オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
三国志ヒーローズ公式サイトへ
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[TGS 2019]思考ゲームの面白さの極地がここに。新作アプリ「三国志ヒーローズ」紹介ステージの模様をレポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/09/12 22:42

イベント

[TGS 2019]思考ゲームの面白さの極地がここに。新作アプリ「三国志ヒーローズ」紹介ステージの模様をレポート

画像(001)[TGS 2019]思考ゲームの面白さの極地がここに。新作アプリ「三国志ヒーローズ」紹介ステージの模様をレポート
 東京ゲームショウ2019の初日となった2019年9月12日,コーエーテクモゲームスブース内のステージで,「コーエーテクモ新作アプリ紹介ステージ」が開催された。ここではスマートフォン向け新作アプリ「三国志ヒーローズ」iOS / Android)が発表され,出演者による実機プレイが披露された。本稿ではその模様をお届けしよう。

関連記事

バトルボードゲーム「三国志ヒーローズ」が今秋配信決定。HEROZが生み出したAI「臥龍」がプレイヤーを待ち受ける

バトルボードゲーム「三国志ヒーローズ」が今秋配信決定。HEROZが生み出したAI「臥龍」がプレイヤーを待ち受ける

 コーエーテクモゲームスは本日(2019年9月12日),HEROZと共同開発したスマホ向け新作アプリ「三国志ヒーローズ」を,今秋にリリースすることを発表し,事前登録の受け付けを開始した。本作は,三国時代の英傑達による戦場の駆け引きが,将棋や囲碁のようなターン制バトルで再現された作品。AI「臥龍」が搭載されており,プレイヤーの相手をしてくれるという。

[2019/09/12 16:50]

 本作は,コーエーテクモゲームスと,HEROZが共同開発する“AIバトルボードゲーム”だ。ステージには,コーエーテクモゲームスのゼネラルプロデューサーであるシブサワ・コウこと襟川陽一氏が自ら登壇し,「私が長年温めていた構想を実現したもの」と本作への想いを語った。

 また,今回HEROZと共同開発することになった理由も語られた。それによると,昨年の東京ゲームショウ2018でのAIに関するセミナーで,HEROZのプログラマー山本氏の講演に感銘を受け,学習していくAIのプロセスをゲームでも活用できないかと思ったからだそうだ。それがきっかけで,襟川氏から共同制作をお願いしたという。

画像(002)[TGS 2019]思考ゲームの面白さの極地がここに。新作アプリ「三国志ヒーローズ」紹介ステージの模様をレポート

 さらにタイトルの由来は,三国志の武将が登場すること,AIにおいてHEROZが一番ということ,プレイヤー自身がヒーローになっていくという,3つの意味を重ねていることも明らかにされた。襟川氏のHEROZへのリスペクトが感じられ,HEROZ代表取締役の高橋知裕氏にとっても,今回の話は非常に光栄だったようだ。

 今回のステージには襟川氏と高橋氏のほか,本作でプロデューサーを務める田中靖広氏と,女流棋士の香川愛生さんも登壇し,実機での対戦プレイが披露された。ちなみに香川さんは本作に登場するキャラクターのひとり,貂蝉のCVを担当している。

画像(003)[TGS 2019]思考ゲームの面白さの極地がここに。新作アプリ「三国志ヒーローズ」紹介ステージの模様をレポート 画像(004)[TGS 2019]思考ゲームの面白さの極地がここに。新作アプリ「三国志ヒーローズ」紹介ステージの模様をレポート

 三国志ヒーローズでプレイヤーは,将棋や囲碁を思わせる盤面に配置した武将の駒を交互に動かして,敵総大将の撃破を目指していく。

 駒である兵を動かして,移動した先にある駒を撃破して戦うため,体力や攻撃力は存在せず,条件さえ揃えば歩兵でも大将を倒せるとのこと。一発逆転できる要素も搭載されており,それぞれのプレイヤーにある士気ゲージを溜め,それを消費することで一撃必殺や覚醒(移動範囲が拡大)などが行える。

画像(005)[TGS 2019]思考ゲームの面白さの極地がここに。新作アプリ「三国志ヒーローズ」紹介ステージの模様をレポート 画像(006)[TGS 2019]思考ゲームの面白さの極地がここに。新作アプリ「三国志ヒーローズ」紹介ステージの模様をレポート

 また,本作には対AI戦の「ストーリーモード」,1対1の対人戦「ヒーローズマッチ」,自動でAI同士が戦う「おまかせ遠征」という3つのモードが搭載されている。ここで使用しているAIがHEROZの提供する「臥龍(GARYU)」とのことだ。前述した記事でもお伝えしたとおり,臥龍は,HEROZが手がけた「HEROZ Kishin」をベースに,本作専用のチューンアップが行われた戦略戦特化型AIである。

 実機プレイでは,高橋氏と香川さんが「ヒーローズマッチ」に挑戦。お互い譲らぬ攻防が続いたが,香川さん側のターン回数が上限を超えたため,高橋氏が勝利となった。実際のプレイでは,ターン回数のほか制限時間もあるという。

画像(007)[TGS 2019]思考ゲームの面白さの極地がここに。新作アプリ「三国志ヒーローズ」紹介ステージの模様をレポート
画像(008)[TGS 2019]思考ゲームの面白さの極地がここに。新作アプリ「三国志ヒーローズ」紹介ステージの模様をレポート 画像(009)[TGS 2019]思考ゲームの面白さの極地がここに。新作アプリ「三国志ヒーローズ」紹介ステージの模様をレポート

 ステージの最後には,本作の配信時期が2019年秋であることと,事前登録が開始されたことが発表された。そして襟川氏が「考えて楽しむ思考ゲームの面白さの極地。ぜひとも皆さんに味わっていただきたい,楽しんでいただきたいと思います」と挨拶し,ステージは幕を閉じた。

画像(010)[TGS 2019]思考ゲームの面白さの極地がここに。新作アプリ「三国志ヒーローズ」紹介ステージの模様をレポート

「三国志ヒーローズ」公式サイト

「三国志ヒーローズ」予約注文ページ

「三国志ヒーローズ」事前登録ページ


4Gamer「東京ゲームショウ2019」記事一覧

  • 関連タイトル:

    三国志ヒーローズ

  • 関連タイトル:

    三国志ヒーローズ

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月11日〜12月12日