オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[E3 2008#48]オペフラの続編「Operation Flashpoint 2」&SF MMOや西部劇スチームパンクアクションなど,バラエティ豊かなCodemasters
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2008/07/22 20:53

イベント

[E3 2008#48]オペフラの続編「Operation Flashpoint 2」&SF MMOや西部劇スチームパンクアクションなど,バラエティ豊かなCodemasters

オペレーション フラッシュポイント: ドラゴン ライジング 日本語版

 Colin McRaeシリーズや「Race Driver: GRID」などで知られるCodemastersは,イギリスを本拠にするパブリッシャ/デベロッパだ。1986年にRichard Darling氏とDavid Darling氏によって設立された会社だったが,2007年に投資会社であるBalderton Capitalへ売却され,方向転換が始まり北米やアジアなどへ進出を開始。E3 Summit 08を主催する業界団体ESA(Electronic Software Association)からの脱退は表明していたものの,会場内には2か所の展示スペースを設ける力の入れようだった。
 展示スペースのうち一つは,訪問した人が誰でも見られるようになっており,アクションRPG「Rise of the Argonauts」が出展されていた(関連記事)。本稿では,プライベートエリアに展示されていたPC用のゲーム「Operation Flashpoint 2: Dragon Rising」「Jumpgate Evolution」「Damnation」の三つを紹介しよう。いずれも日本での発売は未定だが,Codemastersの日本支社が設立されたので,いままでよりはスムースにことが運びそうだ。

Operation Flashpoint 2: Dragon Rising


オペレーション フラッシュポイント: ドラゴン ライジング 日本語版

オペレーション フラッシュポイント: ドラゴン ライジング 日本語版
 Operation Flashpoint 2: Dragon Risingは,広大な戦場を舞台にしたFPSで,一見さんお断り的な難度の高さが受けて世界中で大人気となったOperation Flashpointの続編だ。1作目を開発したBohemia Interactive StudioとCodemastersの間で,続編の方向性について見解の相違があったため,このゲームはCodemastersが独自に開発を行っている。
 1作目ではアメリカ対ロシアの戦いが描かれたが,本作ではサハリン島(樺太島)を舞台に,アメリカ,ロシア,そして中国が激突する。サハリン島の再現には力を入れており,開発スタッフ達が実際に現地を訪れ,建物や道といった人工物だけでなく,丘や森などの自然も本物に似せて制作しているという。
 再現に気合いを入れているのはマップだけでなく,武器は70種類,乗り物は50種類も登場。約7万5000平方キロメートルという広大なマップで,ビークルに乗って移動しながら戦える。
 マルチプレイには,8人までのCo-opと,32人が同時に戦うモードが用意されており,どちらのモードでもSquaddie(新兵)と呼ばれるNPCがプレイヤーの指示に従って行動するため,マップが広すぎて誰にも会えないといったことはないようだ。
 なお,発売は当初の発表からは遅れ,2009年に延期されている。また,Xbox 360版とPLAYSTATION 3版が対応プラットフォームに追加されたために,全体的な難度は1作目よりもかなり下げられるようだ。気がついたら長距離射撃で殺されていた,というようなことはなくなりそうである。

オペレーション フラッシュポイント: ドラゴン ライジング 日本語版

Jumpgate Evolution


オペレーション フラッシュポイント: ドラゴン ライジング 日本語版
 Jumpgate Evolutionは,改造車を乗り回せるオンラインゲーム「Auto Assault」などを手がけたNetDevilが開発中のSF MMORPGだ。
 本作では,宇宙を舞台にそれぞれ敵対する3組織の中からいずれかを選び,自組織の勢力拡大に向けて,戦いや貿易を行う。ミッションはランダムで生成され,プレイヤーはそれをこなしつつお金を貯めて自分の宇宙船をグレードアップさせていく。
 宇宙船を改造すれば,戦いやすくなるだけでなく,積載量が増えるのでお金を儲けやすくなるようだ。ちなみに所属している組織によってミッション内容は異なり,ことによっては他組織のプレイヤーを倒すことが必要なこともあり,PvPを好まないプレイヤーにとっては,ちょっとつらいミッションがあるかもしれない。また,プレイヤーが所属できない組織も存在し,それらがミッションに絡んでくることもある。

オペレーション フラッシュポイント: ドラゴン ライジング 日本語版

 キャラクターの成長方法は多くのMMORPGとは異なっており,経験値を得て自動的にレベルアップするわけではない。ゲームを通じてライセンスを手に入れると,行動できる範囲が広がるという仕組みである。レベルアップするためだけに戦闘を繰り返す必要はなさそうだ。実際に大勢のプレイヤーが遊び始めてみないと結論は出せないが,かなり画期的なシステムかもしれない。
 本作のサービス開始時期やβテストの開始日は公表されていない。だが,公式サイトではテスターの登録受付が始まっているので,そう遠くないうちに実際に遊べるときがやってきそうだ。
 ちなみに,MMOの開発には多くの人間が関わると思われがちだが,NetDevilはわずか5人で本作の制作を行っているという。

オペレーション フラッシュポイント: ドラゴン ライジング 日本語版 オペレーション フラッシュポイント: ドラゴン ライジング 日本語版

Damnation


オペレーション フラッシュポイント: ドラゴン ライジング 日本語版

オペレーション フラッシュポイント: ドラゴン ライジング 日本語版
 Damnationは,西部劇風の世界観にSFの要素が加わった3人称視点のアクションゲームだ。設定だけを聞くと色物感が漂うが,広大なマップを,オートバイやバギーといったさまざまな乗り物で移動しながら戦えるという,意外と力の入った作品である。しかもマップは,横方向だけでなく縦方向,つまり上方にも広がっており,高さを生かした仕掛けが用意されているのだ。
 高低差の少ないゲームの場合は,土嚢といったちょっとした物陰に身を隠せばリロードなどもやりやすかったが,本作ではそうはいかない。壁に身をへばりつかせていても,上方から雨の如く銃弾を浴びせられることもある。また,左右だけを確認して飛び出してしまうと,死角から敵が降ってくるように現われるときもあるという。もちろんマップの高さを生かせるのは敵だけではない。プレイヤーもロープを伝って屋根の上によじ登って移動して,敵の背後から一撃を食らわすことも可能だ。また,ロープにつかまったままターザンのよう降りつつ銃を撃つこともでき,かなりトリッキーなアクションを楽しめる。
 パッと見には到達不可能と思えるような場所にも行け,同じマップでも目的地までのルートは多い。どのルートを選択するかによって,展開は大きく変わる。繰り返しのプレイにも向いていそうだ。
 本作の公式サイトはオープンしておらず,公開されている情報もあまり多くない。開発元であるBlue Omega Entertainmentは,Damnationがデビュー作と考えると,発売時期は2008年秋から延期されるかもしれない。

オペレーション フラッシュポイント: ドラゴン ライジング 日本語版 オペレーション フラッシュポイント: ドラゴン ライジング 日本語版
オペレーション フラッシュポイント: ドラゴン ライジング 日本語版 オペレーション フラッシュポイント: ドラゴン ライジング 日本語版
オペレーション フラッシュポイント: ドラゴン ライジング 日本語版
  • 関連タイトル:

    オペレーション フラッシュポイント: ドラゴン ライジング 日本語版

  • 関連タイトル:

    Jumpgate Evolution

  • 関連タイトル:

    Damnation

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月19日〜07月20日