オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
トトリのアトリエ 〜アーランドの錬金術士 2〜公式サイトへ
  • ガスト
  • 発売日:2010/06/24
  • 価格:7140円(税込),プレミアムボックスは1万290円(税込)
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
読者の評価
86
投稿数:13
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「トトリのアトリエ 〜アーランドの錬金術士 2〜」と「白騎士物語 -光と闇の覚醒-」。和製RPG,2作品を取り上げる今週の「読者レビュー PickUp!!」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2010/07/20 18:58

連載

「トトリのアトリエ 〜アーランドの錬金術士 2〜」と「白騎士物語 -光と闇の覚醒-」。和製RPG,2作品を取り上げる今週の「読者レビュー PickUp!!」

読者レビューランキング 2010.07.19集計版
 週刊連載「読者レビューPickUp!!」は,読者レビューの最前線から,今いちばんHOTなタイトルを紹介していく読者参加型企画です。最新の読者レビューランキングと共に,これは! という読者レビューを毎週取り上げていきます。さて,今週は「トトリのアトリエ 〜アーランドの錬金術士 2〜」と「白騎士物語 -光と闇の覚醒-」をピックアップしています。読んでいるあなたも,これを機会に読者レビューに挑戦してみよう!
※このランキングは,読者レビューの投稿を元に,本連載が独自の集計を行ったものです。(集計対象:投稿数5件以上,発売から1年以内のタイトル,もしくは正式サービス中のオンラインゲーム)

変動 機種 ゲーム名 ポイント
1 1 - STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート) 99.000
2 2 - マビノギ 94.877
3 3 - Gears of War 2 93.100
4 4 - ゴッド・オブ・ウォーIII 93.018
5 5 - ゼノブレイド 92.675
6 6 - ゴースト トリック 92.500
7 7 - LEFT 4 DEAD 2 日本語版 91.456
8 8 - Forza Motorsport 3 90.500
9 9 - Ys SEVEN 90.175
10 10 - EVE Online 89.978
11 11 - Dragon Age: Origins 88.933
12 12 - Alan Wake 88.500
13 13 - アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団 87.600
14 NEW! トトリのアトリエ 〜アーランドの錬金術士 2〜 87.267
15 14 New スーパーマリオブラザーズ Wii 87.129
16 15 METAL GEAR SOLID PEACE WALKER 87.109
17 16 ギルド ウォーズ 87.050
18 17 OPERATION7 86.951
19 18 スプリンターセル コンヴィクション 85.600
20 19 ときめきメモリアル4 85.500
21 20 Master of Epic: The ResonanceAge Universe 85.262
22 21 World of Warcraft 85.235
23 22 End of Eternity(エンド オブ エタニティ) 84.986
24 23 Alliance of Valiant Arms 84.949
25 24 大航海時代 Online 〜Cruz del Sur〜 83.865

 7月19日集計分の「読者レビューPickUp!!」をお届けします。今週は話題のRPGが2本,「トトリのアトリエ 〜アーランドの錬金術士 2〜」と「白騎士物語 -光と闇の覚醒-」がチャートインしてきました。どちらも発売前から話題となっていたRPGで,実際にプレイした人達による,その評価が気になる人は多いはず。今週のピックアップレビューではこの2作品を取り上げて見ていきます。

 一方では,先週15日にリリースされたばかりの「武装神姫BATTLE MASTERS」が,早くもチャートに姿を現しています。同作は,武装した女の子のフィギュアロボ“神姫”達を操って戦う,PSP用の3D対戦アクションです。戦闘の合間には,それぞれに個性的な彼女達との交流も楽しめます。“神姫”達のボイス担当に,有名な女性声優を多数起用していることでも話題となっている作品です。
 この作品のプレイの様子が知りたい人は,4Gamerに直撮りプレイムービーがアップされていますので,そちらをぜひ見てみてください。担当者が気に入ったのか,このタイトルに関しては,直撮りプレイムービーが3本も(その1/その2/その3)あるのです。

 そのほか今週は「A列車で行こう9」もチャートインしています。一方,ランキングから姿を消したのは,リリースから一年が経過した「トゥームレイダー: アンダーワールド 日本語版」,そして7月19日にサービス終了を迎えた,コーエーのMMORPG「三國志 Online」です。

 それでは今週のピックアップタイトルを見ていきましょう。


今週のピックアップレビュー


トトリのアトリエ 〜アーランドの錬金術士 2〜 87
発売元:ガスト 発売日:2010/06/24
開発元: 価格:7140円(税込),プレミアムボックスは1万290円(税込)
 「トトリのアトリエ 〜アーランドの錬金術士 2〜」は,長野のゲームメーカー,ガストの看板作品といえる“アトリエ”シリーズの最新作です。
 “アトリエ”シリーズは錬金術士を主人公としたRPGで,これまでにもさまざまなタイトルがリリースされてきました。近年では2009年6月25日にリリースされた,同シリーズ初のPS3用タイトル「ロロナのアトリエ 〜アーランドの錬金術士〜」がスマッシュヒットとなり,今回取り上げるトトリのアトリエはその直接の続編として制作されたタイトルです。

 トトリのアトリエは,前作に存在した弱点をなくして,内容をさらに洗練させた作品となっているようです。
 読者から寄せられたレビューを読んでみると,“グラフィックスの進化”を良い点として挙げている人が多く見られます。イラストレーター岸田メルさんが描く,ホントにかわいいキャラクター達がそのまま動き出したかのように見える,ハイクオリティな3Dグラフィックスは必見のレベルのようです。「そんなにすごいなら,動いているところをいますぐ見たい!」という人は,4Gamerに掲載されているこちらのムービーをぜひどうぞ。

 また“ストーリー”を本作の良い点とする人も多いです。“ヒロインが冒険者となって各地を旅していく”という冒険物語は面白く,キャラクター達も非常に魅力的に描かれているとのこと。ただ,ヒロインが“錬金術士”というよりも,“冒険者”寄りの活躍をするようになったことに関しては,過去の作品を知る人の中には,やや違和感を感じる人もいるようです。

 いまいちな点としては,一度に見たイベントのスキップや,テキストの早送りができないので,2周目以降のプレイではストレスが溜まりやすいことを,幾人かのレビュアーが挙げています。また,グラフィックスは素晴らしいとしつつも,一部のモーションの出来映えには疑問を感じているレビュアーもいるようです。

 とはいえ,プレイをした人達の満足度は総じて高いようで,集計時点でのGameScoreも87.267と非常に高いです。中には「歴代作品の中で,最高の出来なのでは?」という意見もあるとか。興味がある人は,その出来映えを自身で確かめてみてはいかがでしょうか。
パッケージ

→Amazonで購入


トトリのアトリエ 〜アーランドの錬金術士 2〜 トトリのアトリエ 〜アーランドの錬金術士 2〜 トトリのアトリエ 〜アーランドの錬金術士 2〜


  • 前作「ロロナのアトリエ」を正当進化させた感じです。人を選ぶと言うと人を選ぶゲームかもしれませんが,シリーズの中でもかなりの出来です。今まで最高傑作とされてきた「ヴィオラートのアトリエ」を超えるという話もちらほら。(-車輪-/男性/20代)
  • なによりキャラクターがいいです。トトリとツィツェの姉妹もそうですが,前作から登場するステルクなどもいい味を出しています。キャラクターが魅力的でストーリーもおもしろく,錬金術に頼るものの錬金術のみには捕らわれない。今までのほとんどのアトリエシリーズをプレイしてきましたが,個人的には一番好きな作品です。(ROQI/男性/20代)
  • 主人公のトトリは過去シリーズの主人公達よりもさらに弱くレベルアップ時の成長率も低いですが,その分アイテムの利用価値が高まっているため,錬金術師が主人公であるゲームとしては適切な方向へ進化したと言えると思います。(風間優司/男性/30代)
  • 分かりやすいところではグラフィックスがよくなった。原画再現率が上がり,細部までつくられているように感じる。(kiriha/男性/20代)
  • グラフィックが格段にきれいになっている。メインのシナリオがはっきりしているため話の筋が通っている。愛着が持てるくらい,キャラクタのつくりがしっかりしている。(tear0315/男性/20 代)
  • メインのストーリーはセオリーどおりながらもよく作りこまれている。サブキャラやモブキャラ達の小さなイベントや会話の変化も見逃せない。マルチエンディングで飽きずに何度でもできる。(オニガワラ/男性/20代)

  • 不満点はやはり2周目からの作業プレイですね。せめてイベントスキップは欲しかったです。それと,厚塗りのキャラクターを3Dで上手く表現しているとは思いますが,動きがちょっと浮ついています。とくにトトリの移動に関しては空中をスキップしているような感じにふわふわしてます。(ROQI/男性/20代)
  • 戦闘システムも少し古いが安定して楽しめるタイプで難しい操作はいらなく,新規からでも取っつきやすい,しかしそこに新しさもないから良いとも書けない。(kiriha/男性/20代)
  • 前作では,錬金術によって作られたアイテムが,ゲーム中最強だったと思います。そこに錬金術のロマンがあると私は思っていました。ですが今回は錬金術が持つ意味合いがぐっと下がっている気がします。戦闘面では良い武器,回復アイテムを作ることが錬金術の目的。それ以上はあまり意味がないなと。(tear0315/男性/20代)
  • グラフィックスは改善されたが,動きがふわふわし過ぎか? 作りこまれたCGモーションを見た後だと違和感を感じます。(オニガワラ/男性/20代)
  • マルチエンディングですが1周のプレイにかかる時間が長く,2周目以降の引継要素もプレイ時間の短縮には繋がりません。オプションにメッセージ速度の変更が無く,会話イベントを早送りやスキップする事もできないなど2周目以降の繰り返しプレイを行いやすいシステムにはなっていません。(風間優司/男性/30代)
  • 前作のキャラが前面に出されすぎです。一応,開発者インタビューで「前作やってなくても楽しめるように作りました」とは書いてあり,「トトリが初アトリエだけど面白いよ」という声も聞きましたが,主人公のトトリがゲーム内で「うう…話についていけない…」と漏らすほど前作のキャラが前面に押し出されています。(-車輪-/男性/20代)


白騎士物語 -光と闇の覚醒- 76
発売元:ソニー・インタラクティブエンタテインメント 発売日:2010/07/08
開発元:レベルファイブ 価格:6980円(税込)
 「白騎士物語 -光と闇の覚醒-」は,「レイトン教授」シリーズなどでも知られる福岡のゲームメーカー,レベルファイブが開発したPS3専用のRPGです。2008年12月25日に発売された「白騎士物語-古の鼓動-」の続編にあたるタイトルで,前作からキャラクターを引き継ぐことも可能になっています。
 本作は,前作「古の鼓動」そのものがまるごと収録されているというオドロキの仕様で話題となったタイトルでもあります。これ一つを買うだけで白騎士物語2作品がまるまるプレイできるということで,前作をプレイしていない人にも手を出しやすい作品です。このあたりのことについては4Gamerに掲載した,本作のディレクター楠田芳晃氏へのインタビューでも触れられているので見てみてください。

 さて,前作をプレイした多くのレビュアーが,本作の良い点として評価するのは,大きく改良されたバトル部分です。戦闘のテンポは格段に良くなり,弱点への攻撃はより効果的になり,前作よりも楽しくバトルを進めていけるようになっているとのこと。また,アクション要素のない,昔ながらのコマンド式の戦闘であることも,肯定的に受け入れられているようです。

 また,ストーリーが良いとする意見も多いです。本作で展開するのは“みんなで力を合わせて,悪いやつを倒す”という分かりやすい物語で,そのことに対して好印象を持つプレイヤーは多いようです。また本作には「キャラクターが巨大な“騎士”に変身して戦う」という要素があり,数人以上のレビュアーが,そこに見られる“変身ヒーロー的”“特撮的”なノリが,気分を非常に盛り上げてくれて面白いと評価しています。

 悪い点として挙げられているのは,まず“マップの広さ”です。本作には広大なマップが用意されているのですが,どうやらそれを“必要以上に広い”と感じてしまう人が少なくないようです。本作の舞台には前作と重なっているところもあるため,とくに前作のプレイ経験がある人には,そのように感じられるのかもしれません。

 また,“魔法しかきかない敵”が存在するなど,パーティの編成をある程度決まった形(バランスのいい編成)にしておかないと行き詰まりやすいところも,不満点として挙がっています。自動的に動く仲間キャラクターの行動にも,改善できそうな部分が見受けられるようです。

 本作の集計時のGameScoreは76.200と,なかなかの高評価。また発売後10日程度の間に,コンシューマタイトルとしては多めの12本のレビューが集まっており,注目度も高いです。前作同梱でボリューム満点のこの話題作を,夏休みを使って,心ゆくまでプレイしてみるというのはいかがですか?
パッケージ

→Amazonで購入


トトリのアトリエ 〜アーランドの錬金術士 2〜 トトリのアトリエ 〜アーランドの錬金術士 2〜 トトリのアトリエ 〜アーランドの錬金術士 2〜


  • 基本的なRPGの流れにそって進める。「皆で力を合わせて悪者を倒そう!お姫様ととりかえそう!」といった感じで町へ行って問題を解決しながらボスへ……といった昔ながらのRPGが楽しめます。(りおん/女性/30代)
  • 変身アクションヒーロー物の番組に参加している感覚。派手な演出とテンポの良さで痛快そのもの。変身ヒーロー物なんだから細かいことは一切抜きで行こうぜという開発者の潔さが良い。シナリオの?なところなどご愛嬌,そんなことはどうでも良くて,みんなで悪者をやっつけに行くぞエイエイオー!の世界。(きがえまる/男性/40代)
  • レベルがさくさく上がる。ボス戦が熱い。武器,防具が豊富。全体的に致命的なバグもなく,なかなかの作品になったのではないだろうか。(zosh/男性/20代)
  • 前作と比較して戦闘が格段に面白くなった。とくに戦闘スピードが向上したことが大きい。ストーリーの熱い展開は特撮的な意味でいい。盛り上がるシーンで巨大な騎士へと変身できる。(fujima/男性/20代)
  • 戦闘のテンポが数段UP。ゲームとしてはなかなか完成度は高い。やってみる価値はある。(れおん/男性/20代)
  • 前作に比べ,戦闘が若干スムーズ(弱点で叩けばダメージがはっきり違う等)。(hide/男性/20代)
  • 最近は,アクションゲームが主流ということもあってこういったコマンドタイプのRPGは少なくなってきたように思います。気楽にやれるのでとても楽しいです。ストーリーには,特撮ものやジブリから影響を受けてるなといった場面が多々あります。物語は王道ということで好みが分かれると思いますが,私は好きです。(ハキム/男性/30代)
  • 高水準なグラフィック(装備の見た目もちゃんと反映されます)。キャラクリエイトの細かさ(非常に細かく調整可能)。ジオラマ(ちょっとした箱庭になってます)。(cassino/男性/30代)
  • 装備品がキャラクターやイベント時の姿に反映されます。数も多く,強い剣などは見た目も派手なので,装備するとテンションが上がります。(らっこ/男性/30代)
  • 「白騎士物語〜闇と光の覚醒〜」の中に,前作である「白騎士物語〜古の鼓動〜」も入っているところがよい。戦闘のテンポは少し早くなった。(優しき心/男性/20代)

  • MAPが広いので移動に時間がかかる。確かに前作よりも良くなりましたが,未だにかゆい部分に手が届いてないイメージ。(デスマー/男性/20代)
  • ストーリーで何度も訪れたことのある広大なマップを行き来させられる。ボス戦が難しいという意見をよく聞くが不親切な作りとゲームオーバー時のリスタート位置の悪さのほうが大きく感じる。とくに敵に合わせたコマンドセットのセーブロードは重要で,戦略的な面白さにも繋がるのに説明書でも扱いが小さい。(fujima/男性/20代)
  • 前作からパワーアップはしていると思うがまだ改善の余地はあると思う。物理攻撃では一切ダメージが通らない敵がいる(アイテムを使えば回避可能)。そのモンスターがシナリオで多く出現しストレスが溜まる可能性がある。(れおん/男性/20代)
  • 戦闘に関してはそれほど悪くはなかったものの,敵の種類によってはそもそも物理が効かないのもいるので,魔法が使えないと詰んでしまうのはいかがなものかと。マップは広いの一言。一瞬で拠点に移動したりだのはできるものの,移動してる時間のほうが長いのではないかと思うくらい広大。(hide/男性/20代)
  • 一番辛いのは難易度の高さですね……。人によっては難しすぎると思うので,注意したほうがいいです。(日英人/男性/20代)
  • 戦闘に入る際,仲間が動いてくれないことがあります。キャラが戦闘に入る際,ある一定の距離に入る必要があるらしく,そこまで敵が入ってこなければ棒立ち状態。また,アイテムを装備する際,そのキャラクターにアイテムを渡す必要がありとてもめんどうです。戦闘中もほかのキャラに魔法を指示することができず,逐一動かすキャラをかえる必要があります。魔法を唱えるにもいちいちパーティにキャラを入れる必要があり大変でした。(ハキム/男性/30代)
  • 戦闘中に特定の状況でたまにAIが棒立ちのまま止まる事がある,狭い通路で仲間をすり抜けれないのに変なとこで立ち止まる,少ない足場に飛び降りて次のとこに飛び降りようと見定めてたらNPCも降りてきて押されて変な方向に落ちるなど。(優しき心/男性/20代)
  • ストーリーがベタすぎる。突っ込みどころ満載。(zosh/男性/20代)
  • これではオフゲーとしてもオンゲーとしても中途半端すぎます。MHFやPSUなどのようなアクションRPGとして作ってテンポ良く進むのであればもっと評価されていたんじゃないかと。(cassino/男性/30代)
  • 武器防具の強化の奥深さがなくなったのは痛い。(きがえまる/男性/40代)


 「読者レビューPickUp!!」では,毎週取り上げたタイトルごとに抽選で一名,1000円分のWebMoneyもしくはAmazonショッピングカードをプレゼント。今回の当選者は……,


こちらの2名です。おめでとうございます!
 当選者の方はお手数ですが「こちら」を参照し,「アカウント管理画面」から発送先住所と氏名の入力をお願いします。


今週の募集タイトル


 本連載では,最近レビュー募集が開始された中から,「これは気になる!」というタイトルにてプレゼント企画を行います。今週のピックアップは以下の6作。それぞれ締め切りまでにレビューを投稿していただいた人の中から抽選で,これまた1000円分のWebMoneyもしくはAmazonショッピングカードをプレゼント! 皆さん奮ってご応募ください。

■プレゼント付読者レビュー募集タイトル

(7月20日追加分,締め切り:8月2日 0:00まで)


(7月13日追加分,締め切り:7月26日 0:00まで)


■今週のプレゼント付読者レビュー当選者


※お手数ですが「こちら」を参照し,「アカウント管理画面」から発送先住所と氏名の入力をお願いします。
※これまでのプレゼントは,6月8日当選分まで発送済みです。お問い合わせは「こちら」

 また,以下のタイトルでもレビューの投稿をお待ちしております。こちらはプレゼントこそないものの,ランクイン間近のタイトルとなります。

■まもなくランクインしそうなタイトル

「キャラフレ」「英雄島」「モンスターハンター フロンティア オンライン」(X360版)「アフターバーナークライマックス」「まじかるブラゲ学院」「信長の野望 Online 〜新星の章〜 」「GYOKUJI〜旗揚げの時〜」「北斗無双」(PS3版)「HOSPITAL. 6人の医師」「DREAM C CLUB」「Master of Martial」「鉄拳6」(PS3版)「みんなの冒険大陸 カナン」「バイオハザード5」(PC版)「Soundness Dog & Friends Online」「アルテイルネット」「DecoOnline Frontier」「GUNZWEI」「ミュー 奇蹟の大地」「オペレーション フラッシュポイント: ドラゴン ライジング 日本語版」


 それでは,また来週,お会いしましょう。
 
  • 関連タイトル:

    トトリのアトリエ 〜アーランドの錬金術士 2〜

  • 関連タイトル:

    白騎士物語 -光と闇の覚醒-

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月21日〜04月22日