パッケージ
Wo Long: Fallen Dynasty公式サイトへ
  • コーエーテクモゲームス
  • Team NINJA
  • 発売日:2023/03/03
  • 価格:8580円(税込)
    Treasure Box:1万3530円(税込)※グッズのみ:4950円(税込)
    ■Digital Deluxe Edition:1万1880円(税込)
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
準備中
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[TGS2022]「Wo Long: Fallen Dynasty」Wプロデューサーインタビュー。攻守の駆け引きを呼び起こす中国武術系アクションを目指して
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2022/09/16 22:11

インタビュー

[TGS2022]「Wo Long: Fallen Dynasty」Wプロデューサーインタビュー。攻守の駆け引きを呼び起こす中国武術系アクションを目指して

 三国志の世界を舞台とした“死にゲー”ということで,発表直後から話題を集めている「Wo Long: Fallen Dynasty」PS5 / PS4 / Xbox Series X / Xbox One / PC)。東京ゲームショウ2022の会場で,コーエーテクモゲームスのプロデューサー安田文彦氏と,開発プロデューサーである山際眞晃氏に,本作について気になるところを聞いてみた。

「Wo Long: Fallen Dynasty」プロデューサーの安田文彦氏(右)と,開発プロデューサーである山際眞晃氏(左)
画像集 No.001のサムネイル画像 / [TGS2022]「Wo Long: Fallen Dynasty」Wプロデューサーインタビュー。攻守の駆け引きを呼び起こす中国武術系アクションを目指して

「Wo Long: Fallen Dynasty」公式サイト




攻防が入れ替わる中国武術系アクションと,試行錯誤の面白さを目指す


4Gamer:
 本日はよろしくお願いします。
 TGS 2022ではデモ版が出展されていますが,反響はいかがですか。

安田文彦氏(以下,安田氏):
 アクションの直感性というところでは良い反応をいただけています。海外では,三国志がテーマになっているということで,アジア圏や中国の反応が大きいですね。

画像集 No.002のサムネイル画像 / [TGS2022]「Wo Long: Fallen Dynasty」Wプロデューサーインタビュー。攻守の駆け引きを呼び起こす中国武術系アクションを目指して

4Gamer:
 デモ版のラストには強力なボスである張梁が待ち受けていますね。クリア率はどのくらいなのでしょう?

山際眞晃氏(以下,山際氏):
 具体的な数値は申し上げられませんが,我々の想定よりも皆さんがお上手なようです。「化勁」(敵の攻撃を受け流す技)を始めとした,我々が表現したかった部分については楽しんでいただけているという印象ですね。

画像集 No.003のサムネイル画像 / [TGS2022]「Wo Long: Fallen Dynasty」Wプロデューサーインタビュー。攻守の駆け引きを呼び起こす中国武術系アクションを目指して

4Gamer:
 想定したよりもクリアされているということは,開発チームとして喜ばしいことなのでしょうか。それとも,もっと難しくしないと……となるのでしょうか。

安田氏:
 想定より多くの方がクリアされたからといって,調整を変えたりする必要はないと考えています。そもそも攻略することに面白さを感じるのがゲームですし,我々もクリアさせないために作っているわけではありませんから。
 ただ,クリアして達成感を感じていただけるならいいですが,プレイヤーさんが工夫することなく勝ててしまっているようなら,調整をする可能性はあります。難しければいいというものではなく,そこに楽しさを感じてもらわないと……ということですね。

山際氏:
 「Wo Long: Fallen Dynasty」は乗り越える過程が楽しいゲームであるべきだと思いますし。

TGS2日目(2022年9月16日)のコーエーテクモゲームスブースの様子。デモ版をプレイするために多くの人が訪れた
画像集 No.005のサムネイル画像 / [TGS2022]「Wo Long: Fallen Dynasty」Wプロデューサーインタビュー。攻守の駆け引きを呼び起こす中国武術系アクションを目指して

4Gamer:
 本作の新システムである化勁,そして「氣勢」のポイントを教えてください。

安田氏:
 化勁で攻撃を受け流すと,自分の氣勢が高まり,相手の氣勢は衰えます。氣勢については自分と敵が同じゲージを共有していて,戦いの状況によって増えたり減ったりするため,攻めるべきか守るべきかを判断する材料になるわけです。
 例えば,こちらの氣勢が衰えていても,だからこそ化勁を決めて氣勢を高めることで一発逆転を狙うという考え方もあります。より深く戦略を考えていただくためのシステムですね。

山際氏:
 化勁と氣勢は,中国武術系アクションらしい,攻守の入れ替わる戦いをやりたいというコンセプトのもとに作ったシステムで,今回の“駆け引きにおける肝”となる部分ですね。氣勢が衰え過ぎたところで攻撃を受けると一定時間無防備になります。氣勢を高めれば「武技」「仙術」を発動できますが,出し惜しんでいると敵から攻撃され,せっかくの氣勢が衰えてしまうため,使いどころが重要です。攻守の駆け引きや,「今どうすべきか」という心の揺らぎを呼び起こすシステムになっているわけです。


4Gamer:
 これからデモ版に挑戦する人は,そうしたところに着目してみると良いかもしれませんね。
 会場では発売時期について「2023 EARLY」と告知されていますが,現時点での開発状況はいかがですか?

安田氏:
 数値にするなら70%ほどといったところで,「2023 EARLY」の発売に向けてしっかりと仕上げていく段階です。

4Gamer:
 デモ版はあらかじめ用意されたキャラクターでプレイしますが,今回もキャラクタークリエイトや,自作のキャラクターを共有できる「外見設定コード」は存在するのでしょうか?

山際氏:
 もちろんキャラクタークリエイトはできます。三国志が舞台ということで中国っぽいパーツも取り入れていますし,グラフィックスにも力が入っていますので,ぜひキャラクタークリエイトを楽しんでください。

画像集 No.004のサムネイル画像 / [TGS2022]「Wo Long: Fallen Dynasty」Wプロデューサーインタビュー。攻守の駆け引きを呼び起こす中国武術系アクションを目指して

4Gamer:
 では,TGSのプレイレポートでも触れている「士気ランク」についても教えてください。士気ランクはマップ上の特定地点に旗を立てて休息ポイントを作ると上がり,多いほど戦闘力が上がります。また敵にも士気ランクがあり,プレイヤーを倒すとアップしますね。プレイヤーが何度も倒されると,どんどん不利になっていくのでしょうか?

山際氏:
 敵の士気ランクは際限なく上がることはありません。また,敵の士気ランクを下げる手段もありますので,うまく利用してください。

4Gamer:
 いろいろと試行錯誤のしがいがありそうですね。では,一般公開日に会場でデモ版をプレイしようと考えている人に向けて,メッセージをお願いします。

山際氏:
 化勁や氣勢の駆け引き,武技の活用など,攻略していくうえでの幅が用意されているゲームです。ぜひ,新作ならではの試行錯誤を楽しんでください。「コーエーテクモ アプリ(KT App)」で発信されている情報をチェックしたり,会場でほかの方がプレイされているのを見たりして,予習しておくのもいいかもしれません。

安田氏:
 コーエーテクモはずっと三国志のゲームを作ってきましたが,Team NINJAとしては初の三国志系作品です。我々なりの解釈をした,コーエーテクモで一番ダークな三国志になると思いますので,中国武術系のアクションと合わせて,ぜひ楽しみにしていただきたいです。

4Gamer:
 ありがとうございました。

「Wo Long: Fallen Dynasty」公式サイト


4Gamerの「東京ゲームショウ2022」記事一覧

  • 関連タイトル:

    Wo Long: Fallen Dynasty

  • 関連タイトル:

    Wo Long: Fallen Dynasty

  • 関連タイトル:

    Wo Long: Fallen Dynasty

  • 関連タイトル:

    Wo Long: Fallen Dynasty

  • 関連タイトル:

    Wo Long: Fallen Dynasty

  • この記事のURL:
AD(最終更新日:2023/01/18)
【PS5】Wo Long: Fallen Dynasty 【メーカー特典あり】 早期購入特典「白虎の戦鎧 一式」ダウンロードシリアル 同梱
ビデオゲーム
発売日:2023/03/03
価格:¥7,117円(Amazon) / 7150円(Yahoo)
amazonで買う
Yahoo!で買う
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:01月30日〜01月31日