オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[COMPUTEX]ASUSから新型ノートPC登場。FPSゲーマー向け「SCAR II」とMOBAゲーマー向け「HERO II」の2製品
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/06/04 20:30

ニュース

[COMPUTEX]ASUSから新型ノートPC登場。FPSゲーマー向け「SCAR II」とMOBAゲーマー向け「HERO II」の2製品

Republic of Gamers
 台湾時間2018年6月4日,ASUSTeK Computer(以下,ASUS)は,台湾・台北市で開催中のイベントで,ゲーマー向け製品ブランド「Republic of Gamers」(以下,ROG)の新型ノートPC「ROG STRIX SCAR II」「ROG STRIX HERO II」の2製品と,ヘッドセット「ROG Delta」を発表した。
 いずれも発売時期や価格は未定である。本稿では,事前に行われた報道関係者向け説明会で披露された実機の写真を中心に,その特徴をレポートしたい。


ROG STRIX SCAR II&ROG STRIX HERO II


 ノートPCのROG STRIX SCAR II(以下,SCAR II)とROG STRIX HERO II(以下,HERO II)は,それぞれ先代モデルに相当する「ROG STRIX SCAR」「ROG STRIX HERO」から進化した二世代めとなる製品だ。進化のポイントは,最新CPUや技術の採用のほか,先代モデルに寄せられたユーザーからの要望を反映した点であるという。

SCAR II
Republic of Gamers

HERO II
Republic of Gamers

 発表会で紹介されたのは,上位モデルのSCAR IIばかりで,HERO IIについてはところどころで言及があった程度である。そのため,以降ではSCAR II中心で話を進めていくことをお断りしておく。
 スペックで見た両製品の大きな違いは,搭載可能なGPUで,上位モデルのSCAR IIでは,「GeForce GTX 1070」が搭載可能であるのに対して,下位モデルのHERO IIが「GeForce GTX 1060」(※グラフィックスメモリ容量は未発表)までとなっていることだ。なお,搭載可能といってもユーザーが自分でGPUを取り付けるわけではなく,これらのGPUを搭載する構成で販売される可能性があるという意味だ。
 なお,CPUについて具体的な説明はなかったが,Coffee Lakeこと,第8世代Coreプロセッサとなるようだ。

 ディスプレイには,垂直最大リフレッシュレート144Hz対応で,応答速度3msという液晶パネルを採用。ベゼルの狭額縁化にもこだわり,先代モデルよりも約2.33cmもベゼル幅が狭いそうだ。

リフレッシュレート144Hz対応が新製品の売り。ただ,144Hz対応だけなら,MSIも対応製品を発売済みである
Republic of Gamers

 また,先代ユーザーからの改善要望の多かった冷却機構は,徹底して改善に取り組んだとのこと。具体的には,冷却ファンのフィン枚数と回転数を増やしたほか,騒音の削減,ヒートシンクデザインの最適化による冷却効率の向上などを達成したという。

冷却ファンの性能改善を示したスライド
Republic of Gamers

液晶パネルを閉じても開いていても,変わらぬ排気効率が実現できるよう,排気口をふさがないようにヒンジやディスプレイ部のデザインを工夫したという
Republic of Gamers Republic of Gamers

 そのほかの基本スペックやボディの形状は同じだが,ボディに描かれた模様は異なる。コアなFPSゲーマーをターゲットとしたSCAR IIは,キーボード周囲の天面に迷彩柄を施しているのがポイントだ。

SCAR IIのボディ天面には,迷彩柄が描かれている。FPSで多用する[W/A/S/D]キーは,白いキーキャップとなっていた
Republic of Gamers

 一方のHERO IIは,MOBAゲーマー向けの製品に位置付けられているそうで,こちらのボディ天面は,幾何学的な柄があしらわれていた。全体のデザインから推測するに,HERO IIのデザインが標準で,SCAR IIはそれに迷彩柄を加えたバリエーションといったところか。

HERO IIのボディ天面に,派手な模様はない。こちらは[Q/W/E/R]キーのキーキャップが白くなっていた
Republic of Gamers


ROG Delta


 続いては,新型ヘッドセットのROG Deltaを見ていこう。
 ROG Deltaの主な特徴は4つあるという。1つは,見てのとおり,左右のエンクロージャを一般的な楕円形ではなく三角形にしたことだ。

ROG Delta。三角形をしたエンクロージャが目を惹く
Republic of Gamers

ASUSスタッフに装着してもらったところ。三角形のエンクロージャは,かなり目を惹く。なお,ブームマイクは着脱可能で,写真は取り外した状態だ
Republic of Gamers

 2つめは接続端子にUSB Type-Cを採用しているところだ。
 PCやスマートフォンはもちろん,Nintendo Switchにも接続できると,ASUSはアピールしていた。もちろん,既存のUSB Type-Aポートに接続するための変換アダプターも付属するので,USB Type-Cを持たないPCやPlayStation 4などとの接続も行える。

USB Type-C接続を採用。Switchにも直結できるとアピールしていた
Republic of Gamers

Republic of Gamers
 3つめの特徴は高音質。
 ROG Deltaが採用したESS Technology製のサウンド用SoC(System-on-a-Chip)「ES9218」は,内部に4基のDACを統合していて,入力サウンドを周波数帯域別に4分割し,それぞれを個別のDACでDA変換することにより,S/N比を高めているという。これにより,競合他社製のゲーマー向けヘッドセットにおけるS/N比が110dB前後なのに対して,ROG Deltaは130dBに達するとのことだった。

 最後の4つめは,ROGらしい特徴で,左右のエンクロージャに組み込まれたカラーLEDイルミネーションだ。ヘッドセット単体で発光パターンを切り換えられるそうで,PC側に専用ソフトウェアを用意しなくても,イルミネーションを楽しめるということだった。

左エンクロージャには,音量調整ダイヤルの側に発光パターン制御用のスイッチがあった
Republic of Gamers

ASUSのRepublic of Gamers日本語公式Webサイト

ASUSTeK Computer日本語公式Webサイト


COMPUTEX TAIPEI 2018取材記事一覧

  • 関連タイトル:

    Republic of Gamers

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:02月17日〜02月18日