オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

西川善司

このページの最終更新日:2020/09/14 12:03

rss


  • このページのURL:

キーワード

下線

西川善司の3DGE:GeForce RTX 30シリーズのアーキテクチャを探る。CUDA Coreの増量とRT Coreの高性能化に注目だ

西川善司の3DGE:GeForce RTX 30シリーズのアーキテクチャを探る。CUDA Coreの増量とRT Coreの高性能化に注目だ

 去る9月2日,NVIDIAは,新世代GPU「GeForce RTX 30」シリーズを発表した。GeForce RTX 30シリーズは,「Ampere」アーキテクチャを採用するゲーム向けGPUで,既存のGeForce RTX 20シリーズと比べて,性能向上のためのさまざまな工夫が盛り込まれている。そのアーキテクチャを詳しく紹介しよう。

[2020/09/14 12:03]

もはや学校教材で使うべき? 「Microsoft Flight Simulator」レビュー&オススメのコントローラガイド

もはや学校教材で使うべき? 「Microsoft Flight Simulator」レビュー&オススメのコントローラガイド

 2020年8月18日にリリースされたPC向けフライトシム「Microsoft Flight Simulator」は,30年以上の歴史を持つシリーズの最新作だ。「ゲーム」というより「手元のPCで実感できる最新コンピュータサイエンス技術の集大成」といった側面が強い本作のレビュー,そしてコントローラ導入ガイドをお届けする。

[2020/09/03 11:00]

地球をまるごとAIで再現。「Microsoft Flight Simulator」プレス向けプレゼンテーションから最新作の技術面に迫る

地球をまるごとAIで再現。「Microsoft Flight Simulator」プレス向けプレゼンテーションから最新作の技術面に迫る

 Microsoftから2020年8月18日にリリースされる人気フライトシムシリーズの最新作「Microsoft Flight Simulator」。その発売に先駆けて先日,プレス向けのプレゼンテーションがオンラインで実施された。本稿ではその模様をまとめてレポートしよう。

[2020/07/30 18:00]

西川善司の3DGE:NVIDIAが投入する20 TFLOPS級の新GPU「A100」とはいったいどのようなGPUなのか?

西川善司の3DGE:NVIDIAが投入する20 TFLOPS級の新GPU「A100」とはいったいどのようなGPUなのか?

 去る2020年5月14日,NVIDIAは,オンライン基調講演で,新しい「Ampere」アーキテクチャ採用の新GPU「A100」を発表した。A100はGPGPU用途の製品で,ゲーマーにはほとんど縁のないGPUであるが,2年ぶりの登場となるNVIDIAの新GPUアーキテクチャであるだけに,注目すべき点は多い。A100の素性に迫ってみたい。

[2020/06/09 19:00]

リアルタイムレイトレーシング対応の「Minecraft with RTX」β版インプレッション。そのグラフィックスはいかに変貌するか

リアルタイムレイトレーシング対応の「Minecraft with RTX」β版インプレッション。そのグラフィックスはいかに変貌するか

 今年4月,リアルタイムレイトレーシング対応の「Minecraft with RTX」β版が公開された。“マイクラのレイトレ対応”はゲーマーにとって,関心の高い事象と言えるだろう。そこで「レイトレ対応版はグラフィックス的にどうなのか?」という疑問に焦点を当ててインプレッションをまとめてみた。

[2020/05/18 12:00]

AMD,プロフェッショナル用途向け新型GPU「Radeon Pro VII」を発表。Radeon VIIベースの性能強化版

AMD,プロフェッショナル用途向け新型GPU「Radeon Pro VII」を発表。Radeon VIIベースの性能強化版

 2020年5月13日,AMDは,「Vega」世代のGPUを採用したプロフェッショナル向けグラフィックスカードの新製品「Radeon Pro VII」を発表した。ベースとなっているのは2019年登場の「Radeon VII」だが,倍精度演算性能やマルチGPU対応で強化が行われている。北米市場における予想実売価格は税別1899ドルだ。

[2020/05/13 22:00]

西川善司の3DGE:PS5のスペック予想はいくつ当たったか? CPUとGPUは予想どおりだが,最も意外なのはPrimitive Shaderの採用

西川善司の3DGE:PS5のスペック予想はいくつ当たったか? CPUとGPUは予想どおりだが,最も意外なのはPrimitive Shaderの採用

 今回のテーマは,ほぼ1年前に筆者が書いた「無茶を承知で『PS5』の姿を予想してみる」の記事における予想が,現在までに明らかとなっているPlayStation 5の仕様と,どれくらい合っていたかを調べる答え合わせである。CPUやGPUの性能はおおむね予想どおりであったが,西川氏の予想を覆す意外な仕様もPS5には盛り込まれていた。

[2020/04/24 00:00]

グラフィックスAPI「Vulkan」がリアルタイムレイトレーシングに対応。Windowsだけでなく,MacやLinuxでも利用可能に

グラフィックスAPI「Vulkan」がリアルタイムレイトレーシングに対応。Windowsだけでなく,MacやLinuxでも利用可能に

 1ヵ月ほど前の北米時間3月17日,規格化団体のKhronos Groupは,グラフィックスAPI「Vulkan」の新版で,リアルタイムレイトレーシングをサポートすると発表した。そして北米時間4月8日には,「Vulkan Ray Tracing」の暫定版に対応するSDKが公開となり,いよいよVulkanによるレイトレーシング活用が本格的に動きだしつつある。

[2020/04/20 16:00]

西川善司の3DGE:Mark Cerny氏のPS5技術解説プレゼンテーションを読み解く(後編)。音響処理エンジン「Tempest」とはなにか?

西川善司の3DGE:Mark Cerny氏のPS5技術解説プレゼンテーションを読み解く(後編)。音響処理エンジン「Tempest」とはなにか?

 「PlayStation 5」のリードシステムアーキテクトを務めるMark Cerny氏の技術解説プレゼンテーションを西川善司氏が読み解く。後編ではPlayStation 5が新たに搭載する3D音響処理技術「Tempest 3D Audio」について迫る。

[2020/04/15 00:00]

NVIDIA,ノートPC向け「GeForce RTX 2080 SUPER,2070 SUPER」を発表。薄型軽量ノートPC向け技術「Max-Q」の新版も登場

NVIDIA,ノートPC向け「GeForce RTX 2080 SUPER,2070 SUPER」を発表。薄型軽量ノートPC向け技術「Max-Q」の新版も登場

 北米時間2020年4月2日,NVIDIAは,ノートPC向けのGPU新製品となる「GeForce RTX 2080 SUPER」および「GeForce RTX 2070 SUPER」と,薄型軽量ノートPC向けの技術「Max-Q Technology」の新バージョンを発表した。本稿ではこれらの発表内容について,簡単に紹介したい。

[2020/04/02 18:00]

西川善司の3DGE:Mark Cerny氏のPS5技術解説プレゼンテーションを読み解く(前編)。ここまで分かったPS5のSSDとGPUの詳細

西川善司の3DGE:Mark Cerny氏のPS5技術解説プレゼンテーションを読み解く(前編)。ここまで分かったPS5のSSDとGPUの詳細

 2020年3月19日,SIEは次世代ゲーム機「PlayStation 5」のハードウェアに関する詳細を動画にて公開した。リードシステムアーキテクトを務めるMark Cerny氏のプレゼンテーションを西川善司氏が読み解く。

[2020/03/20 00:00]

レイトレ対応GPU「Navi 2X」は2020年後半,「Zen 3」ベースのEPYCは同年末に登場。AMDが投資家向けイベントでロードマップを明らかに

レイトレ対応GPU「Navi 2X」は2020年後半,「Zen 3」ベースのEPYCは同年末に登場。AMDが投資家向けイベントでロードマップを明らかに

 北米時間2020年3月5日,AMDは,投資家向けの戦略説明イベント「AMD Financial Analyst Day 2020」を開催した。製品発表イベントではないので詳細は明らかになっていないものの,2020年以降に登場するリアルタイムレイトレーシング対応GPU「Navi 2X」や,次世代CPUアーキテクチャ「Zen 3」の情報もあったのでレポートしよう。

[2020/03/06 19:45]

32:9の超ワイド液晶やG-SYNC Compatible対応有機ELテレビなど,2020年に登場する注目のゲーマー向けディスプレイ&テレビをチェック

32:9の超ワイド液晶やG-SYNC Compatible対応有機ELテレビなど,2020年に登場する注目のゲーマー向けディスプレイ&テレビをチェック

 2020年1月上旬に行われたCES 2020では,ゲーマー向け液晶ディスプレイの新製品がいくつか発表となった。今回は西川善司氏が,SamsungとLGの展示ブースで見かけた,ゲーマーが注目すべき製品群を紹介する。

[2020/01/25 00:00]

西川善司の3DGE:Ryzen 4000とRadeon RX 5600 XTの気になるところをAMDにアレコレ聞いてみた

西川善司の3DGE:Ryzen 4000とRadeon RX 5600 XTの気になるところをAMDにアレコレ聞いてみた

 AMDがCES 2020に合わせて発表したノートPC向けの新型APU「Ryzen 4000」シリーズと,デスクトップPC向けGPU「Radeon RX 5600」シリーズだが,プレスカンファレンスでは概要が紹介されただけで,いくつも疑問が残っていた。そこで,後日行われたブリーフィングで明らかになった部分について,簡単にまとめてみたい。

[2020/01/16 00:00]

3DMarkでTime Spyに代わる新高負荷テストやMesh Shaderテストを開発中

3DMarkでTime Spyに代わる新高負荷テストやMesh Shaderテストを開発中

 CES 2020会場で,「3DMark」などのベンチマークテストソフトウェアを開発しているUL Benchmarksに単独インタビューを行った。今後登場する新しいテストの情報をまとめて聞いてみた。Time Spyに代わる新たな高負荷テストやMesh Shaderのテストが予定されているという。

[2020/01/14 17:46]

【PR】PCIe接続のアイ・オー・データ製キャプチャカード「GV-4K60/PCIE」で4K/60fps,フルHD/240fpsの次世代録画性能を検証する

【PR】PCIe接続のアイ・オー・データ製キャプチャカード「GV-4K60/PCIE」で4K/60fps,フルHD/240fpsの次世代録画性能を検証する

 ゲームは4K解像度&ハイフレームレートの時代を迎える。次世代ゲーム機で標準となるレベルのグラフィックスやeスポーツでの要求に耐えるゲーム映像をそのまま録画するには,PCI Express接続のキャプチャカードが必要だ。今回はアイ・オー・データ機器の最新キャプチャカード「GV-4K60/PCIE」を検証する。

[2020/01/11 12:00]

なぜかゲームがうまくなる? NVIDIAブースでウワサの360Hzディスプレイを体験

なぜかゲームがうまくなる? NVIDIAブースでウワサの360Hzディスプレイを体験

 CES 2020では,NVIDIAは,プレスカンファレンスを行わなかったのだが,目玉となる新ハードウェア技術をプライベートブースで展示していた。その筆頭に挙げられるのが,最大垂直リフレッシュレート360Hz表示を可能とする新世代のG-SYNC対応ゲーマー向け液晶ディスプレイだ。

[2020/01/10 15:28]

Razerのレースゲーム用のコクピットシステム「Razer Eracing Simulator」を早速体験してきた

Razerのレースゲーム用のコクピットシステム「Razer Eracing Simulator」を早速体験してきた

 Razerが「CES 2020」の同社ブースにて,レースゲーム用コックピットのコンセプトモデル「Razer Eracing Simulator」を展示している。さまざまなゲーマー向け周辺機器を手掛けてきたRazerが提案するレースゲーム向けシステムはどのようなものか,実際に体験してきた。

[2020/01/09 18:50]

HDMI Forum,8K/60fps伝送用認証ケーブルの仕様策定。「Ultra High Speed HDMIケーブル認証プログラム」とは?

HDMI Forum,8K/60fps伝送用認証ケーブルの仕様策定。「Ultra High Speed HDMIケーブル認証プログラム」とは?

 CES 2020に合わせて開催されたHDMI Forumのプレスカンファレンスで,8K/60fps時代に向けた新たなHDMIケーブルの仕様とその認定プログラムに関する発表が行われた。ここではHDMI 2.1時代に向けた同フォーラムの取り組みと新たな「Ultra High Speed HDMIケーブル認証プログラム」について紹介する。

[2020/01/09 14:53]

軽い,綺麗,高解像! 世界初のHDR対応VRHMDがパナソニックから登場。ほぼ眼鏡に近いデザインで重量150g以下を目標に開発中

軽い,綺麗,高解像! 世界初のHDR対応VRHMDがパナソニックから登場。ほぼ眼鏡に近いデザインで重量150g以下を目標に開発中

 CES 2020会場でパナソニックが展示していたVRHMDである「眼鏡型VRグラス」は,その名のとおり丸眼鏡型で非常に軽量ながら,高解像度でHDR対応という製品だった。開発者へのインタビューと実際に試用した印象を西川善司が熱く語る。

[2020/01/08 19:20]

AMD,Ryzen 4000シリーズ,Radeon 5600シリーズを発表。まさかのFreeSync仕切り直し? 新技術SmartShiftで消費電力そのままノートPCの描画性能を10%アップ

AMD,Ryzen 4000シリーズ,Radeon 5600シリーズを発表。まさかのFreeSync仕切り直し? 新技術SmartShiftで消費電力そのままノートPCの描画性能を10%アップ

 北米時間2020年1月6日,AMDがCESに先駆けて開催したプレスカンファレンスでは,ノートPC用第3世代RyzenやNaviコアのノートPC向けGPU,64C/128TのRyzen Threadripper 3970Xの発表など,多くの製品や技術が紹介された。概要はすでにニュースでお伝え済みだが,カンファレンスの詳報をお届けしたい。

[2020/01/08 00:00]

「Intel Performance For The Real World」レポート。ノートPC分野で優位性を強調

「Intel Performance For The Real World」レポート。ノートPC分野で優位性を強調

 北米時間2020年1月5日,CES 2020の開催に先駆けて,Intelは「Intel Performance For The Real World」と題したカンファレンスを開催した。ノートPCや小型PCでの同社製品の優位性がアピールされ,新たな第10世代CoreプロセッサのHシリーズの予告が行われた。

[2020/01/06 15:19]

【西川善司】鍵は「磁性流体」にあり? 西川善司,「PS5」のゲームパッドを予想してみる

【西川善司】鍵は「磁性流体」にあり? 西川善司,「PS5」のゲームパッドを予想してみる

 2019年10月に正式名称が発表となった次世代PSこと「PlayStation 5」。そのゲームパッドには,「ハプティック技術」と「アダプティブトリガー」という新機軸が採用されるという。「(善)後不覚」第54回では,西川善司氏が取材を通じて得た情報をもとに,ゲームパッドの新機能に使われる技術を予想してみる。

[2019/12/17 17:00]

AMD,エントリークラスの新型GPU「Radeon RX 5500 XT」を発表。RX 5500シリーズがようやく店頭に並ぶことに

AMD,エントリークラスの新型GPU「Radeon RX 5500 XT」を発表。RX 5500シリーズがようやく店頭に並ぶことに

 2019年12月12日,AMDは,Radeon RX 5500シリーズのエントリー市場向けGPU「Radeon RX 5500 XT」をリリースすると発表した。2019年10月に発表した「Radeon RX 5500」とスペックは同じだが,今回はカードメーカー各社から搭載製品が登場するとのこと。AMDは,本製品の競合に「GeForce GTX 1650 SUPER」を位置付けている。

[2019/12/12 23:00]

【PR】西川善司が選ぶイマドキのゲーマー向けディスプレイ IPS液晶で1msが実現する2020年に向けた新世代の環境とは

【PR】西川善司が選ぶイマドキのゲーマー向けディスプレイ IPS液晶で1msが実現する2020年に向けた新世代の環境とは

 LG UltraGearの「27GL83A-B」は,視認性で定評のあるIPS液晶ながら1msという応答速度を実現した新開発のパネルを搭載し,バックライトに最新世代の蛍光体を採用して純度の高い色を実現した製品だ。基本性能の高さに加えてゲーム向けの機能を盛り込んだ完成度の高い製品になっている。

[2019/11/30 12:00]

AMD,新型ミドルクラスGPU「Radeon RX 5500」シリーズを発表。Navi世代初のノートPC向けGPUも登場

AMD,新型ミドルクラスGPU「Radeon RX 5500」シリーズを発表。Navi世代初のノートPC向けGPUも登場

 2019年10月7日22:00,AMDは,ミドルクラス市場向けの新型GPU「Radeon RX 5500」シリーズを2019年内にリリースすると発表した。Radeon RX 5700シリーズに続く2シリーズめのNavi世代GPUは,チップサイズの縮小と電力当たり性能の向上が特徴で,Navi初のノートPC向けGPU「Radeon RX 5500M」もラインナップしている。

[2019/10/07 22:00]

[CEDEC 2019]SIEが振り返る「PlayStation VR」3年間の軌跡

[CEDEC 2019]SIEが振り返る「PlayStation VR」3年間の軌跡

 VR元年から3年――。PlayStation VRも発売からもうじき3年を迎える。発売以来のユーザーの動向や人気コンテンツの動向などを,データをもとにSIEの秋山賢成氏が振り返り,あらためてVRコンテンツ制作上の注意点などをまとめている。

[2019/09/10 20:23]

[CEDEC 2019]AIが音声データからリアルタイムに口パクを生成。CRIの音声ミドルウェア「ADX LipSync」をレポート

[CEDEC 2019]AIが音声データからリアルタイムに口パクを生成。CRIの音声ミドルウェア「ADX LipSync」をレポート

 「口パク」アニメーション制作は,一見すると単純に見えるが,実はかなり面倒な作業だ。口パク制作の作業効率を上げるミドルウェア「ADX LipSync」をCRI・ミドルウェアが開発した。本稿では,同社がCEDEC 2019で行ったADX LipSyncに関する2つのセッションを通じて,その仕組みをできるだけ分かりやすく解説してみたい。

[2019/09/07 00:00]

[CEDEC 2019]スクエニが開発したパストレーシングベースのリアルタイム技術デモ「Back Stage」を実現する仕組みとは?

[CEDEC 2019]スクエニが開発したパストレーシングベースのリアルタイム技術デモ「Back Stage」を実現する仕組みとは?

 CEDEC 2019初日の2019年9月4日,スクウェア・エニックス傘下の開発スタジオ「Luminous Productions」は,NVIDIAと共同開発したリアルタイムレイトレーシングの技術デモ「Back Stage」を公開した。この技術デモの概要を説明するセッションから,リアルタイムレイトレーシングエンジンを実装するときのポイントをレポートしよう。

[2019/09/05 18:59]

西川善司の3DGE:現状のレイトレ要素全部入りといわれる新作ゲーム「CONTROL」のグラフィックスの魅力を検証する

西川善司の3DGE:現状のレイトレ要素全部入りといわれる新作ゲーム「CONTROL」のグラフィックスの魅力を検証する

 Remedy Entertainmentが制作した「CONTROL」は,反射,影,大局照明といった要素をリアルタイムレイトレーシングでサポートしており,現時点の対応としては模範的なタイトルとなっている。そこで使われているそれぞれの技術要素の詳細について,西川善司が解説する。

[2019/08/31 15:38]

NVIDIA,新型GPU「GeForce RTX SUPER」シリーズを発表。無印比で15%前後の性能向上を謳う

NVIDIA,新型GPU「GeForce RTX SUPER」シリーズを発表。無印比で15%前後の性能向上を謳う

 2019年7月2日,NVIDIAは,新しいGeForce RTXファミリーとなる「GeForce RTX 2080 SUPER」「GeForce RTX 2070 SUPER」,および「GeForce RTX 2060 SUPER」の3製品を発表した。無印モデルより15%ほど性能が向上したという新型GPUの概要を説明しよう。

[2019/07/02 22:00]

NVIDIA,消費電力まで測れるベンチマークツール「FrameView」を発表

NVIDIA,消費電力まで測れるベンチマークツール「FrameView」を発表

 NVIDIAが,GeForce RTX SUPERシリーズとともに公開した新たなベンチマークツール「FrameView」は,実行中のゲームのフレームレートやグラフィックスカードの消費電力を計測できるものとなっている。その概要を西川善司氏が紹介する。

[2019/07/02 22:00]

「MONSTER HUNTER: WORLD」がポータブルゲーム機で動いてる? Zen×Vega搭載の携帯ゲーム機風ゲームPC「SMACH Z」が実動展示

「MONSTER HUNTER: WORLD」がポータブルゲーム機で動いてる? Zen×Vega搭載の携帯ゲーム機風ゲームPC「SMACH Z」が実動展示

 E3 2019会場のカプコンブース近くに,携帯ゲーム機で「MONSTER HUNTER: WORLD」をプレイしている人を見つけた西川善司は,謎のゲーム機についてあれこれと話を聞いてきた。TGS 2018でも紹介されていた「SMACH Z」が,ついに実動機として公開されたのだ。プレイムービーを交えて,その実態をお伝えしたい。

[2019/06/22 00:00]

【PR】I-O DATAの新型ゲームキャプチャユニット「GV-US2C/HD」は,初心者でも今日から実況できる優れものだ

【PR】I-O DATAの新型ゲームキャプチャユニット「GV-US2C/HD」は,初心者でも今日から実況できる優れものだ

 ゲームプレイの録画や実況配信は,これから実況を初めてみたいという初心者にとって,いまだにハードルが高い面もある。I-O DATAの新型ゲームキャプチャユニット「GV-US2C/HD」は,PCでの録画と単体での録画に対応しつつ,実況初心者でも分かりやすく使いやすい製品だ。その実力を検証してみよう。

[2019/06/15 12:00]

西川善司の3DGE:赤と緑のケンカ再び。NVIDIAが「Navi」の特徴や「Radeon Software」の新機能に反論する

西川善司の3DGE:赤と緑のケンカ再び。NVIDIAが「Navi」の特徴や「Radeon Software」の新機能に反論する

 Ryzen 3000シリーズとNaviの発表で,E3 2019において存在感を見せたAMD。そんなAMDの主張に,NVIDIAが反論してきた。曰く,AMDがNaviの特徴として挙げているのは公平なものではないし,Radeon Softwareの新機能は,NVIDIAがとっくに実装済みの機能であるというのだ。その概要をレポートしよう。

[2019/06/15 00:00]

[E3 2019]Minecraft世界観ベースのアクションADV「Minecraft: Dungeons」。スタンドアロンゲームとして登場した本作を触ってきた

[E3 2019]Minecraft世界観ベースのアクションADV「Minecraft: Dungeons」。スタンドアロンゲームとして登場した本作を触ってきた

 Microsoftは,実質的なE3の同社ブースとなっているMicrosoft Theaterで,Minecraftの世界観の新作アクションアドベンチャー「Minecraft: Dungeons」の概要説明会を開催した。まさかのスタンドアロン型ゲームとして登場した本作を会場で触ってきたので,どんな作品なのかをプレイした印象と合わせて紹介しよう。

[2019/06/13 20:33]

西川善司の3DGE:次世代GPU「Navi」の詳細とRadeon Softwareの新機能をレポート。操作遅延を低減する「Anti-Lag」は本当に効くのか?

西川善司の3DGE:次世代GPU「Navi」の詳細とRadeon Softwareの新機能をレポート。操作遅延を低減する「Anti-Lag」は本当に効くのか?

 既報のとおり,AMDは,「Navi」アーキテクチャを採用する新型GPU「Radeon RX 5700」シリーズを発表した。それに合わせてAMDは,Naviをリリースするタイミングで,Naviを含むRadeon GPUで利用できる新機能を提供すると予告していた。本稿では,詳報では説明できなかったNaviの新要素と,Radeon向けの新機能を紹介しよう。

[2019/06/13 17:47]

[E3 2019]PCエンジン miniを見て触ってきた! TurboGrafx-16 mini,PC Engine Core Grafx miniもあった!

[E3 2019]PCエンジン miniを見て触ってきた! TurboGrafx-16 mini,PC Engine Core Grafx miniもあった!

 KONAMIから2019年6月12日に電撃的に発表された「PCエンジン mini」の実物を,特別に見て触ることができたので写真をお届けしよう。今回見せてもらったのは“ほぼ実機”ではあるのだが実動機ではなく,実機生産用の金型で作られたモックアップで,かなり最終製品に近い外観をしている。

[2019/06/13 15:58]

[E3 2019]現実世界で作って遊んで共有できる「Minecraft Earth」の体験セッションをレポート

[E3 2019]現実世界で作って遊んで共有できる「Minecraft Earth」の体験セッションをレポート

 北米・ロサンゼルスのMicrosoft Theater内に設置された,実質的なE3のMicrosoftブースにて,「Minecraft」シリーズの最新作「Minecraft Earth」の体験セッションが開催された。本作は,スマートフォンを使って,現実世界をMinecraftのキャンバスにしてしまう“ジオロケーションゲーム”だ。

[2019/06/12 19:27]

西川善司の3DGE:次世代GPU「Radeon RX 5700」シリーズの秘密に迫る。レイトレーシング対応は第2世代Naviに持ち越し?

西川善司の3DGE:次世代GPU「Radeon RX 5700」シリーズの秘密に迫る。レイトレーシング対応は第2世代Naviに持ち越し?

 北米時間6月10日,AMDは,E3 2019のタイミングに合わせて,独自の新製品発表イベントを開催。それに先駆けて,メディア関係者向けの事前説明会も行った。本稿では,事前説明で開示されたAMDの次世代GPU「Navi」に関する詳細をレポートしよう。

[2019/06/11 09:00]

「Ryzen 9 3950X」は16コア32スレッドに到達。AMDが独自イベントで「Ryzen 3000」の追加ラインナップを発表

「Ryzen 9 3950X」は16コア32スレッドに到達。AMDが独自イベントで「Ryzen 3000」の追加ラインナップを発表

 北米時間6月10日,AMDは,E3 2019に合わせて開催したイベント「AMD Next Horizon Gaming」で,Zen 2ベースの新型CPU「Ryzen 9 3950X」と「Ryzen 5 3600X」「Ryzen 5 3600」を発表した。本稿では事前に行われた説明会で明らかになった新CPUの特徴と見どころをまとめてレポートしよう。

[2019/06/11 09:00]

新型モバイルディスプレイからプロユースの「Mini LED×量子ドット」製品まで,COMPUTEXで見た変わり種液晶ディスプレイ総ざらえ

新型モバイルディスプレイからプロユースの「Mini LED×量子ドット」製品まで,COMPUTEXで見た変わり種液晶ディスプレイ総ざらえ

 COMPUTEX TAIPEI 2019では,ゲーマー向けディスプレイ以外にも,ちょっと変わったディスプレイがいくつも披露されていた。本稿ではそれらの中から,とくに見どころの多い5製品を取り上げてみたい。15.6型のモバイルディスプレイ新製品から,プロユース向けのハイエンドディスプレイまで,いずれも特徴的な製品ばかりである。

[2019/06/07 19:00]

MSIの最新ゲーマー向けディスプレイは,実況配信者向けモデルや家庭用ゲーム機向け湾曲液晶モデルに注目だ

MSIの最新ゲーマー向けディスプレイは,実況配信者向けモデルや家庭用ゲーム機向け湾曲液晶モデルに注目だ

 COMPUTEX TAIPEI 2019会場のディスプレイ新製品展示では,ASUSとMSIが元気だと紹介したが,ここではMSI編をお届けする。ゲーム実況対応のディスプレイや家庭用ゲーム機をターゲットとして多くの機能を低価格にまとめた製品など,ユニークな最新製品を見ていこう。

[2019/06/06 16:37]

R.O.G.ゲーマー向けディスプレイ新製品まとめ〜業界初の「MiniLED×量子ドット」採用の超高輝度広色域4Kモデル登場など

R.O.G.ゲーマー向けディスプレイ新製品まとめ〜業界初の「MiniLED×量子ドット」採用の超高輝度広色域4Kモデル登場など

 COMPUTEX TAIPEI 2019に出展されていたゲーマー向けディスプレイの中から,ASUSのR.O.G.シリーズの新製品を紹介する。大型製品から,MiniLEDを使った意欲的なハイエンド製品まで,多彩なディスプレイがラインナップされている。

[2019/06/03 16:39]

西川善司の3DGE:Zen 2×PCIe4時代のAM4プラットフォームアップグレード指南〜PCIe4の直接の恩恵はグラフィックスよりもストレージのパフォーマンス?

西川善司の3DGE:Zen 2×PCIe4時代のAM4プラットフォームアップグレード指南〜PCIe4の直接の恩恵はグラフィックスよりもストレージのパフォーマンス?

 AMDがCOMPUTEXで発表した第3世代Ryzenと次世代GPUでは,PCI-Express Gen.4に対応していた。次世代の高速バスにはどんな恩恵があるのか? 使用するにはどんな注意点があるのか? AMDが行ったプレスブリーフィングで明らかになった内容をお伝えしよう。

[2019/05/31 23:00]

HWエンコーダ内蔵で1万3000円前後の超お買い得1080p/60fps HDMIキャプチャの普及モデル「GC311」が日本発売,格安実況スターターキットも登場か

HWエンコーダ内蔵で1万3000円前後の超お買い得1080p/60fps HDMIキャプチャの普及モデル「GC311」が日本発売,格安実況スターターキットも登場か

 COMPUTEX会場ではビデオキャプチャデバイスで有名な台湾AVerMedia Technologiesブースに,コストパフォーマンスの非常に高そうなデバイスが出展されていた。HWエンコードで1080p/60fps録画に対応する「GC311」だ。これにマイクとWebカメラをセットにした安価なゲーム実況配信者スターターキットも用意されるという。

[2019/05/31 18:40]

VR向けリュック型PC「背負えラブルパソコン」の最後の砦。ZOTAC「VR GO 3.0」

VR向けリュック型PC「背負えラブルパソコン」の最後の砦。ZOTAC「VR GO 3.0」

 COMPUTEX TAIPEI 2019の会場で,唯一バックパックPCを出展していたZOTAC Technologyブースの模様をお届けする。CPUやGPUを最新世代に更新した「VR GO 3.0」は,この分野で最後の製品になるかもしれない? 西川善司が,同社に製品の話と業界の動向を聞いてきた。

[2019/05/31 16:00]

10nm CPUは安定供給されるのか? COMPUTEX 2019 Intel基調講演レポート

10nm CPUは安定供給されるのか? COMPUTEX 2019 Intel基調講演レポート

 2019年5月28日,COMPUTEX TAIPEI 2019の初日に行われたIntelによる基調講演では,待望の10nmプロセスで製造される第10世代Coreプロセッサなどが発表された。すでに速報でもお伝えしているが,基調講演全体の流れをもう一度追って見ていきたい。

[2019/05/30 21:56]

西川善司の3DGE:第10世代Coreプロセッサに統合されたGPUの正体。性能はRyzen 7 3700Uの内蔵Vegaとほぼ同等で,Variable Rate Shadingにも対応

西川善司の3DGE:第10世代Coreプロセッサに統合されたGPUの正体。性能はRyzen 7 3700Uの内蔵Vegaとほぼ同等で,Variable Rate Shadingにも対応

 COMPUTEX 2019のIntelによる基調講演で発表された第10世代Coreプロセッサ,開発コードネーム「Ice Lake」の性能を示すデモが行われていた。2倍から数倍の描画高速化やAI処理など,新しいIntelの内臓グラフィックス機能がどれくらい速くなったのかを見ていこう。

[2019/05/30 17:30]

西川善司の3DGE:COMPUTEX 2019 NVIDIAプレスカンファレンスで発表された不思議なブランディングキーワード「NVIDIA Studio」と「RTX Studio」ってなに?

西川善司の3DGE:COMPUTEX 2019 NVIDIAプレスカンファレンスで発表された不思議なブランディングキーワード「NVIDIA Studio」と「RTX Studio」ってなに?

 今回のCOMPUTEXで開催されたNVIDIAのプレスカンファレンスでは「SUPER」なモノは残念ながら発表されなかったのだが,同社のクリエイター向けの取り組みとして,「NVIDIA Studio」「RTX Studio」という2つのキーワードが紹介されていた。これらはいったいどんなものなのだろうか?

[2019/05/29 00:00]
さらに記事を探す

トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月26日〜09月27日
タイトル評価ランキング
93
66
54
VALORANT (PC)
44
VALIANT TACTICS (PC)
2020年03月〜2020年09月