オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
バイオハザード5公式サイトへ
  • カプコン
  • 発売日:2009/09/17
  • 価格:7340円(税込)
    Steam版:1843円(税別)
  • Amazonで買う
読者の評価
64
投稿数:5
レビューを投稿する
海外での評価
89
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

バイオハザード5

バイオハザード5
公式サイト http://www.capcom.co.jp/bio5/
発売元 カプコン
開発元
発売日 2009/09/17
価格 7340円(税込)
Steam版:1843円(税別)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
64
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • 今更だけど 20
    • 投稿者:にっち(男性/40代)
    • 投稿日:2013/11/29
    良い点
    ・PS3やXbox360など次世代のCSに対応したためPS2世代よりも格段に綺麗

    ・体術を利用した攻略が楽しめる

    ・ちょっとした隠し要素が盛り沢山

    ・コンプリート要素も盛り沢山でクリア後すぐには廃れない
    悪い点
    ・同行するAIの出来が余りにも貧弱すぎる

    ・やたらと引っ掛かって動きが止められる

    ・ハメ要素が強くなり運次第で何も出来ずに殺される場面が増えた

    ・機銃など設置系武器の旋回速度が極めて遅くストレス要因になる

    ・持ち運び可能なアイテム制限の強化が復活し武器の使い分けがし辛い

    ・ムービー中に敵が一方的に攻撃してくる
    総評
    4から絵柄のクオリティが向上した事は素直に喜べますし、体術やアイテム取得動作中など、一部動作の無敵時間を広く取った事で、そこを利用した攻略法の探求が以前よりも更に楽しめるように。
    武器も種類が豊富ですし、資金を注ぎ込んで段階的に改良させていく楽しみや、コンプリート要素が簡単には尽きない仕組みになっているので、その辺が好きな方にも向くと思われます。

    しかし、これはもうバイオシリーズと思って買わない方が良い。
    4から従来路線との乖離が始まっていましたが、5で更にFPS化が進行し、もう3までの面影がほとんど残らないタイトルへ変貌しておりますし、その弊害も随所に見られます。

    まず銃弾の当たり判定がおかしい。
    とにかく障害物の判定がやたら大きく、手摺が上下にあったり柱が左右にあったりする箇所では、その間を綺麗に狙わないと手摺の当たり判定が優先され敵へ当たってくれません。

    クリーチャーは人では無いのでそれぞれ耐性を持っており、弱点が異なります。
    それは一向に構わんのですが、弱点以外の武器で攻撃すると極端に威力が削がれてしまうため、複数の武器を持ち歩き使い分ける事を前提としたような仕組みにしてあるにも関わらず、武器の所持数制限が厳しく、難易度の高いモードで防弾着など使おうものなら、持てる数は弾薬と回復アイテムを含めてたったの4つ。
    実質2つまでしか持ち歩けません。
    一般的なFPSゲーとしては、これは有り得ない仕様ですし、ゲームである事を忘れて変なところでリアルを追及するのは止めて頂きたい。

    そして、一番最悪なのが、旋回能力が異様に低い事。
    銃を構えると極端に旋回速度が低下するため、構えたまま左右の敵に狙いを定めるのが容易ではなくなっています。
    と言うか、従来で言うゾンビ相当の雑魚の移動速度にすら全く追い付けないので、構えたまま左右に狙いを付けるのは無理と思った方が良い。
    機銃などは更に遅いので、利用すると危険度が増してしまい、設置されている武器の類のギミックはほぼ使い物にならない。
    これもFPSゲーとしては完全に失格レベル。

    各所で起きる謎の引っ掛かりも困りもの。
    壁や設置物から釘が飛び出し服を引っ掛けたのかと思うほど動きが止められますが、自分が止まるよりも敵が引っ掛かって止まるのが恐ろしい。
    倒すべき敵が引っ掛かって出てこなくなった時の絶望感といったらもう…
    壁から手だけ突き出して攻撃だけはしっかり行う敵、引っ掛かっても引っ掛かっても出て来ようとし延々ジャンプし続ける敵、何も出来ずにプルプルと震えたり激しく振動する敵、壁の向こうから気味の悪い威嚇だけを続け本体は永久に出られないまま終わる敵、本来出てはいけない場所に出てきてしまいエラーで沈んでいく敵など…デバッグの時点でもうちょっと手が打てなかったのかと、開発陣の手腕を問いたくなります。

    そして極め付けが、AIのおバカ行動。
    5では最初から最後まで常に相棒と一緒に進む事になりますが、ソロプレイではAIが担当します。
    このAIが超おバカ。
    積極的に取る行動を攻撃優先と守り優先のどちらにするか指示する事が出来ますが、攻撃優先ではアホの様に弾を撃ちまくり、挙句の果てには敵のど真ん中へ駈け込んで自爆しゲームオーバーになりますし、守りを優先させると目の前に敵が居て襲われていても微動だにしない事があるばかりか、常に最弱の武器で攻撃しようとするため、何の役にも立たず見事な足手纏いになるケースがほとんど。
    罠のギミックにもことごとく引っ掛かるため、ステージによってはおバカAIの相棒が死んでしまうために何度も何度もやり直すハメに…苦痛です。
    最高難易度では宿敵との対決ステージと最終ステージ直前でAIが死にまくり、それぞれ70回以上リスタートさせられましたが、トラウマになりそうです。

    飛ばしが不可能なムービーは、その最中であろうとも敵は動き続け攻撃してきますから、敵に囲まれたところでムービーが入ると、ムービー終了直後に攻撃される、ムービー終了後に体力が減っている、などと理不尽極まりない現象が起こり得ます。
    何でこんなおバカ仕様にしてしまったのか、理解に苦しむところ。

    もうホラー要素もほとんどありませんし、バイオの面影はクリーチャーの雰囲気以外に全く無くなったと言って良い状況で、しかもこれだけ列挙出来るほどのおバカ仕様ですので、万人にお勧めするには相当苦しい出来。
    私は今後に改良する気持ちを添えて酷評しておきたいと思いますが、6はこのおバカ仕様が更に進むんですよねぇ…
    プレイ時間
    200時間以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 1 3 4
  • 3D技術が、すごすぎ 100
    • 投稿者:Gamekiller(男性/50代)
    • 投稿日:2010/01/23
    良い点
    グラフィックが格段によくなってる。特に人物の表現や細かいところまでがよく作り込まれています。
    インベントリーをいちいちあけることなく、武器を変更できるようになった。
    3DVisionのよる迫力の立体画像はすごいの一言!
    悪い点
    インベントリーを操作しているときも、ゲームはリアルタイムで進行しているので容赦なく攻撃を受ける。最も考え方によってはゲームのリアリティーは向上するので、一概に悪いとは言えないかもしれないが。
    回を重ねるにつれ、段々恐怖感が減ってきているような気がしないでもありません。
    後、もう少しこまめにセーブができるようになるとなおいい。
    総評
    今回、このゲームのためにわざわざモニターとセットで3DVisionを購入しました。
    はっきりいって、すごいです!
    ゲームもついにここまで来たかという感じです。

    目の前に迫り来るB.O.W.、銃器で攻撃したときにはじき出される薬莢と銃口から立ち上がる煙。
    特に、B.O.W.から攻撃を受けるときは、思わず画面から飛び出してきそうな感じがあります。
    ヘッドフォンをつけてやるともう最高!
    本当に、シェバと一緒に冒険をしている感じがします。
    さすがにエンジンレベルで3DVisionに適合させたというだけあります。
    人物の肌の質感とかの表現も、ソースエンジンに勝るとも劣らないほどです。
    モニターとセットで3DVisionを購入すると、6万円弱ほどかかるのですが、購入するだけの価値はあると思います。
    自分は購入してよかったと思っています。

    オルタネイティブ・エディションのWin版も出してほしい。
    次回作も、カプコンに是非3DVision対応でお願いします!

    3D技術を評価し、満点にしました。
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 5 5
  • なかなかよかった 75
    • 投稿者:mugicha(男性/30代)
    • 投稿日:2009/10/12
    良い点
    ■システム
     ・連携して進んでいくというシステムは良かった
     ・Co-opで知らない人と一緒に遊べる。ただし会話はできない。
    ■バイオ4から操作性が改善されている
     ・360コントローラー対応なので操作しやすかった
     ・Item呼び出しが楽
    ■グラフィックの向上
     ・1920×1200対応してくれて良かった
     ・すべて最高設定でやればかなり綺麗
    ■PC版特典入り
     ・クリスのマッドマックスみたいなコスチュームは微妙だけどシェバのスーツ姿は色っぽかった(笑)
     ・敵いっぱいモードは鬼です。
    悪い点
    ■操作性
     ・キーボード+マウスもいけるがやりにくい
     ・Aimはマウスのが圧倒的に楽。ただし移動とItem周りがやりにくすぎ。
     ・チャット的なものが欲しかった
    ■システム
     ・無限弾を手に入れてしまえば後は作業
     ・Co-opもあるけど、会話できないからなんか味気ない
     ・武器もたくさんあるけど結局使うのは決まってる
     ・AIのパートナーの武器命中率が良すぎなので、いい武器を与えておけば確実に仕留めちゃうところ。
     ・AIのパートナーが弾の配分考えずに使いまくるのでやりくりが大変
    総評
    バイオ4のシステムを発展向上した正統な続編。
    ホラーアドベンチャー的な要素はなくアクション色の強いものになりました。
    バイオの雰囲気が好きな人はあまり好きじゃないかもしれません。
    全世界で発売するからこういうタイプのほうが売れるのでしょう。

    グラフィックはフルHD対応しているし、綺麗になっているので5点
    サウンドは記憶に残ってないので3点。
    快適さ/運営は操作でチャットができないところがマイナスで3点
    熱中度/ストーリーは、おまけ要素で飽きさせないようになっているので4点。
    ボリューム関しては本編は1日でクリア。繰り返し遊べるようになってはいるけど
    そこまで多いわけではないので3点。

    いままでのバイオハザードとは違い、アクション(戦闘)重視のバイオ。
    戦闘を楽しみたい方にはおすすめです。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 3 3 4 3
  • ネット対応したことによる本来の個性の劣化 50
    良い点
    グラフィックがまた一段とリアルで綺麗になった。
    Co-opも対応して今までのバイオとはまた違った新しい感覚でゲームができると思います。
    悪い点
    前作の4とは違い、先に進むために色んな所へ行ったり来たりというものが無く、一度進んだマップにはもう戻ってこない。いわゆる一方通行のゲームになってしまい、じっくり謎解きやらを考えるというのがほぼ無い。
    カードキーが必要でもそのマップの中ボス的存在が持っているとか、そういう感じだ。
    恐怖感もほぼ無くなった。
    4の時に既に『こんなのはバイオハザードじゃない』という声がありましたが、今回で完全にバイオハザードでは無くなったと思います。
    最後のボスも、ほとんど一発死中心で倒し方もなんだかほぼコマンド入力に近い感じだし。別のゲームとして売り出したほうが良いんじゃないかなぁと思いました。
    ゲームとしては上品質だと思いますが、『バイオハザードと思わなければ上品質』というだけで、バイオハザードと思ってプレイしてしまうとなんだかグラフィック向上してネット通信できるようになった以外は品質落ちたな〜という感じでした。
    一応前回はTPSだったという事で今回もTPSになっているものの、co-op対応で死角は協力で補えという感じでしょうか、カメラ(視点)がよりキャラクターの近くになりました。が、正直、見づらいだけでここまで主人公の背後の死角作りたいならFPSにしろよといわんばかりでしたwカメラの移動とかもなんかグラグラでやりにくいし。
    ロードも多いです・・
    今までのバイオハザードのような『長い冒険だったなー』的な感覚にはまったくなりませんでした。特に爽快感があるわけでもないかなーと。
    総評
    別ゲームとして楽しめば『やや満足』バイオとして楽しめば『標準より劣る』といった感じでしょうか。
    画像はとても綺麗でリアルになりましたが、最近の海外ゲームはみんな綺麗なのでそこまで感動もありませんでしたし、バイオハザードとしての個性が失われすぎて『あの冒険ができるバイオハザードを買おう!』という感じで購入してしまいましたのでちょっとガッカリしてしまいました。もう少し練っても良かったんじゃないですかねw
    というか、特にバイオにCo-opなど今後も期待していませんので、バイオはオフラインゲームにして、他のゲームか新しいゲームでCo-opしてほしいなーと思いました。
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 3 3 3 3
  • なかなかいいのですが 75
    良い点
    オイラはバイオ3以来のバイオだったのですが、謎解き関係はかなり簡略化されて、TPS色が強くなったイメージです。
    アクション好きならこっちのほうが良いでしょう

    オンライン対応ということもありクリアーしてからも色々と長くやれる要素がありますね。

    グラフィックは途中のムービーとプレー画面の差がほとんどないくらいのもので非常に綺麗です!!
    操作性は慣れが必要かと思いますが、オンラインFPSとかやってればすぐなれます
    悪い点
    バイオシリーズでおなじみのドア開ける、ムービー挿入での度々のロードがありますのでそこら辺が何とかなればと思いましたが、PS2とかであったドア一枚ですぐロードとかはないので我慢できるレベルかと

    PCの力が相当必要で、アスロン64X2の5400にGT8600でベンチマークしたらいまいち、
    快適にプレーするためにPHENOM僑坑毅気縫魯ぅ┘鵐匹離泪競椶硲硲4870に設備投資しました。総額45000円(ヤフオクとアキバ駆使してこれでも安いほう)

    一応映像関係を最高設定にしても快適に動いてますが、PS3が1.5台買えちゃうことに後できがつきました(爆)
    総評
    このゲームの為にPCパワーアップするなら素直にPS3を買いましょう
    ちなみにおいらのPC設定だとスト献戰鵐舛任癸腺船ラスがでますので、先々の投資と思えばあれですが

    ゲームとしてはPS3からの物なので値段の割には開発費とか大変そうと思える出来ですので、今までのバイオ好きな方なら買って損はないかと思います
    プレイ時間
    -
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 4 3
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月18日〜10月19日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
76
Days Gone (PS4)
74
2019年04月〜2019年10月