オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

HMZ

このページの最終更新日:2012/09/06 12:25:09 HMZ

  • RSS
ニュース一覧

二次元はすぐそこまで来ている! 「AnimeJapan 2014」で,「アイドルマスター ワンフォーオール」のアイドル達と会ってきた

二次元はすぐそこまで来ている! 「AnimeJapan 2014」で,「アイドルマスター ワンフォーオール」のアイドル達と会ってきた

 2014年3月22日と23日,東京ビッグサイトにて開催された「AnimeJapan 2014」。アニメ関連のさまざまな出展が行われた同イベントだが,その中からソニーマーケティングブースで開催されていた「限定仕様ヘッドマウントディスプレイ」体験会の模様をお届けしよう。なんと765プロのアイドル達と仮想空間でご対面できるという,スペシャルな内容となっていた。

[2014/03/25 18:46]

ソニーの第3世代HMD「HMZ-T3W」「HMZ-T3」,発売日が11月23日に決定。予約は8日から受付開始

ソニーの第3世代HMD「HMZ-T3W」「HMZ-T3」,発売日が11月23日に決定。予約は8日から受付開始

 2013年11月7日,ソニーは,ヘッドマウントディスプレイ新製品「HMZ-T3W」「HMZ-T3」の発売日が,11月23日になったことを発表した。11月8日からは予約受付を開始するとのことなので,待ち望んでいた人は,予約に走ったほうがいいかもしれない。なお,製品発表時点でのメーカー想定売価は順に,約10万円前後,約8万円前後となっている。

[2013/11/07 16:28]

[TGS 2012]「.hackの世界」実現も近い? ソニーの特製ヘッドマウントディスプレイを使った仮想現実実験にサイバーコネクトツー松山氏驚く

[TGS 2012]「.hackの世界」実現も近い? ソニーの特製ヘッドマウントディスプレイを使った仮想現実実験にサイバーコネクトツー松山氏驚く

 ソニーがヘッドマウントディスプレイの新しい可能性を示すため,東京ゲームショウ2012の会場で特殊な公開実験を行っている。今回のデモのために作られた特別モデルを使い,リアルとバーチャルの入り混じった映像体験をもたらすというのだ。今回は,サイバーコネクトツー社長の松山 洋氏による体験デモを取材してきたのでさっそく紹介したい。

[2012/09/20 16:01]

ソニー,720p&立体視対応ヘッドマウントディスプレイの新型「HMZ-T2」を国内発表。さっそく使ってみた

ソニー,720p&立体視対応ヘッドマウントディスプレイの新型「HMZ-T2」を国内発表。さっそく使ってみた

 2012年9月11日13:00,ソニーは,ヘッドマウントディスプレイの新製品「HMZ-T2」を発表した。720p解像度の有機ELパネルを2枚搭載して立体視を可能にするという基本仕様は第1世代モデル「HMZ-T1」そのままに,使い勝手を大幅に改善してきたのが特徴だ。短時間ながら実機に触れられたので,ファーストインプレッションをお届けしたい。

[2012/09/11 13:00]

Sony Europe,有機ELパネル採用ヘッドマウントディスプレイの新型「HMZ-T2」を発表。前モデル比で20%の軽量化を実現

Sony Europe,有機ELパネル採用ヘッドマウントディスプレイの新型「HMZ-T2」を発表。前モデル比で20%の軽量化を実現

 Sony Europeは,有機ELパネルを採用し,3D立体視に対応するヘッドマウントディスプレイの最新モデル「HMZ-T2」を発表した。HMZ-T2は,昨年発売され,話題となった「HMZ-T1」の後継となる製品。標準搭載されていたスピーカーをなくし,手持ちのイヤフォンやヘッドフォンが使えるようにするなどして,軽量化されたのがトピックだ。

[2012/08/30 17:17]

ヘッドマウントディスプレイ「HMZ-T1」で3DTV Playが可能に。NVIDIA,3D Vision向けパッチを公開

[2011/11/15 11:34]

ソニー,ヘッドマウントディスプレイ「HMZ-T1」の体験イベントを青山で実施

[2011/10/20 18:30]

ソニー,720p解像度の有機ELパネルを搭載したヘッドマウントディスプレイを発表。3D立体視にも対応

ソニー,720p解像度の有機ELパネルを搭載したヘッドマウントディスプレイを発表。3D立体視にも対応

 ソニーは,1280×720ドット解像度で0.7インチサイズの有機ELパネルを左右の目それぞれに向けて1枚ずつ搭載し,3D立体視表示に対応したヘッドマウントディスプレイ「HMZ-T1」を発表した。2011年11月11日に発売予定で,予想実売価格は6万円前後。映像を表示するパネルが左右の目に対して1枚ずつ用意されているため,原理上,クロストークが発生しないのが特徴だ。

[2011/08/31 18:31]

全ての記事を表示する

トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月20日〜09月21日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
76
Days Gone (PS4)
74
2019年03月〜2019年09月