オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
巨大な岩を転がしてタワーディフェンスやレースを楽しむシリーズの最新作,「Rock of Ages 3: Make & Break」が2020年1月10日にSteamでテスト開始
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/12/19 17:58

ニュース

巨大な岩を転がしてタワーディフェンスやレースを楽しむシリーズの最新作,「Rock of Ages 3: Make & Break」が2020年1月10日にSteamでテスト開始

 パブリッシャのModus Gamesが,シリーズ最新作となる「Rock of Ages 3: Make & Break」PC / PS4 / Xbox One / Switch)のPC版のクローズドαテストを,2020年1月10日〜13日にSteamで行うと発表した。

「Rock of Ages 3: Make & Break」公式サイト

Steam「Rock of Ages 3: Make & Break」ストアページ


 シリーズ従来作と同じく,本作の開発を担当するのはチリのACE Teamだが,今回は,同じチリの新たなデベロッパGiant Monkey Robotが開発協力を行っているという。モンティ・パイソンを思わせる世界観を背景に,顔の付いた巨大な岩(あるいはチーズや卵)を転がして,タワーディフェンスやレースを楽しむというナンセンスなプレイが人気となった。

画像集#003のサムネイル/巨大な岩を転がしてタワーディフェンスやレースを楽しむシリーズの最新作,「Rock of Ages 3: Make & Break」が2020年1月10日にSteamでテスト開始
画像集#002のサムネイル/巨大な岩を転がしてタワーディフェンスやレースを楽しむシリーズの最新作,「Rock of Ages 3: Make & Break」が2020年1月10日にSteamでテスト開始
画像集#004のサムネイル/巨大な岩を転がしてタワーディフェンスやレースを楽しむシリーズの最新作,「Rock of Ages 3: Make & Break」が2020年1月10日にSteamでテスト開始

 「Rock of Ages 3: Make & Break」では,使いやすいレベルエディタを追加することで,さまざまマップの自作が可能になっており,ほかのプレイヤーとシェアすることができるという。Steam Workshopに対応しているのかは不明だが,新たに公開されたトレイラーを見る限り,ゲームメニューでマップを選択するようなシーンも確認できる。
 また,前作同様マルチプレイモードにも対応しており,4人のプレイヤーによるオンラインモードまたは2人のプレイヤーによるスプリットスクリーンモードで,ハチャメチャな破壊合戦などを満喫できるという。

画像集#005のサムネイル/巨大な岩を転がしてタワーディフェンスやレースを楽しむシリーズの最新作,「Rock of Ages 3: Make & Break」が2020年1月10日にSteamでテスト開始
画像集#006のサムネイル/巨大な岩を転がしてタワーディフェンスやレースを楽しむシリーズの最新作,「Rock of Ages 3: Make & Break」が2020年1月10日にSteamでテスト開始
画像集#007のサムネイル/巨大な岩を転がしてタワーディフェンスやレースを楽しむシリーズの最新作,「Rock of Ages 3: Make & Break」が2020年1月10日にSteamでテスト開始

 実施される予定のテストは上記のように“クローズドα”とされているものの,公式サイトでは現段階でテスターの登録を受け付けており,テストの内容によって参加人数が増やされていく様子だ。とはいえ,早いうちにサインアップしていくに越したことはない。日本からの参加もできるようなので,気になる人は公式サイトをチェックしてほしい。
  • 関連タイトル:

    ロック・オブ・エイジス:メイク&ブレイク

  • 関連タイトル:

    Rock of Ages 3: Make & Break

  • 関連タイトル:

    Rock of Ages 3: Make & Break

  • 関連タイトル:

    Rock of Ages 3: Make & Break

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ