オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
eスポーツ事業を展開するRIZeSTとウェルプレイドが合併契約を締結。新商号は「ウェルプレイド・ライゼスト」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2020/11/27 16:39

ニュース

eスポーツ事業を展開するRIZeSTとウェルプレイドが合併契約を締結。新商号は「ウェルプレイド・ライゼスト」

 eスポーツの番組制作や放送,大会やリーグ運営などを行うRIZeSTと,eスポーツイベントの企画/運営,映像配信などを行うウェルプレイド合併契約を締結したことが本日(2020年11月27日),発表された。合併は2021年2月1日に行われ,合併後の商号は「ウェルプレイド・ライゼスト」が予定されている。

画像集#002のサムネイル/eスポーツ事業を展開するRIZeSTとウェルプレイドが合併契約を締結。新商号は「ウェルプレイド・ライゼスト」

 合併の目的は,eスポーツ市場の急速な成長と普及に向けた変革期が訪れる中,継続した成長が最も重要な課題であることが挙げられており,両社の協力により,日本最強のeスポーツリーディングカンパニーを目指すと述べられている。今後は,両社の強味を最大限に活用し,eスポーツシーンの成長に寄与していくとのこと。
 
2020年11月27日追記
 カヤックは11月27日,SANKOの発行済み株式の75%を取得し,同社を子会社化すると発表した。これに伴い,SANKOの連結子会社で,ウェルプレイドとの合併を発表したRIZeSTおよび,マンガデザイナーズラボもカヤックの傘下に入る。株式取得日は11月30日とのこと。詳しくは,公式サイトの告知ページをチェックしてほしい。

SANKOグループのグループ会社化のお知らせ


eスポーツエンターテイメント企業RIZeSTが
ウェルプレイドと合併
様々なノウハウ・実績を積んできた2社が協力し
eスポーツ市場の成長に貢献

eスポーツエンターテイメント事業を展開する株式会社RIZeST(ライゼスト、本社:東京都千代田区、代表取締役:古澤 明仁、以下「RIZeST」)は、eスポーツ専門会社ウェルプレイド株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:谷田 優也、高尾 恭平、以下「ウェルプレイド」)と2020年11月27日(金)に合併契約を締結したことを、以下のとおりお知らせいたします。


1.合併契約締結の目的
ウェルプレイドは、「ゲームプレイに対する肯定を、ゲーム観戦に熱狂を、ゲームにもっと市民権を」を理念にeスポーツイベントの企画・運営・配信、eスポーツ選手のマネジメント事業、eスポーツの魅力を伝えるメディア事業などを行ってまいりました。2019年8月にeスポーツを誰でも楽しめるようにと開催した「ウェルプレイドフェスティバル」、2020年3月にはゲームの体験を通じて広範な知識・スキルを獲得するための日本最大のeスポーツ/ゲーム体験施設「REDEE」のオープンなど、幅広い層にeスポーツの魅力を伝える活動を行ってまいりました。

一方RIZeSTは、「eスポーツを持続可能な、文化的・経済的・社会的なものとする」ことをミッションに掲げ、eスポーツの番組制作ならびに放送、大会・リーグ運営、プロモーションを行ってまいりました。2011年より日本初のeスポーツ施設「e-sports SQUARE」を運営し(※)、年間180本以上のイベント・コンテンツ運用や、RIZeSTアカデミーを通じてeスポーツ制作におけるノウハウ、また、ライブ配信技術の提供を行い、世の中の課題解決に寄与できるよう活動を行ってまいりました。

近年のeスポーツ市場環境の急速な成長、普及に向けて大きな変革期が訪れている中、新たな事業機会や展開領域などますます拡大・多様化していく中で、継続した成長が最も重要な課題と考えます。

両社の協力により日本最強のeスポーツリーディングカンパニーを目指し、業界のさらなる発展に寄与してまいります。

※2011年〜2016年までは株式会社SANKO e-sports 事業部が運営


2.今後の展望
2020年のeスポーツ市場の売上規模は全世界で前年比10.6%増加の約1165億円、2023年には約1758億円まで成長することが予測されており、スポーツとしてのプレイ人口や認知の増加、さらにオリンピック種目として採用される可能性も高まっています。日本でもeスポーツ業界に期待を寄せる企業が多く参入しています。
eスポーツ市場の成長には、新たな創造力、技術力、能力などあらゆる角度からアプローチし続けることが必要です。「PC」「コンシューマ」「モバイル」環境によって様々なシーンが生まれる日本のeスポーツ市場で数多くのサービスやコンテンツを手掛けてきた両社が一体となることにより、ゲームメーカー、プロプレイヤー、視聴者をはじめとする、eスポーツに関わるステークホルダーに対して、国内のeスポーツシーンの成長に寄与するべく両社の強みを最大限に活用してまいります。

【合併後の状況(予定)】
商号:ウェルプレイド・ライゼスト株式会社
代表取締役:谷田優也、高尾恭平、古澤明仁
事業内容:eスポーツに関する企画、プロデュース、運営、コンサルティング、配信、施設運営、教育等


3.合併効力発生日
契約締結日:2020年11月27日(金)
効力発生日:2021年2月1日(月)(予定)


【代表者コメント】
■ウェルプレイド 代表取締役 谷田優也
日本のeスポーツシーンを盛り上げたいと考える立場として、これ以上にワクワクすることがあるでしょうか。
国内のeスポーツシーンを盛り上げるべく共に切磋琢磨してきたRIZeST社と、タッグを組むことで広がる無限の可能性を感じています。日本のeスポーツリーディングカンパニーとしてのこれからの我々のチャレンジにどうぞご期待ください。

■ウェルプレイド 代表取締役 高尾恭平
お互いにeスポーツ界を盛り上げてきたRIZeST社とウェルプレイドがタッグを組む。まるで漫画のような展開に僕自身ワクワクを隠しきれません。”ウェルプレイド・ライゼスト”という最高の組織で、これからますます面白いことを仕掛けていきたいと思います。

■RIZeST代表取締役 古澤明仁
ウェルプレイド xRIZeSTの合併は単なる足し算ではなく、最短最速でビジョン達成するための最適な掛け算です。両社が持つ強み、ノウハウを掛け算し、革新的な取り組みに新生チーム一丸となりチャレンジしていきます。

左から、ウェルプレイド高尾、ウェルプレイド谷田、RIZeST古澤
画像集#001のサムネイル/eスポーツ事業を展開するRIZeSTとウェルプレイドが合併契約を締結。新商号は「ウェルプレイド・ライゼスト」


【ウェルプレイド会社概要】
ウェルプレイド株式会社は、ゲームプレイやゲーム観戦を一つのエンターテイメントとして昇華させるべく、あらゆるジャンルのイベントや大会の企画・運営、映像制作・配信を行っています。また、世界を目指すプレイヤーの支援・マネジメントや、プレイヤーにフォーカスしたeスポーツ専門メディアの展開などを行っており、パブリッシャー・プレイヤー・視聴者すべての皆様が一つのゲームに熱狂し、感動できる場を提供しています。

社名:ウェルプレイド株式会社
URL:https://wellplayed.jp/
所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷3-13-7 原宿 OM ビル2F
設立:2015年11月19日
代表取締役:谷田優也 高尾恭平
事業内容:eスポーツに関する企画、プロデュース、運営、コンサルティング、配信等


【RIZeST会社概要】
株式会社RIZeSTは、eスポーツを持続可能な文化的・経済的・社会的なものにするべく、最先端の放送技術を駆使したeスポーツの番組制作ならびに放送、大会・リーグ運営、プロモーションを行っています。また、eスポーツイベントに特化した施設「e-sports SQUARE AKIHABARA」を東京秋葉原に構え、イベント企画立案から番組制作、製品発表会にいたるまで年間180本以上のコンテンツを展開し、eスポーツを軸としたソリューションを提供しています。

社名:株式会社RIZeST
URL:https://www.rizestinc.com/
所在地:東京都千代田区外神田 4-5-4 亀松ビル 5F
設立:2016年10月27日
代表取締役:古澤明仁
事業内容:eスポーツの番組制作ならびに放送、大会・リーグ運営、プロモーション、教育事業、施設運営等
  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:01月24日〜01月25日
タイトル評価ランキング
75
原神 (PC)
59
原神 (PS4)
50
LOST ARK (PC)
46
V4 (iPhone)
2020年07月〜2021年01月