オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
World of Tanks公式サイトへ
  • Wargaming.net
  • 発売日:2011/04/12
  • 価格:基本プレイ無料
読者の評価
81
投稿数:79
レビューを投稿する
準備中
World of Tanks
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
“東欧の雄”Wargamingが,「F.3.A.R.」を開発したシカゴのDay 1 Studiosを買収。次世代コンシューマ機市場に参入へ
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2013/01/30 12:06

業界動向

“東欧の雄”Wargamingが,「F.3.A.R.」を開発したシカゴのDay 1 Studiosを買収。次世代コンシューマ機市場に参入へ

 「World of Tanks」などPC向けのFree-to-Playゲームで知られるベラルーシのWargamingが,シカゴを拠点とするデベロッパ Day 1 Studios2000万ドル(約18億円)で買収したことを明らかにした。Wargamingは,2012年7月にオーストラリアのミドルウェア開発会社Big Worldを4500万ドルで買収するなど,このところ動きを活発化させている。
 なお同社は,PC向けオンラインシューティング「World of Warplanes」の正式サービスを,年内に開始する予定だ。

World of Tanks

 2001年に設立されたDay 1 Studiosは,Microsoft Game StudiosのXbox向けシューティング「MechAssault」(2002年発売)や,LucasArts Entertainmentの「Fracture」(2008年発売)など,これまで一貫してコンシューマ機向けのゲームを開発してきたデベロッパだ。

 一方Wargamingは,World of Tanksの成功により,今やFree-to-Play型ゲームメーカーを代表する存在となっている。両者はあまり接点がなさそうだが,WargamingのCEOヴィクター・キスリー(Victor Kislyi)氏はプレスリリースの中で「コンシューマ機に向けたゲーム開発への参入は,Wargamingにとって大きなステップであり,これからは新しいプラットフォームでのプレゼンスも発揮できる」とコメントしている。現在は,PCゲーム以外のゲーム開発にも着手している模様だ。

 さらにキスリー氏は「買収による成果も近々お見せできるでしょう」新作の存在も匂わせている。次世代のコンシューマ機市場ではFree-to-Play型のゲームが大きなカギを握ると言われているだけに,WargamingとDay 1 Studiosのノウハウが噛み合えば,今後のゲーム市場でさらに飛躍する可能性もありそうだ。続報に期待しておこう。

Wargaming公式サイト(Wargaming.net)

  • 関連タイトル:

    World of Tanks

  • 関連タイトル:

    World of Tanks Generals

  • 関連タイトル:

    World of Warplanes

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月15日〜09月16日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
76
Days Gone (PS4)
74
2019年03月〜2019年09月