オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
Fear the Wolves公式サイトへ
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
汚染されたチェルノブイリ周辺を舞台とするバトルロイヤルゲーム「Fear the Wolves」の早期アクセス版が,Steamで日本時間7月19日に登場
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/07/06 11:41

ニュース

汚染されたチェルノブイリ周辺を舞台とするバトルロイヤルゲーム「Fear the Wolves」の早期アクセス版が,Steamで日本時間7月19日に登場

 ウクライナを拠点とするVostok Gamesが開発,そしてFocus Home Interactiveが発売する予定となっている新作バトルロイヤルゲーム「Fear the Wolves」PC / PlayStation 4 / Xbox One)。そのアーリーアクセス版が,Steamで日本時間の2018年7月19日に登場する。価格は19.99ドルで,Steamのストアページによれば,日本語は非対応となる模様だ。

Fear the Wolves

 Vostok Gamesは,10年ほど前に第1作がリリースされた名作FPSシリーズ「S.T.A.L.K.E.R.」の開発に従事していたコアメンバーで構成されるデベロッパである。Fear the Wolvesも原発事故による放射能汚染の影響で無人化し,超自然現象も発生する状況にある,朽ち果てたチェルノブイリ周辺を舞台としている。プレイヤーは,その他99人のプレイヤー達とこの地に降り立ち,最後の一人となるまで戦い抜くのである。

 もちろんS.T.A.L.K.E.R.の系譜を継ぐゲームシステムも散りばめられており,超自然現象による放射能の嵐が発生するほか,ミュータント化したオオカミが襲いかかってくるといったPvE要素が含まれているのが面白い。放射線防護服やマスクといったアイテムを入手できれば,放射能の高い場所に潜入して,より貴重な武器を探し当てたりもできる。
 また,ゲーム後半になると上空をヘリコプターが旋回し始め,プレイヤーは脱出のため着陸場所に向かうこととなるが,このヘリコプターに用意された空席はたった1つ。つまり,終盤まで残っているプレイヤー達が,おのずとヘリコプターの周囲に集ってくるようデザインされているわけだ。

Fear the Wolves

 Fear the Wolvesのマップは25平方kmほどで,銃の種類は基本形が20種類,アタッチメントが25種類,そしてアーマータイプは15種類以上用意されている。
 前述のとおりアーリーアクセス版は日本語非対応となる模様だが,S.T.A.L.K.E.R.ライクな世界設定で楽しめるバトルロイヤルゲームとして,本作が気になるという人は少なくないはずだ。

「Fear the Wolves」公式サイト

  • 関連タイトル:

    Fear the Wolves

  • 関連タイトル:

    Fear the Wolves

  • 関連タイトル:

    Fear the Wolves

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月20日〜10月21日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
76
Days Gone (PS4)
74
2019年04月〜2019年10月