パッケージ
DOOM 3公式サイトへ
読者の評価
75
投稿数:1
レビューを投稿する
海外での評価
87
Powered by metacritic
DOOM 3
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「DOOM 3」のソースコードが無料公開に。id Softwareの技術に触れられるチャンス
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2011/11/24 12:27

ニュース

「DOOM 3」のソースコードが無料公開に。id Softwareの技術に触れられるチャンス

画像集#001のサムネイル/「DOOM 3」のソースコードが無料公開に。id Softwareの技術に触れられるチャンス
 id Softwareは「DOOM 3」のソースコードを,オープンソースプログラミングのコミュニティサイト「GitHub」で無料公開した。

 DOOM 3は,カリスマ的なプログラマーであるジョン・カーマック氏が手がけ,累計350万本の売上を記録したFPS。本作で利用された「id Tech 4」と呼ばれるゲームエンジンは,「PREY」や「Brink」などにもライセンスされている。
 また,id Softwareが開発し,2011年10月に発売されたばかりの「Rage」では,同エンジンの第5世代である「id Tech 5」が使用された。

 このオープンソース化によってDOOM 3が無料で遊べるようになったわけではなく,3Dモデルやサウンド,テクスチャなどの権利は,id Softwareおよび親会社のZenimaxが保持している。つまり今回のソースコードの公開は,主にMODコミュニティ向けにリリースされたものだ。今後は「オリジナルDOOMのリバイバル」など,このソースコードを利用した,興味深いアマチュア作品が生み出される可能性は十分にあるだろう。

 プログラミングの知識を持つ人にとって,特異な才能でゲーム業界を引っ張っているカーマック氏の“頭の中”を覗き込む良い機会が訪れたのかもしれない。
  • 関連タイトル:

    DOOM 3

  • この記事のURL:
AD(最終更新日:2020/09/05)
DOOM 3 日本語マニュアル付英語版
Software
発売日:2004/08/12
価格:
amazonで買う
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月25日〜09月26日
タイトル評価ランキング
71
ゼノブレイド3 (Nintendo Switch)
30
地球防衛軍6 (PS4)
2022年03月〜2022年09月