オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
DOOM 3公式サイトへ
読者の評価
75
投稿数:1
レビューを投稿する
海外での評価
87
Powered by metacritic
DOOM 3
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
id Software,モバイル,携帯ゲーム機市場に参入を表明
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2007/11/16 22:30

ニュース

id Software,モバイル,携帯ゲーム機市場に参入を表明

 コアなハードゲーマーに向けて先鋭的なFPSを送り出す独立独歩のデベロッパ,という印象が強いテキサスのid Softwareだが,どうやら時代の波には逆らえず,本格的にモバイル用ゲームの開発に乗り出すらしい。
 アメリカの日刊紙,USA Today(電子版)の報じるところによれば,id Softwareの設立者にしてテクニカルディレクター,そしてFPS界のカリスマプログラマーであるジョン・カーマック氏は,同社が新たに立ち上げたid Mobileにおいて,かつての名作タイトル,「Quake」や「Wolfenstein」などを携帯電話向けに作り直してリリースすると公式に語っている。
 これはまた大胆な転身に思えるが,そういえばid Softwareはここ数年,携帯電話や携帯ゲーム機向けのゲームを制作しており,昨年(2006年)初めには「DOOM RPG」を,また昨年(2006年)はNintendo DS向けのファンタジーRPG「Orcs & Elves」をElectronic Artsからリリースし,さすがというかなんというか,高い評価と販売本数のどちらも獲得しているのだ(記事によると,DOOM RPGのダウンロード本数は100万本以上)。打ち上げた観測気球がよい結果をもたらしたので,本格的な参入を決意したということなのだろう。
 ちなみに,Orcs & Elvesの制作はid SoftwareにFountainhead Entertainmentというデベロッパが協力しており,実はその創設者はカーマック氏の奥さんの,Katherine Anna Kang氏。さらに実は彼女,id Mobileの責任者も務めており,なんとなく家内制手工業のような雰囲気がなきにしもあらずだが,カーマック氏の本気度が伝わってくるようなこないような話である。いずれにせよ,次世代グラフィックスエンジン「id Tech 5」を使った新作「Rage」のことさえ忘れてくれなければ,モバイル版DOOMはとてもやってみたいなあ。
  • 関連タイトル:

    DOOM 3

  • 関連タイトル:

    Return to Castle Wolfenstein

  • 関連タイトル:

    RAGE 日本語版

  • 関連タイトル:

    DOOM 3(Macintosh)

  • 関連タイトル:

    Rage

  • この記事のURL:
AD(最終更新日:2016/05/04)
DOOM 3 日本語マニュアル付英語版
Software
発売日:2004-08-12
価格:
amazonで買う
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月14日〜11月15日