オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
Fallout 3公式サイトへ
読者の評価
95
投稿数:22
レビューを投稿する
海外での評価
94
Powered by metacritic
Fallout 3
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[GDC 2009#11]ゲーム・オブ・ザ・イヤーは「Fallout 3」が獲得! 「リトルビッグプラネット」が大健闘のGame Developers Choice Awards
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2009/03/26 21:38

イベント

[GDC 2009#11]ゲーム・オブ・ザ・イヤーは「Fallout 3」が獲得! 「リトルビッグプラネット」が大健闘のGame Developers Choice Awards

 アメリカ現地時間の3月25日,Game Developers Conferenceではお馴染みとなった恒例イベントの一つ,第9回ゲーム・デベロッパーズ・チョイス・アワード(Game Developers Choice Awards)のセレモニーが,モスコーニ・コンベンション・センター内のエスペランザホールにおいて開催された。
 この受賞は,IGDAに参加するゲーム開発者達が,投票によって選ぶものであり,セールス本数や販売会社の力関係といった影響は一切受けていないもの。ゲーム開発者にとっては,真の栄誉とされている賞である。



この夜,合計四つの賞を獲得して忙しそうに壇上を行き来していたのが,「リトルビッグプラネット」でトップ開発チームに躍り出たMedia Moreculeだ
 今回のチョイス・アワードでは,Media Moreculeの開発した,PLAYSTATION 3専用ゲーム「リトルビッグプラネット」が,前評判どおりに四つの賞を獲得した。
 ユーザーが自分でレベル(マップ)を制作するという楽しさを,独特のスタイルとグラフィックスで表現した本作が,「ベスト・ゲームデザイン」「ベスト・テクノロジー」「ベスト・デビュー作」,そして「イノベーション」の4賞を手に入れたわけだ。


 またここ数年,大賞獲得作品が多くの賞を総なめにしてしまうというパターンが多かったのだが,今年のゲーム・オブ・ザ・イヤー大賞を獲得したのは,Bethesda Softworksの「Fallout 3」であった。
 Fallout 3は,核戦争で退廃した近未来の地球(ワシントンDC周辺)を舞台にしたSF RPGだ。PLAYSTATION 3やXbox 360,そしてPC版で発売され,世界的な大ヒットを記録している。Fallout 3は,朽ちていく文明の中で生活する人々の姿や,殺伐とした世界観が見事に描かれており,「ベスト・ライティング」と併せてのダブル受賞となった。

 この他にも,競争の激しい「ベスト・ビジュアルアート」部門でUbisoft Montrealの「Prince of Persia」が,「ベスト・ダウンローダブルゲーム」部門では,「World of Goo」がそれぞれ受賞しているのは特筆しておきたいところだろう。
 ともあれ,受賞した作品や開発者は以下のとおりだ。


大賞

ゲーム・オブ・ザ・イヤー
Fallout 3 (Bethesda Softworks)


部門賞

ベスト・ゲームデザイン
LittleBigPlanet (Media Molecule)

ベスト・テクノロジー
LittleBigPlanet (Media Molecule)

ベスト・ライティング (脚本)
Fallout 3 (Bethesda Softworks)

ベスト・ビジュアルアーツ
Prince of Persia (Ubisoft Montreal)

ベスト・オーディオ
Dead Space (EA Redwood Shores)

イノベーション
LittleBigPlanet (Media Molecule)

ベスト・デビュー作品
LittleBigPlanet (Media Molecule)

ベスト・携帯機用ゲーム
God of War: Chains Of Olympus (Ready at Dawn)

ベスト・ダウンロード型ゲーム
World of Goo (2D Boy)


特別賞

人生功労賞
小島秀夫氏

パイオニア賞
Alex Rigopulos 氏 / Eran Egozy氏 (Guitar Hero)

ゲーム特使賞
Tommy Tallarico氏


人生功労賞という大きな栄誉を受け,壇上でスピーチする小島秀夫氏。その拍手たるや凄まじいものだった
 リストを見て貰えば分かるように,特別賞である人生功労賞(ライフタイム・アチーブメント賞)に,小島プロダクションの小島秀夫氏が選ばれている。
 小島氏といえば,メタルギア・シリーズをはじめとして50作以上のゲーム制作に関わり,アメリカの開発者にも大きな影響を与える,日本を代表するゲーム開発者だ。今回の受賞は,氏の20年近くにわたる功績が認められた形である。


Hermonixの二人は,プレゼンターだった七音社の松浦雅也氏に,「パラッパラッパーがなければGuitar Heroなんて生まれてなかった」と話した
 またパイオニア賞には,「Guitar Hero」シリーズで世界的な音楽ゲームブームを巻き起こした,HermonixのAlex Rigopulos(アレックス・リゴプロス)氏Eran Egozy(エラン・エゴジー)氏の二人が,そしてゲーム特使賞には,ゲーム音楽のコンサートツアー「The Game Live」の主催をはじめ,オーディオマンとしての仕事を超えた活躍が評価された,Tommy Tallarico(トミー・タラリコ)氏が選ばれた。


 また,ゲーム・デベロッパーズ・チョイス・アワードの事前に行われたインディペンデント・ゲーム・フェスティバル(Independent Game Festival)では,大賞であるSeamus Mcnelly賞を,スウェーデンのErik Svedang(エリック・スヴェダン)氏が開発した「Blueberry Garden」が受賞した。

ゲーム特使賞という名目で多大な貢献が認められたトミー・タラリコ氏は,実はエアロスミスのボーカルであるスティーブン・テイラーの従兄弟というミュージシャンだ
ベスト・オーディオ賞は,怖すぎのホラーアドベンチャー「DeadSpace」を開発したEA Redwood Cityが受賞した
Hermonixのアレックス・リゴプロス(左)とエラン・エゴジー両氏
人生功労賞のトロフィーを手にする小島プロダクションの小島秀夫氏
ゲーム・オブ・ザ・イヤー大賞受賞のBethesda Softworksプロデューサー,Todd Howard(トッド・ハワード/左)氏ほか
インディゲームの最高栄誉に輝いた「Blueberry Garden」のエリック・スヴェダン氏





  • 関連タイトル:

    Fallout 3

  • 関連タイトル:

    Fallout 3

  • 関連タイトル:

    Fallout 3

  • 関連タイトル:

    リトルビッグプラネット

  • 関連タイトル:

    Dead Space

  • 関連タイトル:

    Dead Space

  • 関連タイトル:

    Dead Space

  • 関連タイトル:

    プリンス・オブ・ペルシャ

  • 関連タイトル:

    プリンス・オブ・ペルシャ

  • 関連タイトル:

    Prince of Persia 日本語マニュアル付英語版

  • 関連タイトル:

    METAL GEAR SOLID 4 GUNS OF THE PATRIOTS

  • 関連タイトル:

    Prince of Persia

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
注目記事
「黒い砂漠MOBILE」,新クラス「ダークナイト」を6月27日に実装。クイズに正解すると報酬が手に入る「GMのクイズ」イベントも開催中

 Pearl Abyssは本日(2019年6月20日),サービス中のスマホ向けRPG「黒い砂漠MOBILE」で,新クラス「ダークナイト」を6月27日に実装することを発表した。これを記念して,ゲーム内では特別な「GMのクイズ」イベントの開催ほか,新コンテンツや新地域追加を含むアップデートも実施されている。[2019/06/20]

プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月19日〜06月20日