンビ
3/U/B/ゾンビ
3/U/B/ゾンビ
3/A/B/再生
3/A/B/再生
3/A/B/再生
4/U/B/T-002 タイラント
4/U/B/T-002 タイラント
4/U/B/T-002 タイラント
4/A/B/自業自得
4/A/B/自業自得
5/A/B/広がりゆく感染
6/U/B/T-103 タイラント
6/U/B/T-103 タイラント
6/U/B/T-103 タイラント
6/A/B/抹殺
6/A/B/抹殺
6/A/B/抹殺
8/U/B/イビルジョー
8/U/B/イビルジョー
8/U/B/イビルジョー
8/A/B/死と生の歪み

画像(003)「TEPPEN」デッキガイド“DON版ウロボロスウェスカー”。死と生の歪みで盤面をひっくり返す

■デッキコード
dyWWWVNv0yWWWje6tzW7XyJwRwgnsgtLWWLvMWgW7WJIWgJsKqWW77gnegILWtxyRwW5gUqLWW=vBWIHCqWWJ9URHLIW7WWuYSXWjT2m7WIRZ98u7WWYevHMWnILWWAWjWauLW


基本的な戦略


 大筋の戦略は,ヒーローアーツ「ウロボロス」で「イビルジョー」の復活を狙う。この場合,「イビルジョー」を墓地に送ることが前提となるが,そこで役立つのが,デッキ内のもっともMPが高いユニットを墓地に送る「偽りの王座」だ。これを使えば「イビルジョー」を確実に墓地に送れるので,隙を見てどんどん使っていきたい。

攻撃力6の臨戦は強烈。「撃破」効果で攻撃力が下がってしまうので,できれば敵ユニットがいないラインに出したい
画像(004)「TEPPEN」デッキガイド“DON版ウロボロスウェスカー”。死と生の歪みで盤面をひっくり返す

ウロボロスデッキは「イビルジョー」を墓地に送らなければ始まらない。このアクションを打つところからゲームがスタートすると言っても過言ではないのだ
画像(005)「TEPPEN」デッキガイド“DON版ウロボロスウェスカー”。死と生の歪みで盤面をひっくり返す

 また,これまでのウロボロスデッキは復活手段をウロボロスのみに頼っていたが,DONで軽めのMPで復活できるアクション「再生」が追加された。復活するユニットはランダムで選ばれるのだが,「イビルジョー」のみ墓地にいれば,「イビルジョー」を確実に復活できる。また,このデッキには,破壊されても山札に移動する「リベンジ」を持ったユニットを多く採用しており,墓地を「イビルジョー」のみに調整しやすいのも強みだ。

DONで新たに登場した復活カード。−1/−1の補正はかかってしまうが,3MPで5/7のイビルジョーを出せれば破格のコストパフォーマンスになる
画像(006)「TEPPEN」デッキガイド“DON版ウロボロスウェスカー”。死と生の歪みで盤面をひっくり返す


盤面をちゃぶ台返しできる「死と生の歪み」


 このデッキのもう1つの目玉は,DONで登場した新レジェンダリーカード「死と生の歪み」だ。8MPのアクションでコストは非常に重たいが,上手くハマればそれだけで勝負を決めてしまうほどの威力を持つ。

 このカードを使いこなすには,事前の仕込みが重要だ。復活するユニットは,墓地にいるユニットからランダムで選択されるので,高MPのユニットのみ墓地にいるタイミングを狙っていきたい。終盤になると,リベンジ発動後のユニットが墓地にいってしまい,復活するユニットが弱くなってしまいがちなので,使うタイミングは中盤が理想的。イビルジョーを2体以上確実に復活できる状況が使いどきだろう。

場にいるユニットをすべて「除外」できるので,どんな盤面でも解決できる。その後の効果で「イビルジョー」を3体場に出すことも夢ではない
画像(007)「TEPPEN」デッキガイド“DON版ウロボロスウェスカー”。死と生の歪みで盤面をひっくり返す

 ちなみに,「イビルジョー」以外の高MPのユニットでは「T-103 タイラント」も優秀。2/5で攻撃速度が1/2になる「鈍足」持ちはイマイチに見えるが,死亡時の効果で「T-103 スーパータイラント」を場に出せる。この「T-103 スーパータイラント」が2/8の「俊敏」「連撃」持ちと強力なので,総合的にはコストパフォーマンスが高いユニットとなっている。「イビルジョー」をうまく墓地に送れないときには,代わりにこの「T-103 タイラント」を復活要員として活用していこう。

破壊されてもスーパータイラントを新たに場に出すので,除去耐性が高い。破壊される前は「鈍足」で攻撃速度が遅いので,敵ユニットの正面に出すのがオススメ
画像(008)「TEPPEN」デッキガイド“DON版ウロボロスウェスカー”。死と生の歪みで盤面をひっくり返す

 「T-103 タイラント」と合わせて使うと有効なカードとして「自業自得」「身勝手な捕食」の存在も挙げておきたい。「T-103 タイラント」はスーパータイラントになる前の姿だと,「鈍足」が足を引っ張って放置されてしまいがち。そこで「自業自得」「身勝手な捕食」で破壊することによって,スーパータイラントを強引に場に出してしまおうというわけだ。とくに「自業自得」はデメリット効果をメリットに変えることで,非常にコストパフォーマンスの良いアクションとして使えるので,チャンスがあれば狙っていこう。

4MPという軽さが魅力の確定除去アクション。「T-103 タイラント」と合わせて使えば,味方ユニットを破壊するデメリットもメリットに転換できる
画像(009)「TEPPEN」デッキガイド“DON版ウロボロスウェスカー”。死と生の歪みで盤面をひっくり返す


デッキ相性について


 最後に,ウロボロスウェスカーのデッキ相性について簡単に触れておこう。

■赤単リュウ:有利
 相手のダメージカードに対し,除去耐性の高い「T-103 タイラント」が突き刺さる。相手のキーカードの「宿命に抗う者 リュウ」をきっちり「抹殺」などで除去できれば,そうそう負けないはずだ。

■緑単全般:有利
 こちらの「イビルジョー」に対しての効果的なカウンターを相手が持っていないので,復活し続ける展開になればそうそう負けないはず。最悪盤面を作られてしまっても「死と生の歪み」でなんとかすることもできる

■黒紫リベンジモリガン:有利
 ユニットのサイズでこちらが全体的に勝っており,リベンジ持ちのユニットはこちらにもいるので後半も引けをとらない。リベンジの墓地に送られない特性の関係で「死と生の歪み」が突き刺さる局面も多い。

■赤単抗体ジル:微有利
 早い段階で「真実の追及者 ジル」に「ヴェール」がつき,かつ「抗体の活性化」で強化されると処理できずに負けてしまうこともあるが,最悪これは「死と生の歪み」で処理できる。「ウロボロス」を駆使しつつ,相手のサイズが大きめのユニットを丁寧に処理すれば優位に戦えるはずだ。

■黒単選別リベンジウェスカー:微有利
 新登場した5コストの「アルバート・ウェスカー」のサイズの大きさに手こずるので,以前ほど有利な相手ではなくなった。とはいえ,手札事故を起こさなければスタッツの高さで押せるので,盤面の取り合いを優位に進められるはずだ。

■紫単4MPモリガン:五分
 このマッチアップは「イビルジョー」をいかに奪われないかどうかにすべてがかかっている。相手の「フォーアイズ」にコントロールを奪われ,復活する「イビルジョー」がいなくなると負けてしまうので,「身勝手な捕食」などを駆使して墓地の「イビルジョー」が0体にならないようにしよう。

■紫単停止モリガン:微不利
 「いぶき」「トリッシュ」といったユニットが呼応で成長してしまうと手がつけられなくなるので,「抹殺」で対処できるかどうかが勝負の鍵だ。また,「死と生の歪み」は相手のアクションで打ち消されないので,どうしようもない盤面を解決する切り札的な存在となる。

■赤緑逆鱗リオレウス:不利
 即座に敵ユニットを除去できるアクションのコストが重たく,除去が追いつかないことが多い。少しばかり優位盤面を築いても,隙をつかれて「連撃」持ちのユニットを「逆鱗」で強化され,「猪突猛進」を重ねられるだけで負けてしまう。先に「抹殺」などで除去しても,残ったユニットに後出しで「逆鱗」を使われてしまうので,極力相手の「逆鱗」の後に「抹殺」をカウンターで打っていこう。

「TEPPEN」公式サイト

「TEPPEN」ダウンロードページ

「TEPPEN」ダウンロードページ

  • 関連タイトル:

    TEPPEN

  • 関連タイトル:

    TEPPEN

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月12日〜11月13日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年05月〜2019年11月