オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

オペレーション フラッシュポイント: ドラゴン ライジング 日本語版

オペレーション フラッシュポイント: ドラゴン ライジング 日本語版
公式サイト http://www.codemasters.com/flashpoint2/
発売元 イーフロンティア
開発元 コードマスターズCodemasters
発売日 2010/01/29
価格 8190円(税込)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
66
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • リアル系では一番遊びやすい作品 80
    • 投稿者:halcyon(男性/20代)
    • 投稿日:2011/09/03
    良い点
    ・「リアル系」の中では一番バランスが取れている
    過去のOFP、ARMAどれをとってみても「リアルさ」と「ゲームとしての遊びやすさ」のバランスが一番取れているのがDRだと思う。
    ARMAほどシビアではなく、最新作のRRよりはリアルであり気軽にリアル系FPSが遊べる

    ・グラフィックと音がいい
    要求スペックが高いものの、画像の処理がうまいのか同じスペックであればARMA2より高画質が快適に動く。
    音に関してもかなりリアルな作り込みをしているので気分が盛り上がる。

    ・ミッションエディターがある
    最新作では残念ながらなくなってしまったが、やはりOFPシリーズの醍醐味の一つがミッションエディターだろう。
    自分や他人が作ったミッションで遊べるのでいつまででも遊べる。
    テンプレートの音声もついているので、かなり凝った演出が気軽にできる。
    悪い点
    ・コンシューマーに特化してしまった事
    PC用として見ると、インターフェイスがコントローラーメインの為少し使いにくい。
    PC版にだけリーンを追加するなどしてくれてもよかったのでは?

    ・AIがランボープレイをする事
    交戦距離が長くなる為バースト撃ちではまず当たらず単発で撃つしかないのだが、AIは全く気にせず銃を乱射しリアルさに欠ける。
    非公式ながらAI改善MODを入れれば済む話ではあるが…

    ・キャンペーンが単調すぎる
    一体どういう背景で派遣されて戦うのかの説明はあるものの、キャラクターの特徴も何もなくいきなり戦場に放り出される感じのキャンペーンはあまり入り込めるものではない。
    内容も短く、お世辞にもいいキャンペーンとは言えない。

    ・MODののサポートを切った事
    OFPと言えばユーザーメイドのミッションだけではなく、MODの開発も盛んで素晴らしいMODがいくつもあったが、今作からはMODの導入を推奨しなくなりほとんどMODも開発されていない。

    ・癖のあるグラフィック
    レースゲームのエンジンを使用している為か、最初はかなり酔う。
    それと遠距離のテクスチャーの性質なのか、遠くにいる敵は地上30cmあたりを文字通り「浮遊」している。
    これが400mあたりから起こるので、もろに交戦距離であるので興醒めしてしまう事も…
    総評
    リアル系の中ではダントツでバランスが良い。
    移動距離が異常に長いものの、それはこのてのゲームの特徴で個人的には全く気にならないので欠点にはしなかった。
    キャンペーンが全く面白くない事を除けば概ね満足だ。

    買った当初はARMA2と比べてかなり欠点も目立ったが、1年以上遊んでいて魅力的な部分もかなりある事に気づいた。

    自分でMODを入れたり大規模戦を楽しんだりするのでなければODP:DRがリアル系ゲームでは一番良いゲームだろう。
    プレイ時間
    200時間以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 5 2 5
  • 広いマップを生かせていない 70
    良い点
    ○マップ(良いところ)
     一方通行のFPSと違い、非常に広く自由度の高いマップになっています。
     状況によって高台からの狙撃や、回り込んだ奇襲など、よりリアルな
     戦闘ができます。

    ○リアルな戦闘
     被弾すれば出血し、放っておけば出血死。
     当たり所が悪ければ即死するし、一人で突っ込めば大抵生き残れない。
     シリーズを通して比較するとだいぶカジュアル寄りのバランスになっているが、
     本格的なリアル志向のFPS入門には丁度良いのではないだろうか。

    ○見えない敵の恐怖
     戦闘態勢に入った敵は、物陰に隠れたり茂みに伏せたりします。
     何処から襲われるか分からない緊張感はすばらしい。
    悪い点
    ×マップ(悪いところ)
     攻撃目標までの距離が1キロ以上あることが多く、ジープなどの移動手段はある
     ものの、移動に時間がかかり、非常にテンポが悪いです。
     いくらリアル志向でも、ゲームとしてのバランスを考えると逆効果。

     広いマップの中に集落はほとんど無く、ひたすら見えるのは山。
     立ち寄った村で突然戦闘が始まるとか、移動中奇襲されるとか、そういった
     盛り上がりに欠ける。

     結局当たり判定に覆われたマップでは無いだけで、行動は一本道になってしまう。

    ×遠くのオブジェクトのローポリ化
     これは3Dのゲームではよく使われている手法ですが、負荷軽減のため、遠くの
     オブジェクトをローポリゴン表示にしています。
     これはプレイヤーが近づけば鮮明になりますが、望遠鏡などでズームすると
     ローポリのままです。(オプションで変更できたらごめんなさい)
     これにより、遠くの敵ほど地形から浮いて見え、リアルさが半減します。

    ×AIの読み込み
     プレイヤーが一定の距離に入るとAIが反応するようなつくりになっているのか、
     時々遠くの敵キャラクターが一列に並んで同じポーズをしているのを見かけます。

    ×視点移動
     乗り物を操作中、視点移動ができません。
     戦車などで後ろが見えないというのは仕方がありませんが、車を運転中左右が
     見えないのは致命的です。

    ×車載武器
     運転をAIに任せ、自分が火気を操作する際、地形の凹凸が直に影響します。
     起伏の激しい道を走行中は敵に当てることはまず不可能で、目が回ります。
     
    総評
    オンラインのカジュアルなFPSに慣れた人には難しく感じるかもしれません。
    また、有名なCoDシリーズや、BFシリーズなども違います。
    強力な戦闘ヘリでも小銃弾で墜落し、戦車や装甲車でもロケット弾であっけなく行動不能になります。
    理不尽に見えて、実は当たり前。
    そういったリアリティを楽しむゲームです。

    ちなみにsteam版を購入しましたが、完全日本語化が可能です。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 3 3 3
  • かなりカジュアルになった 65
    • 投稿者:oneisan(男性/20代)
    • 投稿日:2010/12/23
    良い点
    ・今までもOFP系列の中ではもっともカジュアルで遊びやすい
    ・グラフィックがきれい
    ・自分でミッションを作れる
    ・FPSの中ではかなりリアルな方
    ・AIはARMAよりもストレスなく動き、何よりバグが少ない
    悪い点
    ・コンシューマー向けなのでキーボード入力は不満が残る
    ・遊びやすい分、今までもOFPの様なものを期待できない
    ・MODにはかなり消極的
    ・ストーリーが面白くない
    ・リーんが出来ない
    総評
    コンシューマー向けに生まれ変わったOFP最新作
    正直なところX-BOXのコントローラーでやった方が面白い、というかコントローラーでやるべきゲームな気がします
    キーボードでは味方へのコマンドの操作性が悪いので少しストレスがたまるかもしれません

    ARMAのようにMODをバンバン入れて、とにかくリアルな戦場を体験したい!という人にはあまりお勧めできませんが
    COD等のゲームからもうちょっとリアルなゲームがやりたい!という人にはかなりお勧めのゲームです
    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 3 2 3
  • 初代OFPとは別物として見ればいくぶん楽しめるか 50
    • 投稿者:FAV(男性/20代)
    • 投稿日:2010/09/13
    良い点
    ・バグが少ない
     フラグが立たずにクリアできないといった場面には遭遇しなかった

    ・障害物に引っかからない
     建物内部でもストレスなく移動できる

    ・カジュアルになったとは言え精密射撃が必要
    悪い点
    ・地形や雰囲気がゲームっぽく壮大な感じがない
     はじめた瞬間 Battle Field 2 に似てると思った

    ・部下は再復活するので守る必要がない

    ・結構な攻撃を受けてもなかなか死なない

    ・NVGが必要ないほどの月明かり

    ・走るのが遅い
     カジュアルになっている故に遅く感じてしまう

    ・ストーリーは淡々とミッションを進めるだけで、初代OFPのようなドラマはない
    総評
    良くも悪くもコンシューマ的な作品といったところ。
    グラフックも質の割には軽いが、PCとしては物足りないものになっている。
    また操作もコントローラーに合わせて作っているせいか、マウスとキーボードではいくぶんやりづらいと思ったところもあるが、システム的には初代 OFP や ArmA2 よりしっかり作りこんであるので、目立ったバグもなくその点ではストレスを感じることはなかった。

    ただ前作をやりこんだプレイヤーから見れば大幅な退化というか、全く別物の作品と言っていいわけで、緊張感もなければやりがいもないと思わずにはいられない。やはり万人向きというか知らない人が初めてパッケージを見て買っても後悔しないソフトになっている。もっともハードコアなファンは ArmA2 の存在を知っているだろうから、あまり問題はないかもしれない。
    悪い点としてあげたのは初代 OFP 好きから見て物足りないといったことがほとんどである。

    一方、ストーリーにドラマ性がまったくなく、ただ戦闘を繰り返していくだけなのは残念。部下にも存在感がなく名前も覚えずにストーリーが終わってしまった。初代 OFP のように、戦争にかかわる兵士の物語も織り交ぜるなどしてストーリーが展開していけば、かなり面白い作品に仕上がったと思う。
    プレイ時間
    5〜10時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    2 2 3 2 2
  • 過去の作品を知るユーザには物足りない 50
    • 投稿者:wheel(男性/30代)
    • 投稿日:2010/06/15
    良い点
    グラフィックの質は前作を超える圧倒的な向上が見える。特に煙のエフェクトは多様で小さい爆発から大きい爆発まで様々きれいに作り込まれているので、よりよいグラボを持ち、より解像度の高いプレイを楽しめば臨場感は増し、没頭できるだけのクオリティがある。草原などの地形も細かく作られているが負荷は感じず、軽い動作が期待できる。
    悪い点
    PCキーボードならではのボタン数の多さ、設定できるショートカットの自由度が生かされていない。戦争という緊張感や緊迫感の漂う中ですばやい移動、すばやい反応、すばやい対応がFPSには常に求められる中で、HUDを開き、そして選択するといったのんびり操作感は最悪。武器や装備の切り替えは画面を見ずとも1つのボタン操作でできるような作りは必須といえる。
    総評
    FPSというゲームとしては盛り上がりは今ひとつ。既にメインユーザはコンシューマ向けとしてのゲームであり、全クリ後にまた最初からリトライしたいと思えるレベルではない。これは主にビギナー向けのFPSであり、OFPシリーズ第一作での当時のわくわく感とは差があり、本作に購入に期待を膨らませているなら、その期待は最近のグラフィックやエフェクト表現の体感に限定すべきである。コンシューマ機でこの手のゲームも主流となった今、PCならではの操作感は皆無。
    プレイ時間
    5時間以下
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 3 2 2
  • シングルプレイはストレスが… 50
    • 投稿者:ハメジ(男性/30代)
    • 投稿日:2010/02/08
    良い点
    ・今までにない自由性
    ・協力プレイ
    ・シナリオがリアル
    ・グラフィックが綺麗
    悪い点
    ・AIがとにかく使えない
    ・オンラインに人がいない
    ・操縦時に視点移動ができない
    総評
    BF、CODなどをプレイしていますが、
    協力プレイのオンラインをするのであればおすすめです。

    シングルの場合、とにかくAIが使えなく、
    衛生兵が自身を回復するにも指示が必要。

    また、撃たれ、衛生兵!と叫んでも、
    了解、と言いながら来ないなど、
    AIの使えなさが目立ちます。
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 3 1 3 2
  • 独自性を残したまま、遊びやすく。 85
    • 投稿者:Rune(男性/30代)
    • 投稿日:2010/02/08
    良い点
    ・日本語版の発売&ゲームパット対応で、前作よりも敷居が低くなった。

    ・難易度設定の幅が広がり、遊びやすくなった。

    ・リアルな戦場を体感できるこのゲームの良さは
     グラフィックが美しくなったことにより、さらに引き立った。
    悪い点
    ・前作よりは良くなっているが、まだAIに問題がある。

    ・運によって勝敗や難易度が左右される部分がある。

    ・キャンペーンモードだけでは、遊びきれない。
    総評
    多くのFPSが射撃戦の楽しさ、爽快感を求めたものなのに対し
    この作品はリアルな野戦を体感することに重きを置いたゲームです。

    そのため、単純に目の前の敵と撃ち合うだけでなく
    広大なフィールドを時には1キロ以上も移動したりします。
    そうした中で敵に遭遇した場合、必要ならばこれを倒し
    また、ミッション達成のために戦わない方が良いと判断すれば、やり過ごします。
    そういった内容ですので、ミッション全体のプレイ時間から見ると
    敵と撃ち合っているよりも、移動している時間の方が長くなることもあります。
    しかし、時に一発の銃弾で命を奪われるリアルなゲームバランスのため
    常に周囲を警戒し、目標までのルートや攻略方を考えながら行動する
    戦場独特の緊張感は、他のFPSでは味わえないものです。


    なお、プレイ時間は10時間〜20時間と書きましたが
    これはキャンペーンモードをクリアするまでのプレイ時間で
    それだけでは、このゲームを遊びつくしたとは言えません。

    このゲームにはミッションエディターがついているので
    自分でオリジナルミッションを作ったり
    他の人が作ったミッションを遊ぶことが出来るため
    そちらの可能性は無限大です。

    ただし、自分でオリジナルミッションを組むとなると、かなり敷居が高くなりますし
    他の人が作ったミッションをダウンロードするにしても
    その多くは英語版で制作されており
    海外のサイトへ行ってダウンロードする必要があるので
    こちらも敷居が低いとは言えません。

    まだ日本語版が発売して間もないですので
    これから国内の方々でオリジナルミッションを発表してくれる人が増えてくれれば
    もっと楽しめるようになるかもしれません。


    最後に、このゲームはかなり『人を選ぶゲーム』ですが
    気に入る人にとっては、記憶に残る名作となると思います。
    前作よりはかなり敷居が低くなっていますので
    気になっていた方は、是非この機会にプレイしてみてください。
    プレイ時間
    10〜20時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 4 4
  • 人を選ぶ良作。次回作にも期待 75
    • 投稿者:kou(男性/20代)
    • 投稿日:2010/02/06
    良い点
    ・隊長となり、3名の隊員に個別に命令を出せる
    ・命令が面倒であれば全く命令せずともクリア可能
    ・隠密ミッションがある
    ・広大な戦場を自由に歩き回れる
    ・ノーマルモードなら移動ルートの目安が表示され、わかりやすい


    目標までどのルートで移動し、どの隊員をどこに配置し、どうやって攻略するか考えその通りに実行する。
    これが最大の醍醐味でありこのゲームの最も面白い点です。


    味方を拠点に突撃させ、自分は高所から狙撃支援する。
    逆に味方に制圧射撃をさせておき、自分は突撃して敵兵を排除する。
    不利だと感じれば煙幕を投げて退却し、砲兵隊に支援を要請する。

    このように作戦を練って、味方に指示を出すことができます。
    かなり急な斜面も登れる為、敵拠点を360度どこから攻めるのも自由です。
    悪い点
    ・移動時間が長すぎる
    ・FOVが狭い
    ・出撃時に隊員も含め、武器選択ができない
    ・味方AIにいくらか問題がある
    ・ミッションが短く交戦がほとんどないものがある


    移動時間は非常に長いです。
    ミッション中のほとんどは移動に費やされます。
    ほぼ移動と爆撃要請だけでクリアできてしまうミッションもあります。
    移動も作戦のうちと考え、楽しめる人にはオススメできます。

    FOVがかなり狭いのも移動が長く感じる原因かもしれません。
    常に画面が拡大されている印象で3D酔いしやすい人には結構辛いと思います。


    出撃時に武器装備の選択が一切できないことはかなり残念でした。
    ブリーフィングを読み、最適な武器を考えるのも楽しみの1つであると思うのですが。
    ただこれはゲームバランスの観点からあえて採用しなかったのかもしれません。


    最も気になった点は「味方を治療しろ」という命令がスムーズに実行できないことです。
    「衛生兵が自分とプレイヤーを治療する」のはスムーズに実行できます。

    ただ衛生兵に隊員を治療させようとすると、なぜか逃げ回りなかなか治療できません。
    時間制限のあるミッションなど急いでいるのにこれをやられると相当に困ります。
    治療しないわけにもいかず、かなり不便であると感じました。

    また、車両の運転をさせるには使い物になりません。
    AIは間違いなく改善の余地があります。
    総評
    リアル系FPSが好きな人はかなり楽しめるでしょう。
    いい意味でかなりシビアです。

    頭に1発貰えば即死しますが、理不尽な反則AIではありません。
    見られてもいないのに場所がばれている、毎回チートじみたAIMと反射神経で殺されるということはありません。



    ただランボープレイ大好き、移動面倒、爽快なゲームが好きな方には全くオススメできません。
    乱射しながら適当に突撃しようものなら一瞬で殺害されます。
    武器変更は遅く、対戦車ロケットなどは発射準備に5秒近くかかります。
    リアル志向なだけに武器周りのレスポンスは遅いです。


    ミッションの作り込みと細かい点の改善、追加を行えばより面白くなる可能性を感じました。
    システムは非常にいいです。次回作には更に期待が持てます。
    プレイ時間
    10〜20時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 3 4 3 4
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月18日〜11月19日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年05月〜2019年11月