オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
DUST 514公式サイトへ
  • CCP Games
  • 発売日:2013/05/14
  • 価格:基本料金無料+アイテム課金
読者の評価
61
投稿数:9
レビューを投稿する
海外での評価
61
Powered by metacritic
DUST 514
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「DUST 514」には二足歩行ロボも出る。「EVE Online」と「DUST 514」の未来が語られた「CCP Presents」レポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2012/03/26 18:16

イベント

「DUST 514」には二足歩行ロボも出る。「EVE Online」と「DUST 514」の未来が語られた「CCP Presents」レポート

キャプション:EVE FANFEST 2012の会場となった多目的イベントホールHARPA。ライトアップされると印象が変わる
DUST 514

 2012年3月22日から24日(現地時間)までの3日間,アイスランドのレイキャビクで開催された「EVE FANFEST 2012」。その最終日である3月24日に「CCP Presents」というプレゼンテーションが行われた。このプレゼンテーションは,PlayStation 3用FPS「DUST 514」とPC用MMORPG「EVE Online」の未来を,CCPの各担当者達が語るというもの。すでに行われた各タイトル基調講演と重複する部分もあったので,ここでは新たに判明した要素にフォーカスして紹介していこう。

「EVE Online」英語公式サイト

「EVE Online」公式サイト



サービスイン前に拡張情報も明らかにされたDUST 514


キャプション:公開されたMTACのイメージ
DUST 514

 DUST 514は,2012年に基本料金無料のアイテム課金制でサービスインすることが発表されている。今回のプレゼンテーションでサービスインの日時こそ明かされなかったが,なんと,2013年に行われる予定のゲームの拡張について語られたのだ。
 サービス開始当初は,温暖な気候の惑星だけがDUST 514の戦いの舞台になるが,2013年の拡張により,氷に覆われた惑星や溶岩だらけの惑星など,人間が暮らすにはかなり厳しいところも舞台になるという。さらに,「MTAC」と呼ばれる二足歩行型のロボットが実装されることも明かされ,公開されたのはイメージイラストのみだったが,ロボット好きのハートをグッとつかんだようで,会場は歓声に包まれた。

DUST 514
こういった惑星も戦いの舞台となる
DUST 514
サバイバルゲームモードというPvE要素も発表された

 2013年の拡張に関する情報はまだあり,Gladiator Arenasと呼ばれるeSports用のキャプチャーザフラッグとソロデスマッチモードが追加されるという。これらはDUST 514だけでなくEVE Onlineからも観戦が可能で,試合の結果に賭けもできるとのこと。

DUST 514の説明をした,エグゼクティブプロデューサーのBrandon Laurino
 また,サバイバルゲームモードと呼ばれる,PvEの存在も明らかにされた。これまで紹介されていたものはすべてPvPだったため,対戦専用のFPSだと思われていたかもしれないが,そんなことはなかったのだ。

 さらに,仮称ではあるが,「DUST 514: Neocom」も発表された。これは,PlayStation Vita用のアプリで,DUST 514のマーケットを閲覧したり,スキルをセットアップしたり,さらにゲーム内のメールやチャットを楽しめたりするというもの。ゲームはプレイできないが,外出先からほかのプレイヤーと連絡を取りあうといったことが可能になるわけだ。


グラフィックスに磨きがかかるEVE Online
DirectX 11を年内にサポート


 EVE Onlineは2003年にサービスが始まったタイトルだが,過去に何回かグラフィックスを大幅に変更するアップデートが行われている。直近では2007年に実装されたアップデート「Trinity」がそれにあたり,戦艦などのディテールがより細かく描かれるようになった。とはいえ,それから5年も経つと古くささが出てくるわけで,ついにDirectX 11が年内にサポートされることが発表された。ポリゴンを細かく分割することにより,隕石の凹凸はさらにそれらしく,戦艦の表面もリアルになるのだ。

分かりづらいかも知れないが,右がDirectX 11サポート版
DUST 514 DUST 514

 新要素というわけではないが,3月29日から日本語でのサービスが提供されることがあらためて紹介され,EVE OnlineのチーフマーケティングオフィサーであるDavid Reid氏は,会場にいるプレイヤー達に,新たに入ってくる日本人プレイヤーを助けるように呼びかけた。
 
将来的には爆発シーンもこんな感じにパワーアップされる
DUST 514

次回のEVE FANFESTが,2013年4月25日に開催されることも発表された。2013年はEVE Onlineが10周年ということもあり,大きく盛り上がりそうだ
DUST 514
 このほか,クリエイティブディレクターのTorfi Frans Olafsson氏により,アバター要素をさらに強化するという方針が明かされた。現状ではゲームにおいてあまり意味のないアバターだが,将来的に宇宙船から降りたプレイヤーキャラクター(アバター)ができることを増やすという。また,採掘システムの見直しも謳われ,採掘をしたときに得られるものが,より良くなるという。具体的な内容は語られなかったが,「採掘行為」の重要性が増すことになる。

 プレゼンテーションの最後は,半ば恒例となっている新ムービーの上映で締められた。見てもらうのが手っ取り早いが,EVE OnlineとDUST 514の連携イメージが描かれている。会場ではアンコールが要求されて,2回も流された。


(左)プレスには食事と飲みものがもらえる券が配られた。(右)EVE FANFESTでは,さまざまなテーマでプレゼンテーションが実施されたが,いずれも大人気だった
DUST 514
イベントの最後はバンドを招いたパーティーで盛り上がった
DUST 514 DUST 514


DUST 514に登場する新たな惑星……ではなくて,アイスランドの景観。ユーラシア大陸プレートと北アメリカ大陸プレートの境目で,通常は海底にあるのだが,アイスランドでは地上で見られる
DUST 514
DUST 514
  • 関連タイトル:

    DUST 514

  • 関連タイトル:

    EVE Online

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月18日〜10月19日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年04月〜2019年10月