オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
Wolfenstein: The New Order公式サイトへ
読者の評価
55
投稿数:2
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[E3 2013]「Wolfenstein: The New Order」のプレイアブルデモをBethesdaブースで体験。シングルプレイに特化し,古き良きFPSを現代に蘇らせる一作
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2013/06/13 12:43

プレイレポート

[E3 2013]「Wolfenstein: The New Order」のプレイアブルデモをBethesdaブースで体験。シングルプレイに特化し,古き良きFPSを現代に蘇らせる一作

Wolfenstein: The New Order
 E3 2013のBethesda Softworksブースでは,新作となるFPS「Wolfenstein: The New Order」PC / PlayStation 3 / Xbox 360。以下,Wolfenstein: TNO)のプレイアブル展示が行われていた。さっそく触ってきたので,そのプレイフィールをお伝えしよう。


ちなみに,Bethesda SoftworksがE3 2013に揃えたタイトルラインナップはWolfenstein: TNOと,「The Elder Scrolls Online」PC / Macintosh / PlayStation 4),そして三上真司氏率いるTango Gameworksが開発中のサイコホラー「The Evil Within」PC / PlayStation 3 / Xbox 360。邦題:Psycho Break)の3本となっていた
Wolfenstein: The New Order Wolfenstein: The New Order

関連記事:改良版id Tech 5によって演出されるオールドスクールなゲーム性が魅力。「Wolfenstein: The New Order」が「E3 Preview Event」でプレイアブル公開



「古き良きFPSを現代の技術で蘇らせる」


 Wolfenstein: TNOの開発は,Zenimax Media傘下のMachineGamesが担当しており,そのゲームエンジンには同じくZenimax Media傘下のid Softwareが独自開発した「id Teck 5」が使用されている。
 タイトルからも分かるように,Wolfenstein: TNOは,id Softwareが1992年にリリースした「Wolfenstein 3D」を起源とするWolfensteinシリーズの最新作である。第1弾と同じ1992年に続編が発売されたのち,第3弾となる「Return to Castle Wolfenstein」PC)が2001年に,第4弾の「Wolfenstein」PC / PlayStation 3 / Xbox 360)が2009年に発売と,かなりのインターバルを設けて続いてきたシリーズだ。

 シリーズ全編を通じて主人公を努めてきたB.J. Blazkowiczが,今作でも主人公に据えられている。第二次世界大戦終了直後から長い昏睡状態にあったB.J. Blazkowiczが目を覚ますと,彼の――前作までの――活躍にもかかわらず,世界はナチスドイツが支配していた……というのが,本作のストーリーラインである。

Wolfenstein: The New Order

 本作のコンセプトは,古い(オーソドックスな)スタイルのFPSを,最新の技術で制作することだという。BFGと同じく,ロンドンを舞台としたミッションがプレイアブルな状態で展示されていたのだが,難度を低めに設定しても,これがかなり難しい。恥ずかしながら何度も倒されてしまった。

 この「難しさ」の最大の理由は,昨今のFPSでは一般的となった「体力の自動回復システム」が採用されておらず(※正確を期すと,ほんの少しだけ自動回復する),回復の手段としてヘルスパックを使うしかないからだ。
 また,敵そのものもかなり手ごわく設定されており,手持ちの武器では歯が立たないことがしばしばあった。テンポ良く戦えているのに,相手次第では逃げるという判断が必要な場面さえあった。この手応えから,「そういえばそうだったなあ」とかつてのFPSを思い出すオールドゲーマーもいるかもしれない。最初は「なんだこれ」という向きも多かった体力の自動回復は,相当画期的な発明だったわけだ。

Wolfenstein: The New Order
Wolfenstein: The New Order

 上記のような難度もあって,Wolfenstein: TNOではマップの探索がかなり重要になってくる。持ち歩ける弾丸もそれほど多くない印象なので,あちこち寄り道をしてはアイテム探しに精を出すことになるだろう。

 しかし,寄り道の途中では,ときに意外なお宝に出会うこともある。例外もあるが,Wolfensteinシリーズの大きな特徴の1つは財宝探しである。
 本作にも,マップのあちこちにさまざまなアイテムやお宝が隠されている。普段,物資の乏しい生活を送っている人ほど,こうした財宝やアイテムを発見したときの喜びはひとしおとなるはずだ。

Wolfenstein: The New Order

 また,シングルプレイに特化しているところもWolfenstein: TNOの特徴と言えるだろう。昨今のFPSは当然のようにマルチプレイモードが用意されており,E3などのイベントにおける海外メディアからの質問には,マルチプレイの有無を問うものが多い。つまり,マルチプレイを実装するか否かは,開発元や販売元にとってかなり難しい判断なのだ。
 しかし本作においては,シングルプレイ専用であることを喜んでいるユーザーも多いとのこと。取って付けたようなマルチプレイを用意するぐらいなら,シングルプレイに力を入れてほしいというわけである。2007年に発売されたシングルプレイ専用FPS「BioShock」PC / PlayStation 3 / Xbox 360 / Mac)が,シリーズを重ねて世界的な大ヒット作となった例もあり,これが吉と出るか凶と出るかは,また1つの見どころとなるかもしれない。

 ある意味でよくある世界観や,エキセントリックな悪役,Wolfenstein 3Dに登場したようなナチスのロボット兵器,そして,id Teck 5が描き出すハイレベルなグラフィックスと,“つかみ”はオッケーな印象。完全日本語化も予定されているので,発売次期など,国内展開の詳細が発表されるのを楽しみに待とう。

「Wolfenstein: The New Order」公式サイト

4GamerのE3 2013特設ページ

  • 関連タイトル:

    Wolfenstein: The New Order

  • 関連タイトル:

    ウルフェンシュタイン:ザ ニューオーダー

  • 関連タイトル:

    ウルフェンシュタイン:ザ ニューオーダー

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月25日〜06月26日