オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
「Eスポーツスタジアム 2007 ステージ2」の決勝大会レポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2007/10/29 16:51

ニュース

「Eスポーツスタジアム 2007 ステージ2」の決勝大会レポート

 国内の数少ないE-Sportsイベントである「Eスポーツスタジアム 2007 ステージ2」の決勝大会が,2007年10月27日,28日の二日にかけて行われた。会場となったのは,秋葉原にあるネットカフェ「秋葉原カフェソラーレ」。土曜日は台風であいにくの空模様となってしまったものの,それでも多くの観客が駆けつけ,白熱した上位陣の対戦に歓声を送っていた。

 この「Eスポーツスタジアム 2007」は,年3回のステージが開催され,年間を通じて最も多くのポイントを獲得したプレイヤーがその年のチャンピオンになるというE-Sportsイベントだ。今回はその2回目のステージであり,最後のステージは,今年の冬に開催が予定されている。
 ステージ2で試合が行われた種目は,フリーのオンラインFPS「Warsow」と,Xbox360で発売された対戦型アクションシューティング「旋光の輪舞 Rev.X」,そして世界的な人気を誇るRTS「WarCraft III」の3タイトル。この中では,比較的最近発売された「旋光の輪舞」が,もっとも多くのギャラリーを集めていた雰囲気だ。

 試合の合間には,国内のトッププレイヤー二人による「エイジ オブ エンパイア III:ザ ウォーチーフ」および,1月16日発売される予定の最新作「エイジ オブ エンパイア III:アジアの覇王」を使ったエキシビジョンマッチなども行われたほか,会場には,このアジアの覇王の製品版が実際に遊べる試遊台が用意されていた。


 イベントの運営は非常にスムーズに行われ,また試合が行われているタイトルを知らない人への説明が行われるなど,細かい配慮が行き届いていたのが好印象。実際,筆者からすると「旋光の輪舞 Rev.X」における攻防のポイントは解説がなければさっぱり分からなかったという雰囲気だが,逆に旋光の輪舞のプレイヤーがWarcraft IIIの試合を見ても同じことが言えるはずだ。ただ,「Warcraft IIIというゲームは……」と本当にゼロから説明していかなければいけない部分は,日本におけるE-Sportsの難しさを物語る部分だといえる。もちろん,ジャンルからしてまったく異なる複数のタイトルを扱うという,イベントの内容自体の難しさ(参加者は大抵目当てのタイトル以外のことは知らない)もあるのだが。

 とはいえ,今回のイベントで改めて思ったのは,集まった選手,そしてギャラリーの人達は「やっぱり楽しそうだな」ということ。まぁ当たり前といえば当たり前なのであるが,好きなゲームをネタに集まってワイワイやるというのは楽しいことなのである。欧米に比べてまだまだな感じの強い日本のE-Sportsシーンだが,この活気がより発展していくことを期待したいところだ。


―――ステージ2結果―――

■旋光の輪舞 Rev.X
 優勝: zijii ver202選手
 準優勝: ROUGETSU選手
 3位: pitapon選手
 4位: DF9000選手

■Warcraft III
 優勝: Saito選手(Undead)
 準優勝: nemuke選手(NightElf)
 3位: MKD.Kino選手(Random)
 4位: tenti選手(Undead)

■Warsow
 優勝: bluespear選手
 準優勝: fumio選手
 3位: nasa選手
 4位: pana+S選手


→Eスポーツスタジアム 2007の公式サイトは「こちら」

  • 関連タイトル:

    マイクロソフト エイジ オブ エンパイア III:アジアの覇王

  • 関連タイトル:

    ウォークラフトIII:フローズン・スローン

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月16日〜07月17日