オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
ソニー,720p解像度の有機ELパネルを搭載したヘッドマウントディスプレイを発表。3D立体視にも対応
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2011/08/31 18:31

ニュース

ソニー,720p解像度の有機ELパネルを搭載したヘッドマウントディスプレイを発表。3D立体視にも対応

 ソニーは,1280×720ドット解像度で0.7インチサイズの有機ELパネルを左右の目それぞれに向けて1枚ずつ搭載し,3D立体視表示に対応したヘッドマウントディスプレイ「HMZ-T1」を発表した。2011年11月11日に発売予定で,予想実売価格は6万円前後。映像を表示するパネルが左右の目に対して1枚ずつ用意されているため,原理上,クロストークが発生しないのが特徴だ。

ソニー,720p解像度の有機ELパネルを搭載したヘッドマウントディスプレイを発表。3D立体視にも対応

 HMZ-T1では,約20m先に750インチサイズの仮想画面が見えるような設計になっているとのこと。有機ELパネルの応答速度は0.01ms以下と,一般的な液晶パネルと比べて圧倒的に高速なため,動きの速いゲームを大画面でプレイしたいという要望に応えてくれるかもしれない。
 なお,本機にはオープンエアタイプのヘッドフォンが備えられており,ソニー独自のサラウンド技術「VPT」(Virtual Phones Technology)により,バーチャル5.1chサラウンドサウンド出力に対応するのも特徴となっている。

 なお,HMZ-T1は,頭部に取り付ける「ヘッドマウントユニット」と,「プロセッサーユニット」の2パーツ構成。プロセッサーユニットにHDMI経由で入力すると,映像と音声が処理されてヘッドマウントユニットへケーブルで送出される仕組みだ。

HMZ-T1製品紹介ページ


####以下,リリースより####

世界初(※1)HD有機ELパネル搭載 3D対応ヘッドマウントディスプレイを発売
―目の前に映画館クラスの仮想ワイドスクリーン(※2)が広がる、新たな3D視聴スタイルを提案―

 ソニーは、頭部に装着することで、映画館クラスの仮想ワイドスクリーン(750型相当(※2))が目の前に広がり、2Dおよび3DのHDコンテンツを楽しめるヘッドマウントディスプレイ“Personal 3D Viewer”『HMZ-T1』を発売します。(※3)

 本機は、ソニー独自のディスプレイ技術と半導体技術による新開発0.7型の「HD有機ELパネル」(1280×720)を搭載。有機ELパネルの高コントラスト、色再現性、高速応答性能を生かした高品位なHD映像を実現します。さらに左目用と右目用に2枚のパネルを搭載し、左右それぞれに独立したHD映像を表示して3Dを実現する「デュアルパネル3D方式」を採用。クロストークのない、自然で明るい高純度な3D映像を楽しむことができます。また、収差や歪みを徹底して抑えた光学レンズの採用により、広い視野(広水平視野角45度)を実現し、映画館クラスのワイドスクリーン(仮想画面サイズ750型相当、仮想視聴距離約20m)(※2)で鑑賞できます。音質面では、ソニー独自のバーチャルサラウンド信号処理技術を採用。高画質の3D映像とあわせて、左右のヘッドホンだけで最大5.1ch相当の迫力ある音響効果を楽しむことができます。
ソニーグループは、業務用の3D撮影・編集機器や映画館用システムから、液晶テレビ〈ブラビア〉、ホームプロジェクター、ブルーレイディスク機器、パーソナルコンピューター VAIO、「プレイステーション 3」、そして、3Dのパーソナルコンテンツの撮影ができる“ハンディカム”、“サイバーショット”などに至るまで、幅広い3D製品や3Dのコンテンツ制作システムを展開してきました。そして本機では、リビングルームのソファーなどでリラックスして装着し、映画館にいるような臨場感を楽しめる新しい3D視聴スタイルを提案し、ソニーの3Dワールドをさらに広げてまいります。

ソニー,720p解像度の有機ELパネルを搭載したヘッドマウントディスプレイを発表。3D立体視にも対応 ソニー,720p解像度の有機ELパネルを搭載したヘッドマウントディスプレイを発表。3D立体視にも対応

<主な特長>
  1. 「HD有機ELパネル」が描き出す高品位な映像
  2. クロストークのない「デュアルパネル3D方式」による自然で明るい高純度3D映像
  3. 映画館クラスのワイドスクリーン(仮想画面サイズ750型相当、仮想視聴離約20m)※2と同等の広水平視野角45度を実現する光学レンズと、深い没入感を生むシールディング構造
  4. 臨場感溢れる「5.1chバーチャルサラウンド技術(Virtualphones Technology)」

※1 民生用3D対応ヘッドマウントディスプレイとして(2011年8月31日発表時点)
※2 体感サイズには個人差があります。
※3 ヘッドマウントユニットの接続ケーブルを、同梱のプロセッサーユニットに接続し、プロセッサーユニットをHDMIケーブルでブルーレイディスク機器などの再生機器に接続する必要があります。

<主な特長(詳細)>
■「HD有機ELパネル」が描き出す高品位な映像
 ソニー独自の有機ELディスプレイ技術と半導体シリコン駆動技術により、0.7型(対角18.0mm)の「HD有機ELパネル」(1280×720)を実現。有機ELの高コントラスト、色再現性、高速応答性能と合わせ、奥行きがあり、なめらかで高品位な映像を楽しめます。有機ELディスプレイに関しての詳細はこちらよりご覧ください。

●高コントラスト
 自発光方式の有機ELパネルは、測定限界を超えた、圧倒的な高コントラスト比を実現します。映像本来の限りなく深い黒を表現することができるため、イルミネーションが輝く夜景や大輪の花火が放つ強いきらめきも、くっきりと美しく表示することが可能です。

●色再現性
 有機ELの特長である、明るく純度の高い発色となめらかな階調表現を最大限に引き出すために、信号処理回路を新開発。地上デジタル放送やブルーレイディスクなどの8ビット映像を、14ビット相当の階調表現で再現できるソニー独自の「Super Bit Mapping for Video(SBMV)技術」を採用。わずかな色の違いも忠実に再現します。

●高速応答性能
 有機ELパネルは電流を流した瞬間に発光するため、高速応答性能(応答速度:0.01ms 以下)に優れています。スポーツやゲームなど動きの速い映像も、残像が少なく、なめらかで自然に表現することができます。

レンズ交換式デジタル一眼カメラ“α77”、“α65”、『NEX-7』の電子ビューファインダー(EVF)には、独自開発の0.5型(対角 12.7mm)、XGAの有機ELディスプレイを搭載しています。(2011年8月24日発表)

■クロストークのない「デュアルパネル3D方式」による自然で明るい高純度3D映像
 一般的に、3D表示を1枚の画面で行う方式には、左右用の画面を高速で切り替えて表示するフレームシーケンシャル(FS)方式や、左右用の映像を走査線ごとに一つおきに表示するライン・バイ・ライン(LBL)方式などがあります。FS方式では左右用の映像が完全に切り替わらず混ざるクロストーク現象が発生しやすく、LBLでは画素数が半分になります。
本機は左目用、右目用それぞれのパネルに独立した左右用の3D映像を常に表示する「デュアルパネル3D方式」を採用しているため、クロストークがありません。また、左右用のそれぞれのパネルでHD映像を表示するため、高画質かつ今までにない自然で明るい高純度な3D映像を楽しむことができます。

■映画館クラスのワイドスクリーンと同等の広水平視野角45度を実現する光学レンズと、深い没入感を生むシールディング構造
 ソニーのプロジェクターで培った光学レンズの技術をもとに、広水平視野角45度を実現する光学レンズを搭載しており、20m先に仮想画面サイズ750型相当※2の大画面映像で、映画館のような映像空間を楽しむことができます。また、低収差・低歪みを実現した、シアター本来の映像を再現しています。目の前に広がる映像は、3Dの迫力を体感しながらも、小さな字幕も読み取ることができます。

 また、本機は、映像視聴領域(45度)を超える人の最大視野(約200度)を覆うデザインになっており、視聴対象外の情報を遮断し、深い没入感を生み出します。付属のライトシールド(遮光板)を用いることで、下からの光も遮り、更に没入感を向上して楽しむことができます。

■臨場感溢れる音で楽しめる「5.1chバーチャルサラウンド技術(Virtualphones Technology)」を搭載
 ヘッドホン用に開発された、ソニー独自のサラウンド信号処理技術「5.1chバーチャルサラウンド技術(Virtualphones Technology)」を採用。“Virtualphones Technology(VPT)”は、聞こえてくる音源があたかも前方や後方に置いたスピーカーから自然に再生されているような音場を作りだします。最大5.1ch相当のマルチチャンネルオーディオで楽しめるので、3Dの立体感と相まってリアルな臨場感を体感できます。

●4つのサラウンドモードを搭載
 コンテンツに合わせて選べる4つのサラウンドモードを搭載しています。「スタンダード」に加えて、映画館のようなサラウンド音響を楽しめる「シネマ」、ゲームに重要な明確な方向感を再現する「ゲーム」、モニタースタジオで聴くような、原音に忠実な再生音を楽しめる「ミュージック」など、最適なサラウンドモードで楽しむことができます。

<その他の特長> ※詳細は商品ホームページをご確認ください。
■接続した再生機の基本操作ができる、本体コントロールキーを搭載
 本機のコントロールキー(前方裏)により、音量調整や接続されたHDMI機器制御機能に対応した機器の基本操作(再生、一時停止、早送り、早戻し、チャプター送り、チャプター戻しなど)ができます。また、メニュー画面で画質モード、音質モードの設定なども可能です。

■非装着時に自動でパネルの発光を消す、装着センサーを搭載
 装着センサーにより、非装着時にはパネルの発光を自動で消すことで、環境にも優しい使い勝手を実現しています。非装着のまま一定時間が経過した場合は自動でスタンバイ状態に移行、消し忘れを防ぐこともできます。

■テレビに出力するためのHDMIスルー出力を装備
 同梱のプロセッサーユニットには、ヘッドマウントユニットに映像・音声信号と電源を送出するHMD出力に加えて、テレビと接続するためのHDMIスルー出力を1系統装備。コンテンツをテレビと本機で楽しむという使い分けが、HDMIケーブルを繋ぎ換えることなく可能です。

『健康への配慮』
●年齢制限
 本機を適切にご使用頂ける年齢や、子どもの成長過程への影響等を考慮して、小中学生と幼児(15才以下の子ども)には使用させないよう、お客様にお願いすることにしています。

●使用時の注意事項
 乗り物酔いの症状が出やすい揺れの激しい環境(車の中など)では、使用しないよう、お客様にお願いすることにしています。

<先行展示>
 本製品は、銀座・ソニーショールーム、ソニーストア 名古屋、ソニーストア 大阪にて9月10日(土)より先行展示いたします。
ソニーショールーム発売前先行展示情報

主な仕様
ソニー,720p解像度の有機ELパネルを搭載したヘッドマウントディスプレイを発表。3D立体視にも対応

※VAIOはソニー株式会社の登録商標です。
※「プレイステーション 3」は株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントの商品です。
※「プレイステーション」は株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントの登録商標です。※
記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

■市場推定価格
ヘッドマウントディスプレイ『HMZ-T1』
60,000円前後

※「市場推定価格」は、発売前の製品について、市場での販売価格を当社が推定したものです。
なお、製品の実際の販売価格は、各販売店により決定されます。

HMZ-T1製品紹介ページ

  • 関連タイトル:

    HMZ

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月18日〜09月19日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
76
Days Gone (PS4)
74
2019年03月〜2019年09月