オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
Radeon HD 6900
  • AMD
  • 発表日:2010/12/15
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[COMPUTEX]PowerColor,デュアルHD 6970カードを公開。「GTX 580より速くて安い」デュアルHD 6870カードも
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2011/06/04 00:00

ニュース

[COMPUTEX]PowerColor,デュアルHD 6970カードを公開。「GTX 580より速くて安い」デュアルHD 6870カードも

PowerColor HD6970 X2
Radeon HD 6900
 PowerColorブランドでお馴染みのTulは,TWTC Nangang内のプライベートルームで新製品を多数展示していた。COMPUTEX TAIPEI 2011の目玉は,「Radeon HD 6970」を2基搭載した「PowerColor HD6970 X2」だ。

 Radeon HD 6000シリーズにおけるAMDの最上位モデルがデュアルGPU仕様の「Radeon HD 6990」だというのは4Gamer読者なら釈迦に説法だろうが,本製品は,Radeon HD 6990をコピーしたモデルというわけではない。

Radeon HD 6900 Radeon HD 6900

 Radeon HD 6990では,デュアルGPUソリューションにありがちな,動作クロックに妥協が見られる設計になっていたわけであるが(関連記事),Tulでは,この妥協に「もの申す」と言わんばかりに独自設計でRadeon HD 6970を妥協なしに2基搭載するカードを具現化してしまったのだ。
 コアクロックは880MHzとRadeon HD 6970単体時のそのまま据え置きで,メモリクロックも同様に5500MHz相当(実クロック1375MHz)となっている。また,グラフィックスメモリも容量2GBのGDDR5×2と,Radeon HD 6970を2基搭載といった仕様である。

4-way CrossFireX構築時は合計6つの8pin補助電源が必要になる
Radeon HD 6900
 Tulのブースでは,実際にPowerColor HD6970 X2を2枚差して4-way CrossFireX動作させたトンデモ仕様のPCが披露されていたが,補助電源周辺を注意深く観察すると,何か違和感がある。
 そう,違和感の正体は電源の供給状態だ。
 PowerColor HD6970 X2では,1枚あたりの補助電源が8ピン×3仕様になっているのだ。このカードを二枚同時に動かしているのだから,グラフィックスカードに8ピン×6個の電源供給をしていることになる。
 Tulの担当者によれば,このPowerColor HD6970 X2は,開発してみたのはいいものの,安定動作させるための電源要求が高すぎて,実際に製品化するかどうかは検討中とのことだった。

外部出力インタフェースはHDMI×1,DVI×2,Mini DisplayPort×2。デモ機ではDVI×2とMini DisplayPort×1での3画面出力をしていた
Radeon HD 6900 Radeon HD 6900

Radeon HD 6900
PowerColor HD 6870 X2
Radeon HD 6900
PowerColor HD 6870 X2の外部インタフェースはHDMI×1,DVI×2,Mini DisplayPort×2
 そこでTulでは,これと同時に開発していたもう1つのデュアルGPUカードも用意しているとして,「Radeon HD 6870」を2基搭載した「PowerColor HD 6870 X2」を見せてくれた。
 シェーダプロセッサ数は1120基×2で,Radeon HD 6990やPowerColor HD6970 X2の1536基×2よりは少なくなるが,単体のRadeon HD 6970よりはだいぶパフォーマンスが高くなるとのこと。もちろん動作クロックはHD 6870のリファレンスと同じコア900MHz,メモリ4200MHz相当(実クロック1050MHz)。グラフィックスメモリ容量がGPU 1基あたり2GBなのもリファレンス仕様そのままである。

 米国市場における想定売価は449ドルで,7月発売予定(※日本での発売は未定)。 Tulの担当者によれば,PowerColor HD 6870 X2は,「GeForce GTX 580」の競合と位置づけられており,「GeForce GTX 580より安くて速い」をキーワードに,訴求を行っていくとのことだった。


ブリッジチップにLucidLogix製品を採用した理由とは?


LucidLogix Technologies製のブリッジチップLT22102
Radeon HD 6900
 さて,PowerColor HD6970 X2とPowerColor HD6870 X2の基板をよくよく見てほしい。
 Radeon HD 6990のリファレンスデザインでは,(ATIロゴ入りの)PLX Technology製PCI Expressブリッジチップを採用しているが,両者ともPCI ExpressブリッジチップにLucidLogix Technologies(以下,LucidLogix)製の「LT22102」を採用しているのに気づくだろう。

 LT22102は,RadeonとGeForceの異種混合デュアルGPU環境を提供する「HYDRALOGIX」(旧称:Hydra Engine)を実現するチップ製品シリーズの1つだ。

 Tulの担当者は,「PowerColor HD6970 X2とPowerColor HD6870 X2におけるLT22102は,基本的に,ブリッジチップとしてしか使っていない」と言う。
 “基本的に”というのには理由がある。同担当者によれば,メーカー保証はないものの,これらのデュアルRadeonカードは,特定条件下でGeForceとの混在駆動も可能とのこと。実際,Tulのテストでも混在駆動の成功例があるため,「こうした裏技が製品のウリにつながるのでは?」と考えて,LT2102をブリッジチップに採用したそうだ。
 「NVIDIAやAMDがドライバをアップデートするたびに,この混在駆動はできなくなるので,あまり期待してほしくない」とも,同担当者は述べていた。

 とはいえ,GeForceとの異種混合3-way動作もひょっとしたら……と考えれば,なかなか面白い製品といえるだろう。


「COMPUTEX TAIPEI 2011」関連記事はこちら

  • 関連タイトル:

    Radeon HD 6900

  • 関連タイトル:

    Radeon HD 6800

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月18日〜09月19日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
76
Days Gone (PS4)
74
2019年03月〜2019年09月