オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
禹諾国際がPC/Switch用オンライン対戦ゲーム「SYNAPTIC DRIVE」のパブリッシングを発表。TGS 2019にプレイアブル出展決定
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/08/28 13:46

ニュース

禹諾国際がPC/Switch用オンライン対戦ゲーム「SYNAPTIC DRIVE」のパブリッシングを発表。TGS 2019にプレイアブル出展決定

 禹諾国際は本日(2019年8月28日),同社のゲームブランド「YUNUO GAMES」の第2弾タイトルとして,サウザンドゲームズが開発中のオンライン対戦シューティングバトル「SYNAPTIC DRIVE」PC / Nintendo Switch)をパブリッシングすると発表した。

画像(001)禹諾国際がPC/Switch用オンライン対戦ゲーム「SYNAPTIC DRIVE」のパブリッシングを発表。TGS 2019にプレイアブル出展決定

 SYNAPTIC DRIVEは,遥か未来の宇宙を舞台に繰り広げられるオンライン対戦シューティングバトルゲーム。サイバーな世界観の中で,ガン,ワイヤー,トラッカーの3種類の武器を使い分けながら,相手にダメージを与え合う1対1のハイスピードアリーナバトルを楽しめる。

画像(002)禹諾国際がPC/Switch用オンライン対戦ゲーム「SYNAPTIC DRIVE」のパブリッシングを発表。TGS 2019にプレイアブル出展決定

 キャラクターの見た目や耐久性などを決めるボディだけでも10体以上が用意されており,ガンなどの各種武器は100種類を超えるという。バトルステージとなるアリーナもさまざまなタイプが用意され,キャラクターの装備やアリーナの組み合わせは無限大で,それによって戦略や勝敗が大きく変化するため,シンプルだが何度でも遊べるゲームになるようだ。

画像(004)禹諾国際がPC/Switch用オンライン対戦ゲーム「SYNAPTIC DRIVE」のパブリッシングを発表。TGS 2019にプレイアブル出展決定
画像(005)禹諾国際がPC/Switch用オンライン対戦ゲーム「SYNAPTIC DRIVE」のパブリッシングを発表。TGS 2019にプレイアブル出展決定

 開発は,ゲームディレクターに見城こうじ氏,サウンドプロデューサーに細江慎治氏,キャラクターデザインにタナカケンゴ氏寺田克也氏仲井さとし氏など,数々の名作を手がけたクリエイター陣が担当している。日本国内だけでなく全世界同時配信を予定しており,PCとNintendo Switchのクロスプラットフォーム対戦もサポートされる予定だ。

画像(003)禹諾国際がPC/Switch用オンライン対戦ゲーム「SYNAPTIC DRIVE」のパブリッシングを発表。TGS 2019にプレイアブル出展決定

 なお,9月12日〜15日(12日と13日はビジネスデイ)に千葉県幕張で開催される「東京ゲームショウ2019」のYUNUO GAMESブースにプレイアブル出展され,先行テストプレイができるという。4Gamerでは,「東京ゲームショウ2018」に出展されたプロトタイプのプレイレポートと見城氏へのミニインタビューを掲載しているので(関連記事),こちらも合わせて参照してほしい。

関連記事

[TGS 2018]「カスタムロボ」の見城こうじ氏の新作対戦ゲーム,「Synaptic Drive」プレイレポート&ミニインタビュー

[TGS 2018]「カスタムロボ」の見城こうじ氏の新作対戦ゲーム,「Synaptic Drive」プレイレポート&ミニインタビュー

 東京ゲームショウ2018のインディーゲームコーナーに,「カスタムロボ」のディレクターを務めたゲームクリエイター,見城こうじ氏の最新作となる「Synaptic Drive」のプロトタイプがプレイアブル出展されていた。プレイレポートと,見城氏へのミニインタビューをお伝えしたい。

[2018/09/21 11:06]

「SYNAPTIC DRIVE」公式サイト


電脳に、血を宿せ。
オンライン対戦シューティングバトル
『SYNAPTIC DRIVE(シナプティック・ドライブ)』
パブリッシング発表のお知らせ

画像(006)禹諾国際がPC/Switch用オンライン対戦ゲーム「SYNAPTIC DRIVE」のパブリッシングを発表。TGS 2019にプレイアブル出展決定

禹諾国際株式会社(東京都千代田区/代表取締役:陳忠)は2019年8月28日(水)、同社のゲームパブリッシングブランド「YUNUO GAMES」の第2弾タイトルとして株式会社サウザンドゲームズ(東京都渋谷区/代表取締役:桑原敏道)が開発するオンライン対戦シューティングバトル『SYNAPTIC DRIVE』(シナプティック・ドライブ)』をパブリッシングすると発表いたしました。

SYNAPTIC DRIVEはYUNUO GAMESブランドとしては初となるNintendo Switch及びSteamでクロスプラットフォーム対戦が可能なタイトルとして、ダウンロード発売を予定しております。また同ブランド初の海外発売を予定しているタイトルでもあります。2019年9月12日(木)〜15日(日)に開催される『TOKYO GAME SHOW 2019』のYUNUO GAMESブースで先行テストプレイが可能です。なお本タイトルのプロモーションムービーについても同日に公開を予定しております。

■SYNAPTIC DRIVE(シナプティック・ドライブ)とは
遥か未来、遥か宇宙の彼方を舞台に繰り広げられる、3Dのオンライン対戦シューティングゲームです。

ガン、ワイヤー、トラッカーの3種類の武器を使い分けながら相手を追い詰めてダメージを与えあう、1対1のハイスピードアリーナバトルを堪能できます。「電脳に、血を宿せ。」のキャッチコピーの通り、サイバーな世界観の中で、一瞬も気が抜けない極限の頭脳の反射を競うバトルに、思わず血が上る程熱中していただけるゲームになっております。

■強力スタッフ陣が満を持して送り出す渾身の一作!
ゲームディレクターに見城こうじ氏、サウンドプロデューサーに細江慎治氏、キャラクターデザインにタナカケンゴ氏・寺田克也氏・仲井さとし氏他多数、と数々の名作を手掛けた豪華クリエイター陣が集結した力作です。

■ボディ×武器×アリーナ×etc...組み合わせで可能性は無限大!
キャラクターの見た目や耐久値などを決めるボディだけで10体以上、ガンなどの各種武器は100種類を優に超え、バトルステージとなるアリーナも様々。これらの組み合わせで戦略も勝敗も大きく変わってきます。シンプルですが何度でも遊べるゲームです。

■全世界で、プラットフォームを跨いで・・・広がる世界、広がる対戦
SYNAPTIC DRIVEは日本国内のみならず全世界同時配信予定になっており、また対応プラットフォームとしてもNintendo Switch及び Steamにてクロスプラットフォーム対戦が可能な形での配信を予定しております。全世界から各プラットフォームを代表する猛者達が集うさまはまさにSYNAPTIC DRIVEの世界観そのまま。宇宙一をかけたバトルが日々繰り広げられます。

【ゲームの詳細】
■サービス名     :SYNAPTIC DRIVE(シナプティック・ドライブ)
■サービス概要    :オンライン対戦シューティングバトル
■コピーライト    :(C)YUNUO GAMES All Rights Reserved.
            Developed by Kouji Kenjou / Thousand Games
■配信開始日     :未定
■配信予定地域    :全世界(WORLDWIDE)
■利用料金等     :ダウンロード販売/価格未定
■プレイ可能人数   :1ハードにつき最大4名まで
■対象年齢      :全年齢(予定)
■対応プラットフォーム:Nintendo Switch
            Steam
・公式WEBページURL:
https://yunuo-games.jp/synaptic-drive/

・YUNUO GAMES TGS特設ページURL
https://yunuo-games.jp/tgs2019/

※画像は開発中のものです。
※Nintendo Switchでオンライン対戦をプレイいただくにはNintendo Switch Onlineに加入いただく必要があります。

  • 関連タイトル:

    SYNAPTIC DRIVE

  • 関連タイトル:

    SYNAPTIC DRIVE

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年04月〜2019年10月