オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
ハースストーン公式サイトへ
読者の評価
78
投稿数:24
レビューを投稿する
海外での評価
88
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「ハースストーン」ドラゴン年一発目の拡張セット「爆誕!悪党同盟」は,4月10日に配信。収録カードの一部を公開
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/03/15 02:00

ニュース

「ハースストーン」ドラゴン年一発目の拡張セット「爆誕!悪党同盟」は,4月10日に配信。収録カードの一部を公開

 Blizzard Entertainmentは,同社が運営するデジタルカードゲーム「ハースストーン」PC / iOS / Android)の“ドラゴン年”と位置付けられる2019年度を飾る拡張セット第1弾として,「爆誕!悪党同盟」(原題: Rise of Shadows)を発表した。この拡張パックは,日本時間の4月10日に配信が始まる予定となっている。


 2月末に開催された「Hearthstone Summit 2019」関連記事)でも明らかにされたように,ドラゴン年は改革の一年と位置付けられている。その大きな変化をもたらすのが拡張セットで,この1年でリリースされる3つの拡張は,それぞれの物語がリンクする,壮大な世界観が楽しめるとのこと。

画像(021)「ハースストーン」ドラゴン年一発目の拡張セット「爆誕!悪党同盟」は,4月10日に配信。収録カードの一部を公開

 舞台となるのは,「World of Warcraft」ではおなじみの浮遊都市ダラランで,大悪党ラファームを首領とする悪党達が犯罪組織を旗揚げし,アゼロス大陸でひと悶着を起こそうとする。この悪党同盟の主要メンバーは,全員が過去のセットで登場しているので,プレイヤーにとってはなじみのある名前もあるだろう。

ウォーリア―:ドクター・ブーム
プリースト:マダム・ラズール
ローグ:トグワグル
シャーマン:ハガサ
ウォーロック:ラファーム

画像(020)「ハースストーン」ドラゴン年一発目の拡張セット「爆誕!悪党同盟」は,4月10日に配信。収録カードの一部を公開
 「爆誕! 悪党同盟」には,合計で135枚のカードが用意されるが,現時点で詳しい情報が公開されているカードは,「大悪党ラファーム」のみ。このカードは,7/7/8の挑発持ちミニオンで,自分の手札とデッキすべてをレジェンドミニオンと置き換えるという雄叫び効果をもっている。
 効果自体は「探偵同盟」に登場した「ゴールデンモンキー」と同じだが,こちらのほうがマナコストが重いぶんスタッツが高く,効果を発動するのに余計なフローを挟まないのが特徴といえるだろう。

 また,悪が存在するのであれば,当然ながら正義の味方も存在する。悪党同盟に対して,「ダラランの守護者」というカード群が用意されており,悪党のクラスではない残りの4つ,つまりメイジ,パラディン,ハンター,ドルイドが守護者側を担当する。

画像(001)「ハースストーン」ドラゴン年一発目の拡張セット「爆誕!悪党同盟」は,4月10日に配信。収録カードの一部を公開 画像(002)「ハースストーン」ドラゴン年一発目の拡張セット「爆誕!悪党同盟」は,4月10日に配信。収録カードの一部を公開 画像(003)「ハースストーン」ドラゴン年一発目の拡張セット「爆誕!悪党同盟」は,4月10日に配信。収録カードの一部を公開

 新しいゲームシステムとしては,「再生カード」というメカニクスが加わる。これは英語で「Callback」と言い,“そのゲーム中でカードを蘇生する”のではなく,“過去のカードを持ち込む”と言う意味合いに近い。
 例えば,旧神のささやきで実装されたプリーストの呪文「禁じられし創造」は,マナをすべて消費し,そのコストを同じランダムなミニオンを1体召喚するというカードだったが,これの再生カードとして登場する「禁じられし言葉」は,消費したマナ以下の攻撃力を持つミニオンを1体破壊するという効果になっている。

画像(004)「ハースストーン」ドラゴン年一発目の拡張セット「爆誕!悪党同盟」は,4月10日に配信。収録カードの一部を公開

 また,目新しいところでは「悪の手先」(lackeys)という,雄叫びスキルを持つ1/1/1の手先(ミニオンとは異なる属性)カードが複数登場する。手先は,ほかのカードの効果を介してのみ召喚できるトークンカードであり,雄叫びの効果は悪党同盟メンバーの性質に合わせたようなものになっていると言う。

画像(014)「ハースストーン」ドラゴン年一発目の拡張セット「爆誕!悪党同盟」は,4月10日に配信。収録カードの一部を公開 画像(013)「ハースストーン」ドラゴン年一発目の拡張セット「爆誕!悪党同盟」は,4月10日に配信。収録カードの一部を公開 画像(015)「ハースストーン」ドラゴン年一発目の拡張セット「爆誕!悪党同盟」は,4月10日に配信。収録カードの一部を公開
画像(016)「ハースストーン」ドラゴン年一発目の拡張セット「爆誕!悪党同盟」は,4月10日に配信。収録カードの一部を公開 画像(017)「ハースストーン」ドラゴン年一発目の拡張セット「爆誕!悪党同盟」は,4月10日に配信。収録カードの一部を公開 画像(018)「ハースストーン」ドラゴン年一発目の拡張セット「爆誕!悪党同盟」は,4月10日に配信。収録カードの一部を公開

 さらに,「爆誕! 悪党同盟」では「計略」(schemes)というスペルカードがフィーチャーされており,手札に残っている間は,ターンごとに強さが増していく。
 公開された「ハガサの計略」は,5コストで「すべてのミニオンに1ダメージを与える」という効果なので,一見すると弱く感じるかもしれないが,マリガンで最初に手札に引き入れておけば,強力な全体駆除スペルに変貌する。
 こうした計略カードは悪党メンバーのクラスごとに1枚用意されており,コストも効果もさまざまなものになるという。

画像(010)「ハースストーン」ドラゴン年一発目の拡張セット「爆誕!悪党同盟」は,4月10日に配信。収録カードの一部を公開

 ダラランの守護者にも,「双呪文」(Twinspells)と呼ばれる専用のメカニクスが用意されている。これは,使用すると同じカードのコピーを手札に加えるというもの。公開された「森の助け」は,2/2の「トレント」を5体召喚したうえで,さらに同じ「森の助け」カードを手札に作成する。木霊のように何回もコピーされるわけではないが,次のターンに持ち越せるのは大きな強みとなるだろう。

画像(019)「ハースストーン」ドラゴン年一発目の拡張セット「爆誕!悪党同盟」は,4月10日に配信。収録カードの一部を公開

 先日の記事でもお伝えしたように,デッキ自動作成ツールが加えられたり,カードバックのアートがランダムに表示される機能が実装されたりと,さまざまな新要素がこの4月10日に合わせて登場する。さらに,スケールアップした「PvE」モードについても追ってアナウンスされる予定だ。進化を続ける「ハートストーン」の続報に期待しておこう。

画像(022)「ハースストーン」ドラゴン年一発目の拡張セット「爆誕!悪党同盟」は,4月10日に配信。収録カードの一部を公開

関連記事

「ハースストーン」,新拡張セット「爆誕!悪党同盟」のシネマティック・トレイラーが公開

「ハースストーン」,新拡張セット「爆誕!悪党同盟」のシネマティック・トレイラーが公開

 Blizzard Entertainmentは本日,「ハースストーン」に向けた,「ドラゴン年」の拡張セット第1弾「爆誕!悪党同盟」のシネマティック・トレイラーを公開した。また本日は,WebMoneyを使用した新拡張版(メガ・バンドル)の先行購入で「天下一ヴドゥ祭」のカードパックが当たる企画も始まっている。

[2019/03/15 11:27]

「ハースストーン」公式サイト

  • 関連タイトル:

    ハースストーン

  • 関連タイトル:

    ハースストーン

  • 関連タイトル:

    ハースストーン

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年04月〜2019年10月