オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
InnerSpace公式サイトへ
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[E3 2017]重力が逆転したような世界を探索する「InnerSpace」のプレイレポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2017/06/16 00:00

プレイレポート

[E3 2017]重力が逆転したような世界を探索する「InnerSpace」のプレイレポート

 学生が中心の開発スタジオ・PolyKnight Gamesが,2014年,クラウドファンディングに成功してからコツコツと開発を続けてきた宇宙探索ゲーム「InnerSpace」PC / PS4 / Xbox One)。そのプレイアブルデモをE3 2017の会場でチェックしてきたので,レポートしよう。


 「InnerSpace」の主人公は,「インバース」と呼ばれる領域の探索を行うカートグラファー(製図家)。インバースは海が泡のように外側へ広がり,その中に島々が浮いているという,重力が逆転したような不思議な世界だ。
 ここにはかつて存在した文明の遺跡があるのだが,プレイヤーの目的は,そこから「レリック」(遺物)を集めることだ。

パステルカラーが印象的なグラフィックスは,「No Man’s Sky」を思い起こさせる
InnerSpace
InnerSpace

初めてのプロジェクトがリリースを迎えるということで,どこか誇らしげな様子だったPolyKnight Gamesのエリック・ブロディ氏
 開発メンバーのEric Brodie(エリック・ブロディ)氏によると,この世界を支配するデミゴッド(半神)の存在を探るという要素もあるとのこと。オープンワールドを自由に探索できる一方で,ストーリーもしっかりと楽しめるようだ。

 ムービーをご覧いただければ分かる通り,プレイヤーが操るのは水中と空中どちらも移動できる乗り物だ。今回はPC版をPlayStation 4のコントローラでプレイしたが,左右のアナログスティックで前進したり旋回したりするのはなかなか気持ちいい。スピードの調節も可能だったが,洞窟などの狭い空間を自由自在に移動するには,それなりの慣れが必要になるだろう。

 試遊できたのはチュートリアル部分だったため,広大な世界を自由に見て回ったり,乗物のアップグレードを行ったりすることはできなかったが,エレクトロサウンドに包まれて未知の世界を旅するのがなかなか心地よいと感じた。
 パブリッシングはAspyr Mediaが担当し,インタフェースや字幕は日本語表示に対応するとのこと。発売時期は2017年夏となっているので,そう遠くないうちに遊べそうだ。

InnerSpace
InnerSpace

「InnerSpace」公式サイト

  • 関連タイトル:

    InnerSpace

  • 関連タイトル:

    InnerSpace

  • 関連タイトル:

    InnerSpace

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月16日〜11月17日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年05月〜2019年11月