※見出しをクリックすると記事が読めます
東京ゲームショウ号外を自動表示しない
TGS 2018
号外No.2
東京ゲームショウまとめ読み!9月21日〜23日の3日間,東京ゲームショウ号外をお届け 特設ページへ
Switchとスマホ向けの
「妖怪ウォッチ」新作がそろい踏み
妖怪ウォッチ4
妖怪ウォッチ メダルウォーズ
読めば試遊が10倍楽しくなる!
「キルラキル ザ・ゲーム -異布-」
プレイレポート
木村拓哉さん主演のリーガルサスペンス
名越稔洋監督が語る
JUDGE EYES:死神の遺言
イケメンだらけ! 女性向けタイトルの
ステージ・ブースレポート
Readyyy!
囚われのパルマ Refrain
ダンキラ!!! -Boys, be DANCING!-
スペシャルゲストが登場したステージイベント
「ビリオンロード」ステージで
ビリー隊長がエクササイズを披露
片山右京さんが「F1 2018」で鈴鹿を走った
Samusung SDDブース
「カプコン ベルトアクション コレクション」を
漫画家の押切蓮介さんがプレイ
オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[CJ 2010]“あの”「Hunter Blade」が今年も出展。プロモムービーの直撮り映像をUp。その内容を確認してみよう
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2010/07/30 13:36

イベント

[CJ 2010]“あの”「Hunter Blade」が今年も出展。プロモムービーの直撮り映像をUp。その内容を確認してみよう

 2009年に,4Gamerで一番読まれた記事をご存知だろうか? 昨年は「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」(NDS)や「ファイナルファンタジーXIII」など,超がつくほどの大作が発売されたのだが,それらを差しおいてもっとも読まれたのは,実はChinaJoy 2009に展示されていた「Hunter Blade」の記事だ。


 なぜ,Hunter Bladeの記事にそれほど注目が集まったのかといえば,本作が「モンスターハンター」にそっくりだったからだ。記事の掲載以前からネット界隈で関心は集めていたのだが……,正直なところ記事の読まれっぷりには驚いた。

 そんなある意味,話題作である本作は,ChinaJoy 2010の北京中娯在線網絡科技(JOYCHINA)ブースに出展されており,新しいプロモーションムービーが公開されていた。環境はあまりよくはなかったが撮影を試みたので,まずはムービーを見つつ,その内容を確認してほしい。


 新米ハンターである筆者でも,あらためてHunter Bladeを見てみると,ありとあらゆる部分でモンハンっぽさを感じる。
 もちろん,モンハンシリーズとは異なる特徴もいくつかある。今回掲載したPVには収録されていないが,対人戦システムがあり,20人近くが一つのフィールドに集まって戦えるという。また,モンハンシリーズでは変わり種な存在である「光る武器」が,頻繁に登場する。

Hunter Blade Hunter Blade

 しかし,やはり「モンハン」を感じる部分が多く,昨年掲載したムービーと比較してみると,さらに似ているような気がする。この1年でキャラモデルなどに独自性を持たせてくるのではないかと予想していたのだが,むしろそっくり感の方が“パワーアップ”した印象がある。あくまでも筆者の感想なので,ムービーを実際に見て,皆さんでいろいろと判断してほしい。良くも悪くも,またあちこちで俎上に乗せられそうなタイトルだが,ゲーム内容については,別途お伝えする予定だ。

Hunter Blade Hunter Blade
  • 関連タイトル:

    Hunter Blade

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月22日〜09月23日
タイトル評価ランキング
83
80
OCTOPATH TRAVELER (Nintendo Switch)
55
51
2018年03月〜2018年09月