オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
Fallout 3公式サイトへ
読者の評価
95
投稿数:22
レビューを投稿する
海外での評価
94
Powered by metacritic
Fallout 3
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

Fallout 3

Fallout 3
公式サイト http://fallout.bethsoft.com/
発売元 Bethesda Softworks
開発元
発売日 2008/10/28
価格
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
特集一覧

お年玉プレゼント付「読者レビューPickUp!!」年末スペシャル,4Gamer読者が選ぶ「オールタイム ベスト」大発表! 

お年玉プレゼント付「読者レビューPickUp!!」年末スペシャル,4Gamer読者が選ぶ「オールタイム ベスト」大発表! 

 読者レビューの最前線から,今いちばんHOTなタイトルを紹介していく「読者レビューPickUp!!」。年末スペシャルとなる今回は,「4Gamer読者が選ぶオールタイムベスト」と題して,発売済の全てのタイトルを対象としたオールタイムベストランキングをドーンと掲載。お年玉プレゼントもあるので,冬休みに遊んだタイトルでぜひ投稿をしてみてください。

[2009/12/28 19:59]

4Gamer読者が選ぶベストゲームとは? 新連載「読者レビューPickUp!!」が本日スタート

4Gamer読者が選ぶベストゲームとは? 新連載「読者レビューPickUp!!」が本日スタート

 読者レビューの最前線から,今一番HOTなタイトルを紹介していく新連載「読者レビューPickUp!!」が,本日からスタートしました。最新の読者レビューランキングと共に,これは!という読者レビューを毎週取り上げていきます。ささやかながらプレゼントもあるので,我こそはというレビュアーは奮ってご投稿ください。

[2009/07/21 20:00]

愛と感動の最終回を迎えたような気がするPC版「Fallout 3」の週刊連載,「荒野に咲いた一輪の花」第8回を掲載

愛と感動の最終回を迎えたような気がするPC版「Fallout 3」の週刊連載,「荒野に咲いた一輪の花」第8回を掲載

 PC版「Fallout 3」をテーマに,法律もモラルもない世界における選択の自由とは? 正義とは,そして悪とは? を鋭く問うときもたまにある週刊連載,「荒野に咲いた一輪の花」もついに最終回だ。数々の過酷な体験をしてきた自称美少女主人公が,最後に下した一つの決断。すさみきったウェイストランドに花の咲き乱れる日は戻ってくるのだろうか。

[2009/02/12 12:51]

ピンチに次ぐピンチに襲われるPC版「Fallout 3」の連載,「荒野に咲いた一輪の花」第7回を掲載

ピンチに次ぐピンチに襲われるPC版「Fallout 3」の連載,「荒野に咲いた一輪の花」第7回を掲載

 PC版「Fallout 3」を根掘り葉掘り探求する週刊連載「荒野に咲いた一輪の花」の第7回を掲載した。スケジュールどおりにいけば,そろそろ物語も佳境。Vault 101を飛び出したばかりのときは純真無垢だった主人公も,今やすっかりベテランの冒険者である。彼女の父親探しの旅は,いつしか自分を探す旅になっていったようである。

[2009/02/05 11:02]

火を噴くアリンコが満を持して登場したPC版「Fallout 3」の週刊連載,「荒野に咲いた一輪の花」第6回を掲載

火を噴くアリンコが満を持して登場したPC版「Fallout 3」の週刊連載,「荒野に咲いた一輪の花」第6回を掲載

 肌の透明感が自慢の美少女主人公も,ウェイストランドの非情な生活にもまれているうちに次第にたくましくなってきたというのが,週刊連載「荒野に咲いた一輪の花」の第6回。きわめて高い自由度を誇るシングルプレイRPG「Fallout 3」だけに,どういう生き方も可能なのだが,少年の依頼を受けた主人公は意外な現実を目の当たりにするのだった。

[2009/01/29 11:45]

「Fallout 3」に安らぎの場所はあるのか? を鋭く問う週刊連載「荒野に咲いた一輪の花」第5回を掲載

「Fallout 3」に安らぎの場所はあるのか? を鋭く問う週刊連載「荒野に咲いた一輪の花」第5回を掲載

 戦いに明け暮れなければならないウェイストランドの一服の清涼剤,それが「コンパニオン」だ。過酷な運命に翻弄される主人公は,知り合いになったコンパニオンにひとときの安らぎを見つけるが,「Fallout 3」の世界はあくまでも過酷なのであった。さあ,今週も核戦争後の荒んだ世界を縦横無尽に冒険しよう。

[2009/01/22 12:08]

ジャンクハンター吉田のゲームシネシネ団:第27回「映画のあとはゲームで追体験せよ! ディズニー×ピクサーのメディアミックス・ゲーム再遊記(5)」

ジャンクハンター吉田のゲームシネシネ団:第27回「映画のあとはゲームで追体験せよ! ディズニー×ピクサーのメディアミックス・ゲーム再遊記(5)」

 ディズニーとピクサーにちなんだゲームを取り上げてきたシリーズも,ついにラスト。横道に逸れてアクティビジョンの日本撤退話に触れつつ,ディズニー&ピクサーなシネゲーを一手に引き受ける形になったTHQのことなどを語るのが,今回の「ジャンクハンター吉田のゲームシネシネ団」です。

[2009/01/15 21:47]

あなたのプレイスタイルさえ変えてしまいかねない「Fallout 3」の週刊連載,「荒野に咲いた一輪の花」第4回を掲載

あなたのプレイスタイルさえ変えてしまいかねない「Fallout 3」の週刊連載,「荒野に咲いた一輪の花」第4回を掲載

 ベテランゲーマーとして自らの美意識に従い,正しいと信じたプレイスタイルを貫こうとしたライターの星原氏だったが,荒れ果てたウェイストランドでそれは通用しませんぜ,というのが英語PC版「Fallout 3」を楽しむ週刊連載「荒野に咲いた一輪の花」第4回の内容だ。主人公が直面する凄惨な運命の前に,従来の価値観など木っ端微塵に打ち砕かれてしまったのだ。

[2009/01/15 12:10]

「Fallout 3」を必要以上に堪能する週刊連載「荒野に咲いた一輪の花」第3回を掲載

「Fallout 3」を必要以上に堪能する週刊連載「荒野に咲いた一輪の花」第3回を掲載

 前回までの連載で,チュートリアル部分は終了。今回からいよいよ荒れ果てたウェイストランドでの冒険が始まるというPC版「Fallout 3」の連載,「荒野に咲いた一輪の花」第三回を掲載した。秩序も価値観も崩壊した外の世界は想像以上にアナーキーで過酷。可愛さだけで渡っていけるところではないようだ。

[2009/01/08 11:52]

ヒロインを襲う過酷な運命。「Fallout 3」をテーマにした週刊連載「荒野に咲いた一輪の花」第2回を掲載

ヒロインを襲う過酷な運命。「Fallout 3」をテーマにした週刊連載「荒野に咲いた一輪の花」第2回を掲載

 英語PC版「Fallout 3」をテーマに,一人の美しい少女の成長物語を綴る週刊連載「荒野に咲いた一輪の花」の第2回を掲載した。「リアルな残酷描写」を開発目標の一つに挙げていた本作だが,これは現代とは異なる核戦争後の荒廃した世界を描くために不可欠な要素なのだろう。というわけで,主人公はついに隠されていた現実に直面することになる。その手の画像が苦手な人はご注意を。

[2008/12/25 11:58]

「Fallout 3」を余すところなく紹介する週刊連載,「荒野に咲いた一輪の花」第一回を掲載

「Fallout 3」を余すところなく紹介する週刊連載,「荒野に咲いた一輪の花」第一回を掲載

 本日から始まった週刊連載,「荒野に咲いた一輪の花」は,世界中で高い評価を獲得したシングルプレイ専用RPG「Fallout 3」(英語PC版)をテーマに,核戦争後の荒れ果てた残酷な世界に取り残された一人の美少女の成長を綴った感動大作だ。シェルターの中で蝶よ花よと育てられた主人公の前には,およそ目も当てられない過酷な運命が待っていたのである。

[2008/12/18 11:59]

「Oblivion」に「Fallout 3」,聞きたいことが山ほどあるBethesdaにインタビュー

「Oblivion」に「Fallout 3」,聞きたいことが山ほどあるBethesdaにインタビュー

 世界中で大ヒットを記録した「The Elder Scrolls IV: Oblivion」を生み出した,Bethesda Softworks。そのPRを統括しているPete Hines氏が,東京ゲームショウの期間中に来日していたのだ。氏の来日目的と思われる,9月27日発売のプレイステーション3用オブリビオン日本語版とはまったく関係ない話ばかり聞いてきたので,その内容をお伝えしよう。

[2007/10/01 17:37]
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月19日〜10月20日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年04月〜2019年10月