オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
Fear the Wolves公式サイトへ
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「Fear the Wolves」のアーリーアクセス版がいよいよ登場。「S.T.A.L.K.E.R.」の血を受け継いだ,チェルノブイリが舞台のバトルロイヤルアクション
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/08/30 20:54

ニュース

「Fear the Wolves」のアーリーアクセス版がいよいよ登場。「S.T.A.L.K.E.R.」の血を受け継いだ,チェルノブイリが舞台のバトルロイヤルアクション

 ウクライナを拠点とするデベロッパのVostok Gamesが開発中のバトルロイヤルアクション「Fear the Wolves」PC / PS4 / Xbox One)のPC向けアーリーアクセス版が,数週間ほどの延期を乗り越えいよいよリリースされた。合わせてローンチトレイラーも公開されている。


 「Fear the Wolves」は,チェルノブイリ原発事故の影響下にある25キロ四方の実在する地域に投下された100人のプレイヤー達が,残されたアイテムを物色しながらほかのプレイヤー達と生き残りを懸けた戦いに挑むという,オンライン専用のバトルロイヤルゲームだ。そのテーマからピンと来る人も多いと思うが,Vostok Gamesは10年ほど前に発売された名作FPSシリーズ「S.T.A.L.K.E.R.」を生み出したGSC Game Worldのコアメンバー達によって構成されたデベロッパでもある。

Fear the Wolves

 「S.T.A.L.K.E.R.」と同じく,“ZONE”と呼ばれるマップ上には,放射能によって汚染された場所がランダムに生成されるほか,放射能の嵐やアノマリーと呼ばれる超常現象が発生。またミュータント化したオオカミが棲息していたりと,ほかのプレイヤーにもさまざまな困難が待ち受けるという。もちろんウクライナ産ゲームにありがちな,あのジメジメとした雰囲気も健在で,天候などは参加するプレイヤーの投票によって刻々と変化していく。ZONEの中心にある最終地点には,やがて救援ヘリコプターが迎えに来るものの,用意された席は1つだけであり,そこに乗り込むことがプレイヤー達に残された唯一の希望……といった趣向である。

Fear the Wolves

 アーリーアクセス版の時点で,「Fear the Wolves」には20種類を超える武器と25種類以上のアタッチメント,そして15種類のアーマーが存在し,ときおり物資がエアードロップされてきたり,乗り物も用意されているなど,バトルロイヤルゲームの基本はしっかり踏襲されている様子。現時点での対応言語は英語のみだが,最終的には16か国語に対応予定とのことなので,日本語化も大いにあり得るだろう。
 アーリーアクセス版は現在2380円(税込)で購入可能なので,気になる人はさっそくZONEに飛び込んでみてもいいかもしれない。

Fear the Wolves

「Fear the Wolves」公式サイト

  • 関連タイトル:

    Fear the Wolves

  • 関連タイトル:

    Fear the Wolves

  • 関連タイトル:

    Fear the Wolves

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月24日〜04月25日